宇奈月温泉事件

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
○妨害󠄆排除請󠄃求事件(昭和九年(オ)第ニ六四四同十年十月五日第三民事部判󠄄決 棄却)

上吿人】 控訴人  吿  品川彌次󠄄郞  訴訟代理人  沼田勇三

【被上吿人】 被控訴人  吿  黑部鐵道󠄃株式會社  訴訟代理人  山下榮次󠄄

第一審】 魚津區裁判󠄄所󠄃 【第二審】 富山地方裁判󠄄所󠄃

判󠄄示事

所󠄃有權ニ對スル侵󠄃害󠄆除去ノ請󠄃求卜權利ノ濫

判󠄄決要󠄃

所󠄃有權ニ對スル侵󠄃害󠄆存スルモ之ニ因ル損害󠄆ノ程度微少ニシテ而モ侵󠄃害󠄆除去ノ爲莫大ナル出費其ノ他ノ損失ヲ生スヘキ場合ニ於テ第三者カ不當ナル利得ヲ企圖シ別段ノ必要󠄃ナクシテ侵󠄃害󠄆ニ係ル物件ヲ買收シ以テ所󠄃有者トシテ侵󠄃害󠄆者ニ對シ侵󠄃害󠄆狀態ノ除去ヲ迫󠄃ルト同時ニ該󠄂物件等ヲ不相當ニ巨󠄃額ナル代金ヲ以テ買取ルヘキ旨ノ要󠄃求ヲ提示シ他ノ一切ノ協調ニ應セスト主張セルカ如キ事情󠄃アルトキハ該󠄂侵󠄃害󠄆除去ノ請󠄃求ハ權利ノ濫用ニ外ナラサルモノト

上吿人(控訴人、原吿)請󠄃求ノ要󠄃旨ハ本件土地ハ元廣永さくノ所󠄃有ニ屬シさくヨリ荒田長之助ニ次󠄄テ長之助ヨリ上吿人ニ各賣買ニ基キ其ノ所󠄃有權ノ移轉アリテ之カ登記ヲ經由セルモノナルトコロ被上吿人(被控訴人、被吿)ハ何等ノ權原ナクシテ該地上ニ係爭樋管ヲ敷設シ且屢該土地ニ立入リ居ルヲ以テ上吿人ハ所󠄃有權ニ基キ被上吿人ニ對シ該樋管ノ收去竝立入其ノ他一切ノ妨害󠄆行爲ノ禁止ヲ求ムト云フニ在リテ被上吿人ノ抗辯ヲ否認󠄃シタリ

被上吿人ハ本件地上ニ被上吿人所󠄃有ノ係爭樋管ノ敷設セラレ居ルコトハ之ヲ認󠄃ムルモ(一)該地上ヲ通󠄃過󠄃セル全樋管ハ大正六年頃愛本溫泉株式會社ニ於テ其ノ設備ヲ完成󠄃セルモノナルカ該施設ニ其ク本件土地ノ使用ニ付テハ當時ノ所󠄃有者廣永さくカ未成󠄃年者ニシテ且親權者ナカリシ爲同人ノ事實上ノ後見人タリシ廣永太二ノ承諾ヲ得夕ルノミナラス爾來昭和三、四年頃迄每年さく方ニ於テ該使用料ヲ受領シ居リ而シテさくハ大正七年九月中既ニ成󠄃年ニ達󠄃シタルヲ以テ同人ニ於テモ暗󠄃默ニ右使用ヲ承諾セルモノナリ而シテ右樋管ハ宇奈月溫泉場ニ溫泉ヲ引ク爲ノ施設ニシテ上吿人ハ其ノ現狀ヲ知リテ本件土地ヲ買受ケタルモノナレハ當然右使用ヲ忍󠄄容スヘキ地位ヲ承繼セルモノナリ(二)本件土地ハ荒蕪地タルノミナラス樋管ノ敷設ニ使用セラルル部分ハ一坪󠄃九合ニ過󠄃キサレハ該使用ニ因ル上吿人ノ損失ハ金錢ニ見積リ得サル程度ニ僅少ナルニ反シ之ヲ撤去セムカ全樋管ハ效用ヲ失ヒ宇奈月溫泉場ハ溫泉ノ供給ヲ受クルヲ得サルニ至リ從ツテ同地方一帶ノ衰󠄄滅ヲ招來スヘク假ニ敷設方法ヲ變更シ得トスルモ工事費等ニ一萬餘圓ヲ要󠄃スルノミナラス工事期間中ノ引湯中止ノ結果溫泉場ノ休業等ニ因ル損失莫大ナレハ係爭樋管ヲ除去シテ原狀ニ回復スルコトハ結局不能ナリ加之上吿人ハ本件土地力何等有效ナル使用方法ヲ有セサルニ拘ラス屢被上吿人ニ對シ樋管ノ除去ヲ求メ其ノ間係爭樋管ノ敷地ニ開係ナキ上吿人所󠄃有ノ荒蕪地約三千坪󠄃ヲモ一坪󠄃七圓ニテ被上吿人力買取ルヘキ旨主張シテ讓ラス遂󠄅ニ本訴ニ及ヒタルモノニシテ斯ノ如キハ樋管ノ除去ニ藉口シテ不法ノ利得ヲ企圖シ畢竟󠄂被上吿人ニ對シ損害󠄆ヲ與フルコトノミヲ目的トスルモノナレハ權利ノ濫用ナル旨抗辯シタリ

