彗星飛行/第2巻 第16章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第16章
[編集]

これは本当だった。イサック・ハカブトは、誠実な惰眠をむさぼる商売を始めて以来、偽りの重さで売り続けてきた。この人はよく知られているので、誰も驚かないだろう。しかし、売り手から買い手に回ったその日に、彼の不用意さが逆鱗に触れてしまった。彼の幸運の主な道具はこの秤であった。この秤は、自他ともに認めるように、1/4だけ間違っていた。この秤によって、教授は計算を再開し、正しい基準に戻した。

地球上では1キログラムと表示されていても、実際には750グラムしかない。だから、ガリアに示した重量から、4分の1を差し引かなければならないのだ。したがって、ガリアの質量が影響しているのだから、彗星の質量を4分の1として計算した教授の計算が、ネリナの真の位置と折り合わなかったのは理解できることである。

パルミリン・ロゼットは、イサック・ハカブトを斟酌して倒したことに満足し、すぐにネリナを仕留める作業に取りかかった。このシーンの後、イサック・ハカブトがどれだけ蔑まれたか、理解できるだろう!?ベン・ズーフは、「重さを偽って売れば訴追される」「調査中だ」「警察に連れて行く」と言い続けた。

「でも、いつどこで?」と聞かれた。

- 「この世に戻ったらね、この悪党!」ベン・ズーフは潔く答えた。

この恐ろしい男は、暗い穴の中に閉じこもって、なるべく自分の姿を見せないようにしなければならなかった。

ガリア人が地球との出会いを期待する日まで、まだ2ヵ月半もあった。10月7日以降、彗星は望遠鏡で見える惑星のゾーンに入り、ネリナを捕らえた。

11月1日までに、火星と木星の間にある惑星が分裂してできたと思われるこれらの小惑星の重力圏の半分を、めでたく通過することができた。この1ヶ月の間に、ガリアは軌道上で4,000万哩の弧を描き、7,800万哩まで太陽に接近することになる。

気温は零下10〜12度くらいで、また我慢できる気温になりつつある。しかし、まだ解凍される気配はない。海面は凍りついたまま、2隻の船は氷の台座の上に乗って、深淵の上にそびえ立っている。 その時、ジブラルタルの小島に追いやられたイギリス人たちの問題が再び持ち上がった。ガリアの極寒の冬を平然と乗り越えてきたのは間違いない。

セルバダック大尉は、この問題を、彼の寛大さを最大限に生かすような視点から扱った。そして、「ドブリナ号の訪問の際、彼らの評判が悪かったにもかかわらず、もう一度彼らと交流して、彼らが知らないであろうことをすべて知ってもらうことが望ましい」と述べた。地球に着陸するのは、結局のところ新たな衝突の結果であり、極めて危険なことであった。そこで、このイギリス人たちに警告を発し、一緒にこの危険に立ち向かおうと呼びかけることも必要だった。

ティマチェフ伯爵とプロコペ中尉は、セルバダック大尉に同意した。それは、彼らにとって無関心ではいられない人道的な問題であった。

しかし、当時、ジブラルタルの小島に行くにはどうしたらいいのだろう。

もちろん海路で、つまり氷の表面をしっかり支えてくれるものを利用してのことである。

しかも、雪解けが始まれば、他の通信手段は使えなくなるからだ。実際、スクーナーもタータン船も、もはや当てにならない。また、蒸気船は、植民者がグルビ島に戻るときのために大切に保管しておいた数トンの石炭を消費することになる。

そこには、すでに帆走用のソリに改造されたユーユーがあった。テール・ショードからフォルメンテーラまで、いかに早く、安全に移動できたかを知っている。

雪解けの後、夏の気温で発生する蒸気で、ガリアの大気に新たなトラブルが発生するのでは?恐れ多いとさえ思った。でも、その後はまったく凪いでいて、ジブラルタルの小島には行けなかったんですね。

徒歩というか、スケートで行く可能性も残されていた。その距離は、約100哩。このような状況で横断を試みることは可能でしょうか?

