太陽の子

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
私は辻にビラを貼りつける。
文字は使命の火に燃え、
血汐は街上に落ちて渦を作る・・・
渦に私は一億一心の闘志を見る。
びらはいふ。
『卿等四千年の生気を飲みほし、
 血管のなかに、骨のなかに、
 大河の決する如く溢らせよ。』
ああ、誰かわれ等の大言壮語を云々するものぞ、
われ等は宣言の責任を避けない、
だがわれ等はくどい説明を知らない、
弁論はわれ等の所有でない、
われ等は言語の錬術を知らない、
ビラは再びいふ
『ああ、誰が人生再建の責任者だ。
 誰が国家の精神陶冶に対する責任者だ。』
出典:「辻詩集」日本文学報国会

この著作物は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。アメリカ合衆国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。