孟子/公孫丑下

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

卷之四

公孫丑章句下


孟子曰:「天時不如地利,地利不如人和。三里之城,七里之郭,環而攻之而不勝;夫環而攻之,必有得天時者矣,然而不勝者,是天時不如地利也。城非不高也,池非不深也,兵革非不堅利也,米粟非不多也,委而去之,是地利不如人和也。故曰:域民不以封疆之界,固國不以山溪之險,威天下不以兵革之利。得道者多助,失道者寡助。寡助之至,親戚畔之;多助之至,天下順之。以天下之所順,攻親戚之所畔,故君子有不戰,戰必勝矣。」

孟子まうしいはく、てんときかざるなり。ひとかざるなり。三しろ、七くわくめぐりてこれめて、しかしてたず。めぐりてこれむれば、かならず天のときものあり。しかり而してたざるものは、てんときかざるなり。しろたかからざるにあらざるなり。いけふかからざるにあらざるなり。兵革へいかく堅利けんりなるにあらざるなり。米粟べいぞくおほからざるにあらざるなり。してこれるは、ひとかざるなり。ゆゑに曰く、たみかぎるに封疆ほうきようさかひもつてせず、くにかたむるに山溪さんけいけんもつてせず、天下てんかおどすに兵革へいかくもつてせず、みちる者はたすおほく、みちうしなものたすすくなし。たすすくなきのいたりは、親戚しんせきこれそむく。たすおほきのいたりは、天下てんかこれしたがふ。天下てんかしたがところもつて、親戚しんせきそむところむ。ゆゑ君子くんしたゝかはざるあり、たゝかへばかならつ。〉

孟子將朝王。王使人來曰:「寡人如就見者也,有寒疾,不可以風;朝將視朝,不識可使寡人得見乎?」對曰:「不幸而有疾,不能造朝。」明日出弔於東郭氏。公孙丑曰:「昔者辭以病,今日弔,或者不可乎?」曰:「昔者疾,今日愈,如之何不弔?」王使人問疾,醫來。孟仲子對曰:「昔者有王命,有采薪之憂,不能造朝。今病小愈,趨造於朝;我不識能至否乎?」使數人要於路曰:「請必無歸,而造於朝。」不得已而之景丑氏宿焉。景子曰:「內則父子,外則君臣,人之大倫也。父子主恩,君臣主敬。丑見王之敬子也,未見所以敬王也。」曰:「惡!是何言也!齊人無以仁義與王言者,豈以仁義爲不美也?其心曰『是何足與言仁義也』云爾,則不敬莫大乎是。我非堯舜之道不敢以陳於王前,故齊人莫如我敬王也。」景子曰:「否,非此之謂也。《禮》曰:『父召無諾;君命召,不俟駕。』固將朝也,聞王命而遂不果,宜與夫禮若不相似然。」曰:「豈謂是與?曾子曰:『晉楚之富,不可及也。彼以其富,我以吾仁;彼以其爵,我以吾義,吾何慊乎哉?』夫豈不義而曾子言之?是或一道也。天下有達尊三:爵一,齒一,德一。朝廷莫如爵,鄉黨莫如齒,輔世長民莫如德。惡得有其一,以慢其二哉?故將大有爲之君,必有所不召之臣;欲有謀焉則就之。其尊德樂道,不如是不足以有爲也。故湯之於伊尹,學焉而後臣之,故不勞而王;桓公之於管仲,學焉而後臣之,故不勞而霸;今天下地醜德齊,莫能相尙。無他,好臣其所敎,而不好臣其所受敎。湯之於伊尹,桓公之於管仲,則不敢召;管仲且猶不可召,而況不爲管仲者乎?」

