夜々の星

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉櫛笥たまくしげ、ふたたび三度みたび思ふこと、思ふが儘に書きつけて、見すれど海女あまのかづきして、苅るてふ底のみるめにも、ふれぬをいたみ頼みにし、筆にさへだに恥かしの、軒のしのぶに消えやすき、露の身にもならもほし。ならまく星の光すら、絶えてあやなくなるまでも、八夜九夜やよここのよと思ひあかし、雲井をながめすべをなみ。袖のしづくにせき入るる、硯の海に玉や沈めん。


  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』下、武蔵野書院、1975年。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。