孟子/離婁下

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

卷之八

離婁章句下


孟子曰:「舜生於諸馮,遷於負夏,卒於鳴條,東夷之人也。文王生於岐周,卒於畢郢,西夷之人也。地之相去也,千有餘里;世之相後也,千有餘歲。得志行乎中國,若合符節。先聖後聖,其揆一也。」

〈孟子曰く、しゆんしよひよううまれ、ふかうつり、めいでうしゆつす。とういひとなり。ぶんわうきしうに生れ、ひつえいに卒す。せいいの人なり。あひる、せんいうよりあひおくるゝせんいうよさいこゝろざしちうごくおこなふ。ふせつがつするがごとし。せんせいこうせいそのきいつなり。〉

子產聽鄭國之政,以其乘輿濟人於溱、洧。孟子曰:「惠而不知爲政,歲十一月徒杠成,十二月輿梁成,民未病涉也。君子平其政,行辟人可也;焉得人人而濟之?故爲政者,每人而悅之,日亦不足矣。」

しさんていこくまつりごとき、そのじようよを以て、人をしんゐわたす。孟子曰く、けいにして政をすをらず。としの十一ぐわつとこうり、十二ぐわつよりやう成る、たみ未だわたるをまざるなり。君子其まつりごとたひらかにせば、きて人をけしむるもなり。いづくんぞ人人にして之れをわたすをん。ゆゑに政をす者は、人ごとに之れをよろこばさば、日もまたらず。〉

孟子告齊宣王曰:「君之視臣如手足,則臣視君如腹心;君之視臣如犬馬,則臣視君如國人;君之視臣如土芥,則臣視君如寇讎。」王曰:「禮,爲舊君有服。何如斯可爲服矣?」曰:「諫行言聽,膏澤下於民;有故而去,則君使人導之出疆,又先於其所往;去三年不反,然後收其田里。此之謂三有禮焉。如此則爲之服矣。今也爲臣,諫則不行,言則不聽,膏澤不下於民;有故而去,則君搏執之,又極之於其所往;去之日,遂收其田里。此之謂寇讎。寇讎何服之有?」

まうしせいせんわうげて曰く、君のしんること、しゆそくの如くなれば、則ちしんきみることふくしんごとし。君の臣をることけんばの如くなれば、則ち臣の君を視ることこくじんの如し。君の臣を視ることどかいごとくなれば、則ち臣の君を視ることこうしうごとし。わう曰く、れいきうくんめにふくありと。何如なるこゝめにふくすべきか。曰く、いさめおこなはれげんかれ、かうたくたみに下り、ゆゑありて去れば、則ちきみひとをして之をみちびきてさかいださしめ、又其く所にさきだち、去りて三年にしてかへらざれば、然る後に其でんりをさむ。此を之れ三いうれいふ。かくごとくなれば則ち之れがめにふくす。いましんと爲り、いさむれば則ち行はれず、言へば則ちかれず、かうたくたみくだらず、ゆゑありてれば、則ち君之れをばくしつし、又之れを其のく所にきよくし、去るの日、つひに其田里ををさむ。これこうしうふ。こうしうには何のふくか之れあらん。〉

孟子曰:「無罪而殺士,則大夫可以去;無罪而戮民,則士可以徙。」

〈孟子曰く、つみなくしてころさば、則ちたいふ以てるべし。つみなくしてたみりくせば、則ち以てうつるべし。〉

孟子曰:「君仁莫不仁,君義莫不義。」

〈孟子曰く、きみじんなれば仁ならざるし。きみなれば義ならざるし。〉

孟子曰:「非禮之禮,非義之義,大人弗爲。」

〈孟子曰く、ひれいれいひぎの義は、たいじんさず。〉

孟子曰:「中也養不中,才也養不才,故人樂有賢父兄也。如中也棄不中,才也棄不才,則賢不肖之相去,其間不能以寸。」

〈孟子曰く、ちうふちうやしなひ、さいふさいを養ふ。故に人はけんふけいあるをたのしむ。ちうふちうて、さいふさいてば、則ちけんふせうあひさること、そのあひだすんを以てするあたはず。〉

