大塚徹・あき詩集/毀れた生活

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


毀れた生活[編集]

私は
毀れた 古時計を修理している。
今日もまた――

戸外に よるが堕ちて
雨は 虚しく 雪となる。
妻よ
じんじんと聞えてくるのは
まっしろな 人間の愛情の

降りつむ……
  降りつむ……
倫理のひびきだろうか

軒下に 絡る〈空間〉と
朽壁に しみつく〈時間〉の
寒々しい 観念の十字架よ。
たんねんに
ほぐしては
組立て
  組立てては またほぐし
  ……………………………

私は いったい
いつまでか
なおらぬこの古時計を
いじくってゆかなければならないのだろうか。

〈昭和十四年、日本詩壇〉