日本基督教団生活綱領

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本基督教団生活綱領

  1. 皇国の道に従いて信仰に徹し、各々その分を尽くして皇運を扶翼し奉るべし。
  2. 誠実に教義を奉じ、主日を守り、公礼拝に与り、聖餐に陪し、教会に対する義務に服すべし。
  3. 敬虔の修行を積み家庭を潔め社会風教の改善に力むべし。
  1. 現行版1954年10月28日第8回教団総会議決
  2. われわれは、神の恵みにより父と子と聖霊との名においてバプテスマをうけ主の体なる教会に入れられ
  3. た者であるから、すべての不義と迷信とをしりぞけ、互に主にある兄弟姉妹の交わりを厚うし、常に神
  4. の栄光のあらわれるように祈り、つぎのことを相共につとめる。
  5. 一、教会の秩序を守り、その教えと訓練とに従い、聖日礼拝・祈祷会その他の集会を重んじ、聖餐にあ
  6. ずかり、伝道に励み、時と財と力とをささげて教会の維持発展につくすこと。
  7. 二、日日聖書に親しみ、常に祈り、敬虔・純潔・節制・勤労の生涯を全うすること。
  8. 三、家庭の礼拝を重んじ、家族の和合を尊び、子女を信仰に導き、一家そろって神につかえること。
  9. 四、互に人格を重んじ、隣人を愛し、社会の福祉のために労し、キリストの正義と愛とがあまねく世に
  10. 行われるようにすること。
  11. 五、神の御旨に従って、国家の道義を高め、国際正義の実現をはかり、世界平和の達成を期すること。
  12. 願わくは神、われわれを憐れみ、この志を遂げさせたまわんことを。アーメン

この著作物は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。アメリカ合衆国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。