当用漢字表

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

◉内閣訓令第七号[編集]

                    各官廳

当用漢字表の実施に関する件[編集]

 從來、わが國において用いられる漢字は、その数がはなはだ多く、その用いかたも複雜であるために、教育上または社会生活上、多くの不便があつた。これを制限することは、國民の生活能率をあげ、文化水準を高める上に、資するところが少くない。

 それ故に、政府は、今回國語審議会の決定した当用漢字表を採択して、本日内閣告示第三十二号をもつて、これを告示した。今後各官廳においては、この表によつて漢字を使用するとともに、廣く各方面にこの使用を勧めて、当用漢字表制定の趣旨の徹底するように努めることを希望する。

 昭和二十一年十一月十六日
        内閣総理大臣 吉田  茂

◉内閣告示第三十二号[編集]

 現代國語を書きあらわすために、日常使用する漢字の範囲を、次の表のように定める。

 昭和二十一年十一月十六日
        内閣総理大臣 吉田  茂

当用漢字表[編集]

まえがき[編集]

  1. この表は、法令・公用文書・新聞・雜誌および一般社会で、使用する漢字の範囲を示したものである。
  2. この表は、今日の國民生活の上で、漢字の制限があまり無理がなく行われることをめやすとして選んだものである。
  3. 固有名詞については、法規上その他に関係するところが大きいので、別に考えることとした。
  4. 簡易字体については、現在慣用されているものの中から採用し、これを本体として、参考のため原字をその下に揭げた。
  5. 字体と音訓との整理については、調査中である。

使用上の注意事項[編集]