孟子まうしまさわうてうせんとす。わうひとをしてきたらしめて、曰く、寡人かじんすなはんとせるものなり。寒疾かんしつり、もつふうからず。てうすればまさてうんとす。らず寡人かじんをしてるをしむべきか。こたへていはく、不幸ふかうにしてやまひあり、てういたあたはずと。明日めいにちでて、東郭氏とうくわくしてうす。公孫丑こうそんちういはく、昔者むかしするにやまひもつてし、今日こんにちてうす。あるひ不可ふかならんか。いはく、昔者きのふみ、今日こんにちゆ。これ如何いかんてうせざらん。わうひとをしてやまひひ、をしてきたらしむ。孟仲子まうちうしこたへていはく、昔者きのふ王命わうめいあり。采薪さいしんうれへあり、てういたることあたはず。いまやまひすこしくゆ。はしりててういたりぬ。らず、いたるやいなや。數人すうにんをしてみちえうせしむ。いはく、かならかへくして、しかしててういたれと。むをずして景丑氏けいちうし宿しゆくす。景子けいしいはく、うちすなは父子ふしそとすなは君臣くんしんひと大倫たいりんなり。父子ふしおんしゆとし、君臣くんしんけいしゆとす。ちうわうけいするをる、いまわうけいする所以ゆゑんざるなり。いはく、あゝなんげんぞや。齊人せいひと仁義じんぎもつわうものし。仁義じんぎもつならずとさん。其心そのこゝろいはく、なんとも仁義じんぎふにらんやと、云爾しかいへばすなは不敬ふけいこれよりだいなるはし。堯舜げいしゆんみちあらざれば、へてもつわうまへちんせず。ゆゑ齊人せいひとわうけいするにきなり。景子けいしいはく、いなこれいひあらざるなり。れいいはく、ちゝせばだくするし。きみめいじてせば、するをたずと。もとよりまさてうせんとするなり。王命わうめいき、しかしてつひはたさず。よろしくれいあひざるがごとしかるべし。いはく、これふか。曾子そうしいはく、晉楚しんそとみは、およからざるなり。かれ其富そのとみもつてし、われじんもつてす。かれ其爵そのしやくを以てし、我は吾がもつてす。なんけんせんやと。不義ふぎにしてしかして曾子そうしこれはん。あるひ一道いちだうなり。天下てんか達尊たつそんみつ有り。しやくいつよはひいつとくいつ朝廷てうていしやくくはし。鄉黨きやうたうよはひくはし。たすたみちやうたるはとくくはし。いづくん其一そのいついうもつ其二そのにまんするをんや。ゆゑに將におほいにらんとするのきみは、かならさざるところしんあり。はからんとほつせば、すなはこれく。とくたつとみちたのしむことかくごとくならずんば、ともるにらざるなり。ゆゑたう伊尹いいんける、まなびてしかしてのちこれしんとす。ゆゑらうせずしてわうたり。桓公くわんこう管仲くわんちうける、まなびて而してのちこれしんとす。ゆゑらうせずしてたり。いま天下てんかたぐひとくひとし、あひくはふるきは、なし、をしふるところしんとするをこのみ、しかしてをしへくるところしんとするをこのまざればなり。たう伊尹いいんける、桓公くわんこう管仲くわんちうける、すなはあへさず。管仲くわんちうすらからず、しかるをいはん管仲くわんちうさざるものをや。〉

陳臻問曰:「前日於齊,王饋兼金一百而不受;於宋,饋七十鎰而受;於薛,饋五十鎰而受。前日之不受是,則今日之受非也;今日之受是,則前日之不受非也;夫子必居一於此矣。」孟子曰:「皆是也。當在宋也,予將有遠行;行者必以贐,辭曰『饋贐』,予何爲不受?當在薛也,予有戒心,辭曰『聞戒故爲兵饋之』,予何爲不受?若於齊則未有處也。無處而饋之,是貨之也;焉有君子而可以貨取乎?」

陳臻ちんしんうていはく、前日ぜんじつせいおいて、わう兼金けんきん一百いつぴやくおくらる。しかしてけず。そうおい七十鎰しちじふいつおくらる。しかしてく。せつおい五十鎰ごじふいつおくらる。而して受く。前日ぜんじつけざるならば、すなは今日こんにちくるなり。今日こんにちくるならば、すなは前日ぜんじつけざるなり。夫子ふうしかならいつこゝらん。孟子まうしいはく、みななり。そうるにあたつては、まさ遠行ゑんかうあらんとす。行者かうしやかならじんもつてす。いはく、じんおくると。何爲なんすれぞけざらん。せつるにあたりては、戒心かいしんあり。いはく、かいく、ゆゑへいためこれおくると。何爲なんすれぞけざらん。せいけるがごときは、すなはいましよするらざるなり。處するなくしてこれおくる、これくわにするなり。いづくん君子くんしにしてくわもつらるらんや。〉

