星条旗

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


1.

おお、見ゆるや 夜明けの淡き光を受け(おお、言ってくれ、あの旗をまだ見ることが出来ると)
先の夕暮れ 陽が落ちる時 我等が歓呼したもの
其は太き縞と輝く星条旗を我々は目にした 危き戦の間
城壁の上に見た 勇壮に翻りし 彼の旗/
狼煙の赤き炎立ち 砲音宙に轟く中
耐え抜き 旗は尚其処にあり
おお、星散りばめたる旗は 今猶棚引くか
自由なる大地 勇者の故郷に

2.

岸辺の霧 其の濃く深き帷の中
傲慢なる敵の軍勢 畏れ息潜め
彼は何ぞ 断崖聳ゆる向かう
時折吹く微風に 隠れする/
今正に 朝の新しき光を一筋受け
大いに輝き 風を受けはためく
其は星散りばめたる旗よ 永久に棚引け
自由なる大地 勇者の故郷に

3.

そして斯も得意げに宣誓せし彼の一塊は何処ぞ
戦いの浪費と戦争の乱雑が
故郷も国家も我等に最早残さじと/
彼らの血は彼らの汚れし跡は彼らの血で贖われたのだ
小屋は彼らの雇員と奴隷制度を助けまじき
潰走の恐れと死の暗闇から
其は星散りばめたる旗よ 永久に棚引け
自由なる大地 勇者の故郷に

4.

おお、斯く不断にあらん事を
自由世界が彼らの愛情される家と戦ひの
浪費の間に立たう時/
勝ちと泰平で恩恵され 天に助されし地所が
我等に状態を創り擁護したる力を
誉めん事を
我等は破るべし
其が正に我等の原理なる時は
そして此が我等の金言ならん事を
「我等のモットーは神のみが知るという事を」
其は星散りばめたる旗よ 永久に棚引け
自由なる大地 勇者の故郷に

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文: ウィキペディア(2006-09-10T07:37:57UTC版)より日本語訳をインポート後ウィキソースにおいて微修正したものです。したがって、クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。

この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスのもとに利用を許諾されています。

あなたは以下の条件に従う場合に限り、自由に

  • 共有 – 本作品を複製、頒布、展示、実演できます。
  • 再構成 – 二次的著作物を作成できます。

あなたの従うべき条件は以下の通りです。

  • 表示 – あなたは 適切なクレジットを表示し、ライセンスへのリンクを提供し、変更があったらその旨を示さなければなりません。これらは合理的であればどのような方法で行っても構いませんが、許諾者があなたやあなたの利用行為を支持していると示唆するような方法は除きます。
  • 継承 – もしあなたがこの作品をリミックスしたり、改変したり、加工した場合には、あなたはあなたの貢献部分を元の作品とこれと同一または互換性があるライセンスの下に頒布しなければなりません。
 


別訳[編集]

  • 星の煌めく旗

1.

おお、ほら、夜明けの射してきたばかりの光で見えるかい、
(昨晩)日が沈む寸前の最後の薄明り中で我々が誇りをもって仰ぎ見た、
その太い幾筋もの縞と幾つもの輝く星が(昨日の)激しい戦いの間じゅう
我々が見守る胸壁のうえで勇ましく風に翻っていた、あれが見えるかい?
そして火箭の赤い閃光、空気をつんざく爆弾の破裂が
夜を徹して続いていたってことは、我々の旗がまだ其処に翻ってたよってことなんだけど。
おお、ねえ、星の煌めく旗はまだ翻っていますか、
自由人の土地そして勇者の住む所の上に?

2.

深い霧の中に微かに見える岸の上には、
敵軍(英軍)を迎え撃つ逞しいお相手(わが砦)が深く静かに佇んでいて、
あれは何だろう、そそり立つ壁の上に風が
気まぐれに吹いたりするつど、隠れたり見えたりするものは?
いまやそれは朝の最初の光を受けて、
全体に光を浴びながら風の中で輝いている。
それは星の煌めく旗、そう、いつまでも翻っていてくれ
自由民の土地そして勇者の住む所の上に。

3.

そして、あの者達は何処へいったのだろう
戦争の惨禍や戦いによる混乱、家庭とか国家、はもはや我々を
そのままにしておかないと偉そうに宣言したあのやつららは?
彼らの血によって、彼らの穢い足跡の汚れは洗い去られる。
どんな隠れ家も、雇われて敵方に加担した者達(インディアン)や(反乱を起した)奴隷達を守ってはくれない、
敗走の恐ろしさとか墓の下の暗闇からは。
そして、星の煌めく旗は勝利の中で翻っている、
自由民の土地そして勇者の住む所の上で。

4.

おお、そしていつまでも、自由な人達が立ち塞がりますように、
彼らの愛する者達と戦争の惨禍の間に。
天国が救った土地が勝利と平和で祝福されますように。
我々を一つの国民として作り出し守ってくれた力を讃えよう。
そして我々は勝つに決まっている、我々の大義が正しい時には。
そしてこれが我々の信条だ:”我々は神を信じる。”
そして星の煌めく旗は勝利の中で翻る
自由民の土地そして勇者の住む場所の上で。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。