セルバダック大尉は、この仕事に身を投じた。1日25〜30哩、つまり1時間に2哩程度なら、スケートに慣れた者なら問題ないだろう。そのため、8日後にはホットアースに戻ることができる。

セルバダック大尉は、この任務に身を投じた。1日に25〜30哩、1時間に2哩程度なら、スケートに慣れた人なら問題ないだろう。つまり、8日後にはジブラルタルを訪問した後、「テール・ショード」に戻ってこられるのだ。道しるべとなるコンパス、大量の冷肉、コーヒーを入れるための小さなコンロ、これ以上何も求めず、少々危険なこの冒険は、彼の冒険心にはぴったりだった。

ティマチェフ伯爵とプロコペ中尉は、代わりに出るか、同行するか、どちらかを主張した。しかし、セルバダック大尉は彼らに感謝した。不幸があった場合、伯爵と中尉はテール・ショードにいなければならないのだ。それがなければ、帰ってきた仲間はどうなってしまうのだろう。

ティマチェフ伯爵は降参せざるを得なかった。セルバダック大尉は、忠実なベン・ズーフという一人の仲間しか認めなかった。そこで、彼は「大丈夫ですか?」と言った。

「もしそれが私に合うなら、なんということでしょう!」ベン・ズーフは叫んだ。「私の都合がよければ、大尉!このような機会に、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。それから、私があなたを一人で行かせると思いますか!?」

出発は翌日の11月2日に決定した。確かに、イギリス人の役に立ちたい、人道的な義務を果たしたいというのが、セルバダック大尉が最初に考えた動機であった。しかし、ガスコーニュ人の脳には、別の考えが芽生えていたのかもしれない。まだ誰にも話していないし、ティマチェフ伯爵にも話したくなかったに違いない。

いずれにせよ、ベン・ズーフは、出発の前夜に大尉から言われた言葉で、「何か別の仕掛けがある」と理解した。

「ベン・ズーフ、雑貨屋で三色旗の材料が手に入らないか?」

- 「はい、大尉」とベン・ズーフは答えた。

- 「さて、この旗を人目を気にせず作り、カバンに入れて持ち運んでもらいたい。」

ベン・ズーフはもう何も聞かず、従った。

さて、セルバダック大尉の計画は何だったのか、そしてなぜ仲間にさえ心を開かなかったのか。

その前に、天変地異の範疇には入らないが、人間の弱さを考えれば、ごく自然な心理現象があることを指摘しておきたい。

ガリアは地球に接近しているので、おそらくティマチェフ伯爵とセルバダック大尉は、逆の動きで、互いに遠ざかる傾向にあったのだろう。ほとんど知らないうちに行われていた可能性もある。

この22ヶ月の間にすっかり忘れていた、かつてのライバル関係の記憶が、徐々に彼らの心に、そして心から心に戻ってきたのだ。冒険の仲間たちが、再び地球を舞台に活躍することで、かつてのライバルになるのでは?ガリア人であったから、人間であることに変わりはない。L夫人はおそらくまだ自由であり、それを疑うことは彼女に対する侮辱であっただろう

そして、このようなことから、意図的であろうとなかろうと、伯爵と大尉の間にある種の冷たさが生まれていたのである。しかも、二人の間には、本当の意味での親密さはなく、二人が置かれた状況から生じるに違いない友情だけがあったことが指摘されている。

とはいえ、ここにセルバダック大尉の計画があり、ティマチェフ伯爵と自分の間に新たなライバル関係が生まれるかもしれなかったのだ。だから、秘密にしておきたかったのだろう。

このプロジェクトは、その発端となった空想的な頭脳にふさわしいものであったことは認めざるを得ない。

岩に釘付けになったイングランド人が、イングランドに代わってジブラルタルの小島を占拠し続けていたことは、よく知られている。このポストが良い状態で地球に戻れば、彼らの言う通りだったのだ。少なくとも、その職業に異論はないだろう。

