彗星飛行/第2巻 第17章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第17章
[編集]

帰国したエクトール・セルバダックは、ティマチェフ伯爵に英国訪問の結果を報告した。彼は、セウタがスペイン人によって売られたこと、しかも売る権利のないものであることを隠しておらず、自分の個人的な計画を隠していただけであった。

そこで、イギリス人はテール・ショードに来たがらないから、彼らの助けなしでやっていこうということになった。警告を受けたのだ。彼らの好きなようにすればいいのだ。

あとは、彗星と地球の新しい出会いをどうするかという重大な問題である。

セルバダック大尉とその仲間、動物たち、つまり地球から取り出されたすべての生物が最初の衝突を生き延びたことは、原理的に奇跡であった。それは、未知の状況により動きが少しずつ変化していったからに違いない。もし、すでに地球上に犠牲者がいたとしても、後からわかることです。いずれにせよ、ひとつだけ確かなことは、グルビ島、ジブラルタル、セウタ、マダレナ、フォルメンテーラのいずれでも、流された人の中に、個人的に衝突の被害を受けた人はいなかったということである。

「復路も同じでしょうか?たぶん、ないと思います。」

この重要な問題が扱われたのは、11月10日の日中であった。ティマチェフ伯爵、セルバダック大尉、プロコペ中尉は、彼らの談話室となっている掘割に集合した。ベン・ズーフは当然ながら、その場に認められた。定期的に呼び出されていたパルミリン・ロゼットは、この件には全く興味がないので、来るのを拒んでいた。愛するネリナの失踪以来、彼は自分を慰めることができなくなった。

衛星を失ったように、彗星も失うと脅され、放っておかれることを望んだのだ。これを実行したのである。

セルバダック大尉とティマチェフ伯爵は、互いに冷たくなっていったが、内心を察することなく、皆の関心事として話し合った。

最初にセルバダック大尉が話した。

「皆さん、今は11月10日です。もし、私の恩師の計算が正しければ、そして、正に51日後に彗星と地球が再び遭遇することになるのです。このような事態を想定して、何か注意することはありますか?」

- 「もちろんです、大尉。」とティマチェフ伯爵は答えた。「しかし、私たちに何か取る力があるのでしょうか、絶対に摂理のなすがままではないでしょうか?」

- 「伯爵、彼女は助けを拒んでいるわけではありません。それどころか」と、セルバダック大尉は言った。

- 「どうすればいいか、見当がつきますか、セルバダック大尉?」

- 「ありませんね。」

- ベン・ズーフは言った、「諸君、どうして君たちのような科学者が、失礼ながら、この忌まわしい彗星を好きなところに好きなように向かわせることができないのだろう?」

- 「まず第一に、我々は科学者ではない、ベン・ズーフ」とセルバダック大尉は答えた。「もしそうだとしても、我々は何もできないだろう。パルミリン・ロゼットが科学者であるかどうかを確認する...」

- 「機嫌が悪いんだ。」と、ベン・ズーフは言った。

- 「だから、でも、科学者なら、彼のガリアの地球への帰還を阻止できる!」

- 「しかし、それでは科学は何のためにあるのでしょうか?」

- 「まだ何も分かっていないことがほとんどだ」とティマチェフ伯爵は答えた。

- 「諸君、」プロコペ中尉は言った。「この新しい衝撃の中で、さまざまな危険が我々を脅かしていることは確かです。もしよろしければ、それらを列挙し、それに対抗することが可能かどうか、少なくともその影響を軽減することが可能かどうかを見てみたいと思います。」

- 「話しなさい、プロコペ。」ティマチェフ伯爵は答えた。

そんなことを、みんな静かに話していて、本当に自分には関係ないことのように思えてきた。

皆さん、プロコペ中尉は、「我々はまず、この彗星と地球との新しい出会いがどのようにして起こるのかを考えなければなりません。その上で、考えられるそれぞれの事例について、何を恐れ、何を期待しなければならないかを見ていくことにしよう。」

- 「しかし、2つの星が互いに向かっていること、そして衝突の瞬間の速度は、時速9万哩になることを忘れてはならない!」と、セルバダック大尉は答えた。

- 「美しい列車が2台も!」とベン・ズーフ氏は付け加えた。

- 「では、どのように衝突するか見てみましょう。」と、プロコペ中尉は続けた。「2つの星は、斜めに、あるいは普通に出会うことになります。最初の場合、ガリアは最初のように地球をかすめるだけで、あと何個かちぎって宇宙の軌道に戻るということが起こるかもしれない。しかし、その軌道は間違いなく乱れ、私たちは生き残ったとしても、再び仲間の生物に会える可能性はほとんどないでしょう。」

