國譯法句經

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
他の版の作品については、法句経をご覧ください。

こくやくほふきやう

しやうしやそんきしやしやうへんかくしやきみやう


さうさうほんだい

1 しよほふこころみちびかれ、こころべられ、こころつくらる、〔ひとけがれたるこころもつて、ものいおこなはば、それよりして、かれしたがふこと、しやりんの、これけるもののあとに〔したがふ〕がごとし。

2 しよほふこころみちびかれ、こころべられ、こころつくらる、〔ひときよこころもつて、ものいおこなはば、それよりして、らくかれしたがふこと、なほかげの〔かたちを〕はなれざるがごとし。

3 「〔かれわれののしれり、てり、やぶれり、わらへり」と、かかおもひいだけるものは、うらみくることなし。

4 「〔かれわれののしれり、てり、やぶれり、わらへり」と、かかおもひいだかざるものはうらみく。

5 おいうらみうらみもつてしてはつひくべからず、あいもつてぞくべき、これ(1)えいごふふえきほふなり。

6われらここ(2)ほろぶるものなり」と、(3)ぐしやこれさとらず、ひとこれさとれば、それよりしてあらそひむ。

7 (4)しやうじやうくわんいだきてぢゆうし、(5)しよこんせつすることなく、おんじきおいりやうべんぜず、たいだにして、しやうごんらざるものまわうかかひとうごかすこと、かぜよわを〔うごかす〕がごとし。

8 ふじやうくわんいだきてぢゆうし、しよこんせつし、おんじきおいりやうべんじ、しんじんあり、しやうごんなるもの、まわうかかひとうごかすことなき、かぜせきざんけるがごとし。

9 ひとにしてぼんなうなきものこそ、わうじきえぶくくベけれ、でうごなく、じつごなきもの、かれわうえふさはしからず。

10 すでもろもろ(6)て、かいあんぢゆうし、でうごありじつごあるもの、かれにこそわうえふさはしけれ。

11 (7)ひせいいて(7)せいおもひをなし、せいうへひせいを見るもの、これら(8)じやしきやうひとは、〔つゐに〕せいることあらじ。

12 せいせいとしてり、ひせいひせいとしてる、これら(8)しやうしきやうひとこそ、せいたつするをべきなれ。

13 わるきたるをくしやは、あめこれをかすが如く、しゆれんせざるこころあいよくこれをかす。

14 きたるをくしやは、あめこれをかすことなきがごとく、しゆれんしたるこころあいよくこれをかすことなし。

15 ここうれひ、きたうれひ、あくすものはりやうしようれふ、かれうれかれかなしむ、おのれけがれたるごふて。

16 ここよろこび、きたよろこび、ふくせるものはりやうしよよろこぶ、かれよろこかれよろこぶ、おのれきよごふて。

17 ここくるしみ、きたくるしみ、あくすものはりやうしよくるしむ、「われあくごふをかせり」とてくるしみ、あくしゆおちゐりてますますくるしむ。

18 ここよろこび、きたよろこび、ふくせるものはりやうしよよろこぶ、「われふくごふせり」とてよろこび、ぜんしゆうまれてますますよろこぶ。

19 (9)ぶつごどくじゆすることおほしといへども、はういつにしてこれおこなふことなくば、ぼくしやたにんうしかぞふるがごとく、(10)しやもんだうおいところなし。

20 ぶつごどくじゆすることすくなしといへども、しやうほふずゐほふぎやうしやたり、とんしんまたとをて、しやうちあり、こころよくげだつせるものは、ぢやくなくして、(11)しやもんだうたつすべし。

(1) 原語には「古」の意もあり、法句經註解書には「古の法、總ゆる佛、辟支佛、漏盡の聲聞の踏みたる道」と釋せり。 (2) Yamāmase 閻魔王の爲に服せらる、死に近く、死に行く、消え果つ等の意もあり、 (3) 原典にては「他」の字を用ひ、「智者を除きて他のもの」と釋す。 (4) 見聞し知覺する物體に對して莊美なり淸淨なり愛すべきものなり等の觀念を抱くを云ふ。 (5) 眼耳鼻舌身意の六根を制せず、此等諸根の門戶を護らざるを言ふ。 (6) 漏とは煩惱の謂なり。 (7) 「精」とは「精髓、中樞、要部」等の義なり、「非精」とは之に反して、緊要ならざる部分なり。 (8) 「邪思惟」又は「正思惟」を其の分別の「境界」、範圍とするの意なり。 (9) 原語には、有義、有利等の義あり、佛の說かれたる敎を言ふ。 (10) 「沙門道の分得者にあらず、」 (11) 涅槃に達するを言ふ。


しやうごんほんだい

21 しやうごんふしみちにして、はういつみちなり、しやうごんひとすることなく、はういつひとせるがごとし。

22 けんしやしやうごんおい〔の〕をさとり、しやうしやみちたのししやうごんよろこぶ。

23 ぜんしあり、にんたいあり、つねゆうけんなるけんしやむじやうあんのんねはんくわくしゆす。

24 かうじやうあり、おくねんあり、ごふきよく、〔ことを〕なすにこころもちひ、みづかせいし、みちによりてき、しやうごんするもの、〔かくごとひとの〕ほまれぞうちやうす。

25 かうじやうしやうごんじせいてうぶくとをもつて、ちしや(1)ばうるをかすことなきしうつくらんことを。

26 にしてなきともがらはういつふけり、あるひとしやうごんまもること、さいじやうちんぽうごとくす。

27 はういつふけることなかれ、よくらくあいぢやくに〔ふけること〕なかれ、これしやうごんにしてぜんしあるものはだいあんらくべければなり。

28 ちしやしやうごんもつはういつはらときかれこころうれひなく、ちゑろうかくのぼりて、うれひあるしゆじやうかいを〔ること〕、さんちやうてるけんしやの、ちじやうぐしやるがごとし。

