深夜の月

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

山のに、一つら見ゆるはつかりの。声も淋しくいたづらに、あだし言葉のひとごころかぬ別れの悲しさは、夢うつつにもそのひとの。知らぬ思ひのなみだがは、映す姿や鐘の音に、空飛ぶ鳥の影なれや。それならぬ。恋しき人は荒き風、憂き身に通るはげしさは、君に恨みは無きものを。こはぎに置ける白露の。くだけて落つるそでたもと。思ふ心のえに、虫の声々え渡る。鳴く音更けゆく秋の夜の月。


  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』中、武蔵野書院、1975年。

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。