國譯法句經/上

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

こくやくほふきやう

しやうしやそんきしやしやうへんかくしやきみやう


さうさうほんだい

1 しよほふこころみちびかれ、こころべられ、こころつくらる、〔ひとけがれたるこころもつて、ものいおこなはば、それよりして、かれしたがふこと、しやりんの、これけるもののあとに〔したがふ〕がごとし。

2 しよほふこころみちびかれ、こころべられ、こころつくらる、〔ひときよこころもつて、ものいおこなはば、それよりして、らくかれしたがふこと、なほかげの〔かたちを〕はなれざるがごとし。

3 「〔かれわれののしれり、てり、やぶれり、わらへり」と、かかおもひいだけるものは、うらみくることなし。

4 「〔かれわれののしれり、てり、やぶれり、わらへり」と、かかおもひいだかざるものはうらみく。

5 おいうらみうらみもつてしてはつひくべからず、あいもつてぞくべき、これ(1)えいごふふえきほふなり。

6われらここ(2)ほろぶるものなり」と、(3)ぐしやこれさとらず、ひとこれさとれば、それよりしてあらそひむ。

7 (4)しやうじやうくわんいだきてぢゆうし、(5)しよこんせつすることなく、おんじきおいりやうべんぜず、たいだにして、しやうごんらざるものまわうかかひとうごかすこと、かぜよわを〔うごかす〕がごとし。

8 ふじやうくわんいだきてぢゆうし、しよこんせつし、おんじきおいりやうべんじ、しんじんあり、しやうごんなるもの、まわうかかひとうごかすことなき、かぜせきざんけるがごとし。

9 ひとにしてぼんなうなきものこそ、わうじきえぶくくべけれ、でうごなく、じつごなきもの、かれわうえふさはしからず。

10 すでもろもろ(6)て、かいあんぢゆうし、でうごありじつごあるもの、かれにこそわうえふさはしけれ。

11 (7)ひせいいて(7)せいおもひをなし、せいうへひせいを見るもの、これら(8)じやしきやうひとは、〔つゐに〕せいることあらじ。

12 せいせいとしてり、ひせいひせいとしてる、これら(8)しやうしきやうひとこそ、せいたつするをべきなれ。

13 わるきたるをくしやは、あめこれをかすが如く、しゆれんせざるこころあいよくこれをかす。

14 きたるをくしやは、あめこれをかすことなきがごとく、しゆれんしたるこころあいよくこれをかすことなし。

15 ここうれひ、きたうれひ、あくすものはりやうしようれふ、かれうれかれかなしむ、おのれけがれたるごふて。

16 ここよろこび、きたよろこび、ふくせるものはりやうしよよろこぶ、かれよろこかれよろこぶ、おのれきよごふて。

17 ここくるしみ、きたくるしみ、あくすものはりやうしよくるしむ、「われあくごふをかせり」とてくるしみ、あくしゆおちゐりてますますくるしむ。

18 ここよろこび、きたよろこび、ふくせるものはりやうしよよろこぶ、「われふくごふせり」とてよろこび、ぜんしゆうまれてますますよろこぶ。

19 (9)ぶつごどくじゆすることおほしといへども、はういつにしてこれおこなふことなくば、ぼくしやたにんうしかぞふるがごとく、(10)しやもんだうおいところなし。

20 ぶつごどくじゆすることすくなしといへども、しやうほふずゐほふぎやうしやたり、とんしんまたとをて、しやうちあり、こころよくげだつせるものは、ぢやくなくして、(11)しやもんだうたつすべし。

(1) 原語には「古」の意もあり、法句經註解書には「古の法、總ゆる佛、辟支佛、漏盡の聲聞の踏みたる道」と釋せり。 (2) Yamāmase 閻魔王の爲に服せらる、死に近く、死に行く、消え果つ等の意もあり、 (3) 原典にては「他」の字を用ひ、「智者を除きて他のもの」と釋す。 (4) 見聞し知覺する物體に對して莊美なり淸淨なり愛すべきものなり等の觀念を抱くを云ふ。 (5) 眼耳鼻舌身意の六根を制せず、此等諸根の門戶を護らざるを言ふ。 (6) 漏とは煩惱の謂なり。 (7) 「精」とは「精髓、中樞、要部」等の義なり、「非精」とは之に反して、緊要ならざる部分なり。 (8) 「邪思惟」又は「正思惟」を其の分別の「境界」、範圍とするの意なり。 (9) 原語には、有義、有利等の義あり、佛の說かれたる敎を言ふ。 (10) 「沙門道の分得者にあらず、」 (11) 涅槃に達するを言ふ。


