大塚徹・あき詩集/秋は白霜の訣別

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


秋は白霜の訣別[編集]

今夜の闇はなんという昏迷のふかさだ。
なぜに俺はこう淋しくいらだたしいのだ。
ベルタミブ子よ! せめて
秋は憂愁の窓辺に淡々とリンを焚いてくんね
 いか。
すると水族館の海底の昆布に白い風が揺れて
おまえは嬉々と七宝の鱗光を放射する一匹の
 メスである。
悲しいことに、俺は呆うけて恋の明暗を彷徨
 する
ここでは貧しく盲目の、だが若く豪奢なオス
 ではある。

きよい情痴にうえた夜の街の男たちに、
ミブ子よ
水族館の窓を開放してもそっとを明るくし
 てくんねいか。
おまえのあやしい抱擁と吸血の接吻にぬれて
こうも情熱は狂奔する。この俺のために
お母アさんはどんなに悲しい瞳でけてゆく
 ことか
そして世の中のすべてのかしいひとたちは
このルンペンをどんなに嘲笑けり打囃するか

この夜ふけ、俺はみた――
おまえプロレタリヤのはげしい反逆と眞赤な
 闘志をみた。
奴等の憤怒の涙が火のように燃えあがった
 胸と胸との焔にふれた。
おまえの悲壮な決意が俺たちの仲間に加盟を
 誓った
その夜ふけ、だがいとしいミブ子よ! 俺は
 みた――
おまえの雄々しい烈火の瞳をよぎるものは
婉鬱な獄窓の花か! それとも冷徹なギロチン
 の結婚か!
ああ故郷の貧しい父母と幼い妹の映像がチロ
 ロ眉間にすすり泣いた。
俺はいましずかに思索することをおそれる。
おまえの恋が俺と数多い同志の剣を鈍らせは
 せぬかと――

ミブ子よ、ミブ子よ、放膽な胸の鉄火をしば
 らくしずめて
黙然とおまえは水族館の幸福の魚であれよ。
たとえ一時の昂憤がおまえの憤怒をろうと
 も、
生活の苦澁にもっともっとかたきしるまで
 は、
そのままでうら若く芳潤な恋の少女であれよ
肺を病んでぽつねんと窓辺に秋雨を聽くコス
 モスであれよ。

たとえこぞの太陽が燃えすれて西天に逃避
 しようとも
向日葵が終焉の一矢をはなって闇夜にくずれ
 ようとも
それがプロレタリヤの明日になんのかかわり
 があろう
ミブ子よ
秋は白霜の訣別――
あすへ あさって
俺は喇叭を吹いて闘争の黎明へ旅立とうぞ。

〈昭和七年、山陰詩脈〉