孟子曰:「人有不爲也,而後可以有爲。」

〈孟子曰く、ひとさざるあり、而る後に以て爲すあるべし。〉

孟子曰:「言人之不善,當如後患何?」

〈孟子曰く、人のふぜんを言はば、まさこうかんいかにすべき。〉

孟子曰:「仲尼不爲已甚者。」

〈孟子曰く、ちうぢはなはだしき者をさず。〉

孟子曰:「大人者,言不必信,行不必果,惟義所在。」

〈孟子曰く、たいじんげんかならずしもしんならず、おこなひ必ずしもくわならず、たゞる所。〉

孟子曰:「大人者,不失其赤子之心者也。」

〈孟子曰く、たいじんそのせきしこゝろうしなはざるものなり。〉

孟子曰:「養生者,不足以當大事,惟送死可以當大事。」

〈孟子曰く、せいやしなふ者、もつだいじつるにらず。たゞおくる、以て大事に當つべし。〉

孟子曰:「君子深造之以道,欲其自得之也。自得之則居之安,居之安則資之深,資之深則取之左右逢其原。故君子欲其自得之也。」

〈孟子曰く、くんしふかれにいたるにみちもつてするは、れをじとくせんことをほつすればなり。之れを自得すれば、すはなち之れにることやすし。之れに居ること安ければ、則ちれにることふかし。之れに資ること深ければ、則ち之れをさいうり、そのもとふ。ゆゑに君子は其の之れを自得するを欲するなり。〉

孟子曰:「博學而詳說之,將以反說約也。」

〈孟子曰く、ひろまなびてつまびらかれをくは、まさもつかへりてやくかんとするなり。〉

孟子曰:「以善服人者,未有能服人者也。以善養人,然後能服天下。天下不心服而王者,未之有也。」

〈孟子曰く、ぜんもつひとふくするものは、いまひとふくする者にあらざるなり。善を以て人をやしなうて、しかのちてんかふくす。てんかしんぷくせずしてわうたるものは、未だ之れあらざるなり。〉

孟子曰:「言無實,不詳。不詳之實,蔽賢者當之。」

〈孟子曰く、げんじつふしやうなし。ふしやうじつは、けんおほもの之れにあたる。〉

徐子曰:「仲尼亟稱於水曰:『水哉!水哉!』何取於水也?」孟子曰:「源泉混混,不舍晝夜,盈科而後進,放乎四海;有本者如是,是之取爾。茍爲無本,七、八月之間雨集,溝澮皆盈;其涸也,可立而待也。故聲聞過情,君子恥之。」

じよしいはく、ちうぢしばしばみづしようして、曰く、みづなるかなみづなるかなと。なんぞ水にるや。孟子曰く、げんせんこんとして、ちうやてず。あなちてしかのちすゝみ、四かいいたる。もとあるものかくごとし。れをるのみ。いやしくも本なかりせば、しちはちくわつあひだあめあつまり、こうくわいみなつれども、其のるゝやつてつべきなり。ゆゑせいぶんじやうぐるは、くんしれをづ。〉

孟子曰:「人之所以異於禽獸者幾希,庶民去之,君子存之。舜明於庶物,察於人倫;由仁義行,非行仁義也。」

〈孟子曰く、ひときんじうことなるゆゑんものほとんどまれなり。しよみんは之れをり、くんしは之れをそんす。しゆんしよぶつあきらかに、じんりんさつす。じんぎりておこなふ。仁義を行ふにあらざるなり。〉

孟子曰:「禹惡旨酒而好善言。湯執中,立賢無方。文王視民如傷,望道而未之見。武王不泄邇,不忘遠。周公思兼三王,以施四事。其有不合者,仰而思之,夜以繼日;幸而得之,坐以待旦。」

