大塚徹・あき詩集/靴

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


[編集]

寂し
寂し
靴。
妻ははらめど、幾日帰らぬ鷗どり。
遠く母は病めど、かくて不肖の息子なり。

寂し
寂し
靴。
まろき丘ありき ほろほろとねむの花咲けど、
ああ、故郷の土、無頼わがついに眠る墓なら
 ず。

寂し
寂し
靴。
海杳ろかなれど なにをか想う。
船見えずなりて また なにをか歎く。

寂し
寂し
靴。
まこと寂し寂し靴。とつくにまひるむなしく
街ゆきて、街のはずれに波止場あり。

〈昭和九年、神戸詩人〉