孟子/離婁上

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

卷之七

離婁章句上


孟子曰:「離婁之明,公輸子之巧,不以規矩,不能成方員。師曠之聰,不以六律,不能正五音。堯舜之道,不以仁政,不能平治天下。今有仁心仁聞而民不被其澤,不可法於後世者,不行先王之道也。故曰:徒善不足以爲政,徒法不能以自行。《詩》云:『不愆不忘,率由舊章。』遵先王之法而過者,未之有也。聖人既竭目力焉,繼之以規矩準繩,以爲方員平直,不可勝用也。既竭耳力焉,繼之以六律正五音,不可勝用也。既竭心思焉,繼之以不忍人之政而仁覆天下矣。故曰:爲高必因丘陵,爲下必因川澤。爲政不因先王之道,可謂智乎?是以惟仁者宜在高位。不仁而在高位,是播其惡於衆也。上無道揆也,下無法守也;朝不信道,工不信度;君子犯義,小人犯刑,國之所存者幸也。故曰:城郭不完,兵甲不多,非國之災也。田野不辟,貨財不聚,非國之害也。上無禮,下無學,賊民興,喪無日矣。《詩》曰:『天之方蹶,無然泄泄。』泄泄猶沓沓也。事君無義,進退無禮,言則非先王之道者,猶沓沓也。故曰:責難於君謂之恭,陳善閉邪謂之敬,吾君不能謂之賊。」

まうし曰く、りろうめいこうゆしかうも、きくを以てせざれば、はうゑんあたはず。しくわうそうも、りくりつを以てせざれば、ごいんたゞあたはず。げうしゆんみちも、じんせいを以てせざれば、てんかへいちするあたはず。いまじんしんじんぶんありて、しかうしてたみたくかうむらず、後世にはふとすべからざるものは、せんわうみちを行はざればなり。故に曰く、とぜんは以てまつりごとすにらず、とはふは以てみづから行ふ能はず。に云ふ、あやまらずわすれず、きうしやうそついうすと。せんわうはふしたがひ而してあやまものいまだ之れ有らざるなり。せいじんすでもくりよくつくし、之れにぐにきくじゆんじようを以てす。以てはうゑんへいちよくつくる。用ふるにふべからざるなり。すでじりよくつくし、之れにぐにりくりつを以てし、五いんたゞす。用ふるにふべからざるなり。既に心思を竭し、之に繼ぐに人に忍びざるの政を以てす。而してじんてんかおほふ。故に曰く、たかきを爲さば必ずきうりようる。ひくきを爲さば必ずせんたくる。政を爲して先王の道にらざれば、ふ可けんや。これを以てたゞじんしやは、よろしくかうゐるべし。ふじんにして高位に在るは、是れ其あくしうはんするなり。かみだうきなきなり、しもはふしゆなきなり。てうみちしんぜず、こうしんぜず、くんしおかし、せうじんけいを犯し、國の存する所の者はさいはひなり。故に曰く、じやうくわくまつたからず、へいかふおほからざるは、くにさいに非ざるなり。でんやひらけず、くわざいあつまらざるは、國のがいに非ざるなり。かみれいなくしもがくなければ、ぞくみんおこり、ほろぶることなけん。詩に曰ふ、てんまさうごく、しかせつするかれと。泄泄はたふのごときなり。君につかへてなく、しんたいれいなく、言へば則ち先王の道をそしものは、猶ほたふのごときなり。故に曰く、かたきをきみむる、れをきようと謂ふ。ぜんじやづる、之れをけいふ。わがきみあたはずと、之れをぞくふ。〉

孟子曰:「規矩,方員之至也。聖人,人倫之至也。欲爲君,盡君道;欲爲臣,盡臣道,二者皆法堯舜而已矣。不以舜之所以事堯事君,不敬其君者也;不以堯之所以治民治民,賊其民者也。孔子曰:『道二,仁與不仁而已矣。』暴其民甚,則身弒國亡,不甚,則身危國削,名之曰『幽』、『厲』,雖孝子慈孫,百世不能改也。《詩》云:『殷鑒不遠,在夏后之世。』此之謂也。」