原審ハ本訴請󠄃求ハ權利ノ濫用ニ基クモノナリトシ之ヲ排斥シタリ

本件上吿ハ之ヲ棄却ス

上吿費用ハ上吿人ノ負擔トス

上吿理由第一㸃ハ一、上吿人ハ富山縣下新川郡內山村字大尾六一五六番畑三畝二十二步ヲ所󠄃有スル處被上吿人ハ何等對抗シ得ヘキ權利ヲ有スルコトナクシテ土地內ニ引湯管ヲ敷設シ該土地ニ屢立入ルニ因リ(一)右土地內ニ敷設スル引湯管ノ收去ヲ求メ(二)又土地內ニ立入ル等一切ノ妨害󠄆ノ排除ヲ訴求セシトコロナリ(第一、二審判󠄄決事實摘示)然ルニ原判󠄄決ハ「控訴人カ昭和三年富山縣下新川郡內山村字大尾六一五六番畑三畝二十二步ヲ訴外荒田長之助ヨリ買受ケ荒田長之助ハ昭和二年中廣永さくヨリ右土地ヲ買受ケ各其ノ所󠄃有權ヲ取得シタルモノナルコト右土地內ニ現ニ本件引湯管ノ通󠄃過󠄃シ居ルコ卜被控訴人ハ同郡三日市驛ヨリ同郡內山村宇奈月驛ニ至ル間ニ電氣鐵道󠄃ヲ敷設シ一般旅客貨物ノ運󠄃送󠄃竝ニ宇奈月驛ニ於テ溫泉場ヲ經營シ居ルコ卜其ノ溫泉場經營ハ黑薙溫泉泉源ニ湧出メル溫泉ヲ宇奈月ニ引湯スル爲メニ敷設サレタル樋管ニ依リテ爲サレタルモノナルコト右引湯管ハ被控訴人ノ前々主愛本溫泉株式會社カ相當多額ノ經費ヲ投シテ大正六、七年頃其ノ敷設ヲ完成󠄃シ溫泉營業ヲ開始シテ以來大正十年十二月頃溫泉場ヲ同郡同村長畑ヨリ現在ノ宇奈月ニ移轉シ其ノ後被控訴人カ之ヲ承繼シ現在ニ至ル迄繼續シテ溫泉營業ニ占有使用シ來リタルモノナルコト本件土地ハ從來雜木草ノ天然ニ生スル儘ニ放置シアリテ現在ニ及ヒタルコ卜ハ孰レモ當事者間爭ナキトコロトス」ニト爲シ次󠄄テ諸種ノ事情󠄃ヲ列舉シタル後「以上認󠄃定事實ヲ綜合スレハ控訴人ハ被控訴人カ本件土地內ニ於ケル引湯管ノ撤去ニ付キ著シク困難ニシテ且尠カラサル費用竝ニ日時ヲ要󠄃シ宇奈月地方ノ盛󠄃衰󠄄消󠄃長二關シ控訴人ノ多額ノ要󠄃率ニ應セサレハ被控訴人ノ運󠄃命ニ大ナル影響󠄉ヲ及ホスヘキコトヲ覺知シ殊更自己ニ不要󠄃ノ土地ヲ買收取得シ不當ノ利益ヲ得ント欲シ名ヲ所󠄃有權ノ行使ニ藉リ被控訴人ヲ困惑ニ陷ルルニ過󠄃キサルモノト認󠄃メ得ヘク此ノ如キハ所󠄃有權ノ正當ナル行使ニアラスシテ權利ノ濫用ニ外ナラサレハ法ノ保護ヲ受クヘキニアラス然レハ引湯管ノ撤去ヲ求メ竝ニ引湯管ノ敷設ニ付キ當然伴󠄃フヘキ修理等ノ爲メ該土地內ニ立入ル等一切ノ妨害󠄆排除ヲ求ムル本訴請󠄃求ハ棄却スヘキモノ」ト爲セリ而シテ上吿人ハ第一審以來係爭土地ノ所󠄃有權ヲ有スルモノニシテ被上吿人ハ對抗スヘキ何等ノ權利ナキコトヲ主張シ地上ニ敷設セラレタル引湯管ノ撤去ヲ求メ原判󠄄決ハ上吿人ノ土地ニ關スル主張事實ヲ認󠄃定シテ唯タ引湯管ノ撤去ヲ求ムルハ權利ノ濫用ナリト謂フニ在リサレハ土地ニ付キ何等ノ權利ヲ有セサル被上吿人カ何故ニ土地所󠄃有者ノ承諾ヲ得ルコトナクシテ論地ニ立入リ修理ヲ爲シ得ヘキ權利ヲ生スルヤ單ニ引湯管ハ修理ノ必要󠄃アルヲ以テ權利ナシトスルモ立入ル事ヲ得ヘシト云フカ如キハ權利發生ノ原因ヲ說明スルモノニ非ス原判󠄄決ハ土地ノ立入等一切ノ妨害󠄆排除ヲ求ムル請󠄃求ヲ棄却スルニ付キ理由不備ヲ免レス破毁セラルヘキモノト思料スト云ヒ」同第二點ハ一、土地所󠄃有者カ其ノ土地ニ立入等ノ一切ノ妨害󠄆排除ヲ求ムルコ卜ハ所󠄃有權當然ノ行使ニシテ權利ノ濫用ニアラサルコト論ヲ俟タス何等ノ權利ナクシテ自己ノ必要󠄃ニ藉口シテ他人ノ所󠄃有地ニ何時ニテモ侵󠄃入スルモ妨ケナシト謂フカ如キハ民法第二百九條ニ於テ隣地使用請󠄃求權ヲ特ニ規定シ其ノ他通󠄃行權ニ關シ或ハ電氣事業法ニ於テ土地立入ニ付特別ノ規定ヲ爲シタル精神卜相容レサル不法ノ甚タシキモノナリ原判󠄄決ハ上吿人ノ立入等一切ノ妨害󠄆排除ヲ求ムル請󠄃求ハ權利濫用ナリト謂フニ在リヤ又ハ無權利ナルモ既ニ引湯管ヲ敷設シタル以上ハ其ノ引湯管所󠄃有者ハ土地立入權ヲ生シ且立入請󠄃求ヲ爲スコトナクシテ當然ニ自由勝󠄃手ニ其ノ欲スルカ儘ニ立入ヲ爲シ得ヘキ權利ヲ生シタルモノナリト云フニ在ルヤ解スルヲ得ス要󠄃スルニ原判󠄄決ハ理由不備且不法ヲ免レスト云ヒ』同第三點ハ一、被上吿人ニ於テ何等ノ權利ナクシテ係爭地ニ引湯管ヲ敷設シ所󠄃有スルコトハ明カニ所󠄃有權侵󠄃害󠄆ノ不法行爲ニシテ反社會性ノ行爲ナルコト論ヲ俟タス法律的秩序ヲ紊亂シ須臾モ存在セシムヘキモノニ非ス宜シク之レヲ排擊シ不法行爲ナカラシメ所󠄃有權ヲ圓滿ナル狀態ニ回復セシムヘキコトハ正義ノ命スル處ナリ之レカ不法行爲ニ忍󠄄從シ其ノ不法ヲ恣ニセシムヘキ義務アルコトナシ

