大塚徹・あき詩集/蟬穴

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


蟬穴[編集]

蟬穴にはふかぶかと季節がねむっている。
滴る冷水をのみ、草根をかじって
蟬は今日もはてしない旅路に疲れた。

晴風。
蟬穴にころげこんだタンポポの綿毛を觸手に
地上に躍動する春の気流をかんじた。

たそがれ。
蟬は杳々と明るい蒼穹をむねに描いた。
メリンス友禪の発散する体臭を嗅いで
蟬は白い素足のお嬢さんに童貞をなげうった。

あゝ かくて春もすぎ眞夏もくれた。
烈日に幾多の蟬が生まれ
ここにルイルイと蟬殻を葬って
やがて墓場の冬がこわげに 寒げに
黒衣をまとって蟬穴をのぞくのだ

〈昭和六年、愛誦〉