しやうごんほんだい

21 しやうごんふしみちにして、はういつみちなり、しやうごんひとすることなく、はういつひとせるがごとし。

22 けんしやしやうごんおい〔の〕をさとり、しやうしやみちたのししやうごんよろこぶ。

23 ぜんしあり、にんたいあり、つねゆうけんなるけんしやむじやうあんのんねはんくわくしゆす。

24 かうじやうあり、おくねんあり、ごふきよく、〔ことを〕なすにこころもちひ、みづかせいし、みちによりてき、しやうごんするもの、〔かくごとひとの〕ほまれぞうちやうす。

25 かうじやうしやうごんじせいてうぶくとをもつて、ちしや(1)ばうるをかすことなきしうつくらんことを。

26 にしてなきともがらはういつふけり、あるひとしやうごんまもること、さいじやうちんぽうごとくす。

27 はういつふけることなかれ、よくらくあいぢやくに〔ふけること〕なかれ、これしやうごんにしてぜんしあるものはだいあんらくべければなり。

28 ちしやしやうごんもつはういつはらときかれこころうれひなく、ちゑろうかくのぼりて、うれひあるしゆじやうかいを〔ること〕、さんちやうてるけんしやの、ちじやうぐしやるがごとし。

29 はういつなかにありてしやうごんし、ねむれるひとなかにありてめたる、かくごとちしやくわいばどばつるがごとくにしてすすむ。

30 しやうごんによりてたいしやくしよてんしゆとなれり、しやうごんひとたたへられ、はういつつねいやしめらる。

31 しやうごんたのしみ、はういつおそるべきをさとれるびくは、ゆるごとくに、だいせう(2)てんけつを〔つくし〕去る。

32 しやうごんたのしみ、たいだおそるべきをさとれるびくは、たいだすることあたはずして、ねはんちかづく。

(1) 涅槃の境をいふ。 (2) 煩惱を云ふ、是れ煩惱は衆生の心を纏ひ結びて生死海に流轉せしむるが故なり。


しんほんだい

33 さわぎ、うごき、まもがたく、おさがたこころちしやこれむること、せんしやうを〔むるが〕ごとくす。

34 りくてられ、すゐちういへはなれたるうをごとく、こころさわぐ、(1)まわうくにのがいでんがために。

35 おさふることかたく、きやうさうにして、ずゐしよよくげんとする〔かくごとき〕こころするはなり、したるこころらくもたらす。

36 ることかたく、みめうにして、ずゐしよよくげんとするちしやよ、〔かくごときの〕こころまもれ、まもりあるこころらくもたらす。

37 とほき、ひとうごき、かたちなくして、むねひそめる、〔かかる〕こころせいするものはばくよりのがれん。

38 こころけんごならず、めうほふれうげせず、しんねんさだまらざるひとちゑじやうまんすることなし。

39 こころとんぜんなく、こころめいわくなく、ぜんあく〔のおもひ〕をて、さとりたるひとにはふゐあることなし。

40 すゐびやうたりとり、こころ(3)とじやうごとくにし、ちゑぶきもつたたかひ、たるものはこれまもり、ぢゆうしすることなかれ。

41 げにひさしからずしてせん、てられ、いしきうしなひ、むようはしごとくなりて。

42 ぞくぞくたいし、てきてきたいして、これをなし、かれをなす、じやろおちゐれるこころは、さらだいなるあくひとになす。

43 ははちちきんしんこれをなさず、しやうろてるこころさらおほいなるぜんひとになす。

(1) 生死海を云ふ。 (2) 堅く護るを云ふ。


けほんだい

44 だいちと、えんまかいと、にんでんかいとにつものはぞ、たれかれたるほふくを〔あつむること〕、げうしやはなあつむるかごとくなる。

45 (1)うがくひとだいちと、えんまかいと、このにんでんかいとにつ、うがくしやかれたるほふくを〔あつむること〕、げうしやはなあつむるかごとくす。

46 すゐはうたとふべきをり、かげろうしつなりとさとりて、てんまけせんやぶり、(2)しわうふと〔の〕にかんことを。