而シテ原判󠄄決ハ引湯管ノ敷設ニヨリ多大ノ便益ヲ得ツツアル各種ノ事情󠄃ヲ斟酌󠄃シ換言セハ引湯管敷設ハ不法行爲ナルモ既ニ多大ノ便益ヲ得ツツ在ルヲ以テ之レカ排除ヲ求ムル上吿人ノ請󠄃求ハ權利ノ濫用ニシテ不法行爲ナリト爲セリ以テ被上吿人ノ不法行爲ヲ保護シ之ヲ維持セシメントス斯ノ如キハ國家社會ノ秩序ヲ紊スモノニシテ許スヘカラサル不法アリト云ヒ』同第四點ハ一、凡ソ私人ノ所󠄃有ノ土地ニ國家若クハ公共團體カ正當ノ權限ナクシテ公ノ行政行爲ヲ爲シ地上ニ公ノ營造󠄃物(例小學校舍)ヲ所󠄃有スルニ至ルモ土地所󠄃有者ハ民法其ノ他ノ法規ノ範園內ニ於テ依然トシテ物上請󠄃求權ヲ行使シ得ヘク所󠄃有權本來ノ效用ヲ受クルコトヲ得ヘシ權利侵󠄃害󠄆ノ救濟ハ侵󠄃害󠄆行爲自體ヨリ可否ヲ定ムヘク被吿ノ輕重大小ニヨリ之ヲ決スヘキニ非サルコトハ判󠄄例ノ示ス所󠄃ナヲ(昭和六年(オ)第千二百四十八號事件同年十二月九日大審院第三民事部判󠄄決法律新聞第三三七七號所󠄃載)被上吿人カ無權利ニシテ係爭土地ニ引湯管ヲ敷設スル以上ハ上吿人ニ於テ其ノ侵󠄃害󠄆事實ノ排除ヲ求ムルハ所󠄃有權本來ノ效用ヲ全フスル所󠄃以ニ外ナラス係爭土地力利用價値ノ少ナキコト引湯管撤去ノ及ホス影響󠄉ノ大ナルコトハ權利侵󠄃害󠄆行爲ノ救濟ヲ求ムルニハ何等ノ關係アルコトナシ之レカ爲メニ救濟ヲ求ムル物上請󠄃求權ノ行使カ權利濫用トナルヘキ理ナシ原判󠄄決ハ破毁スヘキモノナリト云ヒ』同第五點ハ一、上吿人ハ原審ニ於テ「所󠄃有權ハ他ヨリ侵󠄃害󠄆セラルルコトナシ凡ソ公益ノ爲メ必要󠄃ナル處分ハ法律ノ定ムル所󠄃ニ從フヘキノミ現在ノ個人主義的體系ニ基ク財產制度ニ於テハ所󠄃有權ハ絕對的ニ且排他的ニ總括支配力ヲ有シ使用收益處分ノ作用夕有スルコト論ヲ俟タス唯タ一般公益警察ノ必要󠄃特種產業上ノ利益交通󠄃ノ安全國防ノ必要󠄃國土ノ美觀相隣者ノ共存等各種ノ理由ニヨリ法令ヲ以テ所󠄃有權ノ制限セラルル場合アルニ過󠄃キス而シテ社會機能體系ノ觀念ヲ信スル者卜雖モ所󠄃有權ヲ社會權能化セント努力シナカラ尙ホ個人財產ハ一切ノ侵󠄃害󠄆殊ニ公權力ヨリ生スル侵󠄃害󠄆ニ對シテモ保護セラルルコトヲ承認󠄃セリ係爭土地ハ畑地ニシテ控訴人ハ本來ノ畑トシテ生產機能ヲ全フスヘク利用シ居ルモノニシテ被控訴人ノ便盆ノ爲メ侵󠄃害󠄆ヲ受クヘキ事由アルコトナク其ノ排除ヲ求ムルコトハ正當ナル權利ノ行使ニ外ナラス又土地所󠄃有者カ起󠄃業者ニ對シテ土地ノ返󠄄還󠄃ヲ請󠄃求シ原狀回復ノ目的ヲ達󠄃スルニハ事實上法律上共ニ返󠄄還󠄃ノ可能ナルコトヲ必要󠄃トスルハ勿論ナリ而シテ本件ノ場合ニ於テ事實上返󠄄還󠄃可能ナルコトハ雙方爭ナキ所󠄃ニシテ法律上返󠄄還󠄃不能ナリト看做スヘキヤ如何ニ之ヲ判󠄄例ニ徵スルニ大審院ハ大正四年(オ)第七七六號土地引渡等請󠄃求事件ニ於テ大正五年二月十六日判󠄄決シテ(第二十二輯一三四頁以下)起󠄃業者カ土地收用