〈孟子曰く、きくはうゑんいたりなり。せいじんじんりんの至なり。きみたらんとほつせばきみみちつくし、しんたらんと欲せば臣の道を盡す。二しやみなげうしゆんのつとるのみ。しゆんげうつかふるゆゑんを以て君に事へざるは、其君をけいせざる者なり。堯のたみをさむる所以を以て民を治めざるは、其民をぞくする者なり。こうし曰く、みち二つ、じんふじんとのみ。其たみばうするはなはだしければ、則ちしいせられくにほろぶ。甚しからざれば則ちあやふくにけづらる。之れをづけていうれいと曰ふ。かうしじそんいへども、ひやくせいあらたむるあたはざるなり。ふ、いんかんとほからず、かこうりと。此れ之れのひなり。〉

孟子曰:「三代之得天下也以仁,其失天下也以不仁。國之所以廢興存亡者亦然。天子不仁,不保四海;諸侯不仁,不保社稷;卿大夫不仁,不保宗廟;士庶人不仁,不保四體。今惡死亡而樂不仁,是由惡醉而强酒。」

〈孟子曰く、三だいてんかるやじんを以てす。てんかうしなふやふじんを以てす。くにはいこうそんぼうするゆゑんものまたしかり。てんしふじんなれば、しかいたもたず。しよこう不仁なれば、しやしよくを保たず。けいたいふ不仁なれば、そうべうたもたず。ししよじん不仁なれば、四體を保たず。いましばうにくんで、而して不仁をたのしむは、是れへるをにくんでさけふるがごとし。〉

孟子曰:「愛人不親,反其仁;治人不治,反其智;禮人不答,反其敬。行有不得者,皆反求諸己。其身正而天下歸之。《詩》云:『永言配命,自求多福。』」

〈孟子曰く、人をあいしてしたしまずんば、じんかへれ。人ををさめてをさまらずんば其のかへれ。人をれいしてこたへずんば其のけいかへれ。おこなうてざる者有れば、みなれをおのれはんきうす。そのみたゞしうしてしかうしててんか之れにす。に云ふ、ながわれめいはいし、みづかたふくもとむ。〉

孟子曰:「人有恆言,皆曰『天下國家』,天下之本在國,國之本在家,家之本在身。」

〈孟子曰く、ひとこうげんあり、みな曰く、てんかこくかと、天下のもとくにり。國の本はいへに在り、家の本は身に在り。〉

孟子曰:「爲政不難,不得罪於巨室。巨室之所慕,一國慕之;一國之所慕,天下慕之。故沛然德敎,溢乎四海。」

〈孟子曰く、まつりごとを爲すことかたからず。つみきよしつざれ。きよしつしたところは、一國これしたひ、一國の慕ふ所は、天下之を慕ふ。故にはいぜんとしてとくけうかいあふる。〉

孟子曰:「天下有道,小德役大德,小賢役大賢。天下無道,小役大,弱役强,斯二者,天也。順天者存,逆天者亡。齊景公曰:『既不能令,又不受命,是絕物也。』涕出而女於吳。今也小國師大國,而恥受命焉,是猶弟子而恥受命於先師也。如恥之,莫若師文王,師文王,大國五年,小國七年,必爲政於天下矣。《詩》云:『商之孫子,其麗不億。上帝既命,侯于周服。侯服于周,天命靡常。殷士膚敏,祼將于京。』孔子曰:『仁不可爲衆也夫!國君好仁,天下無敵。』今也欲無敵於天下,而不以仁,是猶執熱而不以濯也。《詩》云:『誰能執熱,逝不以濯?』」

〈孟子曰く、てんかみちあれば、せうとくだいとくえきせられ、せうけんたいけんえきせられ、天下道ければ、せうだいえきせられ、じやくきやうえきせらる。にしやてんなり。てんしたがふ者はそんし、天にさからふ者はほろぶ。せいけいこう曰く、すでれいするあたはず、まためいけざれば、ものつなりとて、なみだでてしかうしてめあはしたり。いまや、小國はたいこくとして、而してめいを受くるをづ。是れていしにして命をせんしに受くるを恥づるがごとし。し之れを恥ぢばぶんわうを師とするにくはし,文王を師とすれば、大國は五年、小國は七年、かならまつりごとてんかさん。ふ、しやうそんしかずおくのみならず。じやうていすでめいじ、しうおいふくせしめ、しうおいふくせしむ。てんめいつねし、いんしふびんなるも、きやうくわんしやうすと。孔子曰く、じんにはしうすべからず。こくくんじんこのめば、てんかてきなし。いまや天下に敵なからんとほつし、しかして仁を以てせず、れ猶ほねつりて以てたくせざるがごとし。詩にふ、れかねつり、つひに以てたくせざらん。〉

孟子曰:「不仁者,可與言哉?安其危而利其葘,樂其所以亡者。不仁而可與言,則何亡國敗家之有?有孺子歌曰:『滄浪之水淸兮,可以濯我纓;滄浪之水濁兮,可以濯我足。』孔子曰:『小子聽之!淸斯濯纓,濁斯濯足矣,自取之也。』夫人必自侮,然後人侮之;家必自毀,而後人毀之;國必自伐,而後人伐之。《太甲》曰:『天作孽,猶可違;自作孽,不可活』,此之謂也。」

〈孟子曰く、ふじんしやともけんや。あやふきをやすしとし、其わざはひとし、其のほろぶるゆゑんの者をたのしむ。不仁にしてともくんば、則ちなんぞ國を亡し家を敗る之れ有らん。じゆしあり、歌うて曰く、さうらうの水、まば、以て我がえいあらふべし、滄浪の水、にごらば、以て我があしあらふ可しと。孔子曰く、せうし之れをけ、まばこゝえいあらひ、にごらばこゝあしあらふ、みづから之れをるなり。』ひとかならず自らあなどりて、しかのちひとれを侮る。いへかならみづかこぼちて、而して後人之れをこぼつ。くにかならず自らちて、而る後人之れを伐つ。たいかふに曰く、天の作せるわざはひし、みづかせるわざはひくべからずと。れ之れのひなり。〉

孟子曰:「桀紂之失天下也,失其民也。失其民者,失其心也。得天下有道:得其民斯得天下矣。得其民有道,得其心斯得民矣。得其心有道:所欲,與之聚之;所惡,勿施爾也。民之歸仁也,猶水之就下,獸之走壙也。故爲淵驅魚者,獺也;爲叢驅爵者,鹯也;爲湯、武驅民者,桀與紂也。今天下之君有好仁者,則諸侯皆爲之驅矣;雖欲無王,不可得已。今之欲王者,猶七年之病求三年之艾也。茍爲不畜,終身不得。茍不志於仁,終身憂辱,以陷於死亡。《詩》云:『其何能淑?載胥及溺』,此之謂也。」

〈孟子曰く、けつちうてんかうしなふや、そのたみを失ふなり。其民を失ふとは、其心を失ふなり。天下を得るに道あり。其民を得れば斯に天下を得、其民を得るに道あり。其心を得れば斯に民を得。其心を得るに道あり。ほつするところれをあたへて之れをあつめ、にくところほどこきのみ。たみじんする、なほ水のひくきき、けだものくわうはしるがごとし。ゆゑふちめにうをる者はだつなり、くさむらめにすゞめる者はせんなり、たうぶめにたみを驅る者はけつちうとなり。いま天下の君、仁をこのむ者あらば、すなはしよこうみな之れがめにらん。わうたるなきを欲すといへども、るべからざるのみ。今の王たらんと欲する者は、ほ七ねんやまひに三ねんよもぎもとむるがごとし。いやしくたくはへざるをなさば、しゆしんず。茍もじんこゝろざさずんば、終身いうじよくして以てしばうおちいらん。ふ、なんからん。すなはあひともおぼると。れのひなり。〉

孟子曰:「自暴者,不可與有言也;自棄者,不可與有爲也。言非禮義,謂之自暴也;吾身不能居仁由義,謂之自棄也。」「仁,人之安宅也;義,人之正路也。曠安宅而弗居,舍正路而不由,哀哉!」

