大祓詞 (内務省訓令中)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
他の版の作品については、大祓詞をご覧ください。

原文[編集]

大祓詞

ウコナハレルヒトドモモロモロキコシメセト

タカマノハラカムヅマリスメラムツカムカムミノミコトチテヤホヨロヅノカミタチカムツドヘニツドヘタマカムハカリニハカリタマヒテスメマノミコトトヨアシハラノミヅホノクニヤスクニタヒラケクシロシメセトコトヨサシマツリキヨサシマツリシクヌチアラカミタチヲバカムハシニトハシタマカムハラヒニハラヒタマヒテコトヒシイハネキネタチクサカキヲモコトメテアメイハクラハナアメヤヘグモイツチワキニチワキテアマクダヨサシマツリキヨサシマツリシヨモクニナカオホヤマトダカミノクニヤスクニサダメマツリテシタイハネミヤバシラフトシキタカマノハラチギタカリテスメマノミコトミヅアラカツカヘマツリテアメカゲカゲカクシテヤスクニタヒラケクシロシメサムクヌチナリデムアメマスヒトアヤマチヲカシケムクサグサツミゴトアマツミクニツミココダクツミデムデバアマミヤゴトチテアマカナギモトウチスヱウチチテクラオキクラオキラハシテアマスガソモトカリスヱカリリテヤハリトリキテアマノリトフトノリトゴトラバアマカミアメイハトオシヒラキテアメヤヘグモイツチワキニチワキテキコシメサムクニカミタカヤマスヱヒキヤマスヱノボリシテタカヤマイホリヒキヤマイホリカキケテキコシメサムキコシメシテバツミツミラジトシナカゼアメヤヘグモフキハナコトゴトアシタギリユフベギリアサカゼユフカゼフキハラコトゴトオホツベオホフネヘトキハナトモトキハナチテオホウナバラオシハナコトゴトヲチカタシゲモトヤキガマガマチテウチハラコトゴトノコツミラジトハラヘタマキヨメタマコトタカヤマスヱヒキヤマスヱヨリサクナダリオチタギハヤカハオリツヒメカミオホウナバラモチデナムモチデバアラシホシホヤホヂシホヂシホヤホアヒハヤアキツヒメカミモチカカノミテムカカノミテバブキブキヌシカミネノクニソコノクニブキハナチテムブキハナチテバネノクニソコノクニハヤサスラヒメカミモチサスラウシナヒテムサスラウシナヒテバケフヨリハジメテツミツミラジトケフユフヒクダチオホハラヘハラヘタマキヨメタマコトモロモロキコシメセト

カムヅカサオホカハヂモチマカデテハラヘレト

ひらがな・新漢字版[編集]

大祓詞

うこなはれるひとども もろもろきこしめせと

たかまのはらかむづまりす すめらむつかむ かむみのみことちて やほよろづかみたちかむつどへにつどへたまひ かむはかりにはかりたまひて すめみことは とよあしはらみづほくにを やすくにたひらけくしろしめせと ことよさしまつりき よさしまつりしくぬちに あらぶるかみたちをば かむはしにとはしたまひ かむはらひにはらひたまひて ことひしいはね きねたち くさかきをもことめて あめいはくらはなち あめやへぐもを いつちわきにちわきて あまくだよさしまつりき よさしまつりしよもくになかと おほやまとだかみのくにやすくにさだめまつりて したいはねみやばしらふとしきて たかまのはらちぎたかりて すめまのみことみづあらかつかへまつりて あめかげ かげかくして やすくにたひらけくしろしめさむくぬちなりでむあめますひとが あやまちをかしけむくさぐさつみごとは あまつみ くにつみ ここだくつみでむ でば あまみやごとちて あまかなぎもとうちり すゑうちちて くらおきくらおきらはして あますがそもとかりち すゑかりりて やはりとりきて あまのりとふとのりとごとれ らば あまかみあめいはとおしひらきて あめやへぐもいつちわきにちわきて きこしめさむ くにかみたかやますゑ ひきやますゑのぼりして たかやまいほり ひきやまいほりかきけてきこしめさむ きこしめしてば つみつみらじと しなかぜあめやへぐもふきはなことごとく あしたぎり ゆふべぎりを あさかぜ ゆふかぜふきはらことごとく おほつべおほふねを へときはなち ともときはなちて おほうなばらおしはなことごとく をちかたしげもとを やきがまがまちて うちはらことごとく のこつみらじと はらへたまきよめたまことを たかやますゑ ひきやますゑより さくなだりおちたぎつ はやかはおりつひめかみ おほうなばらもちでなむ もちなば あらしほしほやほぢしほぢしほやほあひはやあきつひめかみ もちかかのみてむ かかのみてば ぶきぶきぬしかみ ねのくに そこのくにぶきはなちてむ ぶきはなちてば ねのくに そこのくにはやさすらひめかみ もちさすらうしなひてむ さすらうしなひてば けふよりはじめてつみつみらじと けふゆふひくだちおほはらへに はらへたまきよめたまことを もろもろきこしめせと

かむづかさ おほかはぢもちまかでて はらへれと

この著作物は、日本国の旧著作権法第11条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 法律命令及官公文書
  2. 新聞紙又ハ雑誌ニ掲載シタル雑報及時事ヲ報道スル記事
  3. 公開セル裁判所、議会並政談集会ニ於テ為シタル演述

この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつ、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。