法ニ從ヒ土地ヲ收用シ引渡シタル場合卜雖モ後ニ協議又ハ裁決ノ無效ナルコトヲ發見シタルトキハ起󠄃業者ヲシテ土地ヲ返󠄄還󠄃セシメ得ヘシ而シテ敍上ノ場合ニ起󠄃業者ノ占有ニ歸シタル土地力鐵道󠄃道󠄃路公園其ノ他公ノ營造󠄃物ニ變シ夕ル場合ハ法律上返󠄄還󠄃不能卜爲リタルモノト說示シ又昭和七年(オ)第二二五六號所󠄃有權妨害󠄆排除請󠄃求事件ニ於テ同年十二月二十日判󠄄決シ(法律評󠄃論二十二卷民法二六六六頁以下)被上吿會社ノ發電事業ハ土地收用法第二條ニ所󠄃謂電氣裝置ニ關スル事業ニシテ同法所󠄃定ノ手續ヲ踐マハ該土地ノ使用權ヲ收用シ得ヘキ關係ニアリテ右事實ハ公事業ノ性質ヲ帶ヒ巨󠄃額ノ費用ヲ投シ施設シタル係爭墜󠄄道󠄃ヲ撤去シタル上電氣事業ヲ繼續スル爲メ新ニ水路ヲ設クルニハ發電作業ヲ中止スルヲ要󠄃シ公益事業ニハ多大ノ損害󠄆ナルヲ以テ法律上返󠄄還󠄃不能卜看做スヘキモノナリト云フニ在リ(被控訴人援󠄃用新潟地方裁判󠄄所󠄃判󠄄決ノ上吿審判󠄄決ナリ竝被控訴人援󠄃用ノ大阪地方裁判󠄄所󠄃ノ判󠄄決モ發電事業ニ關スルモノナリ)之ヲ本件ノ場合ニ對比スルニ被控訴人主張ニ從ヘハ訴外草野武平󠄃力自己經營ノ二見溫泉營業ヲ會社組織󠄂トシ下新川郡內山村ニ引湯ノ上溫泉營業ヲ爲サントシ二見溫泉株式會社ヲ設立シ其ノ後愛本溫泉株式會社ニ右事業ヲ移轉シ本件ノ引湯管ヲ設ケシ處更ニ被控訴會社ヘ承繼シタルモノナリト云フ然レハ該事業ノ公共性ヲ有スルモノニ非サルコト明カニシテ士地收用法ヲ適󠄃用シ土地使用ヲ爲シ得ヘキモノニアラサレハ前揭判󠄄決ニ表示スルカ如キ公共性アル事業卜全然趣ヲ異ニスル斯ル非公共事業ニ對シ單ニ經費ノ多寡設備ノ難易ノ觀點ヨリシテ法律上返󠄄還󠄃不能ナリト云ヒ得ヘクンハ僅少ノ土地ヲ所󠄃有スル貧弱󠄃者ハ遂󠄅ニ大企業ノ犧牲トナリ其ノ蹂躙ニ任カスノ外ナキニ至ルヘシ何等公共性ナキ私企業ニ於テ廣大ナル工作物例ヘハ大製造󠄃工場ヲ造󠄃リ高價ナル機械ヲ据付ケ盛󠄃ンニ生產シツツアリト假定シ其ノ周圍ノ住民力間接ニ多大ノ利益ヲ享有シ爲メニ町村ノ繁盛󠄃ヲ來タシタル場合ニ於テ機械据付ケ箇所󠄃ニ該當スル土地ヲ所󠄃有スル者アリ其ノ使用ヲ許容セシ事實ナク所󠄃有權ヲ主張シ妨害󠄆排除ヲ求ムルニ拘ハラス法律上返󠄄還󠄃不能ニ歸シタリトノ理由ニヨリ棄却スヘキモノトセハ是レ正ニ憲󠄆法ノ條章ヲ否定スルモノニシテ不經ノ論タルヲ免レス而シテ鐵道󠄃ヲ經營スル會社カ承繼取得シタルノ一事ニ因リ公共性ナキ溫泉經營カ鐵道󠄃卜同一ニ看做スヘキニ非サルコト言ヲ俟タス又控訴人カ所󠄃有權ヲ侵󠄃害󠄆スル者ニ對シ救濟ヲ求ムルモ公序良俗ニ反スルコトナク假令相手方ニ於テ之ヲ除去スル爲メ多少ノ損害󠄆ヲ生スルコトアリトスルモ使用權ヲ有セスシテ侵󠄃害󠄆シタル者ノ當然ノ責任ナリ所󠄃有者ノ目的ハ單ニ救濟ヲ求ムルニ在ルノミ特段ノ設備ヲ施シ他人ノ迷󠄃惑ヲ釀サントスルニ非ス又權利保護ヲ求ムルニ當リ他人ノ損害󠄆ノ少カランコトヲ欲スルハ固ヨリナレト妨害󠄆ノ排除ヲ求ムルカ然ラサレハ所󠄃有權本來ノ作用ヲ廢止スルヨリ外ナキ場合ハ所󠄃有者トシテ所󠄃有權ニ基キ救濟ヲ求ムルハ決シテ正義ノ觀念ニ違󠄅背スルコトナシ否寧ロ權利ナタシテ他人ノ所󠄃有地ヲ使用スルコトハ法的秩序ヲ紊シ正義ニ背キタルコト極メテ大ナルモノト謂フヘシ」卜主張シタルニ對シ原判󠄄決ハ第一點ニ摘示シタルカ如ク事實關係ヲ認󠄃メ上吿人ニ於テ被上吿人ノ不法行爲ノ排除ヲ求ムル本件請󠄃求ヲ以テ權利濫用ノ不法行爲卜爲シタリ上吿人ハ原審ニ於ケル右主張ヲ援󠄃用シ貴院ノ明鑑ニ愬フモノナリ凡ソ所󠄃有權カ社會的利益卜衝突スル場合ニハ所󠄃有者ハ社會的利益ニ讓步セサルヘカラス所󠄃有者ニシテ任意ニ其ノ讓步ヲ肯セサルトキハ强制ニ依ラサルヘカラス之レ收用法ノ規定アル所󠄃以ナリ然ルニ收用法ノ適󠄃用ナキ事案ニ對シ(一)被上吿人ニ於テ引湯管ノ撤去ノ困難ナルコ卜尠ナカラサル費用卜日時ヲ要󠄃スルコ卜宇奈月地方ノ盛󠄃衰󠄄消󠄃長ニ關スルコトト(二)上吿人カ殊更自己ニ不要󠄃ノ土地ヲ取得シ不當ノ利益ヲ得ント欲シタリト獨斷シ所󠄃有權ノ行使ハ被上吿人ヲ困惑ニ陷ルルニ過󠄃キサルモノトシ上吿人ハ權利ノ濫用ナリ不法行爲ナリトナセリ然レトモ被土吿人ニ於ケル事情󠄃ハ他人ノ土地ヲ不法ニ侵󠄃害󠄆シタル者ニ於テ相手方カ所󠄃有權ヲ圓滿ナル狀態ニ回復セントシ救濟ヲ求ムル爲メ生スル當然ノ結果ニシテ正ニ其ノ不便不利ハ甘受スヘキ所󠄃ニ過󠄃キス上吿人カ土地所󠄃有權ヲ取得スルニ當リ其ノ要󠄃不要󠄃ハ他人ノ關與セラルヘキ事柄ニ非スサレハ不法侵󠄃害󠄆者ニ對シ救濟ヲ求ムルモ斷シテ權利濫用ニ非ス原判󠄄決ハ不法ナリト云ヒ』同第六點ハ一、上吿人カ係爭地ヲ所󠄃有スルコトハ原判󠄄決ノ認󠄃ムル所󠄃ナリサレハ所󠄃有權ノ作用ヲ發揮シ得ルコトハ論ヲ俟タス而シテ所󠄃有者ニ於テ不法侵󠄃害󠄆者ニ對シ救濟ヲ求メ得サル理アル事ナシ其ノ救濟ヲ求ムルカ爲メ不法行爲者カ不利不便ヲ生シ困惑スルコトアルヘキ事情󠄃ヲ知ルカ爲メ所󠄃有權ノ行使ヲ制限セラルヘキ道󠄃理ナキハ當然ニシテ是ノ行使カ權利濫用ノ不法行爲トナルト謂フカ如キ原判󠄄決ハ到底破毁ヲ免レスト云ヒ』同第七點ハ一、物上權利者モ登記ヲ爲スニ非サレハ第三者ノ善意惡意ヲ問ハス對抗シ得サルコトハ民法上ノ鐡則ナリ土地ヲ買受ケタル者カ該土地ニ物上權利者アリテ其ノ登記ヲ爲シ居ラサルコトヲ知リテ所󠄃有權ヲ取得セシ場合ニ於テ物上ノ權利ヲ否認󠄃シ所󠄃有權ヲ行使スルヲ妨ケサルヘク之レヲ以テ權利濫用ナリト云フヲ得サルコト明白ナリ況ンヤ本件ノ如キ被上吿人ニ於テ何等ノ權利ナクシテ不法ニ他人ノ土地ニ引湯管ヲ敷設スル場合ニ假令右敷設アルコトヲ知リテ土地ヲ買受ケ所󠄃有權ヲ行使シタリトスルモ我カ民法ニ於ケル前記通󠄃則ニ照ラシ權利濫用ナルコトナシ原判󠄄決ハ不法ナリト云フニ在リ