29 はういつなかにありてしやうごんし、ねむれるひとなかにありてめたる、かくごとちしやくわいばどばつるがごとくにしてすすむ。

30 しやうごんによりてたいしやくしよてんしゆとなれり、しやうごんひとたたへられ、はういつつねいやしめらる。

31 しやうごんたのしみ、はういつおそるべきをさとれるびくは、ゆるごとくに、だいせう(2)てんけつを〔つくし〕去る。

32 しやうごんたのしみ、たいだおそるべきをさとれるびくは、たいだすることあたはずして、ねはんちかづく。

(1) 涅槃の境をいふ。 (2) 煩惱を云ふ、是れ煩惱は衆生の心を纏ひ結びて生死海に流轉せしむるが故なり。


しんほんだい

33 さわぎ、うごき、まもがたく、おさがたこころちしやこれむること、せんしやうを〔むるが〕ごとくす。

34 りくてられ、すゐちういへはなれたるうをごとく、こころさわぐ、(1)まわうくにのがいでんがために。

35 おさふることかたく、きやうさうにして、ずゐしよよくげんとする〔かくごとき〕こころするはなり、したるこころらくもたらす。

36 ることかたく、みめうにして、ずゐしよよくげんとするちしやよ、〔かくごときの〕こころまもれ、まもりあるこころらくもたらす。

37 とほき、ひとうごき、かたちなくして、むねひそめる、〔かかる〕こころせいするものはばくよりのがれん。

38 こころけんごならず、めうほふれうげせず、しんねんさだまらざるひとちゑじやうまんすることなし。

39 こころとんぜんなく、こころめいわくなく、ぜんあく〔のおもひ〕をて、さとりたるひとにはふゐあることなし。

40 すゐびやうたりとり、こころ(3)とじやうごとくにし、ちゑぶきもつたたかひ、たるものはこれまもり、ぢゆうしすることなかれ。

41 げにひさしからずしてせん、てられ、いしきうしなひ、むようはしごとくなりて。

42 ぞくぞくたいし、てきてきたいして、これをなし、かれをなす、じやろおちゐれるこころは、さらだいなるあくひとになす。

43 ははちちきんしんこれをなさず、しやうろてるこころさらおほいなるぜんひとになす。

(1) 生死海を云ふ。 (2) 堅く護るを云ふ。


けほんだい

44 だいちと、えんまかいと、にんでんかいとにつものはぞ、たれかれたるほふくを〔あつむること〕、げうしやはなあつむるかごとくなる。

45 (1)うがくひとだいちと、えんまかいと、このにんでんかいとにつ、うがくしやかれたるほふくを〔あつむること〕、げうしやはなあつむるかごとくす。

46 すゐはうたとふべきをり、かげろうしつなりとさとりて、てんまけせんやぶり、(2)しわうふと〔の〕にかんことを。

47 はなつまみて、しんあいぢやくせるひとをば、しわうとらへてること、ねむれるそんりを、ばうるただよはしるがごとし。

48 はなみて、しんあいぢやくし、しよよくくなきひとは、しわうこれふくす。

49 はちの、はなと、いろかとをそこなふことなく、あぢとらへてるが如く、おなじくちしやそんりゆぎやうせよ。

50 たにんじやきよくを〔ず〕、たにんさふさを〔おもはず〕、ただおのれふさとをよかし。

51 いとしく、いろはなの、にほひなきがごとく、かれたることばも、これおこなはざるものにはかうなし。

52 いとしく、いろはなの、しかもにほひあるがごとく、かれたることばは、これおこなふものにはかうあり。

53 はなつみよりして、しゆじゆけまんつくるがごとく、うまいでたるしゆじやうには、すべきぜんごふおほし。

54 けかうかぜさからうてかず、せんだんかうたがらかうまつりかかうも〔またしかり〕、ぜんにんにほひかぜさからひてき、りやうししよはうかぜおくる。

55 せんだんかうと、たがらかうと、うつぱらかうと、ばしきつかうと、これらしよかううちにて、かいかうこそはさいじやうなれ。

56 たがらかうせんだんかうごときは、かうりやうすくなし、かいとくしやかうしよてんうちにてにほふことだい一なり。

57 これらかいとくあり、しやうごんにしてぢゆうし、さとりて、げだつせるもののだうは、まわうこれうかがらず。

58 59 だいだうに棄てられたるちりづみうちそこじやうかうある、こころよきびやくれんしやうぜん、かくごとく、ぢんあいのうち、まうもくなるぼんぷのうちに、しやうへんかくしやでしは、ちゑもつひかまさる。

(1) 四向四果の中、最後の一果阿羅漢果を除き、前の四向三果の人を有學の人と云ふ、やがて阿羅漢となる人なり。 (2) 阿羅漢果を云ふ、是れ阿羅漢果を得れば、死王卽ち魔王を見ることなきが故なり。


あんぐほんだい

60 めざめたるものには、よるながく、つかれたるものには(1)ゆじゆんとほく、しやうほふらざる、ぐしやりんね


ひさしし。

61 りよしやおのれまさり、〔おのれと〕ひとしき〔とも〕を得ずんば、必ずたんぎやうせよ、ぐしやともたるものはあらず。

62われあり、われたからあり」とて、ぐしやくるしむ、おのれおのれのものにあらず、いはんをや、いはんざいをや。

63 ぐしやの〔みづから〕なりとおもへる、かれこれによりてけんしやたり、ぐしやけんしやおもひせる、かれこそはぐしやはるれ。

64 ぐしやしやうふるまで、けんしやぶじすとも、ほふらざること、しよくしかうみを〔べんぜざる〕がごとし。

65 けんしやは、たとへじゆんじも、けんしやぶじせば、はやほふること、したかうみを〔べんずる〕がごとし。

66 むちなるぐしやおのれおのれてきなるがごとふるまふ、くくわを〔しやうずべき〕ざいごふおこなうて。

67 おこなうてのちひ、るゐがんていこくして、くわはうくべきごふは、されたるにあらず。

68 おこなうてのちくいなく、くわんぎえつよして、くわはうくべきごふは、されたるなり。

69 ざいごふいまじゆくせざるあひだは、ぐしやこれみつごとしとおもひ、ざいごふじゆくするや、ぐしやときくなうく。

70 (2)〔なるぎやうじやは、つきつきに、かやはしにてしよくるとも、かかひとぜんぼふぎやうじやの十六ぶんの一にもあたひせず。

71 をかしたるざいごふは、こけつせざることあたらしきちちごとく、〔しかも〕はひおほはれたるごとく、いぶりつつ、ぐしやつゐずゐす。

72 ぐしやちゑおこること、ふりためなるうちは、これぐしやかううんそんし、かうべくだく。

73ぐしや〕はにせみやうもんねがひ、しよびくなかにてじやうゐらんと〔のぞみ〕、いへにありてはしゆとなり、たぞくあひだにはくやうを〔んとのぞむ〕。

74ざいけしゆつけともに、われこれせりとおもへかし、すべすべきことすべからざることいて、みなめいけよかし」、これぐしやこころにしてよくまんとは〔ために〕ぞうちやうす。

75 一はりやうみちびくものにして、一はねはんくものなり、ぶつでしたるびくは、さとりてくぎやうよろこばず、をんりのためにしゆじふせよ。

(1) 由旬とは里程の名、四哩より十八哩に至り、諸說一定せず。 (2) 一筒月每に、茅草の端にかゝるほど少量の食を取るとも、其の功德は善く法を行ふ人の功德の十六分の一にも當らず。


けんてつほんだい

76の〕とがし、しつむるちしやかかけんしやば、〔たからの〕ざいしよぐるひとごとくにつかへよ、かかひとつかふるものにはありて、あることなし。

77 いましめよ、をしへよ、ふさうおうことよりとほざからしめよ、かれぜんにんにはあいせられ、あくにんにはにくまれん。

78 あくいうまじはるなかれ、ひれつともがらまじはるなかれ、ぜんいうまじはり、そんきまじはれ。

79 ほふよろこぶものはみたるこころもつこころよす、けんしやつねしやうじやけるほふたのしむ。

80 きよこうみづみちびき、せんしやうむ、もくこうざいげ、けんしやおのれととのふ。

81くわいばんじやくの、かぜうごかされざるがごとく、けんしやきししようよとにうごかさるることなし。

82 そこふかちすゐの、みて、にごりなきがごとく、けんしやほふきてこころましむ。

83 ぜんにんは一さいしよに〔よくを〕て、りやうし(1)よくもとむるがためかたらず、らくれ、はたまたに〔れても〕、けんしや(2)かはれるさうあらはすことなし。

84 ためにもためにも〔あくおこなはず〕、をもたからをもくにをも、これもとむることなく、ひだうによりて、おのれりたつを求むることなし、これぞとくしやちしやぎしやなる。