47 はなつまみて、しんあいぢやくせるひとをば、しわうとらへてること、ねむれるそんりを、ばうるただよはしるがごとし。

48 はなみて、しんあいぢやくし、しよよくくなきひとは、しわうこれふくす。

49 はちの、はなと、いろかとをそこなふことなく、あぢとらへてるが如く、おなじくちしやそんりゆぎやうせよ。

50 たにんじやきよくを〔ず〕、たにんさふさを〔おもはず〕、ただおのれふさとをよかし。

51 いとしく、いろはなの、にほひなきがごとく、かれたることばも、これおこなはざるものにはかうなし。

52 いとしく、いろはなの、しかもにほひあるがごとく、かれたることばは、これおこなふものにはかうあり。

53 はなつみよりして、しゆじゆけまんつくるがごとく、うまいでたるしゆじやうには、すべきぜんごふおほし。

54 けかうかぜさからうてかず、せんだんかうたがらかうまつりかかうも〔またしかり〕、ぜんにんにほひかぜさからひてき、りやうししよはうかぜおくる。

55 せんだんかうと、たがらかうと、うつぱらかうと、ばしきつかうと、これらしよかううちにて、かいかうこそはさいじやうなれ。

56 たがらかうせんだんかうごときは、かうりやうすくなし、かいとくしやかうしよてんうちにてにほふことだい一なり。

57 これらかいとくあり、しやうごんにしてぢゆうし、さとりて、げだつせるもののだうは、まわうこれうかがらず。

58 59 だいだうに棄てられたるちりづみうちそこじやうかうある、こころよきびやくれんしやうぜん、かくごとく、ぢんあいのうち、まうもくなるぼんぷのうちに、しやうへんかくしやでしは、ちゑもつひかまさる。

(1) 四向四果の中、最後の一果阿羅漢果を除き、前の四向三果の人を有學の人と云ふ、やがて阿羅漢となる人なり。 (2) 阿羅漢果を云ふ、是れ阿羅漢果を得れば、死王卽ち魔王を見ることなきが故なり。


あんぐほんだい

60 めざめたるものには、よるながく、つかれたるものには(1)ゆじゆんとほく、しやうほふらざる、ぐしやりんね


ひさしし。

61 りよしやおのれまさり、〔おのれと〕ひとしき〔とも〕を得ずんば、必ずたんぎやうせよ、ぐしやともたるものはあらず。

62われあり、われたからあり」とて、ぐしやくるしむ、おのれおのれのものにあらず、いはんをや、いはんざいをや。

63 ぐしやの〔みづから〕なりとおもへる、かれこれによりてけんしやたり、ぐしやけんしやおもひせる、かれこそはぐしやはるれ。

64 ぐしやしやうふるまで、けんしやぶじすとも、ほふらざること、しよくしかうみを〔べんぜざる〕がごとし。

65 けんしやは、たとへじゆんじも、けんしやぶじせば、はやほふること、したかうみを〔べんずる〕がごとし。

66 むちなるぐしやおのれおのれてきなるがごとふるまふ、くくわを〔しやうずべき〕ざいごふおこなうて。

67 おこなうてのちひ、るゐがんていこくして、くわはうくべきごふは、されたるにあらず。

68 おこなうてのちくいなく、くわんぎえつよして、くわはうくべきごふは、されたるなり。

69 ざいごふいまじゆくせざるあひだは、ぐしやこれみつごとしとおもひ、ざいごふじゆくするや、ぐしやときくなうく。

70 (2)〔なるぎやうじやは、つきつきに、かやはしにてしよくるとも、かかひとぜんぼふぎやうじやの十六ぶんの一にもあたひせず。

71 をかしたるざいごふは、こけつせざることあたらしきちちごとく、〔しかも〕はひおほはれたるごとく、いぶりつつ、ぐしやつゐずゐす。

72 ぐしやちゑおこること、ふりためなるうちは、これぐしやかううんそんし、かうべくだく。

73ぐしや〕はにせみやうもんねがひ、しよびくなかにてじやうゐらんと〔のぞみ〕、いへにありてはしゆとなり、たぞくあひだにはくやうを〔んとのぞむ〕。

74ざいけしゆつけともに、われこれせりとおもへかし、すべすべきことすべからざることいて、みなめいけよかし」、これぐしやこころにしてよくまんとは〔ために〕ぞうちやうす。