孟子之平陸,謂其大夫曰:「子之持戟之士,一日而三失伍,則去之否乎?」曰:「不待三。」「然則子之失伍也亦多矣。兇年饑歲,子之民老羸轉於溝壑,壯者散而之四方者幾千人矣。」曰:「此非距心之所得爲也。」曰:「今有受人之牛羊而爲之牧之者,則必爲之求牧與芻矣。求牧與芻而不得,則反諸其人乎?抑亦立而視其死與?」曰:「此則距心之罪也。」他日見於王曰:「王之爲都者,臣知五人焉。知其罪者,惟孔距心。爲王誦之。」王曰:「此則寡人之罪也。」

孟子まうし平陸へいりくき、その大夫たいふひていはく、持戟ぢげき一日いちにちにしてたびうしなはば、すなはこれるやいなや、いはく、三をたず。しからばすなはうしなふ、またおほし。兇年きようねん饑歲きさいたみは、老羸らうるゐ溝壑こうがくてんじ、壯者さうしやさんじて四方しはうもの幾千人いくせんにんなり。曰く、距心きよしんすをところあらざるなりと。いはく、いまひと牛羊ぎうやうけて之がためこれぼくするものあらん。すなはかならこれが爲めにぼくすうとをもとめん。ぼくすうとをもとめてざれば、すなはこれ其人そのひとかへさんか。そもまたちて其死そのしんか。いはく、すなは距心きよしんつみなりと。他日たじつわうまみえて、いはく、わうみやこさむるものしん五人ごにんれり。其罪そのつみものたゞ孔距心こうきよしんのみと。わうめにこれしようす。わういはく、すなは寡人くわじんつみなり。〉

孟子謂蚔蛙曰:「子之辭靈丘而請士師,似也,爲其可以言也。今既數月矣,未可以言與?」蚔蛙諫於王而不用,致爲臣而去。齊人曰:「所以爲蚔蛙,則善矣;所以自爲,則吾不知也。」公都子以告。曰:「吾聞之也:有官守者,不得其職則去;有言責者,不得其言則去。我無官守,我無言責也,則吾進退豈不綽綽然有餘裕哉?」

孟子まうし蚔蛙ちあつて、いはく、靈丘れいきうして、而して士師ししふは、たるなり。そのもつきがためなり。いますで數月すうげつなり。未だ以て言ふ可からざるか。蚔蛙ちあわういさめてもちひられず。しんるをいたしてる。齊人せいひといはく、蚔蛙ちあためにする所以ゆゑんは、すなはし。みづかためにする所以は、則ちわれらざるなり。公都子こうとしもつぐ。曰く、吾之をく、官守くわんしゆものは、其職そのしよくざれば則ちる。言責げんせきあるものは、其言そのげんざれば則ち去る。我は官守くわんしゆなし。我は言責げんせきなし。則ち吾が進退しんたいは、綽綽然しやくぜんとして餘裕よゆうあらざらんや。〉

孟子爲卿於齊,出弔於滕,王使蓋大夫王驩爲輔行。王驩朝暮見,反齊、滕之路,未嘗與之言行事也。公孫丑曰:「齊卿之位,不爲小矣;齊、滕之路,不爲近矣。反之而未嘗與言行事,何也?」曰:「夫既或治之,予何言哉?」

孟子まうしせいけいたり。でてとうてうす。わうかふ大夫たいふ王驩わうくわんをして輔行ほかうたらしむ。王驩わうくわん朝暮てうぼまみゆ。齊滕せいとうみちはんし、いまかつこれ行事かうじはざるなり。公孫丑こうそんちういはく、齊卿せいけいくわゐは、せうさず。齊滕せいとうみちは、ちかしとさず。これはんし、いまかつてともに行事かうじはざるはなんぞや。いはく、すでこれをさむるあり。なにはんや。〉

孟子自齊葬於魯。反於齊,止於嬴。充虞請曰:「前日不知虞之不肖,使虞敦匠事;嚴,虞不敢請。今愿竊有請也:木若以美然。」曰:「古者棺槨無度,中古棺七寸、槨稱之,自天子達於庶人。非直爲觀美也,然後盡於人心。不得,不可以爲悅;無財,不可以爲悅。得之爲有財。古之人皆用之,吾何爲獨不然?且比化者,無使土親膚,於人心獨無恔乎?吾聞之君子:不以天下儉其親。」