85 にんげんなかにて、(3)ひがんいたるものはすくなく、のものはがんぺんにありてほんちす。

86 かれたるほふずいじゆんするともがらは、がたくにを〔えて〕きしいたらん。

87 88 けんしやこくほふてて、びやくほふ〕をしゆすべし、いへより〔はなれて〕、いへなきとなり、らくえがたをんりところおいて、ここけんしやしよよくてて、がうなきなり、めうらくもとめ、もろもろしんゑより、おのれきよくすべし。

89 (4)しやうがくぶんおいて、こころしゆじゆし、しふすることなくして、ぢやくすてつるをたのしむ、くわうきある(5)ろじんしやは、じゃうをんたるなり。

(1) 諸欲を求め、諸欲の爲に閑語を交ふることなし。 (2) 浮みたる顏、沈みたる顏をなすことなし。 (3) 彼岸とは涅槃を云ひ、此岸とは生死を云ふ。次偈の彼岸の意も同じ。 (4) 所謂七菩提分法なり。 (5) 漏盡者とは煩惱を盡したる人の意にて阿羅漢を云ふ。


あらかんぼんだい

90 みちへ、一さいしよりうとくだつせるもの、あらゆるてんけつだんじたるものにはしゆなうあることなし。

91しやうねんある人はしやうごんし、かれらわうけとんらくすることなし、〔がわう〕のちせうつるがごとく、かれらまたおのおのいへつ。

92ざいもつ〕をちくしやくすることなく、ちかくしてじきけ、ぎやうしよくうにして、さうなく、しかしてげだつあり、そらとりの〔みちの〕ごとく、かかひとみちはかることはかたし。

93 ぼんなうことごとき、じきおいぢやくあることなし、ぎやうしよくうにして、さうなく、しかしてげだつあり、そらとりの〔あとの〕ごとく、かかひとあとはかることはかたし。

94 しよこんじやくじやうせること、ごしらされたるうまごとく、まんて、ぼんなうつくしたる、かかひとしよてんうらやところなり。

95 いからざることだいぢひとしく、よくきんかいまもりてもんいきたとふべく、でいどなきいけみずごとし、かかひとにはりんねあるなし。

96 こころじやくじやうなり、ことばごふまたじやくじやうなり、さとりてげだつあんそくたるひとの。

97 まうしんなく、むゐ〔のほふ〕をさとり、ばくやぶれるひとごふえんち、よくてたる、これぞまことじやうじやうひとなる。

98 じゆらくにても、しんりんにても、うみにても、をかにても、しやうじやどどまるところそこたのしき〔ところなる〕。

99 しんごたのしむべし、しゆじんたのしまざるところりとんひとこれたのしむ、かれらしよよくもとめざるなり。


せんせんほんだい

100 いぎなきもんくことばは、〔すう〕一千なりとも、ひといてじやくべきうぎの一これよりまさる。

101 いぎなきもんくは、〔すう〕一千なりとも、ひといてじやくべき一げくこれよりまさる。

102 いぎなきもんく一百〔しやう〕をじゆせんよりは、ひといてじやくべき一ほつく〔をじゆする〕ぞまされる。

103 せんじやうおいせんせんてきつものよりは、ひとおのれつもの、かれこそさいじやうせんしようしやなれ。

104 105 おのれてるは、すべひとびとてるにまさる、てんけんだつばも、まわうも、ならびぼんてんも、つねおのれみづかせいするひとしようりてんじて、はいまうとなすことあたはず。

106 ひとつきつきに、せんきんを〔てて〕、いけにへきようすること百ねんしかしてまたじんおのれおさめたるものをくやうすることしばしならば、くやうこそ、の百ねんぼんしまさりたれ。

