祓詞

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

原文(宣命書き)[編集]

介麻久母 伊邪那岐大神 筑紫日向 橘小戸阿波岐原 御禊祓比志 生世留祓戸大神等 諸禍事罪穢 有良牟乎婆 祓閉登 白聞食世登 恐美母

仮名混じり文[編集]

掛けまくも畏き 伊邪那岐大神 筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に 禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓戸の大神等 諸々の禍事・罪・穢 有らむをば 祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと 恐み恐みも白す

読み[編集]

かけまくもかしこき いざなぎのおほかみ つくしのひむかのたちばなのをどのあはぎはらに みそぎはらへたまひしときに なりませるはらへどのおほかみたち もろもろのまがごとつみけがれ あらむをば はらへたまひきよめたまへと まをすことをきこしめせと かしこみかしこみもまをす

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。