75 一はりやうみちびくものにして、一はねはんくものなり、ぶつでしたるびくは、さとりてくぎやうよろこばず、をんりのためにしゆじふせよ。

(1) 由旬とは里程の名、四哩より十八哩に至り、諸說一定せず。 (2) 一筒月每に、茅草の端にかゝるほど少量の食を取るとも、其の功德は善く法を行ふ人の功德の十六分の一にも當らず。


けんてつほんだい

76の〕とがし、しつむるちしやかかけんしやば、〔たからの〕ざいしよぐるひとごとくにつかへよ、かかひとつかふるものにはありて、あることなし。

77 いましめよ、をしへよ、ふさうおうことよりとほざからしめよ、かれぜんにんにはあいせられ、あくにんにはにくまれん。

78 あくいうまじはるなかれ、ひれつともがらまじはるなかれ、ぜんいうまじはり、そんきまじはれ。

79 ほふよろこぶものはみたるこころもつこころよす、けんしやつねしやうじやけるほふたのしむ。

80 きよこうみづみちびき、せんしやうむ、もくこうざいげ、けんしやおのれととのふ。

81くわいばんじやくの、かぜうごかされざるがごとく、けんしやきししようよとにうごかさるることなし。

82 そこふかちすゐの、みて、にごりなきがごとく、けんしやほふきてこころましむ。

83 ぜんにんは一さいしよに〔よくを〕て、りやうし(1)よくもとむるがためかたらず、らくれ、はたまたに〔れても〕、けんしや(2)かはれるさうあらはすことなし。

84 ためにもためにも〔あくおこなはず〕、をもたからをもくにをも、これもとむることなく、ひだうによりて、おのれりたつを求むることなし、これぞとくしやちしやぎしやなる。

85 にんげんなかにて、(3)ひがんいたるものはすくなく、のものはがんぺんにありてほんちす。

86 かれたるほふずいじゆんするともがらは、がたくにを〔えて〕きしいたらん。

87 88 けんしやこくほふてて、びやくほふ〕をしゆすべし、いへより〔はなれて〕、いへなきとなり、らくえがたをんりところおいて、ここけんしやしよよくてて、がうなきなり、めうらくもとめ、もろもろしんゑより、おのれきよくすべし。

89 (4)しやうがくぶんおいて、こころしゆじゆし、しふすることなくして、ぢやくすてつるをたのしむ、くわうきある(5)ろじんしやは、じゃうをんたるなり。

(1) 諸欲を求め、諸欲の爲に閑語を交ふることなし。 (2) 浮みたる顏、沈みたる顏をなすことなし。 (3) 彼岸とは涅槃を云ひ、此岸とは生死を云ふ。次偈の彼岸の意も同じ。 (4) 所謂七菩提分法なり。 (5) 漏盡者とは煩惱を盡したる人の意にて阿羅漢を云ふ。


あらかんぼんだい

90 みちへ、一さいしよりうとくだつせるもの、あらゆるてんけつだんじたるものにはしゆなうあることなし。

91しやうねんある人はしやうごんし、かれらわうけとんらくすることなし、〔がわう〕のちせうつるがごとく、かれらまたおのおのいへつ。

92ざいもつ〕をちくしやくすることなく、ちかくしてじきけ、ぎやうしよくうにして、さうなく、しかしてげだつあり、そらとりの〔みちの〕ごとく、かかひとみちはかることはかたし。

93 ぼんなうことごとき、じきおいぢやくあることなし、ぎやうしよくうにして、さうなく、しかしてげだつあり、そらとりの〔あとの〕ごとく、かかひとあとはかることはかたし。

