大塚徹・あき詩集/あまだれ

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


あまだれ[編集]

たらん!
 たらん!
  たらん!
軒下を落ちる
あまだれ
私は聞いている。

   こどもたちは雨が降ると
  うつろな悲しい瞳をうるませて
 軒下のささやかな雨滴の穴に
ぬけた歯を埋める

風はつちくれをはこび
人々は繁くゆききするので
貧しい穴は幾度もこわされ
また幾度も
雨滴は穴をうがったが――

まっしろの歯が生え変わる
 夢を追いつつ
  幼き頃埋めた歯のゆくえ
 追いつつ

たらん!
 たらん!
  たらん!
私はいつまでも
雨滴の音をなつかしく聞いている

〈昭和四年、愛誦〉