玉川

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

やましろの、井出や見ましと駒止めて。なほみずはん山吹の花の。露そふ春も暮れ。夏来にけらし見渡せば。浪のしがらみかけてより、卯の花咲ける津の国の里に。つきひを送る間に。いつしか秋にあふみなる、野路には人のあすん。今を盛りのはぎ越えて、色なる浪にやどりにし、月のみそらの冬ふかみ。ゆきげ催ほす夕ざれば。汐風越してみちのくの、野田に千鳥の声さびし、ゆかし、名だたる武蔵野にさらす、さらす手づくりさらさらに。昔の人の恋しさも、今はたそひ奥山の、その流れをば忘れても、汲みやしつらん旅人の。高野の奥の水までも、名に流れたる、六つの玉川。


  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』中、武蔵野書院、1975年。

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。