〈孟子曰く、ししゆにくんで、ぜんげんこのむ。たうちうる、けんつるにはうなし。ぶんわうたみることきずつくがごとし。みちのぞんで未だれをざるがごとし。ぶわうちかきらざず、とほきをわすれず。しうこうさんわうねて以てしじほどこさんとおもふ。はざるあるものは、あふいでれをおもひ、以てぐ。さいはひにして之れをれば、してもつたんを待つ。〉

孟子曰:「王者之跡熄而《詩》亡,《詩》亡然後《春秋》作。晉之《乘》、楚之《梼杌》、魯之《春秋》,一也。其事則齊桓、晉文,其文則史。孔子曰:『其義則丘竊取之矣。』」

〈孟子曰く、わうしやあとんで、ほろぶ。ほろびて、しかのちしゆんじうつくらる。しんじようたうこつの春秋はいつなり。そのことは則ちせいくわんしんぶんそのぶんは則ちこうし曰く、そのぎは則ちきうひそかれをると。〉

孟子曰:「君子之澤,五世而斬;小人之澤,五世而斬。予未得爲孔子徒也,予私淑諸人也。」

〈孟子曰く、くんしたくは、ごせいにしてえ、せう人の澤も、五世にして斬ゆ。いまこうしたるをざるなり。ひそかにれを人に淑くするなり。〉

孟子曰:「可以取,可以無取,取傷廉。可以與,可以無與,與傷惠。可以死,可以無死,死傷勇。」

〈孟子曰く、もつるべし、以て取るなかるべし、ればれんやぶる。もつあたふべし、以て與ふるなかるべし、與ふればけいやぶる。以てすべし、以て死するなかるべし、死すればゆうやぶる。〉

逢蒙學射於羿,盡羿之道,思天下惟羿爲愈己,於是殺羿。孟子曰:「是亦羿有罪焉。」公明儀曰:「宜若無罪焉?」曰:「薄乎云爾,惡得無罪?鄭人使子濯孺子侵衞,衞使庾公之斯追之。子濯孺子曰:『今日我疾作,不可以執弓,吾死矣夫!』問其僕曰:『追我者誰也?』其仆曰:『庾公之斯也。』曰:『吾生矣。』其仆曰:『庾公之斯,衞之善射者也,夫子曰「吾生」,何謂也?』曰:『庾公之斯學射於尹公之他,尹公之他學射於我。夫尹公之他,端人也,其取友必端矣。』庾公之斯至,曰:『夫子何爲不執弓?』曰:『今日我疾作,不可以執弓。』曰:『小人學射於尹公之他,尹公之他學射於夫子。我不忍以夫子之道,反害夫子。雖然,今日之事,君事也,我不敢廢。』抽矢叩輪,去其金、發乘矢而後反。」

ほうもうしやげいまなぶ。羿のみちくし、おもへらく、てんかたゞげいのみおのれまさるとす。こゝおいげいころす。孟子曰く、是れまた羿も罪あり。こうめいぎ曰く、宜しく罪なきがごとくなるべし。曰く、うすきかと云ふのみ、いづくんぞ罪なきをん。ていひとしたくじゆしをしてゑいおかさしむ。ゑいゆこうししをして之をはしむ。したくじゆし曰く、こんにちやまひおこる、もつゆみるべからず、なんか。そのぼくふ、曰く、われものたれぞ。そのぼく曰く、ゆこうししなり。曰く、きん。其僕曰く、庾公之斯は、ゑいものなり、ふうしふ、きんと、なんいひぞや。曰く、庾公之斯はしやいんこうしたまなぶ。尹公之他は射をわれまなぶ。の尹公之他はたんじんなり、ともることかならたんならん。ゆこうししいたりて、いはく、ふうしなんすれゆみらざる。曰く、今日やまひおこる、以てゆみからず。曰く、せうじんしやいんこうしたに學ぶ。尹公之他はしやふうしまなぶ。れ夫子の道を以て、かへつて夫子をがいするにしのびず。しかりといへども、こんにちこときみことなり、われあへはいせずと。りんたゝそのかねり、じようしはつしてしかのちかへる。〉