さて、ジブラルタルの対岸には、セウタという小島があった。衝突前、セウタはスペイン人のもので、海峡の片側を支配していた。しかし、セウタは放棄されたため、最初の居住者に戻された。だから、セウタの岩に行き、フランスの名でそこを占領し、そこにフランス国旗を立てることは、セルバダック大尉にとって正しいことのように思われたのだ。

セウタが無事に上陸して、地中海の要衝に位置することにならないか、誰にもわからない。さて、この岩に立てられたフランス国旗は、フランスの主張を正当化するものである。

そして、そのために、何も言わずに、セルバダック大尉と注文係のベン=ズーフが遠征のために出発したのである。

さらに、ベン・ズーフが彼の大尉を理解するのに適していたことも、同意されるでしょう。フランスの岩盤を征服!?イギリス人のためのニッチを作るために! それが彼の仕事だったのだ!

出発後、崖の下で別れを惜しみ、二人きりになったとき、ベン・ズーフは大尉の計画を知った。

そして、その時、連隊の古い歌が彼の記憶に蘇ったようで、見事な声で歌い始めた。

昇る太陽
斜光線が出てる!?
アフリカン・バタリオン」の「ワック!」
ゼファーに鞭打て!

セルバダック大尉とベン・ズーフは、暖かい服を着て、御用聞きは背中に袋を背負って旅の小道具を持ち、二人とも足にはスケート靴を履いて、広大な白い海面を渡って出発し、すぐに熱い地球の高台が見えなくなった。

旅は何事もなく終わった。旅の時間は数回の停車で区切られ、その間に休憩と食事が一緒に取られた。夜になっても気温は下がり、出発からわずか3日後の11月5日、二人はセウタ島から数キロの地点に到着した。