- 「パルミリン・ロゼットさんには似合いますが、私たちには似合いませんね。」と、賢明なベン・ズーフは言った。

- 「この仮説は置いておいて。利点と欠点は十分にわかっています。では、直接の衝撃、つまり、地球に衝突した後、ガリアは地球にくっついたままである場合について考えてみよう。」とティマチェフ伯爵は答えた。

- 「顔にできたイボのようなもの。」とベン・ズーフは言う。

- 「黙れ、ベン・ズーフ」とエクトール・セルバダックは言った。

- 「はい、私の大尉です。」

- 「では、直接の衝撃がどのような仮説をもたらすか見てみましょう。まず、地球の質量はガリアの質量よりはるかに大きいので、この出会いでは地球の速度が遅れることはなく、彗星を一緒に運んでくれることが認められなければならなりません。」とプロコペ中尉は言った。

- 「これは認めます」とセルバダック大尉は答えた。

- 「さて、諸君、直接衝突の仮説では、ガリアは、我々が赤道で占める地球の表面の一部、または、我々の対蹠地に位置する部分、最終的には、地球のいずれかの極によって衝突する。さて、このような様々なケースで、運ばれてきた生き物は1匹も生き残れない可能性があります。」

- 「中尉、説明しなさい」とセルバダック大尉は言った。

- 「もし、遭遇の瞬間、赤道直下にいれば、潰される。」

- 「もちろん、それは言うまでもないことだ」とベン・ズーフは答えた。

- 「この部分の対極にある場合、私たちを動かす速度が突然消滅するため、再び押しつぶされる確実性のほかに、ショックに相当するものだが、それでも窒息する確実性があるのだ。確かに、ガリアの大気は地上の大気と混ざり合い、ガリアが地上に形成するこの百哩の高さの山の頂上には、もう呼吸できる空気はないだろう。」

- 「もし、ガリアが地球のどちらかの極にぶつかったら?」とティマチェフ伯爵は尋ねた。

- 「その場合、私たちは必然的に投げ出され、ひどい落下で粉々になるでしょう」とプロコペ中尉は答えた。

- 「よろしい」ベン・ズーフが言った。

- さらに、これらの仮説のどれにも当てはまらないというあり得ない事態が発生した場合、我々は間違いなく焼かれることになるだろうと付け加える。

- 「燃やされた?」エクトール・セルバダックが言った。

- 「そう、障害物によって消滅しようとするガリアの速度が熱に変わるとき、彗星は数千度まで上昇する温度の影響を受けて、全体的または部分的に燃え上がるからです」

プロコペ中尉の話は、すべて厳密に正確だった。このようにさまざまな仮説が展開されるのを、聞き手は別段驚くこともなく、じっと見て聞いていた。

「でも、プロコペさん」ベン・ズーフは言った、「1つ質問です。ガリアが海に落ちたらどうするんだ?」

- 「大西洋や太平洋がどんなに深くても、水のクッションが衝撃を吸収するのに十分ではありません」と、プロコペ中尉は答えた。「したがって、先ほど示したような効果はすべて再現されることになります。」

- 「そして、溺死しても!」とベン・ズーフは答えた。

- 「さて、皆さん、」セルバダック大尉は言った、「壊れるか、溺れるか、潰れるか、窒息するか、焼かれるか、それがどんな出会いであれ、我々を待ち受けている運命だ!」と。