按スルニ所󠄃有權ニ對スル侵󠄃害󠄆又ハ其ノ危險ノ存スル以上所󠄃有者ハ斯ル狀態ヲ除去又ハ禁止セシムル爲メ裁判󠄄上ノ保護ヲ請󠄃求シ得ヘキヤ勿論ナレトモ該侵󠄃害󠄆ニ因ル損失云フニ足ラス而モ侵󠄃害󠄆ノ除去著シク困難ニシテ縱令之ヲ爲シ得トスルモ莫大ナル費用ヲ要󠄃スヘキ場合ニ於テ第三者ニシテ斯ル事實アルヲ奇貨トシ不當ナル利得ヲ圖ノ殊更侵󠄃害󠄆ニ關係アル物件ヲ買收セル上一面ニ於テ侵󠄃害󠄆者ニ對シ侵󠄃害󠄆狀態ノ除去ヲ迫󠄃リ他面ニ於テハ該物件其ノ他ノ自己所󠄃有物件ヲ不相當ニ巨󠄃額ナル代金ヲ以テ買取ラレタキ旨ノ要󠄃求ヲ提示シ他ノ一切ノ協調ニ應セスト主張スルカ如キニ於テハ該除去ノ請󠄃求ハ單ニ所󠄃有權ノ行使タル外形ヲ構󠄃フルニ止マリ眞ニ權利ヲ救濟セムトスルニアラス卽チ如上ノ行爲ハ全體ニ於テ專ラ不當ナル利益ノ摑得ヲ目的トシ所󠄃有權ヲ以テ其ノ具ニ供スルニ歸スルモノナレハ社會觀念上所󠄃有權ノ目的ニ違󠄅背シ其ノ權能トシテ許サルヘキ範圍ヲ超脫スルモノニシテ權利ノ濫用ニ外ナラス從テ斯ル不當ナル目的ヲ追󠄃行スルノ手段トシテ裁判󠄄上侵󠄃害󠄆者ニ對シ當該侵󠄃害󠄆狀態ノ除去竝將來ニ於ケル侵󠄃害󠄆ノ禁止ヲ訴求スルニ於テハ該訴訟上ノ請󠄃求ハ外觀ノ如何ニ拘ラス其ノ實體ニ於テハ保護ヲ與フヘキ正當ナル利益ヲ缺如スルヲ以テ此ノ理由ニ依リ直ニ之ヲ棄却スヘキモノト解スルヲ至當トス本件ニ付之ヲ見ルニ原審ハ(一)原判󠄄示ノ宇奈月溫泉場ハ全長約四千百七十間ノ樋管ニ依リ他ヨリ溫泉ヲ引キテ使用シ居リ該樋管ハ訴外愛本溫泉株式會社ニ於テ多大ノ費用卜努カトヲ以テ大正六年頃之ヲ敷設セルモノナルカ今若該樋管中本件地上ヲ通󠄃過󠄃スル係爭部分ヲ撤去ストセムカ右引湯設備ハ玆ニ中斷セラレテ無效ニ歸シ從テ宇奈月溫泉場ノ經營ハ全ク破壞セラルルニ至ルヘク又右設備ニ變更ヲ加ヘ係爭樋管ヲ本件土地外ニ迂回セシムルユトハ技術上之ヲ可能トスルモ該工費ニ約一萬二千圓工事ノ完成󠄃ニ約二百七十日間ヲ要󠄃スヘク而モ被上吿人(被控訴人)ニ於テ新ニ本件土地ニ代ルヘキ引湯管ノ敷地ヲ求メムトセハ實際上諸種ノ問題簇出シ解決容易ナラス卽チ係爭樋管ノ撤去問題ハ原判󠄄示ノ如キ被