孟子/滕文公上

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

卷之五

滕文公章句上


滕文公爲世子,將之楚,過宋而見孟子。孟子道性善,言必稱堯舜。世子自楚反,復見孟子。孟子曰:「世子疑吾言乎?夫道一而已矣。成覸謂齊景公曰:『彼丈夫也,我丈夫也,吾何畏彼哉?』顏淵曰:『舜何人也?予何人也?有爲者亦若是。』公明儀曰:『文王我師也,周公豈欺我哉?』今滕絕長補短,將五十里也,猶可以爲善國。《書》曰:『若藥不瞑眩,厥疾不瘳。』」

とうぶんこうせいしたり。まさかんとす。そうぎ、而してまうしる。まうしせいぜんふ。へば必ずげうしゆんしようす。せいしよりかえり、またまうしる。まうし曰く、せいしげんうたがふか。みちつのみ。せいけんせいけいこうつて曰く、かれちやうぶなり。われぢやうぶなり。われなんかれおそれんや。がんゑん曰く、しゆんなんびとぞ。何人ぞと。る者は亦是のごとし。こうめいぎ曰く、ぶんわうなり。しうこうに我をあざむかんや。今とうちやうたんおぎなはば、まさに五十ならんとす。ほ以てぜんす可きくになり。しよに曰く、くすりめんげんせざれば、やまひえずと。〉

滕定公薨,世子謂然友曰:「昔者孟子嘗與我言於宋,於心終不忘。今也不幸至於大故,吾欲使子問於孟子,然後行事。」然友之鄒,問於孟子。孟子曰:「不亦善乎!親喪固所自盡也。曾子曰:『生,事之以禮;死,葬之以禮,祭之以禮,可謂孝矣。』諸侯之禮,吾未之學也。雖然,吾嘗聞之矣:三年之喪,齋疏之服,飦粥之食,自天子達於庶人,三代共之。」然友反命,定爲三年之喪。父兄百官皆不欲也,故曰:「吾宗國魯先君莫之行,吾先君亦莫之行也;至於子之身而反之,不可。且《志》曰:『喪祭從先祖。』」曰:「吾有所受之也。」謂然友曰:「吾他日未嘗學問,好馳馬試劍。今也父兄百官不我足也;恐其不能盡於大事。子爲我問孟子。」然友復之鄒,問孟子。孟子曰:「然,不可以他求者也。孔子曰:『君薨,聽於冢宰,飦粥,面深墨,卽位而哭。百官有司,莫敢不哀,先之也。上有好者,下必有甚焉者矣。君子之德,風也;小人之德,草也。草上之風必偃。』。是在世子。」然友反命。世子曰:「然,是誠在我。」五月居廬,未有命戒。百官族人,可謂曰知。及至葬,四方來觀之。顏色之戚,哭泣之哀,弔者大悅。

とうていこうこうす。せいしぜんいうひて曰く、むかしまうしかつわれそうへり。心においつひわすれず。いまふこうにしてたいこいたる。われをしてまうしはしめ、しかのちことおこなはんとほつす。ぜんいうすうき、まうしふ。孟子曰く、亦善からずや。おやもとより自らつくところなり。そうし曰く、いけるにはこれつかふるにれいもつてし、死するには之をはうむるに禮を以てし、之をまつるにれいを以てす。かうふ可し。しよこうれいは、われいまだ之をまなばざるなり。しかりと雖もわれかつて之をけり。三ねんしそふくせんしゆくしよくは、てんしよりしよじんたつす。三だい之をともにす。ぜんいうはんめいし、さだめて三ねんす。ふけいひやつかんみなほつせずして、曰く、そうこくせんくんも之をおこなし。せんくんも亦之を行ふきなり。子のいたりて之にはんするはふかなり。に曰く、そうさいせんぞに從ふと。曰く、吾之を受くる所有りと。ぜんいうひて曰く、われたじついまかつがくもんせず、このんでうまけんこゝろむ。今やふけいひやくくわんわれれりとせざるなり。そのだいじつくあたはざるをおそる。が爲めにまうしへ。ぜんいうまたすうまうしふ。孟子曰く、然り、以て他にもとむ可からざる者なり。孔子曰く、きみこうずれば、ちようさいき、かゆすゝり、めんしんこくくらゐきてこくす。百くわんいうしあへかなしまざるしと。之にさきんずるなり。かみこのものれば、しもかなられよりはなはだしき者有り。くんしとくは風なり。せうじんとくくさなり。草之にかぜくはうればかならす。せいしり。ぜんいうはんめいす。せいし曰く、しかり、是れまことに我に在り。五ぐわつり、いまめいかいらず。百くわんぞくじんとしつてふ。はうむるにいたるにおよび、四はうきたり之をる。がんしよくかなしみ、こくきふあはれみ、てうしやおほいによろこぶ。〉