孟子まうしせいよりほうむる。齊にかへり、えいとゞまる。充虞じゆつぐひていはく、前日ぜんじつ不肖ふせうらず。をしてしやうあつうせしむ。ことげんなり。あへはざりき。いまねがはくはひそかにらん。はなはなるがごとしかり。いはく、古者いにしへ棺槨くわんくわくなし。中古ちうこくわん七寸しちすんくわくこれかなふ。天子てんしより庶人しよじんたつす。たゞくわんすにあらず。しかしてのち人心じんしんつくす。ざれば、もつえつからず。ざいなければ、もつて悅を爲す可からず。これざいありとさば、いにしへひとみなこれもちふ。われ何爲なんすれぞひとしからざらん。くわするころまでに、つちをしてはだへしたしからしむるなくば、人心じんしんおいひとりこゝろよなからんや。われこれく、君子くんし天下てんかを以て其親そのおやけんせずと。〉

沈同以其私問曰:「燕可伐與?」孟子曰:「可。子噲不得與人燕,子之不得受燕於子噲。有仕於此,而子悅之,不告於王,而私與之吾子之祿爵;夫士也,亦無王命而私受之於子,則可乎?何以異於是?」齊人伐燕。或問曰:「勸齊伐燕,有諸?」曰:「未也。沈同問:『燕可伐與?』吾應之曰:『可。』彼然而伐之也。彼如曰:『孰可以伐之?』則將應之曰:『爲天吏則可以伐之。』今有殺人者,或問之曰:『人可殺與?』則將應之曰:『可。』彼如曰:『孰可以殺之?』則將應之曰:『爲士師則可以殺之。』今以燕伐燕,何爲勸之哉?」

沈同ちんどう其私そのわたくしもつうて、いはく、えんつべきか。孟子まうしいはく、なり。子噲しくわいひとえんあたへるをず。子之ししえん子噲しくわいくるをず。こゝつかふるらん。しかしてこれよろこび、わうげず、しかしてひそかに吾子ごし祿爵ろくしやくあたふ。や、また王命わうめいなくして、しかしてひそかにこれけば、すなはならんか。なにもつれにことならん。齊人せいひとえんつ。あるひとひていはく、せいすゝめてえんたしむと。るか。いはく、いまだし。沈同ちんどうふ。えんつべきか。われこれこたへていはく、なりと。かれしかしかしてこれつなり。かれれかもつこれきとはば、すなはまさこれこたへて天吏てんりらばすなはもつこれしとはんとす。いまひところものあらん。あるひとこれひていはく、ひところきか。すなはまさこれこたへてはんとす。かれれかもつこれころきとはば、則ち將に之にこたへて士師ししらば則ち以て之を殺す可しとはんとす。いまえんもつえんつ。何爲なんすれぞこれすゝめんや。〉

燕人畔,王曰:「吾甚慚於孟子。」陳賈曰:「王無患焉,王自以爲與周公,孰仁且智?」王曰:「惡!是何言也!」曰:「周公使管叔監殷,管叔以殷畔。知而使之,是不仁也;不知而使之,是不智也。仁智,周公未之盡也,而況於王乎?賈請見而解之。」見孟子問曰:「周公何人也?」曰:「古聖人也。」曰:「使管叔監殷,管叔以殷畔也,有諸?」曰:「然。」曰:「周公知其將畔而使之與?」曰:「不知也。」「然則聖人且有過與?」曰:「周公,弟也;管叔,兄也。周公之過,不亦宜乎?且古之君子,過則改之;今之君子,過則順之。古之君子,其過也如日月之食,民皆見之;及其更也,民皆仰之。今之君子,豈徒順之?又從爲之辭。」