孟子曰:「西子蒙不潔,則人皆掩鼻而過之。雖有惡人,齋戒沐浴,則可以祀上帝。」

〈孟子曰く、せいしふけつかうむらば、則ちひとみなはなおほうて之れをぎん。あくにんりといへども、さいかいもくよくせば、則ち以てじやうていまつるべし。〉

孟子曰:「天下之言性也,則故而已矣。故者,以利爲本。所惡於智者,爲其鑿也。如智者,若禹之行水也,則無惡於智矣。禹之行水也,行其所無事也。如智者亦行其所無事,則智亦大矣。天之高也,星辰之遠也,茍求其故,千歲之日至,可坐而致也。」

〈孟子曰く、てんかせいふや、のつとるのみ。とはもつもとす。にくところものは、さくするがめなり。ちしやみづごとくならば、則ち智ににくむなし。禹の水を行るや、其の事なき所にるなり。し智者もまたの事なき所にらば、則ち智も亦大なり。てんたかせいしんとほき、いやしくももとめば、せんざいにつしも、していたすべきなり。〉

公行子有子之喪,右師往弔。入門,有進而與右師言者,有就右師之位而與右師言者。孟子不與右師言,右師不悅曰:「諸君子皆與驩言,孟子獨不與驩言,是簡驩也。」孟子聞之,曰:「禮:朝庭不歷位而相與言,不逾階而相揖也。我欲行禮,子敖以我爲簡,不亦異乎?」

こうかうしあり、いうしきててうし、もんる。すゝんでいうしものあり。いうしくらゐき、しかうして右師と言ふ者あり。孟子、右師とはず。いうしよろこばずして曰く、しよくんしみなくわんふ。孟子ひとり驩と言はず、是れ驩をかんにするなり。孟子之れをきて、いはく、れいてうていにはくらゐあひともはず、かいえてあひいふせざるなり。われれいおこなはんとほつす、しがうわれを以てかんす、またならずや。〉

孟子曰:「君子所以異於人者,以其存心也。君子以仁存心,以禮存心。仁者愛人,有禮者敬人。愛人者,人恒愛之;敬人者,人恒敬之。有人於此,其待我以橫逆,則君子必自反也:『我必不仁也,必無禮也,此物奚宜至哉?』其自反而仁矣,自反而有禮矣。其橫逆由是也,君子必自反也:『我必不忠。』自反而忠矣。其橫逆由是也,君子曰:『此亦妄人也已矣。如此則與禽獸奚擇哉?於禽獸又何難焉!』是故君子有終身之憂,無一朝之患也。乃若所憂則有之。舜人也,我亦人也;舜爲法於天下,可傳於後世,我由未免爲鄉人也,是則可憂也。憂之如何?如舜而已矣。若夫君子所患則亡矣。非仁無爲也,非禮無行也。如有一朝之患,則君子不患矣。」

〈孟子曰く、くんしひとことなるゆゑんは、こゝろそんするをもつてなり。君子はじんを以て心に存し、れいを以て心に存す。じんしやは人をあいし、れいあるものは人をけいす。人を愛する者は人つねれをあいし、人をけいするものひとつねに之れを敬す。こゝに人あり。其の我をつにわうぎやくを以てすれば、すなはくんしかならみづから反するなり。われは必ずふじんなり、必ずぶれいなり、ものなんぞ宜しくいたるべけんやと。其のみづから反してじんなり、みづから反してれいあり、其わうぎやくかくのごとくなれば、くんしかならみづから反するなり。我必ずふちうなりと。みづから反してちうなり。わうぎやくかくごとくなれば、君子曰く、此れまたまうじんなるのみ。かくごときは則ちきんじうなんえらばんや。きんじうに於てまたなんなんぜんと。ゆゑくんししゆうしんうれひありて、いつてううれへなきなり。すなはうれふるところごときは則ち之れあり。しゆんも人なり、われまた人なり、舜ははふを天下に爲し、こうせいつたふべし。我はきやうじんたるをまぬかれざるがごとし。れ則ちうれきなり。之れを憂へばいかにせん。しゆんの如くせんのみ。くんしごときは、患ふ所は則ちし、仁に非ざれば爲すなきなり。禮に非ざれば行ふなきなり。一朝の患あるが如きは、すなはくんしうれへず。〉