上吿人ノ事業經營ニ對シ甚大ナル打擊タルノミナラス或ハ宇奈月地方ノ盛󠄃衰󠄄ニ關スヘキ事項ナルコト(二)本件土地ハ原判󠄄示ノ如キ荒蕪地ニシテ就中係爭樋管ノ敷地約二坪󠄃ヲ含ム急󠄃傾斜部分ハ殖林農作ハ勿論其ノ他何等ノ利用ニ適󠄃セス從テ本件土地全部ノ價格ハ僅ニ三十餘圓ニ過󠄃キサルコト(三)上吿人(控訴人)ハ本件地上ニ係爭樋管ノ通󠄃過󠄃セルヲ知リ而モ該土地リ利用スヘキ目的ヲ有セスシテ昭和三年一月中之ヲ買受ケタル上被上吿人ニ對シ樋管ノ撤去ヲ迫󠄃リ被上吿人ニ於テ本件土地ヲ原判󠄄示ノ他ノ土地ト共ニ總額二萬餘圓ニテ買取ルニアラスムハ協調ニ應セサル旨主張セルコトノ各事實ヲ認󠄃定シ之ヲ綜合シテ上吿人ノ行爲ハ敢テ不當ナル利益ヲ企圖シ不要󠄃ノ本地ヲ買收シ所󠄃有權ノ行使ニ藉口シテ被上吿人ヲ困惑セシムルモノニシテ本訴請󠄃求モ亦斯ル目的ニ基キ提起󠄃セラレタルニ外ナラサル旨推斷セルモノナルコト判󠄄文上自ラ明ニシテ原審ノ採󠄃用セル證據ニ照セハ斯ル判󠄄斷ヲ爲シ得ラレサルニ非ス果シテ然ラハ原審カ本訴請󠄃求ニ付爾餘ノ爭點ノ判󠄄斷ヲ俟タス全部之ヲ棄却スヘキモノト做セルハ胃ニ說明セル理ニヨリ相當ナリト云フヘク所󠄃論ハ畢竟󠄂本訴ヲ以テ誠󠄃實ナル權利保護ノ請󠄃求ナリトシ以テ原判󠄄決ヲ非難スルニ歸シ如上ノ認󠄃定事實ニ副ハス該事實ニ依レハ原判󠄄決ニハ何等所󠄃論ノ如キ違󠄅法アリト云フヲ得サルヲ以テ論旨ハ總テ採󠄃容シ難シ

仍テ民事訴訟法第三百九十六條第三百八十四條第八十九條ニ則リ主文ノ如ク判󠄄決ス

この著作物は、日本国の旧著作権法第11条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 法律命令及官公文書
  2. 新聞紙又ハ雑誌ニ掲載シタル雑報及時事ヲ報道スル記事
  3. 公開セル裁判所、議会並政談集会ニ於テ為シタル演述

この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつ、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。