  1. この表の漢字で書きあらわせないことばは、別のことばにかえるか、または、かな書きにする。
  2. 代名詞・副詞・接続詞・感動詞・助動詞・助詞は、なるべくかな書きにする。
  3. 外國(中華民國を除く)の地名・人名は、かな書きにする。
    ただし、「米國」「英米」等の用例は、從來の慣習に從つてもさしつかえない。
  4. 外來語は、かな書きにする。
  5. 動植物の名称は、かな書きにする。
  6. あて字は、かな書きにする。
  7. ふりがなは、原則として使わない。
  8. 專門用語については、この表を基準として、整理することが望ましい。
一部 一丁七丈三上下不且世丘丙
丨部
丶部 丸丹主
丿部 久乏乘
乙部 乙九乳乾乱(亂)
亅部 了事
二部 二互五井亞
亠部 亡交享京
人部 人仁今介仕他付代令以仰仲件任企伏伐休伯伴伸伺似但位低住佐何佛作佳使來例侍供依侮侯侵便係促俊俗保信修俳俵併(倂)倉個倍倒候借倣値倫仮(假)偉偏停健側偶傍傑備催傳債傷傾働像僚僞僧價儀億儉儒償優
儿部 元兄充兆先光克免兒
入部 入内全両(兩)
八部 八公六共兵具典兼
冂部 册再冒
冖部 冗冠
冫部 冬冷准凍凝
几部
凵部 凶出
刀部 刀刃分切刈刊刑列初判別利到制刷劵刺刻則削前剖剛剩副割創劇剤(劑)劍
力部 力功加劣助努効劾勅勇勉動勘務勝労(勞)募勢勤勳励(勵)勧(勸)
勹部 勺匁包
匕部 化北
匚部
匸部 匹匿区(區)
十部 十千升午半卑卒卓協南博
卜部
卩部 印危却卵卷卸卽
厂部 厘厚原
厶部 去参(參)
又部 又及友反叔取受
口部 口古句叫召可史右司各合吉同名后吏吐向君吟否含呈呉吸吹告周味呼命和咲哀品員哲唆唐唯唱商問啓善喚喜喪喫單嗣嘆器噴嚇嚴嘱(囑)
囗部 囚四回因困固圈國囲(圍)園円(圓)図(圖)團
土部 土在地坂均坊坑坪垂型埋城域執培基堂堅堤堪報場塊塑塔塗境墓墜增墨堕(墮)墳墾壁壇圧(壓)壘壞
士部 士壯壱(壹)壽
夊部
夕部 夕外多夜夢
大部 大天太夫央失奇奉奏契奔奧奪獎奮
女部 女奴好如妃妊妙妥妨妹妻姉始姓委姫姻姿威娘娯娠婆婚婦婿媒嫁嫡孃
子部 子孔字存孝季孤孫学(學)
宀部 宅宇守安完宗官宙定宜客宣室宮宰害宴家容宿寂寄密富寒察寡寢実(實)寧審写(寫)寬寮宝(寶)
寸部 寸寺封射將專尉尊尋対(對)導
小部 小少
尢部
尸部 尺尼尾尿局居届(屆)屈屋展層履属(
山部 山岐岩岸峠峰島峽崇崩岳(嶽)
巛部 川州巡巢
工部 工左巧巨差
己部
巾部 市布帆希帝帥師席帳帶常帽幅幕幤
干部 干平年幸幹
幺部 幻幼幽幾
广部 床序底店府度座庫庭庶康庸廉廊廃(廢)廣廳
廴部 延廷建
廾部
弋部
弓部 弓弔引弟弦弧弱張強彈
彡部 形彩彫彰影
彳部 役彼往征待律後徐径(徑)徒得從御復循微徵德徹
心部 心必忌忍志忘忙忠快念怒怖思怠急性怪恆恐恥恨恩恭息悦悔悟患悲悼情惑惜惠惡惰悩〔惱〕想愁愉意愚愛感愼慈態慌慕惨(慘)慢慣慨慮慰慶憂憎憤憩憲憶憾懇應懲懷懸恋(戀)
戈部 成我戒戰戲
戸部 戸房所扇
手部 手才打扱扶批承技抄抑投抗折抱抵押抽拂拍拒拓拔拘拙招拜括拷拾持指振捕捨掃授掌排掘掛採探接控推措描提揚換握揭揮援損搖捜搬携搾摘摩撤撮撲擁択(擇)擊操担(擔)拠(據)擦挙(擧)擬拡(擴)攝
支部
攴部 收改攻放政故教敏救敗敢散敬敵敷数(數)整
文部
斗部 斗料斜
斤部 斤斥新断(斷)
方部 方施旅旋族旗
无部
日部 日旨早旬昇明易昔星映春昨昭是時晚晝普景晴晶暇暑暖暗暫暮暴曆曇曉曜
曰部 曲更書替最会(會)
月部 月有服朕朗望朝期
木部 木未末本札朱机朽材村束杯東松板析林枚果枝枯架柄某染柔査柱柳校株核根格栽桃案桑梅條械棄棋棒森棺植業極栄(榮)構槪樂楼(樓)標枢(樞)模樣樹橋機橫檢櫻欄権(權)
欠部 次欲欺款歌欧(歐)歓(歡)
止部 止正步武歳歷帰(歸)
歹部 死殉殊殖残(殘)
殳部 段殺殿殴(毆)
毋部 母每毒
比部
毛部
氏部 氏民
气部
水部 水氷永求汗汚江池決汽沈沒沖河沸油治沼沿況泉泊泌法波泣注泰泳洋洗津活派流浦浪浮浴海浸消涉液涼淑淚淡淨深混清浅(淺)添減渡測港渴湖湯源準溫溶滅滋滑滯滴満(滿)漁漂漆漏演漢漫漸潔潜(濳)潤潮澁澄沢(澤)激濁濃濕済(濟)濫浜(濱)滝(瀧)瀨湾(灣)
火部 火灰災炊炎炭烈無焦然煮煙照煩熟熱燃燈燒営(營)燥爆炉(爐)
爪部 爭爲爵
父部
片部 片版
牛部 牛牧物牲特犠(犧)
犬部 犬犯狀狂狩狹猛猶獄独(獨)獲猟(獵)獸献(獻)
玄部 玄率
玉部 玉王珍珠班現球理琴環璽
甘部