滕文公問爲國。孟子曰:「民事不可緩也。《詩》云:『晝爾于茅,宵爾索绹。亟其乘屋,其始播百穀。』民之爲道也,有恆產者有恆心,無恆產者無恆心。茍無恆心,放僻邪侈,無不爲已。及陷乎罪然後從而刑之,是罔民也。焉有仁人在位罔民而可爲也?是故賢君必恭儉禮下,取於民有制。陽虎曰:『爲富不仁矣;爲仁不富矣。』夏后氏五十而貢,殷人七十而助,周人百畝而徹。其實皆什一也。徹者徹也,助者藉也。龍子曰:『治地莫善於助,莫不善於貢。貢者校數歲之中以爲常。樂歲粒米狼戾,多取之而不爲虐,則寡取之;兇年糞其田而不足,則必取盈焉。爲民父母,使民盻盻然,將終歲勤動,不得以養其父母,又稱貸而益之,使老稚轉乎溝壑,惡在其爲民父母也?』夫世祿滕固行之矣。《詩》云:『雨我公田,遂及我私。』惟助爲有公田。由此觀之,雖周亦助也。設爲庠序學校以敎之。

とうぶんこうくにをさむるをふ。まうし曰く、みんじゆるくすべからざるなり。に云ふ、ひるなんぢきてれ、よひなんぢなはへよ、すみやかにれ屋に乘れ。其れはじめて百こくせんと。たみみちたる、こうさんあるものは、こうしんあり。こうさんき者は、こうしん無し。いやしくこうしんければ、はうへきじやし、爲さざる無きのみ。つみおちいるにおよびて、しかのちしたがひてこれけいす。是れたみあみするなり。いづくんじんじんくらゐに在る有り。民をあみするをすべけんや。是のゆゑけんくんは必ずきようけんにしてしもれいし、たみせい有り。やうこ曰く、とみせばじんならず。じんを爲せばまず。かこうしは五十にしてこうし、いんじんは七十にしてじよす、しゆうひとは百にしててつす、其じつみなじふが一なり。てつてつなり。じよしやなり。りゆうし曰く、地ををさむるはじよよりきは莫し。こうよりからざるは莫し。こうすうさいうちかうし、以てつねす。らくさいにはりうべいらいれいす。おほく之を取れども、ぎやくさず。すなはすくなく之を取る。きようねんにはそのでんつちかひてらず、則ち必ずつ。たみふぼり、たみをしてけいけいぜんとしてまさしゆうさいきんどうし、以てそのふぼやしなふをざらしむ。またたいしようして之をえきし、らうちをしてこうがくてんぜしむ。いづくんそのたみふぼたるに在らん。せいろくとうもとより之をおこなふ。ふ。我がこうでんあめふり、つひに我がわたくしおよべと。たゞじよこうでんありとす。此につて之をれば、しういへどまたじよするなり。〉