- 「はい、セルバダック大尉」プロコペ中尉は迷うことなく答えた。

- ベン・ズーフは言った。「そうである以上、私がやるべきことはただ1つだ。」

- 「それは何ですか」とエクトール・セルバダックが聞いた。

- 「衝撃の前にガリアを去ることである。」

- 「方法は?」

- 「ああ、やり方はとても簡単だ!」ベン・ズーフは穏やかに答えた。「ありえない!」

- 「おそらく!」とプロコペ中尉は言った。

中尉は頭を抱えながら、何か大胆な作戦を考えていた。

そして、この計画があなたにとっていかに贅沢なものに見えようとも、私はこれを実行に移さなければならないと思うのです」と彼は繰り返した。

- 「話しなさい、プロコペ」とティマチェフ伯爵は答えた。

中尉は、さらにしばらく考え込んでいた。それから。

ベン・ズーフは、「衝撃を受ける前にガリアから離れるしかないと言っている」と続けた。

- 「そんなことが可能なのか」とティマチェフ伯爵は尋ねた。

- 「そうですね、たぶん、そうです!(笑)」

- 「そして、どのように?」

- 「気球で!」

- 「気球だ!でも、気球はかなり消耗していますね!小説の中でさえ、もはや使う勇気はない。」セルバダック大尉は叫んだ。

- 「皆さん、よく聞いてください。」プロコペ中尉は少し顔をしかめた。「衝突の瞬間が正確にわかれば、1時間前にガリアの大気圏に離脱することができます。しかし、衝突の前に地球の大気と合流し、一種の滑空運動によって気球が一方から他方へ移動し、直接の衝突を避け、衝突が起こるまで空中にとどまることもありえます。」

- 「さて、プロコペ、」ティマチェフ伯爵は答えた。「言いたいことはよくわかる。」

- プロコペ中尉は「百発百中、九十九の不利がある!」と言った。

- 「99!」

- 少なくとも、並進運動が止まった瞬間に、気球が燃えてしまうことは確かだからだ。

- 「彼も?」ベン・ズーフは叫んだ。

- 「どうでしょう、私が言うのもなんですが、衝撃の瞬間にガリアの地から離れた方が良かったような気がします。」

- 「はい、はい。10万分の1の確率であれば、それに越したことはない。」とセルバダック大尉は言った。

- 「でも、気球を膨らませるための水素がないんです。」とティマチェフ伯爵は言った。

- 「熱風で十分です。」とプロコペは答えた。

- 「熱気球は原始的だし、作るのも簡単だ」とセルバダック大尉は言う。

- 「軽くて丈夫な帆布でできたドブリナ号の帆から切り出すことに...。」

- 「よく言った、プロコペ。本当に答えが出ていますね。」ティマチェフ伯爵は答えた。

- 「バンザイ!ブラボー!」ベン・ズーフが叫んで締めくくった。

実は、プロコペ中尉が今提案したのは、大胆な計画だったのだ。しかし、他のどのような仮説を立てても、入植者の損失は確実であるため、断固として冒険に挑む必要があった。そのためには、時間だけでなく、分も、できれば秒単位で正確に知ることが大切であった。

セルバダック大尉は、万全を期してパルミリン・ロゼットにこの情報を聞き出したのである。そこで、その時から中尉の指示のもと、気球の建設が始まったのである。テール・ショードの住民23人全員を乗せることができる大きさでなければならない。彼らが拒否した後は、ジブラルタルとセウタのイギリス人を心配する必要はなくなったからだ。

さらに、プロコペ中尉は、気球が抵抗した場合、衝撃の後、大気圏内をより長く滑空する可能性を自分に与えることで、チャンスを増やすことを決意した。着陸に適した場所を探さなければならない可能性もあり、乗り遅れないようにしなければならない。そこで彼は、昔、最初に気球を飛ばした人たちが飛ばしたように気球内の空気を温めるために、乾燥した草やわらなどの燃料を一定量携行することを決意したのである。

ドブリナ号の帆はニナ・ルーシュに保管されていた。非常にしっかりとした織物でできており、ニスを塗ることでさらにしっかりとした織物にすることも容易であった。これらの材料は、すべてタータン船の荷物の中に入っていたので、中尉の自由に使うことができた。カットする短冊の型紙を丁寧になぞっていく。この作業は好条件で行われ、小さなニーナも含めて全員が短冊を縫うことに従事した。この種の作業に慣れているロシアの船員たちは、スペイン人にそのやり方を教え、新しい作業場は暇を持て余すことはなかった。

しかし、誰もその不在を残念に思わなかったユダヤ人と、熱気球が作られていることを知りたかっただけのパルミリン・ロゼットを除いて、全員がそう言った。

この作業で1カ月が過ぎた。セルバダック大尉は、2つの星の新しい出会いについて、元教授に質問する機会をまだ見つけられていなかった。パルミリン・ロゼットは近寄りがたい存在だった。何日も、彼の姿を見ることはなかった。日中はほとんど耐えられる気温になったので、彼は再び手に入れた天文台に閉じこもり、誰も立ち入らせないようにした。セルバダック大尉からの最初の口説き文句に対して、彼は非常に悪い返事をした。彼は、これまで以上に地球に戻ることを切望しており、帰還の危険性には関心を示さず、共通の利益のために何かをすることもないだろう。

