竹生島 (地歌)

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

去る程に、これはまたもつたいなくも竹生島、弁財天のおん由来、くわしくこれを尋ぬるに。の国なにはの天王寺、仏法最初の御寺なり。本尊何かと尋ぬるに、正面童子かのえさる。聖徳太子の御こんりふさんすいしせきで七不思議。亀井の水の底きよく、千代に八千代にさざれ石、いはほとなれややはたやま、八幡に八幡大菩薩。山田にやばせの渡しもり。漕ぎゆく船から眺むれば。波のたえまより、ゆんでにたかき志賀の寺。めてくがぢでかこむ浜。沖なか遙かに見わたせば。昔聖人のほめたまふ、よこくに稀なる竹生島。孝安天皇の御代のとき。頃は三月十五日、しかもその夜はつちのとの。を待つ辰の一天に、二股竹を相添えて、やごゑとりもろともに、金輪奈落の底よりも、ゆるぎ出でたる島とかや。さるによつて鳥居にかげし勅額は、竹にうまるる島とかく。これ竹生島とは読ますなり。弁財天はによたいなれど。十五童子のそのつかさ、いはほみこしをやすらえて、琵琶を弾じておはします。


  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』中、武蔵野書院、1975年。

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。