〈孟子曰く、みづかばうする者は、ともふある可からざるなり。自らつるものは、ともに爲す有るべからざるなり。げんれいぎあらざる、之れをじばうと謂ふ。吾が身は仁に居り義にあたはざる、之れをじきふ。仁は人のあんたくなり。義は人のせいろなり。安宅をむなしくしてらず。せいろててらず、かなしいかな。〉

孟子曰:「道在邇,而求諸遠;事在易,而求諸難。人人親其親、長其長,而天下平。」

〈孟子曰く、みちちかきにり。しかうしてこれとほきにもとむ。ことやすきにり、而してこれたかきに求む。ひとびとそのおやしたしみ、其ちやうを長とせば、天下平かなり。〉

孟子曰:「居下位而不獲於上,民不可得而治也。獲於上有道,不信於友,弗獲於上矣。信於友有道,事親弗悅,弗信於友矣。悅親有道,反身不誠,不悅於親矣。誠身有道,不明乎善,不誠其身矣。是故誠者,天之道也。思誠者,人之道也。至誠而不動者,未之有也。不誠,未有能動者也。」

〈孟子曰く、かゐりてかみられざれば、たみをさむ可からざるなり。上に獲らるゝに道あり。ともしんぜられざればかみられず、友に信ぜらるゝに道あり。おやつかへてよろこばれざれば、友に信ぜられず。おやよろこばるゝに道あり。身に反してまことあらざれば、親に悅ばれず。身を誠にするに道あり。ぜんあきらかならざれば、そのみまことあらず。是の故にまことてんみちなり。誠にせんとおもふはひとの道なり。しせいにしてうごかされざるものは、いまれ有らざるなり。誠ならずして未だうごかすものらざるなり。〉

孟子曰:「伯夷辟紂,居北海之濱,聞文王作興,曰:『盍歸乎來!吾聞西伯善養老者。』太公辟紂,居東海之濱,聞文王作興,曰:『盍歸乎來!吾聞西伯善養老者。』二老者,天下之大老也而歸之,是天下之父歸之也。天下之父歸之,其子焉往?諸侯有行文王之政者,七年之內,必爲政於天下矣。」

〈孟子曰く、はくいちうけ、ほくかいひんる。ぶんわうさくこうすとき、曰く、なんせざる。われく、せいはくらうやしなものと。たいこうちうけ、とうかいひんる。文王さくこうすとく、曰く、なんせざる。われく、せいはくく老を養ふ者と。二老は天下のたいらうなり。而して之れに歸す。是れ天下の父之れにするなり。天下の父之れに歸せば、其子いづくにかん。しよこうぶんわうまつりごとおこなふ者あらば、七ねんうちかならまつりごとを天下にさん。〉

孟子曰:「求也,爲季氏宰,無能改於其德,而賦粟倍他日。孔子曰:『求非我徒也,小子鳴鼓而攻之,可也。』由此觀之,君不行仁政而富之,皆棄於孔子者也,況於爲之强戰?爭地以戰,殺人盈野;爭城以戰,殺人盈城,此所謂率土地而食人肉,罪不容於死。故善戰者服上刑,連諸侯者次之,辟草萊、任土地者次之。」

〈孟子曰く、きうきしさいとなり、そのとくあらたむるなく、しかうしてぞくするたじつばいす。孔子曰く、きうあらざるなり。せうしつゞみらしてれをめてなり。れにりてれをれば、きみじんせいおこなはずして、れをとますは、みなこうしてらるゝものなり。いはんれがめにきやうせんし、あらそひて以てたゝかひ、人をころしてち、しろあらそひて以て戰ひ、人を殺して城につるに於てをや、いはゆるとちひきゐてじんにくまするなり。つみれず。ゆゑたゝかふ者はじやうけいふくせしむ。しよこうつらぬる者は之れに次ぐ。さうらいひらとちにんずる者は之に次ぐ。〉

