大塚徹・あき詩集/梅雨の窓

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


梅雨の窓[編集]

杏の実 せつなく 熟れて
六月の空 くらく ガスとなる。

いさかいしあとのむなしさ――

   ×     ×

しらじらしきは
ふるさとの伝統
うっとうしきは
にんげんの絆。

恍として熱あり われのみ怒る。

   ×     ×

ひとりの友は彈に斃れ

ひとりの友は獄に死す

梅雨の窓、セキズイの疼きに慟哭する。

   ×     ×

ああ、まぼろしの経はひとすじ――

病み呆け、霧ふりやまず ふりやまず。
生や 死や

あハハ そは 問わまほしく哀れにおかし。

〈昭和十五年、日本詩壇〉