生部 生産
用部
田部 田由甲申男町界畑畔留畜畝略番(畫)異当(當)疊
疋部 疎疑
疒部 疫疲疾病症痘痛痢痴療癖
癶部 登発(發)
白部 白百的皆皇
皮部
皿部 盆益盛盜盟盡監盤
目部 目盲直相盾省看眞眠眼睡督瞬
矛部
矢部 矢知短
石部 石砂砲破研(硏)硝硫硬碁碎碑確磁礁礎
示部 示社祈祉祕祖祝神祥票祭禁禍福禪礼(禮)
禾部 秀私秋科秒租秩移税程稚種称(稱)稻稿穀積穗穏(穩)穫
穴部 穴究空突窒窓窮窯窃(竊)
立部 立並(竝)章童端競
竹部 竹笑笛符第筆等筋筒答策箇算管箱節範築篤簡簿籍
米部 米粉粒粗粘粧粹精糖糧
糸部 系糾紀約紅紋納純紙級紛素紡索紫累細紳紹紺終組結絶絞絡給統糸(絲)絹経(經)綠維綱網綿緊緖線締緣編緩緯練縛縣縫縮縱総(總)績繁織繕絵(繪)繭繰継(繼)続(續)纎
缶部 欠(缺)
网部 罪置罰署罷
羊部 羊美着群義
羽部 羽翁翌習翼
老部 老考者
而部
耒部 耕耗
耳部 耳聖聞声(聲)職聽
聿部 粛(肅)
肉部 肉肖肝肥肩肪肯育肺胃背胎胞胴胸能脂脅脈脚脱脹腐腕脳(腦)腰腸腹膚膜膨胆(膽)臟
臣部 臣臨
自部 自臭
至部 至致台(臺)
臼部 與興旧(舊)
舌部 舌舍舖
舛部
舟部 舟航般舶船艇艦
艮部
色部
艸部 芋芝花芳芽苗若苦英茂茶草荒荷莊茎(莖)菊菌菓菜華万(萬)落葉著葬蒸蓄薄薦薪薰藏藝藥藩
虍部 虐処(處)虛虜虞号(號)
虫部 蚊融虫(蟲)蚕(蠶)蛮(蠻)
血部 血衆
行部 行術街衝衞衡
衣部 衣表衰衷袋被裁裂裏裕補裝裸製複襲
西部 西要覆
見部 見規視親覚(覺)覽観(觀)
角部 角解触(觸)
言部 言訂計討訓託記訟訪設許訴診詐詔評詞詠試詩詰話該詳誇誌認誓誕誘語誠誤説課調談請論諭諮諸諾謀謁謄謙講謝謠謹証(證)識譜警訳(譯)議護誉(譽)読(讀)変(變)讓
谷部
豆部 豆豊(豐)
豕部 豚象豪予(豫)
貝部 貝貞負財貢貧貨販貫責貯弐(貳)貴買貸費貿賀賃賄資賊賓賜賞賠賢賣賦質賴購贈賛(贊)
赤部 赤赦
走部 走赴起超越趣
足部 足距跡路跳踊踏践(踐)躍
身部
車部 車軌軍軒軟軸較載軽(輕)輝輩輪輸轄轉
辛部 辛弁(辨瓣辯)辞(辭)
辰部 辱農
辵部 込迅迎近返迫迭述迷追退送逃逆透逐途通速造連逮週進逸遂遇遊運遍過道達違逓(遞)遠遣適遭遅(遲)遵遷選遺避還辺(邊)
邑部 邦邪邸郊郞郡部郭郵都鄕
酉部 配酒酢酬酪酵酷酸醉醜医(醫)釀
釆部 釈(釋)
里部 里重野量
金部 金針鈍鈴鉛銀銃銅銑銘鋭鋼錄錘錠銭(錢)錯鍊鍛鎖鎭鏡鐘鉄(鐵)鑄鑑鉱(鑛)
長部
門部 門閉開閑間閣閥閲関(關)
阜部 防阻附降限陛院陣除陪陰陳陵陶陷陸陽隆隊階隔際障隣随(隨)險隠(
隶部
隹部 隻雄雅集雇雌双(雙)雜離難
雨部 雨雪雲零雷電需震霜霧露霊(靈)
青部 青靜
非部
面部
革部
音部 音韻響
頁部 頂項順預頒領頭題額顏願類顧顯
風部
飛部 飛飜
食部 食飢飮飯飼飽飾養餓余(餘)館
首部
香部
馬部 馬駐騎騰騷駆(驅)驗驚駅(驛)
骨部 骨髄(髓)体(體)
高部
髟部
鬥部
鬼部 鬼魂魅魔
魚部 魚鮮鯨
鳥部 鳥鳴鷄
鹵部 塩(鹽)
鹿部
麥部 麦(麥)
麻部
黃部
黑部 黑默点(點)党(黨)
鼓部
鼻部
齊部 斎(齋)
齒部 歯(齒)齢(齡)

この著作物は、日本国の旧著作権法第11条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 法律命令及官公文書
  2. 新聞紙又ハ雑誌ニ掲載シタル雑報及時事ヲ報道スル記事
  3. 公開セル裁判所、議会並政談集会ニ於テ為シタル演述

この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつ、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

Aozora Bunko Logo.png
青空文庫インポート:原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、この資料は、インターネットの図書館、青空文庫で作成されたファイルを元にしています。青空文庫で入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。青空文庫収録ファイルの取り扱い規準WikiProject 青空文庫
  • 青空文庫入力者:{{{inputter}}}
  • 青空文庫校正者:{{{proofreader}}}