孟子曰:「存乎人者,莫良於眸子,眸子不能掩其惡。胸中正,則眸子瞭焉;胸中不正,則眸子眊焉。聽其言也,觀其眸子,人焉瘦哉?」

〈孟子曰く、人にそんするものは、ばうしよりきはし。ばうしそのあくおほあたはず。きようちうたゞしければ、則ち眸子あきらかなり。胸中正しからざれば、則ち眸子くらし。其げんき、其の眸子をれば、ひといづくんぞかくさんや。〉

孟子曰:「恭者不侮人,儉者不奪人。侮奪人之君,惟恐不順焉,惡得爲恭儉?恭儉豈可以聲音笑貌爲哉?」

〈孟子曰く、きようしやは人をあなどらず。けんしやは人よりうばはず。人をぶだつするのきみは、たゞしたがはざるをおそる。いづくんぞきようけんすをん。恭儉はせいおんせうばうを以てけんや。〉

淳于髡曰:「男女授受不親,禮與?」孟子曰:「禮也。」曰:「嫂溺則援之以手乎?」曰:「嫂溺不援,是豺狼也。男女授受不親,禮也。嫂溺援之以手者,權也。」曰:「今天下溺矣,夫子之不援,何也?」曰:「天下溺,援之以道;嫂溺,援之以手。子欲手援天下乎?」

じゆんうこん曰く、だんじよじゆじゆするにみづからせざるはれいか。孟子曰く、禮なり。曰く、あによめおぼるればすなはれをくにを以てせんか。曰く、嫂溺れて援かざるは是れさいらうなり。男女授受するにみづからせざるは禮なり。嫂溺れ之れを援くに手を以てするはけんなり。曰く、いまてんかおぼる、ふうしたすけざるはなんぞや。曰く、天下溺るれば之れをたすくるにみちを以てし、嫂溺るれば之れをくにを以てす。もててんかたすけんとほつするか。〉

公孫丑曰:「君子之不敎子,何也?」孟子曰:「勢不行也。敎者必以正;以正不行,繼之以怒;繼之以怒,則反夷矣。『夫子敎我以正;夫子未出於正也。』則是父子相夷也。父子相夷則惡矣。古者易子而敎之,父子之間不責善,責善則離,離則不祥莫大焉。」

こうそんちう曰く、くんしをしへざるはなんぞや。孟子曰く、いきほひおこなはれざるなり。をしふる者はかならせいを以てす。正を以てしておこなはれざれば、之れにぐにいかりを以てす。之れに繼ぐに怒を以てすれば、則ちかへりてそこなふ。ふうしわれをしふるにせいを以てす。夫子未だせいでざるなりと。則ち是れふしあひそこなふなり。父子相夷へば則ちし。いにしへへて之れををしふ。ふしあひだぜんめず。善を責むればすなははなる。離るれば則ちふしやう焉れよりおほいなるはし。〉

孟子曰:「事孰爲大?事親爲大。守孰爲大?守身爲大。不失其身而能事其親者,吾聞之矣;失其身而能事其親者,吾未之聞也。孰不爲事?事親,事之本也。孰不爲守?守身,守之本也。曾子養曾晳,必有酒肉;將徹,必請所與;問有餘,必曰『有』。曾晳死,曾元養曾子,必有酒肉;將徹,不請所與;問有餘,曰『亡矣』,將以復進也,此所謂養口體者也。若曾子,則可謂養志也。事親若曾子者,可也。」

〈孟子曰く、つかふるいづれかだいす。おやつかふるをだいす。まもる孰れか大と爲す。を守るを大となす。そのみうしなはずしてそのおやに事ふる者は、れをけり。其身を失うて能く其親に事ふる者は、吾れ未だ之れを聞かざるなり。いづれかつかふると爲さざらん。親に事ふるは事ふるのもとなり。孰れか守ると爲さざらん。身を守るは守るの本なり。そうしそうせきやしなふに、かならしゆにくあり。將にてつせんとすればかならあたふる所を請ふ。あまりありやとへば、必ず有りと曰ふ。そうせきす。そうげんそうしやしなふに必ず酒肉あり。將にてつせんとしてあたふるところはず。あまり有りやとへば、しと曰ふ。將に以てすゝめんとするなり。いはゆるこうたいやしなふ者なり。曾子のごときは則ちこゝろざしやしなふとふべきなり。親に事ふること曾子の若きものは可なり。〉