94 しよこんじやくじやうせること、ごしらされたるうまごとく、まんて、ぼんなうつくしたる、かかひとしよてんうらやところなり。

95 いからざることだいぢひとしく、よくきんかいまもりてもんいきたとふべく、でいどなきいけみずごとし、かかひとにはりんねあるなし。

96 こころじやくじやうなり、ことばごふまたじやくじやうなり、さとりてげだつあんそくたるひとの。

97 まうしんなく、むゐ〔のほふ〕をさとり、ばくやぶれるひとごふえんち、よくてたる、これぞまことじやうじやうひとなる。

98 じゆらくにても、しんりんにても、うみにても、をかにても、しやうじやどどまるところそこたのしき〔ところなる〕。

99 しんごたのしむべし、しゆじんたのしまざるところりとんひとこれたのしむ、かれらしよよくもとめざるなり。


せんせんほんだい

100 いぎなきもんくことばは、〔すう〕一千なりとも、ひといてじやくべきうぎの一これよりまさる。

101 いぎなきもんくは、〔すう〕一千なりとも、ひといてじやくべき一げくこれよりまさる。

102 いぎなきもんく一百〔しやう〕をじゆせんよりは、ひといてじやくべき一ほつく〔をじゆする〕ぞまされる。

103 せんじやうおいせんせんてきつものよりは、ひとおのれつもの、かれこそさいじやうせんしようしやなれ。

104 105 おのれてるは、すべひとびとてるにまさる、てんけんだつばも、まわうも、ならびぼんてんも、つねおのれみづかせいするひとしようりてんじて、はいまうとなすことあたはず。

106 ひとつきつきに、せんきんを〔てて〕、いけにへきようすること百ねんしかしてまたじんおのれおさめたるものをくやうすることしばしならば、くやうこそ、の百ねんぼんしまさりたれ。