107 ひとりんかんにありて、くわじんぶじすること百ねんしかしていちにんおさめたるものをくやうすることしばしならば、くやうこそ、の百ねんぼんしまさりたれ。

108 くぎや、ぼんしや、ふくはうのぞめるもの、しゆさいこれおこなふとも、すべの〔くどくぢきぎやうひときやうらいするの四ぶんの一にだもあたらず。

109 きやうらいもつならひとなし、つねじやうゐそんぢゆうせるひとには、四しゆほふぞうちやうじゆしきらくりきと。

110 ひとくること百ねんならんとも、をかいにしてぢやうなくんば、かいし、ぜんしあるものの、一にちくるにかず。

111 ひとくること百ねんならんとも、れつゑにしてぢやうなくんば、し、ぜんしあるものの、一にちくるにかず。

112 ひとくること百ねんならんとも、たいだにしてしやうごんらずんば、かたしやうごんあるものの、一にちくるにかず。

113 ひとくること百ねんならんとも、(1)きめつずんばきめつひとの一にちくるにかず。

114 ひとくること百ねんならんとも、ふめつみちずんば、ふめつみちひとの一にちくるにかず。

115 ひとくること百ねんならんとも、むじやうほふずんば、むじやうほふる人の一にちくるにかず。

(1) 事物の生起滅盡、卽ち生滅を云ふ。


あくごふほんだい

116 ぜんごふにはいそぎておもむき、あくごふよりはこころふせげ、ふくごふをなすにものうきものは、こころあくごふたのしむ。

117 ひとたとひあくごふすとも、さいさいこれすなかれ、さあくよくおこさざれ、あくむはなり。

118 ひとぜんごふさば、さいさいこれせ、さぜんよくおこせ、ぜんむはらくなり。

119 あくにんも、あくいまじゆくせざるあひだは、ふくる、あくじゆくするにいたるや、あくにんくわる。

120 ぜんにんも、ぜんいまじゆくせざるあひだは、くわる、ぜんじゆくするにいたるや、ぜんにんふくる。

121あくわれちかづくことかるべし」とて、これけいしすることなかれ、てきてきみづちて、すゐびやうつるがごとく、ぐしやせうせうづつあくみて、あくつるにいたる。

122ぜんわれちかづくことかるべし」とて、これけいしすることなかれ、てきてきみづちて、すゐびやうつるがごとく、けんしやせうせうづつぜんみて、ぜんつるにいたる。

123 くわざいおほく、じゆうばんすくなしやうこあやふみちを〔け〕、じゆのぞむものの、どくぶつを〔くる〕がごとく、あくけよ。

124 さうしやうなくば、もつどくをもることをどくさうしやうなきものにはともなはず。さざるものにはあくなし。

125 ひとがいしんなきひとしやうじやうにしてしふぢやくなきひとさからはば、わざはひぐしやかへること、ぎやくふうとうじたるさいぢんごとし。

126 あるひじんたいやどるあり、つみあるものはぢごくつ、ぜんぎやうひとてんうまれ、ぼんなうなきひとねはんいたる。

127 そらにありても、うみなかにありても、さんかんくつりても、ざいごふよりのがるべき、はうしよとてはあるなし。

128 そらにありても、うみなかにありても、さんかんくつりても、たざるはうしよとてはあるなし。


たうぢやうほんだい

129 すべて〔うじやう〕はたうぢやうおそれ、すべおそる、おのれたとへとして、〔を〕こぼつことなかれ、そこなふことなかれ。

130 すべて〔うじやう〕はたうぢやうおそれ、しやうすべてのもののあいする所、おのれたとへとして〔を〕こぼつことなかれ、そこなふことなかれ。

131 らくもとむるうじやうを、たうぢやうもつそこなふものは、おのれらくもとめても、ごせこれることなけん。

132 らくもとむるうじやうを、たうぢやうもつそこなはざるものは、おのれらくもとめて、ごせこれん。

133 なんびとにもそごもちふることなかれ、けては〔かれまたなんぢかへさん、ふんぬことばなり、へんぢやうなんぢ〔の〕にれん。

134 なんぢもくしてかたらざること、やぶれたるかねごとくならば、これねはんたつせるなり、なんぢふんぬある なし。

135 ぼくごしつゑもつて〔せいし〕、うしぼくぢやうるがごとく、ひとしくらうとはうじやうじゆみやうる。

136 ぐしやざいごふをかしてさとらず、むちともがらおのれごふなやまさるること、かるるがごとし。

137 ばういなくがいしんなきもののうちにありて、ばうくはふるものは、く十しよちうの一におちいる。

138 こくつうそんしつぎやうたいきしやうぢゆうしやうひ、しんさんらんいたる。

139 わうくわひ、きびしきふこくかうむり、しんぞくほろび、かざいさうまうす。

140 あるひまたいへくことあり、ぎやうたいやぶれてのちむちなるかれ(1)ないりおちいる。

141 らぎやうも、けつまんも、どろも、だんじきも、ろぢぐわぢんくることも、ふどうざも、みりわくうじやうきようすることなし。

142 ごんじきせりとも、びやうどうおこなひ、じやくじやうてうじゆんじせいあり、ぼんぎやうおこなひ、一さいしやうるゐたいして(2)がいいいだかずば、かればらもんかれしやもんかれびくなり。

143 ざんちによりてせいせられて、〔の〕ひなんとせざること、りやうばむちを〔とせざる〕がごとくなるもの、〔かくごときもの〕たれにありや。

144 むちにてたれたるりやうばごとく、なんぢらまたせんしんえいいなれ、しんじんぢかいしやうごんぜんぢやうしやうけつだんによりて、なんぢらみやうぎやうとをし、しやうねんいうし、おほいなるくなうたん。

145 (3)きよこうみづみちびき、せんしやうむ、もくこうざいげ、けんしやおのれととのふ。

(1) 地獄を云ふ。 (2) 原意は刀杖を措く。 (3) 第八〇偈に同じ。


らうすゐほんだい十一

146は〕つねに〔よくくわに〕かるるに、なんわらひぞ、何のくわんぎぞ、〔なんぢらは〕こくあんおほはるるに、なにゆゑに〔くわもとめざる。

147 かざれる〔の〕ぎやうたいよ、がうゑしてれるふゑぶつくわいしゆびやうえうし、しゆじゆしきりやうし、けんじつなく、あんぢゆうなきなり。

148 ぎやうしきらうきうし、しゆびやうせいしよたり、やぶるべきものなり、しうゑそんすべく、みやうをはる。

149 あきてられたるころごとき、これらくわいびやくこつぎやうて、なんきらくぞ。

150 こつぎやうとして、にくとにまびれり、ここらうと、と、まんと、ふくとをかくす。

151 かざりたるわうしやふるび、しんたいらういたる、けんじんほふゆることなし、けんじんは、けんじんほふつたふるなり。

152 くわうもんひととくごごとゆ、かれにくしんせども、かれちゑくははるることなし。

153 154 (1)をくしやかうじんもとめて、これいださず、たしやうりんねかいほんちして、うたしやうじたり。

をくかうなんぢいままみいださる、ふたたいへを構ふることあらじ、なんぢかくざいすべやぶられ、とうりやうこぼたる、めついたれるこころしよあいめつじんたつせり。

155 さうじぼんぎやうしゆせず、ざいはうずして、うをまざるいけなかなるらうこうごとくにほろぶ。

156 さうじぼんぎやうしゆせず、ざいはうずして、ちたるゆみごとく、かこかこちてせり。

(1) 渴愛を指す、是れ渴愛は生死輪廻の因なるが故なり、此の一五三、一五四の兩偈は佛大覺の後、初めて唱へられしものなりと傅ふ。


じこほんだい十二

157 おのれあいすべしとらば、これほごせよ、〔じんせい〕三の一において、けんしやよろしくせいごすべきなり。

158 おのれただしきくらゐて、しかしてをしへなば、けんしやらうするところあらじ。

159 おのれしよすること、をしふるがごとくならば、おのれせいして、せいするをん、そはおのれせいがたきがゆゑなり。

160 おのれこそおのれえしよなれ、なにものえしよたるあらん、おのれせいするときは、えがたえしよべし。

161 みつかつくりたるざいごふは、おのれしやうじ、おのれいでたるもの、ぐじんそこなふこと、こんがうせきまにを〔る〕がごとし。

162 をかいはなはだしきひとしよして、てきしやのぞむがごとくすること、まんさうおほへるじゆけるがごとし。

163 ふぜんにして、おのれふりなることやすく、ことありてぜんなる、きはめてがたし。

164 おうぐしやしやうじやみちによりてくるひとをしへを、じやあくけんりてそしひとは、(1)ゐさうくわの、おのれほろぼすためにみのるがごとし。

165 みづかあくせばみづかけがれ、みづかあくさざればみづかきよし、じやうふじやうともおのれにあり、みづかきよくすることあたはず。

166 たにんつとめだいなりとも、ためおのれつとめわするることなかれ、おのれつとめべんしてのちおのれつとめせんしんなるべし。

(1) 葦は花を著け實を結べば自ら死するなり。


せけんほんだい十三

167 いやしほふほうぜざれ、はういつともまざれ、じやけんしたがはざれ、せじぞうちやうせしめざれ。

168 て、はういつなるなかれ、ぜんぎやうほふしゆせよ、ずゐほふぎやうひとたのしす、こんせにもらいせにも。

169 ぜんぎやうほふしゆして、あくぎやう〔のほふ〕をしゆせざれ、ずゐほふぎやうひとたのしす、こんせにもらいせにも。

170 はうまつごとくによ、かげろうごとくによ、かくごとせかいるものは、しわうこれることあたはず。

171 かざりありて、わうしやたるせかいきたよ、ぐしやこれまよへども、ちしやこれぢやくすることなし。

172 さきおこたりて、のちおこたらざるもの、かれせかいてらすこと、くもはなれたるつきごとし。

173 ひとしたるあくごふのちぜんめにおほはるれば、ひとてらすこと、くもはなれたるつきごとし。

174 せかいは、あんこくにして、くわんさつ〔のりき〕あるものは、すくなし、あみはなれたるとりごとくに、てんのぼるものはすくなし。

175 こうがんみちき、じんりきあるものはそらく、けんしやは、まわうけんぞくとをあはやぶりて、りだつするなり。

176 ゆゐ一のほふえ、まうごひとらいせとうかんおもへるものは、つみとしてをかさざるなし。

177 じねんなきともがらてんかいらず、ぐにんせよしようやうすることなし、けんしやせよずゐきし、これによりてかれらいせおいあんらくなり。

178 せかいを一わうこくどとなし、あるひてんかいおもむき、あらゆるせかいしゆとなる、よるくわいづれにもまさる。


ぶつだほんだい十四

179 ちたるものはふたたこれつことあたはず、しようりにはなんびとこれることあたはず、(1)ぎやうりかぎりなく、あとなきほとけいかなるみちによりてかみちびかんとする。

