白頭山定界碑

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

原文[編集]

大清

烏喇總管穆克登奉

㫖查邊至此審視西爲鴨緑東

爲土門故於分水嶺上勒

石爲記

康熙五十一年五月十五日

筆帖式蘇爾昌通官二哥

朝鮮軍官李義復趙台相

差使官許樑朴道常

通官金應瀗金慶門

書き下し文[編集]

大清

烏拉総管の穆克登は、西は鴨緑と為し、東は土門と為すを、此に至りて審視し、査辺した旨を奉ず。故に記す為、分水嶺上に於て、石に勒す。

康煕五十一年五月十五日

筆帖式の蘇爾昌、通官の二哥

朝鮮軍官の李義復、趙台相

差使官の許樑、朴道常

通官の金応瀗、金慶門

現代語訳[編集]

大清[1]

烏拉総管[2]の穆克登[3]は、この地に来て、つまびらかに視察し、国境が、西は鴨緑[4]となり、東は土門[5]となることを確認したことを奉じる。このことを記録するため分水嶺上の石に刻んだ。

康煕51年5月15日[6]

筆帖式[2]の蘇爾昌[3]、通官の二哥

朝鮮軍官の李義復[7]、趙台相[7]

差使官の許樑、朴道常

通官の金応瀗、金慶門

脚注[編集]

  1. 清の正式な国号。
  2. 2.0 2.1 清の官職。
  3. 3.0 3.1 清の人物。
  4. 鴨緑江のこと。
  5. 豆満江とする説、アムール川支流の土門江とする説がある。
  6. グレゴリオ暦1712年6月18日に相当する。
  7. 7.0 7.1 李氏朝鮮の人物。
この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。