正教要理問答/十誡問答の二

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 正教要理問答

問 十誡じっかいの第五か條は如何いかとなへらるるや

答 『なんぢ父母ふぼうやまふべし福祥さいはひなんぢのぞみて長寿いのちながきん』

問 かみこのいましめもっ如何いかなることをめいたまへり

答 おのれ父母ふぼうやまふことをめいたま

問 父母ふぼうやまふとは如何いかなることなりや

答 父母ふぼめいしたがつね孝養かうやうおこたらずこと病気びやうきおよらうには大切たいせつ世話せわそのたましひすくはるることをもかみいのるべきをふなり

問 このいましめ両親りやうしんうやまふことのほか如何いかなるものをうやまふことをめいたまふや

答 あひおいわれ父母ふぼ代表だいへうするところ人々ひとびとうやまふことをめいたま例令たとへ国王こくわうぼくゆう恩人おんじん年長者ねんちやうしやなどなり

問 みぎ人々ひとびとのうちことだれうやまふべきや

答 国王こくわうなり如何いかんとなればかれ萬民ばんみんちちかみかうしゃなればなりゆえ使徒しとペートルは『かみおそわううやまふべし』〔彼前七の十〕とをしまたわれしゅイイスス ハリストスは『ケサリものケサリかへすべし』〔太二十二の二十一〕とのたまへり

問 臣民しんみんたるもの国王こくわうたいしてつくすべきの本分ほんぶんなになりや

答 国王こくわうめいふく国王こくわうためいの国王こくわうよりてられたる百官ひゃくくわんゆうけんしたが国法こくはふ諸税しょぜいただしくをさ国家こくかいさみて軍役ぐんえきふくするなどなり

問 国王こくわうたいする本分ほんぶんやぶりてつみをかもの如何いか見做みなさるるや

答 かかものただ国王こくわうまへつみをかせしのみならずまたかみまへにもつみをかせしものなり如何いかんとなれば使徒しとパエルことばに『そはかみよりいでざるけんなくおよるところのけんかみたてたまふところなればなり是故このゆえけんさかものかみさだめそむくなり』〔ロマ十三の一至二〕とふに

問 十誡じっかいの第六か條は如何いかとなへらるるや

答 『ひところなかれ』

問 かみこのいましめもっ如何いかなることをきんたまふや

答 ひところすことすなはひと生命いのちそこなふことをきんたま

問 法律はふりつりて罪人ざいにんけいしょまた戦争せんさうときてきころなど矢張やはつみなりや

答 これつみにあらず如何いかんとなれば罪人ざいにんけいしょするはかれおこなところ悪業あくげふたんがためにしてまた戦争せんさうときてきころすは国王こくわうおよ生国しやうこくてき侵略しんりやくよりふせまもるがためなればなり

問 そのこのいましめもっ如何いかなるつみきんたまふや

答 種々いろいろ関係かかはりもっ殺人ひとごろしつみみすることをきんたま例令たとへけうもっしやうもっ幇助ほうじよもっどうもっこれすことおよそのすべにん生命いのちがいそこなふことをきんたま例令たとへ憤怒いかりもっ憎悪にくみもっけんもっなどたぐひなりまたこのいましめにてはことばあるひおこなひもっにんしんにいいざなふことをもきんたまこれ霊魂たましひのうへ殺人ひとごろしづけらる

問 このいましめまもるのこころなになりや

答 何人なにびと生命いのちをも保護ほごすべにんたい親切しんせつすことなり

問 十誡じっかいの第七か條は如何いかとなへらるるや

答 『いんおこななかれ』

問 かみこのいましめもっ如何いかなることをきんたまふや

答 邪淫じゃいんすなはち男女のあひだ不義ふぎきんたますべ邪淫じゃいんつみみちびところあししき行為しわざをもまたきんたま例令たとへ暴飲ぼういん暴食ぼうしょくすること猥褻わいせつなるうたうたふことふうがいする書物しょもつむことなどなり

問 このいましめまもるのこころなになりや

答 ふうたがひ節操みさほまもまたにんたいして貞潔ていけつなることなり

問 十誡じっかいの第八か條は如何いかとなへらるるや

答 『偸盗ぬすみするなかれ』

問 かみこのいましめもっ如何いかなることをきんたまふや

答 偸盗ぬすみすることすなはその方法しかた如何いかんかかはらずせいなる手段しゅだんもっにん所有物もちものわが所有もちものすことをきんたま例令たとへ窃盗せったうすること強盗がうたうすることひと使えきしてその賃金ちんぎんはらはざることまた賃銭ちんせんうけりて其業そのわざはたさざること詐偽いつはりもっにん財産ざいさんかすむること品物しなものへてあし品物しなものることせいなる度量ものさしますはかりもちひて正直しやうぢきなる商売しやうばいなどなり

問 このいましめまもるのこころなになりや

答 おこたらずはたらにんざいむさぼらず慈悲じひぶかくしてりち正直しやうぢきなることをめいぜらる

問 十誡じっかいの第九か條は如何いかとなへらるるや

答 『妄證もうしょうするなかれ』

問 かみこのいましめもっ如何いかなることをきんたまふや

答 いつはりのしょうつることおよすべいつはりをふことをきんたま例令たとへ裁判さいばんおいいつはりのしょうすこと讒言ざんげんすることゆることそしることあしざまに吹聴ふいちやうすることあざけることなどなり

問 ちかひを為していつはりのしょうつるは如何いかなるつみなりや

答 れ第九のいましめと第三のいましめやぶものにして其罪そのつみもっとおも

問 このいましめまもるのこころなになりや

答 つねただしきをひ『したおさへてあくはずくちびるとぢ詭譎いつはりはざらんことをせよ』〔ペトル前三の十

問 十誡じっかいの第十か條は如何いかとなへらるるや

答 『隣人となりつまおよそのぼくうしろばなどならびすべ隣人となりものむさぼなかれ』

問 かみこのいましめもっ如何いかなることをきんたまふや

答 にんたいあしきことをおこなふことのみならずすこしにてもそのこころあしきことをおこなはんとするおもひのぞみおこすことをもきんたま

問 このいましめやぶるのつみなになりや

答 嫉妬しっと姦淫かんいん貪婪どんらんなり

問 このいましめまもるのこころなになりや

答 われかみさづたまひし分限ぶんげんもっ満足まんぞくまたにんたいしては親切しんせつおこなふべきことなり

  • 十誡じっかい信経しんけいおなじくたうぶんにはあらずしかれどもしんたるものこれこころしるこのいましめらしてそのおこない矯正きょうせいすべし一日いちにちぢゅうこのいましめやぶらざりしとき其恩そのおんかみ感謝かんしゃすべしまたこのいましめやぶりしとき真実しんじつ其罪そのつみざんして以後いごふたたこれやぶらざることをつとむべし

正教要理問答 終