禹、稷當平世,三過其門而不入,孔子賢之。顏子當亂世,居於陋巷,一簞食,一瓢飮,人不堪其憂,顏子不改其樂,孔子賢之。孟子曰:「禹、稷、顏回同道。禹思天下有溺者,由己溺之也;稷思天下有饑者,由己饑之也。是以如是其急也。禹、稷、顏子易地則皆然。今有同室之人鬭者,救之,雖被髮纓冠而救之,可也。鄉鄰有鬭者,被髮纓冠而往救之,則惑也,雖閉戶可也。」

しよくへいせいあたり、たび其もんぎてらず,孔子之れをけんとす。がんしらんせいあたり、ろうかうり、いつたんいつぺういん、人は其うれへへず、顏子は其たのしみあらためず、孔子之れを賢とす。孟子曰く、しよくがんくわいみちおなじくす。てんかおぼるゝものあれば、おのれ之れを溺すがごとしとおもふ。しよくは天下に饑うる者あれば、おのれをうやすがごとしとおもふ。これを以てかくごときふなるなり。禹・稷・顏子、へば則ちみなしからん。いまどうしつひとたゝかものあらば、之をすくふにひはつえいくわんして之を救ふといへどなり。きやうりんたゝかものあり、被髮纓冠していて之を救ふは則ちまどひなり。づといへどなり。〉

公都子曰:「匡章,通國皆稱不孝焉。夫子與之游,又從而禮貌之,敢問何也?」孟子曰:「世俗所謂不孝者五:惰其四支,不顧父母之養,一不孝也;博弈、好飮酒,不顧父母之養,二不孝也;好貨財、私妻子,不顧父母之養,三不孝也;從耳目之欲,以爲父母戮,四不孝也;好勇鬭狠,以危父母,五不孝也。章子有一於是乎?夫章子,子父責善而不相遇也。責善,朋友之道也。父子責善,賊恩之大者。夫章子豈不欲有夫妻子母之屬哉?爲得罪於父,不得近;出妻屛子,終身不養焉。其設心以爲不若是,是則罪之大者。是則章子已矣。」

こうとしいはく、きやうしやうつうこくみなふかうしようす。ふうしれとあそび、またしたがつてこれれいばうす。あへなんぞや。孟子曰く、せぞくいはゆるふかうなるものいつつあり。其ししおこたらせ、ふぼやしなひかへりみざるは、いつふかうなり。ばくえきいんしゆを好み、父母の養ひをかへりみざるは、二の不孝なり。くわざいを好みさいしわたくしし、父母の養ひを顧みざるは三の不孝なり。じもくよくほしいまゝにし、以て父母のりくすは、四の不孝なり。ゆうこのとうこんし、以て父母をあやふくするは、五の不孝なり。しやうしこれに一つあるか。の章子は、しふぜんめてあひはざるなり。善を責むるはほういうみちなり。父子善を責むるは、おんそこなふのだいなるものなり。の章子はふさいしぼぞくあるをほつせざらんや。つみちゝに得てちかづくをざるがめに、つまいだしりぞけ、しゆうしんやしなはず。こゝろまうくること、おもへらくかくごとくならざれば、れ則ち罪の大なる者と。すなはしやうしのみ。〉

