大塚徹・あき詩集/杏の木

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


杏の木[編集]

晃子よ。蒼苔の庭に、春は白き花匂う杏の樹
 がある。

晃子よ。じゅん、じゅんとつゆけむり、甘き
 木の実熟する杏の樹がある。

晃子よ。眞夏の太陽に灼かれて、っと燃え
 あがる杏の樹がある。

晃子よ。秋くればまず葉をそめつつましくも
 はだかにかえる杏の樹がある。

晃子よ。男二十五の冬はセキズイ病んで、た
 だもう、うつらうつらと杏の樹がある。

されど晃子よ。春めぐりくれば、ああまたも
 白き花匂う杏の樹がある。

〈昭和七年、文芸ヴァリエテ〉