180 あみよくあいいづこにもこれたづぬべきなし、ぎやうりかぎりなく、あとなきほとけを、いかなるみちによりてかみちびかんとする。

181 ゆうしやぜんしもつぱらにして、しゆつりじやくじやうよろこぶ、かくごとしやうがく・〔しやうねんひとしよてんうらやところなり。

182 にんしんるはかたく、うじやうせいぞんかたし、めうほふくはかたく、しよぶつしゆつせかたし。

183 (2)いつさいあくじさず、ぜんじちかづき、おのれしやうじやうにする、しよぶつをしへなり。

184 にんにくかんにんさいじやうしゆぎやうねはんさいしようなりと、しよぶつのたまふ、ひとそこなふものはしゆつけにあらず、なやますものはしやもんにあらざるがゆゑなり。

185 ののしらず、そこなはず、ばらだいもくしやおいばうごし、じきおいりやうり、かんしよざぐわし、ぞうじやうしんぢゆうする、しよぶつをしへなり。

186 きんくわあめふらすとも、しよよくくことあたはず、しよよくせうみにしてなりと、これるはけんしやなり。

187 てんしよよくたいしても、よくねんおこさず、かくわうでししよあいつくすをたのしむ。

188 ひとびときようふねんせまられて、さんりんをんじゆせいたきえするものおほし。

189 されどこれあんのんえしよにあらず、むじやうえしよにあらず、このえしよきえして、一さいよりのがるることなし。

190 ぶつと、ほふと、そうとにきえするもの、かれしようちもつて、四しゆしやうたいる。

191 と、きいんと、どだつと、めつじんたつするけんしやうしゆだうと、

192 あんのんえしよむじやうえしよなり、えしよきえして、一さいくよりのがるべし。

193 そんきひとえがたし、かれかくしよしやうぜず、ゆうしやしやうずるところけいふくぞくいたる。

194 しよぶつしゆつせたのしく、めうほふくはたのし、そうしゆわがふたのしく、わがふするもののしゆぎやうたのし。

195 196 あらゆるめいまうち、とをえて、おうぐとくあるほとけまたは〔ぶつでしくやうするもの、かくごととくじやくりふひとくやうするもののくどくは、なんびとこれかぞふべからず。

(1) 知覺の對境限りなきの意にて無限の境界を知覺し得るの意。 (2) 七佛通誠の偈として知らるる有名なる偈なり。 (3) 比丘比丘尼の大戒を指す。 (4) 苦集滅道の四諦なり。


あんらくほんだい十五

197 あんらくぢゆうせん、をんねんあるひとびとのうちにありて、をんねんなく、をんねんあるともがらうちに、をんねんなくして、あんらくぢゆうせん。

198 あんらくぢゆうせん、ぼんなうあるひとびとうちにありて、ぼんなうなく、ぼんなうあるともがらのうちに、ぼんなうなくしてあんらくぢゆうせん。

199 あんらくぢゆうせん、よくねんあるひとびとうちにてよくねんなく、よくねんあるともがらうちに、よくねんなくしてあんらくぢゆうせん。

200 あんらくぢゆうせん、われらにはがうあることなし、くわうおんてんにんごとく、きえつじきとせん。

201 ちてはうらみけてはききよなり。こゝろじやくなるものはしようぶともなげうちて、ききよあんらくなり。

202 とんごとあるなく、しんごとつみあるなし、(1)をんしふごとあるなく、じやくめつまされるらくあるなし。

203 きがさいだいやまひしよをんさいごくなり、これじつごとくにれば、さいしようあんらくねはん〔を〕。

204 むびやうさいじやうちそくさいじやうざいなり、しんらいさいじやうしんぞくにして、ねはんさいしようあんらくなり。

205 どくしよめうみじやくじやうめうみとをあぢはひ、ほふえつめうみうてふゐもなく、またあくもなし。

206 しやうしやるはく、おなじくむはつねらくなり、ぐしやざればつねこころよからん。

207 ぐじんともみちくものにはながうれひあり、ぐしやともぢゆうするのなるは、てきと〔おなじくぢゆうするの〕つねに〔なる〕がごとし、けんしやどうぢゆうしてたのしきものにして、しんねんがふゑするのたのしきがごとし。

208 さればけんしやと、ちしやと、たもんと、ぢゆうたんひ、きんかいあるしやうしやかくごときのぜんしじやうちひとに〔よること〕、つきせいだうによるがごとくせよ。

(1) 五蘊の合會して成れる此の身體を云ふ。次偈に諸蘊と云へるも同じ。


あいげうほんだい十六

209 ひしよきてぜしよかず、てて、あいげうるものは、ぜしよきたるひとうらやむにいたる。

210 あいせるものとふことなかれ、にくめるものと〔ふこと〕なかれ、あいせるものをざるはにくめるものをるもまたなり〕。

211 さればなにものをもかうあいするなかれ、あいしやわかるるはわざはひなり、ひとあいぞうなければてんけつあることなし。

212 あいかうよりうひしやうじ、あいかうよりふゐしやうず、あいかうよりのがれたるものには、うひなし、いづくんぞふゐあらん。

213 しんあいよりうひしやうじ、しんあいよりふゐしやうず、しんあいよりのがれたるものには、うひなし、いづくんぞふゐあらん。

214 きらくよりうひしやうじ、きらくよりふゐしやうず、きらくよりのがれたるものには、うひなし、いづくんぞふゐあらん。

215 とんよくよりうひしやうじ、とんよくよりふゐしやうず、とんよくよりのがれたるものには、うひなし、いづくんぞふゐあらん。

216 かつあいよりうひしやうじ、かつあいよりふゐしやうず、かつあいよりのがれたるものには、うひなし、いづくんぞふゐあらん。

217 じやうかいしやうけんとをし、ほふえりつし、しやうりり、みづかおのれごふすもの、かくごとひとあいす。

218 (1)ふごんぜつほふおいねんおこし、こころまんぞくし、しよよくおいぢやくしんなきはじやうるひとしようせらる。

219 ひさしくゐきやうにあり、とほくよりすこやかかへれるを、しんちほういうあいじんかれきたるをむかふ。

220 おなじく、ぜんごふしてよりおもむけるを、ふくくわこれむかふ、あいするもののきたるをしんちむかふるがごとくに。

(1) 不言說の法とは言詮不及の法の意にて、涅槃を指す。


ふんぬほんだい十七

221 ふんて、まんはなれ、もろもろてんけつえよ、みやうしきしふせず、がうなきひとにはきたることなし。

222 おこれるふんぬせいすること、ころがくるませいするがごとくするもの、ひとをぞわれでうごしやふ、ただたづなるものなり。

223 いかりあいもつち、ふぜんぜんもつつべし、りんしよくにはじんけいもつて、きよごんひとには、じつごもつつべし。

224 じつを語れ、いかなかれ、すこしにてももとめられなばあたへよ、の三によりてしよてんところいたれ。

225 がいいなきむにつねせつして、(1)ふしところいたる。かしこいたりてはうれふることなし。

226 つねかくごし、ちうやきんがくし、ねはんんとつとむるもののぼんなうほろびん。

227 (2)アツラふるくして、いまいできたれるものにひとしからず、いはく「ひともくしてせるものをそしり、おほかたるものをそしり、すくなふものをもまたそしる、そしりけざるものなし。