燕人えんじんそむく、わういはく、われはなは孟子まうしづ。陳賈ちんかいはく、わううれふるかれ。わうみづかもつ周公しうこういづれかじんなりとす。わういはく、あくなんげんぞ。いはく、周公しうこう管叔くわんしゆくをしていんかんせしむ。管叔くわんしゆくいんもつそむく。つてこれ使せしむれば、不仁ふじんなり。らずしてこれ使せしむれば、不智ふちなり。仁智は周公も未だ之を盡さざるなり。しかるをいはんやわうおいてをや。これかん。孟子まうしまみえて問うて曰く、周公は何人なんびとぞや。曰く、いにしへ聖人せいじんなり。曰く、管叔くわんしゆくをしていんかんせしむ。管叔くわんしゆくいんを以てそむくと。るか。曰く、しかり。曰く、周公はそむかんとするをりてこれ使せしむるか。いはく、らざるなり。しからばすなは聖人せいじんあやまちるか。いはく、周公はおとうとなり、管叔くわんしゆくは兄なり。周公しうこうあやまちまたむべならずや。いにしへ君子くんしは、あやまてばすなはこれあらたむ。いま君子くんしは、過てば則ち之にしたがふ。古の君子は、そのあやまち日月じつげつしよくごとし。たみみなこれる。そのあらたむるにおよんでや、たみみなこれあふぐ。いま君子くんしは、たゞこれしたがふのみならんや。またしたがつてこれを爲す。〉

孟子致爲臣而歸,王就見孟子曰:「前日愿見而不可得,得侍同朝甚喜。今又棄寡人而歸,不識可以繼此而得見乎?」對曰:「不敢請耳,固所愿也。」他日王謂時子曰:「我欲中國而授孟子室,養弟子以萬鐘,使諸大夫國人皆有所矜式。子盍爲我言之?」時子因陳子而以告孟子;陳子以時子之言告孟子。孟子曰:「然。夫時子惡知其不可也?如使予欲富,辭十萬而受萬,是爲欲富乎?季孫曰:『異哉子叔疑!使己爲政,不用,則亦已矣,又使其子弟爲卿。人亦孰不欲富貴?而獨於富貴之中有私龍斷焉。』古之爲市也,以其所有易其所無者,有司者治之耳。有賤丈夫焉,必求龍斷而登之,以左右望而罔市利。人皆以爲賤,故從而征之。征商自此賤丈夫始矣。」

孟子まうししんたるをいたしてかへる。わういて孟子まうしいはく、前日ぜんじつ見るをねがひてべからず。同朝どうてうするをはなはよろこぶ。いままた寡人くわじんててかへる。らずもつこれぎてるをべきか。こたへていはく、へてはざるのみ。もとよりねがところなり。他日たじつわう時子じしつていはく、われ中國ちうごくにして孟子まうししつさづけ、弟子ていしやしなふに萬鐘ばんしようもつてし、諸大夫しよたいふ國人こくじんみな矜式きようしよくするところあらしめんとほつす。なんめにこれはざる。時子じし陳子ちんしりて以て孟子にげしむ。陳子ちんし時子じしの言を以て孟子に告ぐ。孟子曰く、しかり。時子じしいづくんその不可ふかなるをらん。をしてとみほつせしめば、十萬じうまんしてまんく、とみほつするとさんや。季孫きそんいはく、なるかな子叔疑ししゆくぎおのれをしてまつりごとさしめ、もちひざればすなはまたまん。またその子弟していをしてけいたらしむと。ひとまたれか富貴ふうきほつせざらん。しかしてひと富貴ふうきうちおいてて、龍斷ろうだんわたくしするり。いにしへいちす、そのところもつそのところふるは、有司いうしこれをさむるのみ。賤丈夫せんじやうぶり。かなら龍斷ろうだんもとめてこれのぼり、もつ左右さいうのぞんで市利しりあみす。ひとみなもつせんす。ゆゑしたがうてこれせいす。あきなひせいするはこの賤丈夫せんぢやうぶよりはじまる。〉

孟子去齊,宿於晝。有欲爲王留行者,坐而言。不應,隱几而臥。客不悅曰:「弟子齊宿而後敢言;夫子臥而不聽;請勿復敢見矣。」曰:「坐。我明語子:昔者魯繆公無人乎子思之側,則不能安子思;泄柳、申詳無人乎繆公之側,則不能安其身。子爲長者慮,而不及子思。子絕長者乎?長者絕子乎?」

孟子まうしせいり、ちう宿しゆくす。わうめにかうとゞめんとほつするものあり。してふ。こたへず。りてぐわす。かくよろこばずして曰く、弟子ていし齊宿さいしゆくしてしかのちあへふ。夫子ふうしぐわしてかず。またあへなからん。いはく、せよ。われあきらかげん。昔者むかし繆公ぼくこう子思ししかたはらひとくんば、則ち子思ししやすんずるあたはず。泄柳せつりう申詳しんしやう繆公ぼくこうかたはらひとなくんば、則ち其身をやすんずるあたはず。長者ちやうじやの爲めにおもんばかりて子思ししおよばず。長者ちやうじやつか、長者ちやうじやつか。〉