曾子居武城,有越寇。或曰:「寇至,盍去諸?」曰:「無寓人於我室,毀傷其薪木。」寇退,則曰:「修我墻屋,我將反。」寇退,曾子反。左右曰:「待先生如此其忠且敬也,寇至則先去以爲民望,寇退則反,殆於不可。」沈猶行曰:「是非汝所知也。昔沈猶有負芻之禍,從先生者七十人,未有與焉。」子思居於衞,有齊寇。或曰:「寇至,盍去諸?」子思曰:「如汲去,君誰與守?」孟子曰:「曾子、子思同道。曾子師也,父兄也;子思臣也,微也。曾子、子思易地則皆然。」儲子曰:「王使人瞷夫子,果有以異於人乎?」孟子曰:「何以異於人哉?堯舜與人同耳。」

そうしぶじやうる。ゑつあだあり。あるひと曰く、あだいたる、なんれをらざると。曰く、人をしつぐうし、其しんぼくきしやうするかれと。あだしりぞけば則ち曰く、我がしやうをくをさめよ、われまさかへらんとす。あだしりぞき、そうしかへる。さいういはく、せんせいつこと、かくごとちうにしてけいするなり、寇至れば則ちり、以てたみのぞみし、あだしりぞけば則ちかへる、ふかなるにちかし。ちんいうかういはく、なんぢところあらざるなり。むかしちんいうふすうわざはひあり。せんせいしたがものしちじふにんいまあづかるあらず。ししゑいる、せいあだあり。あるひといはく、寇至る、なんれをらざる。ししいはく、きふらば、きみだれともにかまもらん。孟子曰く、そうしししみちおなじうす。そうしなり、ふけいなり。しししんなり、なり。曾子・子思、へば則ちみなしからん。〉

儲子曰:「王使人瞷夫子,果有以異於人乎?」孟子曰:「何以異於人哉?堯舜與人同耳。」

ちよしいはく、わうひとをしてふうしうかがはしむ。はたして以て人にことなるあるか。孟子曰く、なにを以て人にことならんや。げうしゆんひとと同じきのみ。〉

齊人有一妻一妾而處室者,其良人出,則必饜酒肉而後反。其妻問其所與飮食者,則盡富貴也。其妻告其妾曰:「良人出,則必饜酒肉而後反;問其與飮食者,盡富貴也。而未嘗有顯者來。吾將瞷良人之所之也。」早起,施從良人之所之。遍國中,無與立談者。卒之東郭墦間,之祭者,乞其餘;不足,又顧而之他──此其爲饜足之道也。其妻歸,告其妾曰:「良人者,所仰望而終身也。今若此!」與其妾訕其良人,而相泣於中庭。而良人未之知也,施施從外來,驕其妻妾。由君子觀之,則人之所以求富貴利達者,其妻妾不羞也而不相泣者,幾希矣。

せいひといつさいいつせふにしてしつものあり、りやうじんづれば、則ち必ずしゆにくきてしかのちかへる。つまともいんしよくするところの者をへば、則ちことごとふうきなり。其の妻其のせふげて、いはく、良人出づれば則ち必ず酒肉にきて、しかのちかへる、其のともに飮食する者を問へば、盡く富貴なり、而していまかつけんしやきたるあらず、われまさりやうじんところうかがはんとすと。つとき、してりやうじんところしたがふ。こくちうあまねくすれどもともりつだんする者なし。つひとうくわくはんかんさいしやき、其のふ。らざればまたかへりみてく。此れ其のえんそくすのみちなり。其の妻かへり其のせふげて、曰く、良人とはげうばうしてふるところなり、いまかくごとしと。其妾とともに其良人をそしりて、而してちうていあひく。しかるに良人はいまこれらざるなり。ししとしてそとよりきたり、其せいせふおごる。くんしこれれば、則ち人のふうきりたつもとむるゆゑんものは、其妻妾ぢず、而してあひかざるものほとんどれなり。〉