設爲庠序學校以敎之。庠者養也,校者敎也,序者射也。夏曰校,殷曰序,周曰庠,學則三代共之,皆所以明人倫也。人倫明於上,小民親於下。有王者起,必來取法,是爲王者師也。《詩》云:『周雖舊邦,其命維新。』文王之謂也。子力行之,亦以新子之國。」使畢戰問井地。孟子曰:「子之君將行仁政,選擇而使子,子必勉之。夫仁政必自經界始。經界不正,井地不均,穀祿不平。是故暴君污吏必慢其經界。經界既正,分田制祿,可坐而定也。夫滕壤地褊小,將爲君子焉,將爲野人焉。無君子莫治野人,無野人莫養君子。請野九一而助,國中什一使自賦。卿以下必有圭田。圭田五十畝,餘夫二十五畝。死徙無出鄉,鄉田同井,出入相友,守望相助,疾病相扶持,則百姓親睦。方里而井;井九百畝,其中爲公田。八家皆私百畝,同養公田。公事畢,然後敢治私事,所以別野人也。此其大略也。若夫潤澤之,則在君與子矣。」

しやうじよがくかうまうけ爲し以て之ををしふ。しやうとはやうなり。かうとはけうなり。じよとはしやなり。かうひ、いんじよと曰ひ、しうしやうと曰ふ。がくは則ちさんだい之をともにす。みなじんりんあきらかにするゆゑんなり。じんりんかみに明かに、せうみんともしたしむ。わうしやおこれば、必ずきたりてはふらん。わうしやと爲るなり。ふ、しうきふほういへどそのめいあらたなりと。ぶんわうひなり。子之をりきかうせば、またもつくにあらたにせん。」ひつせんをしてせいちはしむ。孟子曰く、子のきみまさじんせいを行はんとす。せんたくしてつかひせしむ。子、必ず之をつとめよ。じんせいは必ずけいかいよりはじまる。けいかいたゞしからざれば、せいちひとしからず。こくろくたひらかならず。の故にぼうくんをりは、必ずけいかいまんにす。けいかいすでたゞしければ、でんわかろくせいすること、してさだむべきなり。とうじやうちへんせうなれども、くんしたり。やじんたり。くんし無ければ、やじんをさむる莫し。やじん無ければ、君子をやしなふなし。きういつにしてじよし、こくちうじふが一にしてみづかめん。けいいかには、かならけいでんあり。けいでんは五十よふは二十五しときやうづるなし。きやうでんせいおなじうす。しつにふあひともとし、しゆぼうあひたすけ、しつぺいあひふぢすれば、則ち百せいしんぼくす。はうりにしてせいす。せいきうそのなかこうでんす。はつかみなわたくしし、おなじくこうでんやしなふ。こうじをはり、しかのちあへしじをさむ。やじんわかゆゑんなり。そのたいりやくなり。の之をじゆんたくするがごときは、則ちきみとにり。〉

有爲神農之言者許行,自楚之滕,踵門而告文公,曰:「遠方之人,聞君行仁政,愿受一廛而爲氓。」文公與之處。其徒數十人,皆衣褐,捆屨、織席以爲食。陳良之徒陳相與其弟辛,負耒耜而自宋之滕。曰:「聞君行聖人之政,是亦聖人也,愿爲聖人氓。」陳相見許行而大悅,盡棄其學而學焉。陳相見孟子,道許行之言曰:「滕君則誠賢君也;雖然,未聞道也。賢者與民并耕而食,饔飧而治。今也滕有倉廩府庫,則是厲民而以自養也,惡得賢?」孟子曰:「許子必種粟而後食乎?」曰:「然。」「許子必織布而後衣乎?」曰:「否,許子衣褐。」「許子冠乎?」曰:「冠。」曰:「奚冠?」曰:「冠素。」曰:「自織之與?」曰:「否,以粟易之。」曰:「許子奚爲不自織?」曰:「害於耕。」曰:「許子以釜甑爨、以鐵耕乎?」曰:「然。」「自爲之與?」曰:「否,以粟易之。」「以粟易械器者,不爲厲陶冶;陶冶亦以其械器易粟者,豈爲厲農夫哉?且許子何不爲陶冶,舍皆取諸其宮中而用之?何爲紛紛然與百工交易?何許子之不憚煩?」曰:「百工之事,固不可耕且爲也。」「然則治天下獨可耕且爲與?有大人之事,有小人之事。且一人之身,而百工之所爲備。如必自爲而後用之,是率天下而路也。故曰:或勞心,或勞力。勞心者治人,勞力者治於人。治於人者食人,治人者食於人──天下之通義也。「當堯之時,天下猶未平,洪水橫流,氾濫於天下;草木暢茂,禽獸繁殖;五穀不登,禽獸偪人;獸蹄鳥跡之道,交於中國。堯獨憂之,舉舜而敷治焉。舜使益掌火;益烈山澤而焚之,禽獸逃匿。禹疏九河,瀹濟、漯而注諸海;決汝、漢,排淮、泗,而注之江,然後中國可得而食也。當是時也,禹八年於外,三過其門而不入,雖欲耕,得乎?后稷敎民稼穡,樹藝五穀,五穀熟而民人育。