しかし、2つの星が秒速27哩で出会う瞬間を極めて正確に知ることは、必要不可欠なことであった。 そのため、セルバダック大尉は待つしかなかった。

しかし、ガリアはどんどん太陽に近づいていく。ガリア人の目には、地球の円盤が目に見えて大きくなっているように映った。11月中に彗星は5,900万里を通過し、12月1日には太陽から7,800万里まで接近した。

気温がかなり上昇し、解凍とともに破砕を起こした。海が割れて溶けていく様子は壮観だった。捕鯨船の人たちが言うところの「氷の大声」を聞いたのだ。火山の斜面や海岸線では、最初の水の流れが気まぐれに曲がりくねっている。数日で激流が、そして滝ができた。高台の雪は一面溶けてしまった。

同時に、地平線上に水蒸気が立ち昇り始めた。ガリアの長い冬の間、沈黙していた風の作用で、少しずつ雲ができ、どんどん動いていく。近い将来、大気の乱れが予想されたが、全体として、彗星の表面には暖かさと光とともに生命が戻ってきたのである。

しかし、ガリア海軍の壊滅につながる2つの予期せぬ事故が発生した。

その時、スクーナー船とタータン船はまだ海抜100フィート(約1.5メートル)の高さにあった。その巨大な台座は、雪解けとともにわずかにたわみ、傾いていた。北極海の氷山がそうであるように、海水温の上昇によって氷山の土台が傷つき、崩壊の危機に瀕していたのだ。2隻の船を救うことは不可能で、その代わり気球が活躍することになった。

この大失敗が実現したのは、12月12日から13日にかけての夜であった。バランスを崩したため、氷塊が一体に転がり落ちてきたのだ。ハンザ号とドブリナ号は、海岸の岩礁で破局を迎えた。

待ちに待った、しかも防ぎようのないこの災難は、植民地の人々に痛烈な印象を与えた。まるで、この地球の何かが失われてしまったかのように。

このタータン船が一瞬にして破壊された時のイサック・ハカブトの嘆き、悪しき人種に浴びせた呪いの言葉を言うことは不可能である。彼はセルバダック大尉とその仲間を責めた。もし、ハンザ号をあのテール・ショードの入り江に無理やり連れて行かなかったら、もし、ハンザ号をグルビ島の港に置き去りにしていたら、こんなことにはならなかったはずだ。彼らは自分の意思に反して行動したのだから、責任がある。陸に戻れば、自分に損害を与えた者たちにどう対処すればいいかわかるはずだ

セルバダック大尉は、「イサック様、お静かに! さもないと、鉄格子に入れさせます!」と叫んだ。 イサック・ハカブトは黙って、自分の穴に戻っていった。

12月14日、気球は完成した。丁寧に縫製され、ニスが塗られたそれは、驚くほど頑丈だった。ネットは、ドブリナ号の軽いロープで作ったものだった。ハンザ号の船倉にあった籐の棚を利用したバスケットで、23人が入れるのに十分な大きさであった。ガリアの大気と一緒に地球の大気へと滑り込む時間だ。人は自分の快適な領域を見てはいけない。

まだ、時間、分、秒の問題が残っており、頑固なパルミリン・ロゼットはそれを決めかねていた。 その時、ガリア星は火星の軌道と交差しており、その距離は約5,600万哩だった。だから、何も恐れることはないのだ。

しかし、その日、12月15日の夜、ガリア人は自分たちの最後の時が来たと信じることができた。ある種の "地震 "が発生したのです。火山は地響きのように揺れた。セルバダック大尉らは、彗星が分裂していると思い、急いで揺れ動く塊から離れた。

同時に、天文台から叫び声が聞こえ、不幸にも教授が壊れた望遠鏡の破片を手に、岩の上にいるのを目撃された。

しかし、彼らはわざわざ彼に同情することはなかった。その闇夜に、ガリアの軌道を周回する第二の衛星が出現した。

それは彗星そのものの破片だったのです。

「かつてガンバルト彗星がそうであったように、内部膨張の作用で2つに割れてしまったのだ。自分から切り離された巨大な断片が宇宙に打ち上げられ、セウタのイギリス人とジブラルタルのイギリス人を運んできたのだ!」

脚注[編集]