福岡県立修猷館高等学校館歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

福岡県立修猷館高等学校館歌

福岡県立修猷館高等学校の校歌であるが、同校では「館歌」と称する。1923年(大正12年)制定。

  • 作詞:藤沢雄一郎(中学修猷館教諭)
  • 校閲:八波則吉
  • 再閲:武島羽衣
  • 作曲:横田三郎(中学修猷館教諭)
  1. 西のみ空に輝ける 星の徽章(しるし)永久(とことわ)
    光栄(はえ)ある成績(いさお)飾らんと 海の内外(くが)(はて)
    皇国(みくに)の為に世の為に 尽くす館友幾多(いくそばく)
  2. 常盤(ときわ)の松の百道原(ももちばら) 集へる健児一千人
    青春の血は玄界の 荒き怒濤(どとう)と湧き立ちて
    久遠(くおん)の理想を望みつつ いそしみ努めん文に武に
  3. (みち)を修むと名に負ふも やがて至誠(しせい)の一筋ぞ
    ああ剛健(ごうけん)の気を張りて 質朴(しつぼく)(ふう)きたへつつ
    向上の(みち)進み行き 吾等が使命を果たしてん

この著作物は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。アメリカ合衆国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。