孟子曰:「人不足與適也,政不足與間也,惟大人爲能格君心之非。君仁莫不仁,君義莫不義,君正莫不正,一正君而國定矣。」

〈孟子曰く、ひとともむるにらざるなり。まつりごとかんするにらざるなり。たゞたいじんくんしんたゞすことをす。きみじんなればじんならざることし。きみなればならざることし。きみたゞしければたゞしからざるし。一たびきみを正しくすればくにさだまる。〉

孟子曰:「有不虞之譽,有求全之毀。」

〈孟子曰く、おもんばからざるのほまれあり。まつたきをもとむるのそしりあり。〉

孟子曰:「人易其言也,無責耳矣。」

〈孟子曰く、人のげんやすくするは、めなきのみ。〉

孟子曰:「人之患,在好爲人師。」樂正子從於子敖之齊。

〈孟子曰く、人のうれへは、このんでひとるにり。〉

樂正子從於子敖之齊。樂正子見孟子,孟子曰:「子亦來見我乎?」曰:「先生何爲出此言也?」曰:「子來幾日矣?」曰:「昔者。」曰:「昔者,則我出此言也,不亦宜乎?」曰:「舍館未定。」曰:「子聞之也;『舍館定,然後求見長者』乎?」曰:「克有罪。」

がくせいししがうしたがせいく。樂正子、孟子をる。孟子曰く、またきたりてわれるか。曰く、せんせいなんすれぞこのげんいだす。曰く、きたることいくにちぞ。曰く、きのふ。曰く、きのふならばすなはわれこのげんいだす。またむべならずや。曰く、しやくわんいまさだまらず。曰く、れをけりや、しやくわんさだまり、しかのちちやうじやるをもとむるか。曰く、こくつみり。〉

孟子謂樂正子曰:「子之從於子敖來,徒餔啜也。我不意子學古之道而以餔啜也。」

〈孟子、がくせいしひて曰く、しがうしたがひてきたるは、いたづらほぜつするなり。われおもはざりき、いにしへみちまなびて、而して以てほぜつせんとは。〉

孟子曰:「不孝有三,無後爲大。舜不吿而娶,爲無後也,君子以爲猶吿也。」

〈孟子曰く、ふかうに三あり。のちなきをだいす。しゆんげずしてめとるはのちなきがめなり。くんし以てぐるがごとしとす。〉

孟子曰:「仁之實,事親是也。義之實,從兄是也。智之實,知斯二者弗去是也。禮之實,節文斯二者是也。樂之實,樂斯二者,樂則生矣。生則惡可已也?惡可已,則不知足之蹈之、手之舞之。」

〈孟子曰く、じんじつおやつかふるれなり。の實はあにしたがこれなり。じつの二しやりてらざるれなり。れいじつの二しやせつぶんするれなり。がくの實は、の二者をたのしむ。たのしめばすなはしやうず。生ずれば則ちいづくんぞむべけんや。いづくんぞむべくんば、則ちあしれをみ、れをふをらざるなり。〉

孟子曰:「天下大悅而將歸己,視天下悅而歸己,猶草芥也,惟舜爲然。不得乎親,不可以爲人;不順乎親,不可以爲子。舜盡事親之道,而瞽瞍厎豫。瞽瞍厎豫而天下化;瞽瞍厎豫而天下之爲父子者定。此之謂大孝。」

〈孟子曰く、てんかおほいによろこんで、しかしてまさおのれにせんとす。てんかよろこんで己れに歸するをること、さうかいのごとし。たゞしゆんしかりとす。おやざれば以てひとからず。おやじゆんならざれば、以てからず。しゆんおやふかふるのみちつくして、而してこそうよろこびいたす。瞽瞍豫を厎して、而しててんかくわす。瞽瞍豫をいたして、而して天下のふしものさだまる。れをたいかうふ。〉