ベン・ズーフは沸騰していた。もし突撃しなければならないときは、勇敢な兵士は喜んで隊列を組み、敵の騎兵隊を撃退するために「四角にさえ」なったのである。

朝だった。方位磁針で直進性を厳しく測り、出発時から正確に追従していた。セウタの岩は、5、6キロ先の西の水平線に、太陽の光の真ん中に現れた。

冒険好きな2人は、この岩に足を踏み入れてみようと思った。

突然、3キロほど離れたところで、視力の鋭いベン・ズーフが立ち止まり、こう言った。

「大尉、見てください!」

- 「どうしたんだ、ベン・ズーフ?」

- 「岩の上で何かが蠢いている。」

- 「先に進もう。」と、セルバダック大尉は答えた。

2キロメートルを数分で走破した。速度を緩めたセルバダック大尉とベン・ズーフは、再び立ち止まった。

「私の大尉だ。」

- 「さて、ベン・ズーフは?」

- 「セウタには確かにある種の紳士がいて、私たちに向かってすごいジェスチャーをしている。まるで寝すぎて目が覚めたように、腕を伸ばしている。」

- 「モルディウ!」セルバダック大尉は叫んだ、「遅すぎたのか?」

二人はそのまま進み、やがてベン・ズーフが叫んだ。

「ああ、大尉、これは電信です!」

セウタの岩の上で作動していたセマフォと同じような電信機であった。

大尉は「モルディウ!しかし、そこに電信があるとすれば、それはそこに仕込まれたからだ!」と絶叫した。

- ベン・ズーフは「ガリアで木の代わりに電信が生えれば別だが」と言った。

- 「そして、それがジェスチャーをするということは、誰かがそれを動かしたということなのだ。」

- 「仕事によって!」

エクトール・セルバダックは、とてもがっかりして、北の方を見た。

水平線の端に、ジブラルタル岩がそびえている。ベン・ズーフには、この小島の頂上に設置された2番目の電信機が、1番目の電信機の呼びかけに応えているように思えた。

「セウタが占領され、我々の到着がジブラルタルに報告された!」とセルバダック大尉は叫んだ。

- 「さて、大尉?」

- 「だから、ベン・ズーフ、我々は征服の計画を鞘に納めなければならないのだ。」

- 「しかし、大尉、もしセウタを守るイギリス人が5、6人しかいないのなら...」

- 「いや、ベン・ズーフ」とセルバダック大尉は答えた。「我々は警告を受けており、私の主張が彼らを説得しない限り、なすすべはない。」

エクトール・セルバダックとベン・ズーフは、岩のふもとに到着した。その時、バネで押されたように、そこから一人の衛兵が飛び出してきた。

「誰が生きているのか?」

- 「友人達よ! フランス!」

- 「イギリス!」

これが、最初に交わされた言葉である。すると、小島の上部に4人の男が現れた。 と、そのうちの1人がジブラルタル駐留軍に所属する男に尋ねた。

- 「あなたの上官と話がしたいのです」と、セルバダック大尉は答えた。

- 「セウタの司令官?」

- 「セウタにはすでに司令官がいるのです。」と、イギリス兵は答えた。

しばらくして、セウタの司令官が軍服姿で、自分の小島の最初の岩に進み出た。

オリファント少佐その人であった。

もはや疑う余地はない。セルバダク大尉のセウタ占領の構想は、イギリス人が持っていたものだったが、彼より先に実行に移した。岩を占拠し、そこにポストを掘り、強固に筐体化した。食料や燃料は、海が寒さで固まる前にジブラルタル司令官の船で現地に輸送された。

岩から立ち上る煙は、ガリアの冬に焚かれたものであり、守備隊がその厳しさに耐えていたことを証明している。そして、実際、このイギリス兵は安心できるほどふくよかで、本人は認めたくないかもしれないが、オリファント少佐は少し太っていた。

それに、セウタのイギリス人はジブラルタルから4哩も離れていないので、それほど孤立していたわけでもない。海峡を渡ったり、電信を使ったりして、常に連絡を取り合っていた。

マーフィー准将とオリファント少佐は、チェスのゲームを中断していなかったことも付け加えておかなければならない。彼らは長い間、自分たちの動きを準備し、それを電信で伝え合っていたのだ。 これは、1846年に雨や嵐にもかかわらず、ワシントンとボルチモアの間で有名なチェスの試合を「電信で」行ったアメリカの2つの中隊に倣ったものであった。

言うまでもなく、マーフィー准将とオリファント少佐の間では、セルバダック大尉がジブラルタルを訪問したときから、いつも同じような駆け引きが繰り広げられていた。

しかし、少佐は、見知らぬ二人が何を求めているのか、冷ややかに待っていた。

「オリファント少佐ですね」と、セルバダック大尉が挨拶した。

- 「セウタ総督のオリファント少佐です」と答えると、「私は誰と話すのが光栄なのでしょうか」と付け加えた。どなたに申し上げればよいのでしょうか?」

- 「波の国の総督セルバダック大尉へ。」

- 「ああ、よくわかった」と少佐は言った。

- エクトール・セルバダックは言った。「スペインの古代遺跡にあなたが司令官として就任したことに、少しばかり驚かされることをお許しいただけますか?」

- 「許可しますよ、大尉。」

- 「あえて聞きますが、どのような権利で?」

- 「先住者の権利。」

- 「さすがです、オリファント少佐。しかし、テール・ショードの主催者となったスペイン人が、その権利を主張する可能性があるとは思いませんか?」

- 「私はそうは思いません、セルバダック大尉。」

- 「その理由を教えてください。」

- 「なぜなら、このセウタの岩を完全な所有権としてイギリスに譲り渡したのは、このスペイン人だったからです。」

- 「契約上、オリファント少佐は?」

- 「正式な契約によるものです。」

- 「そうなんですか?」

- 「そして、この重要な割譲の代償として、セルバダック大尉、イギリスの金貨まで受け取っている。」

- 「だから、ネグレトとその仲間は大金をポケットに入れていたのだ!」ベン・ズーフは叫んだ。

確かに、オリファント少佐の言ったとおりのことが起こっていた。二人の将校は、スペイン人がまだセウタにいた頃、密かにセウタを訪れていたことが思い出される。そのため、この島をイングランドに簡単に譲り渡すことができた。

