大塚徹・あき詩集/セキズイの雨

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


セキズイの雨[編集]

雨もりはたんたんと骨をならして
滴りやまぬ秋冷の雨

(死なば死ね)
ひゅうろひゅうろセキズイの笛ふけば
たちまちに 地獄の夜の幻想は垂れてくる。
釈迦もキリストも情痴に狂う瞳の説法。
童貞と処女を賭けた去年の恋はサヨナラ。

されば 裏町に蒼々と病歿する月あり。
今宵こそ 朽窓に毒の花くずれたり。
いまはもう まるで髪嗅き阿呆のように
たららんらんと二度目三度目の恋漁る。

幾度恋しようと たらん たららん たらら
 たん たん……
つのる本能なればそれもいたしかたなし。
ひゅうろひゅうろ幻想の笛をふいて踊りおど
 れば
これはまたなんと悲しきセキズイの雨。

〈昭和六年、愛誦〉