107 ひとりんかんにありて、くわじんぶじすること百ねんしかしていちにんおさめたるものをくやうすることしばしならば、くやうこそ、の百ねんぼんしまさりたれ。

108 くぎや、ぼんしや、ふくはうのぞめるもの、しゆさいこれおこなふとも、すべの〔くどくぢきぎやうひときやうらいするの四ぶんの一にだもあたらず。

109 きやうらいもつならひとなし、つねじやうゐそんぢゆうせるひとには、四しゆほふぞうちやうじゆしきらくりきと。

110 ひとくること百ねんならんとも、をかいにしてぢやうなくんば、かいし、ぜんしあるものの、一にちくるにかず。

111 ひとくること百ねんならんとも、れつゑにしてぢやうなくんば、し、ぜんしあるものの、一にちくるにかず。

112 ひとくること百ねんならんとも、たいだにしてしやうごんらずんば、かたしやうごんあるものの、一にちくるにかず。

113 ひとくること百ねんならんとも、(1)きめつずんばきめつひとの一にちくるにかず。

114 ひとくること百ねんならんとも、ふめつみちずんば、ふめつみちひとの一にちくるにかず。

115 ひとくること百ねんならんとも、むじやうほふずんば、むじやうほふる人の一にちくるにかず。

(1) 事物の生起滅盡、卽ち生滅を云ふ。


あくごふほんだい

116 ぜんごふにはいそぎておもむき、あくごふよりはこころふせげ、ふくごふをなすにものうきものは、こころあくごふたのしむ。

117 ひとたとひあくごふすとも、さいさいこれすなかれ、さあくよくおこさざれ、あくむはなり。

118 ひとぜんごふさば、さいさいこれせ、さぜんよくおこせ、ぜんむはらくなり。

119 あくにんも、あくいまじゆくせざるあひだは、ふくる、あくじゆくするにいたるや、あくにんくわる。

120 ぜんにんも、ぜんいまじゆくせざるあひだは、くわる、ぜんじゆくするにいたるや、ぜんにんふくる。

121あくわれちかづくことかるべし」とて、これけいしすることなかれ、てきてきみづちて、すゐびやうつるがごとく、ぐしやせうせうづつあくみて、あくつるにいたる。

122ぜんわれちかづくことかるべし」とて、これけいしすることなかれ、てきてきみづちて、すゐびやうつるがごとく、けんしやせうせうづつぜんみて、ぜんつるにいたる。

123 くわざいおほく、じゆうばんすくなしやうこあやふみちを〔け〕、じゆのぞむものの、どくぶつを〔くる〕がごとく、あくけよ。

124 さうしやうなくば、もつどくをもることをどくさうしやうなきものにはともなはず。さざるものにはあくなし。

125 ひとがいしんなきひとしやうじやうにしてしふぢやくなきひとさからはば、わざはひぐしやかへること、ぎやくふうとうじたるさいぢんごとし。

126 あるひじんたいやどるあり、つみあるものはぢごくつ、ぜんぎやうひとてんうまれ、ぼんなうなきひとねはんいたる。

127 そらにありても、うみなかにありても、さんかんくつりても、ざいごふよりのがるべき、はうしよとてはあるなし。

128 そらにありても、うみなかにありても、さんかんくつりても、たざるはうしよとてはあるなし。


たうぢやうほんだい

129 すべて〔うじやう〕はたうぢやうおそれ、すべおそる、おのれたとへとして、〔を〕こぼつことなかれ、そこなふことなかれ。

130 すべて〔うじやう〕はたうぢやうおそれ、しやうすべてのもののあいする所、おのれたとへとして〔を〕こぼつことなかれ、そこなふことなかれ。

131 らくもとむるうじやうを、たうぢやうもつそこなふものは、おのれらくもとめても、ごせこれることなけん。

132 らくもとむるうじやうを、たうぢやうもつそこなはざるものは、おのれらくもとめて、ごせこれん。

133 なんびとにもそごもちふることなかれ、けては〔かれまたなんぢかへさん、ふんぬことばなり、へんぢやうなんぢ〔の〕にれん。

134 なんぢもくしてかたらざること、やぶれたるかねごとくならば、これねはんたつせるなり、なんぢふんぬある なし。

135 ぼくごしつゑもつて〔せいし〕、うしぼくぢやうるがごとく、ひとしくらうとはうじやうじゆみやうる。

136 ぐしやざいごふをかしてさとらず、むちともがらおのれごふなやまさるること、かるるがごとし。

137 ばういなくがいしんなきもののうちにありて、ばうくはふるものは、く十しよちうの一におちいる。

138 こくつうそんしつぎやうたいきしやうぢゆうしやうひ、しんさんらんいたる。

139 わうくわひ、きびしきふこくかうむり、しんぞくほろび、かざいさうまうす。

140 あるひまたいへくことあり、ぎやうたいやぶれてのちむちなるかれ(1)ないりおちいる。

141 らぎやうも、けつまんも、どろも、だんじきも、ろぢぐわぢんくることも、ふどうざも、みりわくうじやうきようすることなし。

142 ごんじきせりとも、びやうどうおこなひ、じやくじやうてうじゆんじせいあり、ぼんぎやうおこなひ、一さいしやうるゐたいして(2)がいいいだかずば、かればらもんかれしやもんかれびくなり。

143 ざんちによりてせいせられて、〔の〕ひなんとせざること、りやうばむちを〔とせざる〕がごとくなるもの、〔かくごときもの〕たれにありや。

144 むちにてたれたるりやうばごとく、なんぢらまたせんしんえいいなれ、しんじんぢかいしやうごんぜんぢやうしやうけつだんによりて、なんぢらみやうぎやうとをし、しやうねんいうし、おほいなるくなうたん。