しんのうげんものきよかうあり。よりとうき、もんいたりてぶんこうげて、曰く、えんぽうひときみじんせいおこなふをく、ねがはくは一てんけてたみたらんと。ぶんこうこれところあたふ。そのとすう十人、みなかつせきりて、以てしよくす。ちんりやうちんしやうそのおとうとしんらいしうて、そうよりとうき、曰く、きみせいじんまつりごとおこなふをく。是れまたせいじんなり。ねがはくはせいじんたみたらんと。ちんしやうきよかうて、而して大によろこび、ことごとく其がくててまなぶ。ちんしやうまうして、きよかうげんひて、曰く、とうくんは則ちまことけんくんなり。然りといへども、未だみちかざるなり。けんしやたみならたがやしてくらひ、ようそんしてをさむ。いまとうさうりんふこあり。則ち是れ民をやまして以て自らやしなふなり。いづくんけんん。孟子曰く、きよしは必ずぞくゑてしかのちくらふか。曰く、然り。きよしは必ずりてしかる後にるか。曰く、いなきよしかつる。許子はくわんするか。曰く、くわんす。曰く、なにを冠す。曰く、を冠す。曰く、自ら之をるか。曰く、いなぞくを以て之にふ。曰く、きよしなんすれぞ自ららざる。曰く、たがやすにがいあり。曰く、きよしふさうを以てかしぎ、てつを以てたがやすか。曰く、しかり。自ら之をすか。曰く、いなぞくを以て之にふ。ぞくを以てかいきふるものたうややますとさず、たうやまたそのかいきを以てぞくふるもののうふやますとなさんや。きよしは何ぞたうやさざる。みなこれそのきうちうりて之を用ふるをめて、なんすれぞふんぷんぜんとして百こうこうえきする。なんきよしはんはゞからざる。曰く、百こうことは、もとよりたがやからざるなり。しからば則ちてんかをさむること、ひとたがやす可きか。たいじんことあり。せうじんことあり。且つ一にんにして、而して百こうところそなへ、かならず自らして而るのちに之を用ひば、てんかひきゐてみちするなり。ゆゑいはく、あるひこゝろらうし、あるひちかららうす。こゝろらうする者は人ををさめ、ちかららうする者はひとをさめらる。ひとをさめらるゝ者は人をやしなひ、ひとをさむる者はひとやしなはる。てんかつうぎなり。げうときあたり、てんかいまたひらかならず。かうずゐわうりうし、てんかはんらんす。さうもくちやうもし、きんじゆうはんしよくす。ごこくみのらず。きんじう人にせまる。じうていてうせきみちちうごくまじはる。げうひとこれうれへ、しゆんげてをさめしむ。しゆんえきをしてつかさどらしむ。えきさんたくもやして之をき、きんじうのがかくる。きうがし、せいたふやくして、れをうみそゝぎ、じよかんけつし、わいしはいして、これかうそゝぐ。しかる後ちうごくらふべきなり。是の時にあたつて、そとに八ねんたび其もんぐれどもらず。たがやさんとほつすといへどんや。こうしよくたみかしよくをしへ、ごこくじゆげいす。ごこくじゆくしてみんじんいくす。〉

