大塚徹・あき詩集/遺書的な詩

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


遺書的な詩[編集]

―ニヒ・カンにおくる―[編集]

その夜も窓べにからっぽの一リンざしがころげ
 ており
机のまえに私はぽつねんと座っており
わたしのほかには誰もいない夜更けの部屋だっ
 た。

その夜も、秋は私の神経になんのかかわりがあっ
 たろう‼︎
ただもう、阿呆のように病人のようにとしより
 ように
朽窓には暗い影法師が揺れていたのだ。

その夜も、私は私の影法師をじっと見つめて
 いたのだったが
私はタンタンと秋雨のしづくを聴いていたの
 だが
私は誰であるかわからない幽婉な妻の面影を
 夢みていたのだが

こんな夜がいつかたしかにあったようだし
今夜ふたたびそれをくりかえしているのでは

 なかろうか?
そしていつかまたかならずやってきそうに思
 われるのだ。

私の親父から私にいのちの恐怖がつたわり
私から私の子供に血の伝統がながれ

ああ、人間は永遠に悲しいしぐさをくりかえ
 さねばならぬのか。

〈昭和六年、愛誦〉