報告書「欧州復興と米国の援助」の公表に際するハリー・S・トルーマンの大統領声明

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

1947年11月8日[1]

本年6月、私は19名の優秀な民間人からなる委員会を設置し、諸外国向け経済援助に利用可能な国内資源の種類と量とに関する事実を調査させると共に、合衆国がこうした援助を安全かつ賢明に展開し得る限度について、委員会の見解を勧告させた。私は、商務長官[2]に委員長を務めるよう依頼した。同委員会の委員は、国内の実業界、金融界、労働界、農業界、教育研究機関などから集められた。

この数か月間、民間人からなる同委員会の委員は、この複雑な問題が孕む多くの側面、特に西欧に関する側面について、懸命に調査した。内務長官[3]管下の政府職員からなる委員会によって、彼らは対外援助計画を支える国内資源の適切性に関する分析を慎重に検証してきた。例えば、大規模援助計画の自国経済への影響に関する経済諮問委員会の分析であり、パリに集った16か国代表の報告であり、その他種々の情報源から入手可能なデータである。

只今、同委員会は報告書「欧州復興と米国の援助」を私に提出した。この報告の中では、欧州復興とそれに対する我が国の利害という問題に関する慎重な議論がなされている。即ち、関係各国に求められる条件、利用可能な必需品、効果的な援助計画の規模と同計画が要求を満足できる可能性、財政・行政上の問題、そして対外援助計画が我が国自身の経済に及ぼす影響である。更に同委員会の報告は、必要とされる個別の必需品、食料、原料、及び工業製品といった問題に関する詳細な議論を含んでいる。

各委員は己の仕事を成し遂げた。そこには党利党略もなければ、自国の最善の利益を超越した、世界の平和と幸福を守るために援助する以外の、何らの目的もなかった。他の多くの急務を後回しにしてまで、この困難な任務を短期間で仕上げてくれた各委員に、深く感謝する。委員会の報告は、有効な西欧援助計画を迅速に立案する上で、大いに役立つに違いない。私はこの報告を、議員諸君や行政府当局、そして我が国の幸福を案ずる全市民の、細心の注意に委ねたい。

脚注[編集]

  1. 声明の発表日。なお、報告書の日付は、「1947年11月7日」である。
  2. W・アヴェレル・ハリマン(任1946年-1948年)。
  3. ジュリアス・クルーグ(任1946年 - 1949年)。

底本[編集]

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この文書は、アメリカ合衆国においては、同国の著作権法に基づき、同国の連邦政府と雇用関係にある公務員がその職務上作成したアメリカ合衆国政府の著作物17 U. S. C. §105参考和訳))に該当するため、パブリックドメインの状態にあります。また、日本国においては、同国の著作権法13条に規定するもの(憲法その他の法令、通達、判決など)に該当するアメリカ合衆国政府の著作物のみに限り、パブリックドメインの状態にあると解されます。それ以外の国では、当該国の著作権法に基づいて、著作権の対象であるか否かが判断されます。


注意: これは、アメリカ合衆国政府の著作物についてのみ効力を有します。アメリカ合衆国の各、その他の地方自治体が作成した著作物に対しては適用できません。また、日本国著作権法13条に規定するものに該当しないアメリカ合衆国政府の著作物の場合、日本国内において著作権が発生しているものとして扱われることになると解されるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、日本国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。

この著作物は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。アメリカ合衆国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。