人之有道也,飽食煖衣,逸居而無敎,則近於禽獸。聖人有憂之,使契爲司徒,敎以人倫:父子有親,君臣有義,夫婦有別,長幼有序,朋友有信。放勛曰:『勞之來之、匡之直之、輔之翼之,使自得之;又從而振德之。』聖人之憂民如此,而暇耕乎?堯以不得舜爲己憂;舜以不得禹、皋陶爲己憂。夫以百畝之不易爲己憂者,農夫也。分人以財謂之惠,敎人以善謂之忠,爲天下得人者謂之仁。是故以天下與人易,爲天下得人難。孔子曰:『大哉,堯之爲君!惟天爲大,惟堯則之。蕩蕩乎民無能名焉!君哉舜也!巍巍乎有天下而不與焉!』堯舜之治天下,豈無所用其心哉?亦不用於耕耳。「吾聞用夏變夷者,未聞變於夷者也。陳良,楚產也;悅周公、仲尼之道,北學於中國,北方之學者,未能或之先也。彼所謂豪杰之士也。子之兄弟事之數十年,師死而遂倍之。昔者孔子沒,三年之外,門人治任將歸,入揖於子貢,相向而哭,皆失聲,然後歸。子貢反,筑室於場,獨居三年,然後歸。他日子夏、子張、子游以有若似聖人,欲以所事孔子事之,强曾子。曾子曰:『不可,江漢以濯之,秋陽以暴之,皜皜乎不可尙已。』今也南蠻鴃舌之人,非先王之道,子倍子之師而學之,亦異於曾子矣。吾聞出於幽谷、遷于喬木者,未聞下喬木而入於幽谷者。魯頌曰:『戎狄是膺,荊舒是懲。』周公方且膺之,子是之學,亦爲不善變矣。」「從許子之道,則市賈不貳,國中無僞;雖使五尺之童適市,莫之或欺。布帛長短同,則賈相若;麻縷絲絮輕重同,則賈相若;五穀多寡同,則賈相若;屨大小同,則賈相若。」曰:「夫物之不齊,物之情也。或相倍蓰,或相什百,或相千萬;子比而同之,是亂天下也。巨屨小屨同賈,人豈爲之哉?從許子之道,相率而爲僞者也,惡能治國家?」

ひとみち有るや、はうしよくだんいいつきよしてをしへなければ、則ちきんじゆうちかし。せいじん之をうれふるあり。せつをしてしとたらしめ、をしふるにじんりんを以てす。ふししんり、くんしん有り、ふうふべつ有り、ちやうようじよ有り、ほういうしん有り。はうくん曰く、之をらうし、之をたし、之をたゞし、之をなほくし、之をたすけ、之をたすけ、之をじとくせしめ、またしたがつて之をしんとくす。せいじんたみうれふるかくごとし。而るをたがやすにいとまあらんや。げうしゆんざるを以ておのうれへと爲す。しゆんかうえうざるを以ておのうれへと爲す。れ百をさまらざるを以て己が憂となす者はのうふなり。人にわかつにざいを以てする、之をけいと謂ふ。人ををしふるにぜんを以てする之をちうと謂ふ。天下のめに人をもの之をじんふ。是のゆゑてんかを以て人にあたふるはやすく、天下の爲めに人を得るはかたし。こうし曰く、大なるかなげうきみたる。たゞ天を大とす。たゞげう之にのつとる。たうたうことしてたみなづくるなし。君なるかなしゆんや、ぎぎことして、天下をたもつて、而してあづからず。げうしゆんてんかをさむる、そのこゝろもちふるところ無からんや。またたがやすに用ひざるのみ。われつてへんずる者をけり。いまへんぜらるゝ者をかざるなり。ちんりやうさんなり。しうこうちうぢの道をよろこび、きたしてちうごくまなぶ。ほくはうがくしやいまだ之に先んずるあたはざるなり。かれいはゆるがうけつなり。の兄弟、これつかふることすうねんしてつひに之にそむく。むかしこうしぼつし、三ねんほかもんじんにんをさめてまさかへらんとす。入りてしこういふし、あひむかうてこくす。みなこゑうしなふ。然る後にかへる。しこうかへりてしつぢやうきづく。どくきよすること三年、しかのちかへる。たじつしかしちやうしいういうじやくせいじんたるを以て、こうしつかふるところを以て之につかへんとほつし、そうしふ。曾子曰く、ふかなり。かうかん以て之をあらひ、しうやう以て之をらす。かうかうことしてくはふべからざるのみと。いまなんばんげきけつの人、せんわうみちとす。そむき、而して之をまなぶ。またそうしことなり。われいうこくよりでてけうぼくうつる者を聞く。未だけうぼくくだりていうこくる者をかず。ろしように曰く、じゆうてきは是れち、けいじよは是れこらす。しうこうはうつ之をたんとす。こゝまなぶ。亦へんぜずとす。きよしみちに從はば、則ちいちあたひせず。こくちういつはりなし。ごしやくどうをしていちかしむといへども、之をあざむし。ふはくちやうたんおなじければ、則ちあたひあひく。まるしじよけいぢゆうおなじければ、すなはあたひあひく。ごこくたかおなじければ、すなはあたひあひく。だいせうおなじければ、すなはあたひあひく。曰く、ものひとしからざるは、ものじやうなり。あるひあひばいしし、或はあひじうひやくし、或はあひせんまんす。して之を同じうす。是れ天下をみだすなり。きよくせうくあたひおなじうせば、人に之をつくらんや。きよしの道にしたがはば、あひひきゐていつはりをなす者なり。いづくんこくかをさめん。〉

