大塚徹・あき詩集/亡失の詩

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


亡失の詩[編集]

緋鯉は
ほとばしる噴水感情フキアゲをかんじて
眞夏の太陽にジャンプした。

さんさんと五色の虹を身にあびて、
緋鯉は輝やかに昇天した。
おかあさん。
いたつきの瞳は幾年月の春を死んでいたこと
 か。

絶えいるセキズイの痛みに、めざむる
泉のかたほとり。
ろんろんとひびいてくる搖籠ぶらんこの唄をきいた。

ほとばしる噴水の空に
てんてんとさんざめく金の鱗粉よ。
あゝ 失われし金の緋鯉よ。
いたずらに歳月のみながれて――。

〈昭和五年、愛誦〉