大塚徹・あき詩集/生活の門

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


生活の門[編集]

獲物なき 獵人のように
とぼとぼと帰る 家路の暗さよ。

私は門にちどまって
そっと内をうかがう。
 障子には明るい灯の影動き
 火鉢には熱い茶の湯ふきこぼれ
 卓上には一輪の花と一壺の酒が
 そして妻の優しい微笑みが今宵も
 私の元気な足音を待ち佗びているのだ。
私は自分の表札をじっと見上げる。
大塚徹よ。
 歳月の風雨に色褪せ
 貧困の風雪に削られながら
 一家の頭上に逞しく座して動かぬ
 私の名よ
徹よ!

さあ、明日から
私は自分の名を昂然と仰ぎ
足音強くひびかせて
朝夕の このほこり高き生活の門をくぐろう。

〈昭和十四年、日本詩壇〉