墨者夷之,因徐辟而求見孟子。孟子曰:「吾固愿見,今吾尙病,病愈,我且往見。」夷子不來。他日又求見孟子。孟子曰:「吾今則可以見矣。不直則道不見,我且直之。吾聞夷子墨者,墨者之治喪也,以薄爲其道也。夷子思以易天下,豈以爲非是而不貴也?然而夷子葬其親厚,則是以所賤事親也。」徐子以告夷子。夷子曰:「儒者之道,古之人『若保赤子』,此言何謂也?之則以爲愛無差等,施由親始。」徐子以告孟子。孟子曰:「夫夷子信以爲人之親其兄之子爲若親其鄰之赤子乎?彼有取爾也。赤子匍匐將入井,非赤子之罪也。且天之生物也使之一本,而夷子二本故也。蓋上世嘗有不葬其親者,其親死則舉而委之於壑。他日過之,狐貍食之,蠅蚋姑嘬之。其顙有泚,睨而不視。夫泚也,非爲人泚,中心達於面目。蓋歸反虆梩而掩之,掩之誠是也。則孝子仁人之掩其親,亦必有道矣。」徐子以告夷子。夷子憮然爲間曰:「命之矣。」

ぼくしやいしじよへきりて、而してまうしるをもとむ。孟子曰く、われもとよりるをねがふ。いまわれめり。やまひえば、われまさいてんとすと。いしきたらず。たじつまたまうしるをもとむ。孟子曰く、われいますなはもつるべし。ちよくにせざれば、則ちみちあらはれず、我まさに之をちよくにせんとす。吾聞く、いしぼくしやなりと。ぼくしやをさむるや、うすきを以て其みちす。いし以て天下をへんとおもふ。に以てあらずと爲して、而してたふとばざらんや。しかり而していしそのおやはうむあつし。すなはいやしむ所を以ておやつかふるなり。じよし以ていしぐ。いし曰く、じゆしやみちは、いにしへひとせきしやすんずるがごとしと。此のげんなんの謂ひぞや。は則ちおもへらく、あいさとうし、ほどこすことしたしきより始むと。じよし以てまうしぐ。まうし曰く、いしまことに人のそのあにしたしむこと、そのとなりせきししたしむがごとすとおもへるか。かれりてしかるなり。せきしほふくしてまさらんとす。せきしつみあらざるなり。つ天の物をしやうずる、之をしてもといつにせしむ。而るにいしもとふたつにするがゆゑなり。けだじやうせいかつそのおやはうむらざる者あり。そのおやす。則ちげて之をがくてたり。たじつ之をぐれば、こり之れをくらひ、とうぜいこ之をくらふ。そのひたいさいたる有り、げいしてず。さいたる、人のためさいたるにあらず、ちゆうしんよりめんもくたつするなり。けだかへるゐりかへして之をおほふ。之をおほふことまことならば、すなはこうしじんじんの其おやおほふこと、亦必ずみち有らんと。徐子以ていしぐ。いしぶぜんとしてかんして曰く、之にめいぜり。〉