孟子去齊,尹士語人曰:「不識王之不可以爲湯、武,則是不明也;識其不可然且至,則是干澤也。千里而見王,不遇故去;三宿而後出晝,是何濡滯也!士則茲不悅。」高子以告。曰:「夫尹士惡知予哉?千里而見王,是予所欲也。不遇故去,豈予所欲哉?予不得已也。予三宿而出晝,於予心猶以爲速。王庶幾改之!王如改諸,則必反予。夫出晝而王不予追也,予然後浩然有歸志。予雖然,豈舍王哉?王由足用爲善;王如用予,則豈徒齊民安?天下之民舉安。王庶幾改之!予日望之!予豈若是小丈夫然哉!諫於其君而不受,則怒,悻悻然見於其面,去則窮日之力而後宿哉?」尹士聞之,曰:「士誠小人也。」

孟子まうしせいる。尹士いんしひとかたりていはく、わうもつ湯武たうぶたるからざるをらざれば、すなはち是れ不明ふめいなり。その不可ふかなるをしかしていたるは、すなはち是れたくもとむるなり。千里せんりにして王をはざるゆゑる。三宿さんしゆくしてしかのちちうづ、なん濡滯じゆたいなる。すなはこゝよろこばずと。高子かうしもつぐ。曰く、尹士いんしいづくんを知らんや。千里せんりにしてわうる、ほつするところなり。はざるゆゑる、ほつするところならんや。むをざるなり。三宿さんしゆくしてちうづるも、こゝろおいてはもつすみやかなりとす。わう庶幾こひねがはくはこれあらためよ。わうれをあらためば、すなはかならかへさん。ちうわうはざるや、しかのち浩然こうぜんとして歸志きしあり。しかりといへどわうてんや。わうもつぜんすにる。わうわれもちひば、すなはたゞせいたみやすきのみならん、天下てんかたみみなやすからん。わう庶幾こひねがはくはこれあらためよと。これのぞむ。小丈夫せうじやうぶごとしからんや。其君そのきみいさめてけざればすなはいかり、悻悻然かうかうぜんとして其面そのめんあらはれ、れば則ち日のちからきはめてしかのち宿しゆくせんや。尹士いんしこれきていはく、まこと小人せうじんなり。〉

孟子去齊,充虞路問曰:「夫子若有不豫色然。前日虞聞諸夫子曰:『君子不怨天,不尤人。』」曰:「彼一時,此一時也。五百年必有王者興,其間必有名世者。由周而來,七百有餘歲矣;以其數則過矣,以其時考之則可矣。夫天,未欲平治天下也,如欲平治天下,當今之世,舍我其誰也?吾何爲不豫哉?」

孟子まうしせいる。充虞ゆうぐみちひていはく、夫子ふうし不豫ふよいろるがごとしかり。前日ぜんじつこれ夫子ふうしけり。いはく、君子くんしてんうらみず、ひととがめず。いはく、かれ一時いちじなり、これ一時いちじなり。五百ねんかなら王者わうしやおこり。其間そのあひだかならあるものり。しうよりこのかた、七百有さい其數そのかずもつてせばすなはぎたり。其時そのときもつてせばこれかんがふるにすなはなり。てんいま天下てんか平治へいちせんとほつせざるなり。天下てんか平治へいちせんとほつせば、いまあたつて、われててたれぞ。われ何爲なんすれぞ不豫ふよせんや。〉

孟子去齊居休。公孫丑問曰:「仕而不受祿,古之道乎?」曰:「非也。於崇,吾得見王;退而有去志,不欲變,故不受也。繼而有師命,不可以請。久於齊,非我志也。」

孟子まうしせいりてきうる。公孫丑こうそんちううていはく、つかへて祿ろくけざるは、いにしへみちか。いはく、なり。すうおいわれわうまみゆるをたり。退しりぞいて去志きよしあり。へんずるをほつせず、ゆゑけざるなり。つい師命しめいあり。もつからず。齊にひさしきは、こゝろざしあらざるなり。〉