228 つねただそしられ、つねただめらるるもの、くわこにあらざりき、みらいになけん、しかしていまもあらず。

229 230 たちひとし、おこなひしつなく、けんにして、ちとくそなはり〕、ぢやういあるものを、にちにちえずしようやうすることあらば、えんぶだごんくわへいごとく、たれひとそしんや、しよてんこれめ、ぼんてんこれめん。」

231 しんあくごふばうごし、せいせよ、しんひごふてて、ぜんごふしゆせよ。

232 あくごふばうごし、くちせいせよ、ひごふてて、くちぜんごふしゆせよ。

233 あくごふばうごし、こころせいせよ、ひごふてて、こころぜんごふしゆせよ。

234 けんしやせつし、さらくちつつしみ、せいせるけんしやは、こればうごせるひとなり。

(1) 涅槃の意。 (2) 優婆塞の名なり、以下四偈は佛の此の優婆塞を敎へ給ひし時の偈なり。


くゑほんだい十八

235 なんぢいまきばめるごとく、えんまししやまたなんぢそばつ、かどでもんち、ろしなんぢにあるなし、

236 なんぢおのれとうとなり、はやしやうごんしてちしやとなれ、〔さらば〕くゑはらひ、あいぢやくはなれて、てんじやうしやうちいたらん。

237 なんぢいまとしおい、えんまそばきたれり、なんぢとじやうきうそくところなく、ろしまたあるなし。

238 なんぢおのれとうとなり、はやしやうごんしてちしやとなれ、〔さらば〕くゑはらひ、あいぢやくはなれて、ふたたらうしることあらじ。

239 ちしやは〔ぎんぎんる〕がごとく、つぎひ、せつなせつなに、すこしづつ、おのれくゑれ。

240 てつよりしやうじたるあかの、てつよりでててつむがごとく、ぶんぐわいじゆようのぞむものは、ごふのためあくしゆみちびかる。

241 じゆしんくゑどくじゆせざるなり、かをくくゑしゆりおこたるなり、しきくゑたいまんにして、ばうごくゑはういつなり。

242 ふじよひぎやうにして、せしやけんどんなり、(1)じやあくほふなり、にもにも。

243 これよりもさらおほあり、むみやうさいだいなり、てて、しよびくむくひととなれ。

244 ざんちねんなく、からすごとくにゆうに、がうまんに、ぶれいに、じふしんつよく、けがれたるものにはしやうやすし。

245 ざんちねんあり、つねしやうびやくもとめ、ぢやくなく、じふしんなく、しやうじやうしやういとなむものには〔しやうは〕かたし。

246 247 きたるをそこなひ、まうごかたり、おいひとあたへざるをり、たにんまじはり、しかのみならずおんしゆふける人、かれおいおのれきやくかる。

248 なんぢかくごとくしてせつせいなきことは、じやほふなることをれ、とんまうひほふと、ながなんぢおちいるなからんことを。

249 ひとしんかうしたがひ、このところほどこしをなす、ひとあたふるおんじきたいしてふまんいだくことあらば、かれちうやじやうることなし。

250 かかおもひち、ねだやし、つくせるもの、かれこそはちうやじやうべけれ。

251 とんごときはなく、しふぢやくしんごときはなし、あみごときはなく、ながれあいごときはなし。

252 たにんくわみやすく、おのれくわみがたし、たにんくわは〔これひらくこと〕ぬかひらくが如くし、しかおのれくわを〕おほふことは、いつはりあるとしやとうしかくすがごとくす。

253 くわもとめ、つねふんいこころいだくものは、(3)ますますし、ろじんにはとほくしてとほし。

254 くうちうにはみちなく、しやもんは〔ぶつほふの〕ほかにはこれあらず、ぐんしやうきよえいたのしみ、によらいにはきよえいなし。

255 くうちうにはみちなく、しやもんは〔ぶつほふの〕ほかにはこれあらず、しよぎやうじやうぢゆうなるなく、しよぶつにはどうぢやくあるなし。

(1) 或は邪惡の法は垢なり。 (2) 九偈の註を見よ。 (3) 漏盡とは煩惱を盡すことにて、阿羅漢果に達するを云ふ、斯の如き人は煩惱を盡して阿羅漢果を得ること能はず。


ほふぢゆうほんだい十九

256 ひとばうもつことけつする、かれこれによりてほうふぢゆうひとたるにあらず、しやうじやともけつするものはけんしやなり。

257 ばうならず、ほふにより、びやうどうみちびき、ほふまもらるるちしや、〔かれぞ〕ほふぢゆうひととなへらる。

258ひとの〕おほくをかたる、〔かれこれによりてけんしやたるにあらず、かんにんあり、いかりなく、おそれなき〔もの、かれぞ〕けんしやとなへらる。

259ひとの〕おほくをかたるもいまじほふしやたるにあらず、ほふくことすこしといへども、にてこれ(1)ほふとうかんにすることなくば、かれこそほふごじしやなれ。

260ひとの〕かうべしろき、〔かれは〕これによりてちやうらうたるにあらず、かくごときは、じゆじゆくして、むなしくいたるひととなへらる。

261 ひとたいと・ほふと・あいと・じやくと、じてうとあり、くうぇのぞきたるけんしやこそはちやうらうとなへらるれ。

262 ただげんごありとも、またうつくしきぎやうしきありとも、しつけんわうしんあらば、ひとぜんばうのものにあらず。

263 あくち、こんぜつつくして、しんいのぞきたるちしやこそはぜんばうひととなへらるれ。

264 じせいなくして、まうごかたらば、かみるともしやもんにあらず。〔ひとし〕よくとんあらば、いかでかしやもんたりべき。

265 ひとすべだいせうあくせいせば、〔かれは〕しよあくせいせるによりて、しやもんなづけらる。

266 (2)に〔じきを〕ふがゆゑびくたるにあらず、一さいほふまなぶもいまびくにあらず。

267 ざいごふふくごふともてて、しやうじやうぎやうひとたり、ちゑもつせかいわたるもの、かれびくしようせらる。

268 269 じやくもくなりとも、にしてなくばむににあらず、(3)けんかうるがごとく、(4)しようほふり、じやごふつるむには、かれこれによりてむになり、ひと(5)りやうじともらば、かれこれによりてむにとなへらる。

270 せいめいそこなふがゆゑ(6)しやうなるにあらず、一さいしやうるゐそこなはざるがゆゑしやうしやなづけらる。

271 272 (7)かいきんによりても、また(8)たもんによりても、またとくぢやうとくぐわによりても、しやうしやうくべきしゆつりらくるることなし、びくろじんたつするなくしてじぢすることなかれ。