そこで、セルバダック大尉がしばらく頼りにしていた議論が崩れ去った。こうして、大将軍とその参謀は完全に失望した。そのため、彼は自分の計画を主張したり、ほのめかしたりしないように気をつけた。

オリファント少佐は、「なぜ、このような光栄な訪問を受けたのですか?」

- 「オリファント少佐、」セルバダック大尉は答えた、「私はあなたとあなたの仲間に役務を提供するために来たのです。

- 少佐は「ああ!」と、自分が誰かの助けを必要とするとは思っていない男のような口調で言った。 - 「おそらく、オリファント少佐、あなたは何が起こったかを知らず、セウタとジブラルタルの岩が彗星の表面で太陽界を走っていることを知らないのではありませんか?」

- 「彗星?」少佐は信じられないような笑みを浮かべながら、そう繰り返した。

セルバダック大尉は、地球とガリアの遭遇戦の結果を一言で説明したが、それはイギリス人将校の眉をひそめさせることもなかった。そして、ほとんどすべての可能性が地球への回帰であり、ガリアの住民が新たな衝突の危険を回避するために努力を結集するのがよいだろう、と付け加えた。

「オリファント少佐、ジブラルタルとあなたの駐留軍に、暖かい地球に移住する気があるなら......」と。

- 「セルバダック大尉、ありがとうございます。」オリファント少佐は冷たく答えた。「しかし、私たちは持ち場を離れるわけにはいきません。」

- 「なぜダメなのですか?」

- 「政府からの命令はなく フェアファックス提督に送った手紙は トランクが通るのを待っています。」

- 「でも、私たちはもう地球上にはいないのです。2ヵ月後には彗星は再び地球に出会うのです!」と、言った。

- 「私は驚かないよ、セルバダック大尉、イギリスはそれを引き寄せるためにあらゆることをしたに違いないのだから。」

少佐は大尉の言葉を信じていないことがよくわかった。

「安心してください」と後者が言った。「このセウタとジブラルタルの2つのポストを頑なに維持したいのか?」

- 「もちろん、セルバダック大尉、地中海の入り口を指揮しているのだから。」

- 「ああ、もう地中海は来ないかもしれませんよ、オリファント少佐。」

- 「地中海は常に存在する、それがイングランドに適しているならば! - しかし、お許しください、セルバダック大尉。マーフィー准将が電信で恐ろしい一撃を送ってきた。あなたは私を許すでしょう...」

セルバダック大尉は、口ひげをちぎれんばかりにねじりながら、オリファント少佐に敬礼を返した。イギリス兵は壕に戻り、二人の遠征者は岩のふもとで二人きりになってしまった。

「ベン・ズーフ君?」

- 「さて、大尉! 注文をつけずに、素晴らしい血みどろの遠征ができましたね。」

- 「行こう、ベン・ズーフ。」

- 「行きましょう、大尉」ベン・ズーフは、もはやアフリカン・ゼフィルスのコーラスを歌うことなど考えてもいなかった。

そして、彼らは旗を掲げる機会もなく、来た時と同じように帰っていった。

11月9日、彼らは再びテールショードの海岸に足を踏み入れた。

さらに、パルミリン・ロゼットの大暴走を目撃するために到着したことも付け加えておこう。そして、率直に言って、それには理由があったと言わざるを得ない。

教授は、ネリナに関する一連の観測と計算を再開していたことは記憶に新しい。今、彼はそれを完成させ、ついに衛星の全軌道要素を手に入れたのである。

しかし、前日に再登場したはずのネリナは、ガリアの地平線上に戻ってこなかった。きっと、もっと強力な小惑星に捕獲され、望遠鏡のある惑星帯を横切って脱出したのだろう。

脚注[編集]