大塚徹・あき詩集/破産

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


破産[編集]

いちまい
また、いちまい
壁土は剝がされてゆく。
 うずたかい
 壁土の山。

みつめているものの泪。
みて見ぬ振りするものの焦立ち。
 じっと耳をすますと
 ばらり ばらり
 壁土は落ちてゆく。

口笛鳴らすおれは空腹。
むせび泣くおっかあと妹。
あああ、この壁土の堆積。

 もがいても
 あせっても
どんなにしても落ちてゆくさだめ。
落ちてゆくべきところに堕ちてゆく。
他人事の悲劇

今はわが身にのしかかる壁土の堆積。

〈昭和五年、梔子〉