(1) 僅にても聞きては、法に隨ひ、義に隨ひ、大法小法の依行者となり、身に苦等を知りて、四聖諦を見ると解せり。 (2) 比丘には種々の義あれど、中に乞人、乞士等と譯し、他に食を乞ふものゝ義ありとなす。 (3) 權ははかり、衡はおもりなり、權衡を取りて物を量らんとするものは、多きに過ぐれば取去り、少ければ更に加ふ、惡を棄てて善を取るも亦斯の如し。 (4) 勝法とは戒定慧解脫解脫智見を云ふ、此の蘊等の世界に於て、衡を擧げて度るが如く、此等は內蘊なり、此等は外蘊なり等、斯の如の法により、兩義共に量るを云ふ。 (5) 內外上下等の別を知るの意。 (6) 聖者の原語、アリヤ の aria には「敵」の意あり、故に生命を害ふ云云と云ふ。 (7) 四作淨戒又は十三頭陀行を行ふを云ふ。 (8) 三藏學を習するを云ふ。


だうほんだい二十

273 (1)だうみちさいめう(2)たいりさいじやうりよくほふさいしようにして、(3)ぐげんしやりやうそくちうさいそんなり。

274 ちけんきよくするのみち〔のみちに〕ほかならず、なんぢらみちめ、こんわくするものなり。

275 なんぢらいちけば、くじんたつす、われ(4)ぢよせんの〔ほふ〕をりて、なんぢらのためにみちきたり。

276 なんぢらのなすべきはどりよくなり、によらいせつしやなり、ぜんしひとにして〔みちを〕くものはばくのがる。

277 「一さいぎやうむじやうなり」と、もつかくごとときくかいけんをんじやうおこる、(5)じやうるのみちなり。

278 「一さいぎやうなり」と、もつかくごとときくかいけんをんじやうおこる、じやうるのみちなり。

279 「一さいほふむがなり」と、もつかくごとときくかいけんをんじやうおこる、じやうるのみちなり。

280 つべきときたず、わかく、つよくして、たいだおちいり、いししさうよわくしてことものうきもの、かかいつしやみちず。

281 ことばつつしみ、せいし、ふぜんさず、これらの三をごふだうよりじやうぢよせば、しよだいせんたまへるみちん。

282 おうねんよりちゑしやうじ、ふおうねんなればちゑほろぶ、ひうと、二しゆみちりて、ちゑすがごとく、しかおのれしよせよ。

283 (6)ぼんなうの〕はやしれ、ひとじゆを〔る〕なかれ、はやしよりはきなんきたる、はやししたばえとをらば、びくらぼんなうはやしなきひととならん。

284 なんしによしたいするぼんなうすこしにてもたれざるところあらば、かれこころとらはる、にうむさぼこうしぼぎうけるがごとくに。

285 じこあいねんつこと、ぎうもつしうじはすを〔る〕がごとくし、ぜんざいたまひし(7)じやくじやうみちねはんぞうちやうせよ。

286ここうじすごさん、かんしよあひだここに〔ぢゆうせん〕」と、ぐじんしゆゐしてちかづくことをさとらず。

287 ちくあいおぼれ、らくふけるものを、しわうらつること、ねむれるそんりだいすゐただよはしるがごとし。

288 も、ちちも、しんぞくじこにあらず、しわうとらへられたるものにはしんぞくじこたらず。

289 かいによりてみづかせいせるけんしやは、りて、ねはんおもむみちきよくせよ。

(1) 八正道を云ふ。 (2) 四聖諦の謂なり。 (3) 佛を云ふ。 (4) 欲等の箭を除くの法。 (5) 淨とは涅槃の謂なり。以下三偈皆同一の意に見よ。 (6) 天然の林間に猛獸毒蛇等の危險あるが如く、貪瞋癡煩惱の林にも種種の危難あり、由りて煩惱を林に譬へたるなり、或は ヴナ (林) ヴナタ (下生)には共に又煩惱、欲等の意あり、三四四偈參照。 (7) 或は、寂靜の道を增長せよ、涅槃は善逝の說き給ひし所なり。


くわうえんほんだい二十一

せうらくてて、だいらくるべくば、けんしやだいらくせうらくつべし。

291 あたへて、おのれらくのぞむものは、をんぞうけばくほだされて、をんぞうよりのがるることなし。

292 すべきことをさず、すべからざることをし、きょこにして〔しかも〕たいだなるもの、かかひとしよろぞうちやうす。

293 ひとつねしやうじんして、くわんねんしゆし、ひじとほざかりて、つねぜじおこなひ、しかしてねんかくとあり、かかひとしよろめつじんいたる。

294 (1)ははちちとをころし、りやうぜつりわうころし、こくども、えぞくあはほろぼして、ばらもんくげんなきにいたる。

295 ははちちとをころし、(2)りやうばらもんころし、だい五にこるゐめつしてばらもんなきにいたる。

296 (3)くどんでしつねかくせいせり、かれらちうやつねねんずるところぶつにあり。

297 くどんでしつねかくせいせり、かれらちうやつねねんずるところほふにあり。

298 くどんでしつねかくせいせり、かれらちうやつねねんずるところそうにあり。

299 くどんでしつねかくせいせり、こころちうやつねしんねんぢゆうして。

300 くどんでしつねかくせいせり、こころちうやつねふがいたのしみて。

301 くどんでしつねかくせいせり、こころちうやつねしゆじふたのしみて。

302 しゆつけかたく、〔を〕たのしむはかたく、庵〔ぢゆう〕はなんざいけぢゆう〕はかたく、どうはいむはかたく、りよじんなんおちいる、さればりよじんたるなく、なんおちいるなかれ。

303 しんありてかいとくぐいうし、とみとをてるものは、えらところしたがひ、ずゐしよくぎやうせらる。

304 ぜんにんとほあらはるること、せつざんごとく、ふぜんしやあらはるることなき、やいんとうぜるごとし。

305 どくざどくぐわどくきやうぎやうしてむことなく、ひとおのれせいしてりんぺんたのしむものたれ。

(1) 「愛は人を生む」と云ふ句よりしてを母と云ひ、「我は某なる王の子、某なる大臣の子なり」と云ひ、父によりて我慢の心起る,よりて我慢を父と云ふ、兩刹利王とは斷見常見の二、國土とは十二處、而して依屬とは十二處附隨の諸煩惱を云ふ。 (2) 兩婆羅門王とは斷常の二見、虎類とは此處にては疑藎を指すと註解書に釋せり。 (3) 瞿曇又は喬答摩は釋迦族の姓なるが故に、釋尊を時には瞿曇佛と呼びたり。