145 (3)きよこうみづみちびき、せんしやうむ、もくこうざいげ、けんしやおのれととのふ。

(1) 地獄を云ふ。 (2) 原意は刀杖を措く。 (3) 第八〇偈に同じ。


らうすゐほんだい十一

146は〕つねに〔よくくわに〕かるるに、なんわらひぞ、何のくわんぎぞ、〔なんぢらは〕こくあんおほはるるに、なにゆゑに〔くわもとめざる。

147 かざれる〔の〕ぎやうたいよ、がうゑしてれるふゑぶつくわいしゆびやうえうし、しゆじゆしきりやうし、けんじつなく、あんぢゆうなきなり。

148 ぎやうしきらうきうし、しゆびやうせいしよたり、やぶるべきものなり、しうゑそんすべく、みやうをはる。

149 あきてられたるころごとき、これらくわいびやくこつぎやうて、なんきらくぞ。

150 こつぎやうとして、にくとにまびれり、ここらうと、と、まんと、ふくとをかくす。

151 かざりたるわうしやふるび、しんたいらういたる、けんじんほふゆることなし、けんじんは、けんじんほふつたふるなり。

152 くわうもんひととくごごとゆ、かれにくしんせども、かれちゑくははるることなし。

153 154 (1)をくしやかうじんもとめて、これいださず、たしやうりんねかいほんちして、うたしやうじたり。

をくかうなんぢいままみいださる、ふたたいへを構ふることあらじ、なんぢかくざいすべやぶられ、とうりやうこぼたる、めついたれるこころしよあいめつじんたつせり。

155 さうじぼんぎやうしゆせず、ざいはうずして、うをまざるいけなかなるらうこうごとくにほろぶ。

156 さうじぼんぎやうしゆせず、ざいはうずして、ちたるゆみごとく、かこかこちてせり。

(1) 渴愛を指す、是れ渴愛は生死輪廻の因なるが故なり、此の一五三、一五四の兩偈は佛大覺の後、初めて唱へられしものなりと傅ふ。


じこほんだい十二

157 おのれあいすべしとらば、これほごせよ、〔じんせい〕三の一において、けんしやよろしくせいごすべきなり。

158 おのれただしきくらゐて、しかしてをしへなば、けんしやらうするところあらじ。

159 おのれしよすること、をしふるがごとくならば、おのれせいして、せいするをん、そはおのれせいがたきがゆゑなり。

160 おのれこそおのれえしよなれ、なにものえしよたるあらん、おのれせいするときは、えがたえしよべし。

161 みつかつくりたるざいごふは、おのれしやうじ、おのれいでたるもの、ぐじんそこなふこと、こんがうせきまにを〔る〕がごとし。

162 をかいはなはだしきひとしよして、てきしやのぞむがごとくすること、まんさうおほへるじゆけるがごとし。

163 ふぜんにして、おのれふりなることやすく、ことありてぜんなる、きはめてがたし。

164 おうぐしやしやうじやみちによりてくるひとをしへを、じやあくけんりてそしひとは、(1)ゐさうくわの、おのれほろぼすためにみのるがごとし。

165 みづかあくせばみづかけがれ、みづかあくさざればみづかきよし、じやうふじやうともおのれにあり、みづかきよくすることあたはず。

166 たにんつとめだいなりとも、ためおのれつとめわするることなかれ、おのれつとめべんしてのちおのれつとめせんしんなるべし。

(1) 葦は花を著け實を結べば自ら死するなり。


せけんほんだい十三

167 いやしほふほうぜざれ、はういつともまざれ、じやけんしたがはざれ、せじぞうちやうせしめざれ。

168 て、はういつなるなかれ、ぜんぎやうほふしゆせよ、ずゐほふぎやうひとたのしす、こんせにもらいせにも。

169 ぜんぎやうほふしゆして、あくぎやう〔のほふ〕をしゆせざれ、ずゐほふぎやうひとたのしす、こんせにもらいせにも。

170 はうまつごとくによ、かげろうごとくによ、かくごとせかいるものは、しわうこれることあたはず。

171 かざりありて、わうしやたるせかいきたよ、ぐしやこれまよへども、ちしやこれぢやくすることなし。

172 さきおこたりて、のちおこたらざるもの、かれせかいてらすこと、くもはなれたるつきごとし。

173 ひとしたるあくごふのちぜんめにおほはるれば、ひとてらすこと、くもはなれたるつきごとし。

174 せかいは、あんこくにして、くわんさつ〔のりき〕あるものは、すくなし、あみはなれたるとりごとくに、てんのぼるものはすくなし。

175 こうがんみちき、じんりきあるものはそらく、けんしやは、まわうけんぞくとをあはやぶりて、りだつするなり。

176 ゆゐ一のほふえ、まうごひとらいせとうかんおもへるものは、つみとしてをかさざるなし。

177 じねんなきともがらてんかいらず、ぐにんせよしようやうすることなし、けんしやせよずゐきし、これによりてかれらいせおいあんらくなり。

178 せかいを一わうこくどとなし、あるひてんかいおもむき、あらゆるせかいしゆとなる、よるくわいづれにもまさる。