ないりほんだい二十二

306 (1)ひじかたるものはないりる、してさずと云ふものもまたこれらりやうしやしごおなじ、れつごふひとらいせに〔ありてはおなじ〕。

307 じやごふにして、じせいしんなく、くびわうえまとへるしゆたひとこれらじやごふひとじやごふためないりつ。

308 かいやぶり、じせいしんなくして(2)しんせくるよりは、ねつしてくわえんたるてつぐわんむぞまされる。

309 ひとたいだにして、たのしむるものには、四きたる、ふぜんごふて、あんぐわず、だい三にきしだい四にないり

310 ふぜんごふおもむところあくしゆおそおそれたるもののらくすくなく、わうこれじゆうばつくはふ、さればひとたのしまざれ。

311 (3)くそさうは、これつかむことしければ、る、しやもんみちも、これおこなうてよろしからざれば、ないりみちびく。

312 はういつなるかうゐけがれたるきんかいゆうよしてぼんぎやうおこなふ、これともだいくわもたらすものにあらず。

313 ことすべくばこれをし、だんだんことしてふんじんせよ、そははういつなるしやもんだうぢんくさんずることおほければなり。

314 あくごふさざるぞき、あくごふのちいたりて、まねく、してまねくことなきぜんごふは、これをすぞき。

315 へんちとふないげともまもるがごとく、しかおのれまもりてしゆんじいつすることなかれ、しゆんじゆるがせにするものはぢごくちてうれかなしむ。

316 づべからざるにぢ、づべきにぢず、じやけんぢやくせるしゆじやうあくしゆおもむく。

317 おそれなきところおそれおそるべきところおそれず、じやけんぢやくせるしゆじやうあくしゆる。

318 くわなきにくわねんし、くわあるにくわず、じやけんぢやくせるしゆじやうあくしゆいたる。

319 くわくわくわなきをくわなしとしやうけんいだけるしゆじやうぜんしゆうまる。

(1) 諸經要集六六三偈。 (2) 國民の信仰によりて施す供養物。 (3) 茅に似たる草の一種。


ざうほんだい二十三

320 われはせんぢやうおもむけるざうの、ゆみはなれたるを〔しのぶ〕がごとく、ばりしのぶ、ぐんじやうは、はかいなればなり。

321ひとは〕なづけたるをせんぢやうき、わうれたるにる、ひとなかにて、じせいしんあり、ばりしのぶはさいだい一なり。

322 れたるはく、けだか(1)しんづばし、だいりゆうざうわうく、おのれせいせるものはさらし。

323 これらのりものに〔り〕ては、〔ひとは〕(2)ふしいたることなし、おのれせいせるものは、じせいによりて、〔ところに〕たつすること、れたるに〔りてくがごとし〕。

324 ダナパーラガなづくるざうの、はげしくくるひて、きんせいがたきも、ばくせられてはじきくらふことなし、ざうざう〔のむ〕はやしあいぼす。

325 らいだにしてはうしよくちやうみんてんでんしてぐわするぐしやは、くじきもつはるるだいしごとく、しばしばはうたいる。

326 (3)こころかつて、のぞみにより、よくしたがひ、らくまかせてるてんしたり、われこんにちこれせいすること、ざうしみやうざうを〔せいする〕がごとくせん。

327 しやうごんらくとせよ、おのれこころばうごせよ、なんしよよりくこと、でいちうおちゐれるざうごとくせよ。

328 しりよある、ぜんぎやうけんしやを、どうぎやうともば、一さいきなんち、くわんぎしゆゐして、かれともおこなへ。

329 しりよある、ぜんぎやうけんしやを、どうぎやうともずば、わうりたるくにつるがごとく、マータンガりんちうざうごとく、ただひとおこなへ。

330 ひとむこそけれ、ぐしやともたるはなし、ひとおこなうてあくじなかれ、くわよくなることマータンガりんちうざうごとくなれ。

331 ことおこればともらくまんぞくいづこよりきたるもたのし、みやうじゆうにもぜんぎやうたのしく、一さいつるはたのし。

332 ははたるはたのしく、ちちたるはたのし、しやもんたるはたのしく、ばらもんたるはたのし。

333 らうごいたるまで、かいたもつはらくしやうしんつるはらくちゑるはたのしく、あくさざるはたのし。

(1) 辛頭・信度・仙陀婆・印度河の流域地方にして名馬を產す。 (2) 不至の地とは涅槃の境を云ふ。 (3) 長老偈七七、一一三〇


あいよくほんだい二十四

334 はういつぎやうひとには、あいよくぞうちやうすること、まんさうごとし、かれしやうしやうてんでんすること、りんちうくわじつもとむるさるごとし。

335 いやしくして、(1)どくあるあいよくひとたば、かれうくぞうちやうすること、(2)さかふるビーラナさうごとし。

336 ひとし、いやしくして、せいがたあいよくたば、うくかれること、れんえふよりつるすゐてきごとし。

337 さればわれなんぢらげん「なんぢらここあつまれるものにさいはひあれ、あいよくること、ウシーラもとむるものの、ビーラナを〔る〕がごとくし、なんぢらゐさうすゐりうらるるがごとく、しばしばやぶらるるなかれ。」

338 たとへばの、わざはひなくして、つよければ、るともふたたしやうずるがごとく、あいしふこれつことなくば、さいさいおこる。

339 三十六りうあいげうながれだいなるときは、よくぼつざいせるいしすゐるは、〔の〕じやけん〔のひと〕をはこる。

340よくは一さいしよながれ、かつとうほうがしてそんす、かつとうしやうずるをば、ちゑもつて。

341 しゆじやうあいせるもの、よろこべるものは、くことはやし、よくおぼれ、らくもとむるもの、かれららうしいたる。

342 よくまとはれたるしゆじやうは、わなとらはれたるうさぎごとほんちす、けつしめにばくせられ、さいさいふことひさし。

343 よくまとはれたるしゆじやうは、わなとらはれたるうさぎごとほんちす、さればりぢんのぞめるびくは、おのれあいよくつべし。

344 ひと(3)わゐりん〔=よく〕をりて、(4)さうりん〔=よく〕にり、一りん〔=よく〕をのがれて一りん〔=よく〕にるもの、ひとよ、〔ばくを〕だつしてしかばくおもむくなり。

345 てつや、や、またくさにてれるものは、けいしやこれかたばくしようせず、しゆくわんと、さいしとのよくとんぢやくするところつよし。

346 けんしやは、これをぞつよくして〔ひとあくしゆに〕おとし、かたくしてがたばくふ、ひとこれやぶりて、むよく〔のとなり〕、あいげうててしゆつけす。

347 よくたのしむものは〔よくの〕ながれしたがつてくだること、くもみづかつくりたるあみを〔くだる〕がごとし、けんしやこれやぶりて、よくなく、あらゆるくなうててる。

348 さきなる〔=かこ〕をて、あとなる〔=みらい〕をて、なかなる〔=げんざい〕をてよ、〔くするものは〕しやううひがんいたれるなり、一さいしよぢやくしんなければ、さらしやうらうほださるることあらじ。

349 ぎねんのためにこころなやみ、よくさかんにして、ふじやうじやうひとは、あいねんますますぞうちやうす、かかひとは〔の〕ばくかたくするなり。

350 ぎねんめつよろこび、つねねんかくありて、ふじやうくわんしゆす、かれは〔の〕あいねんほろぼさん、かればくたん。

351 (5)ゑんじやうゐきたつし、ふゐなく、あいはなれ、ぢやくなく、しやうういばらてり、さいごしんなり。

352 あいはなれ、ぢやくり、(6)しくたくみに、(7)つづりたるもんじと、ぜんごとをす。かれ(8)さいごしんにして、だいちしやだいぢやうぶしようせらる。

353 (9)われあらゆるものにち、あらゆるものをり、あらゆるほふおいけがさるるところなし、あらゆるものをて、(10)あいじんうへおいげだつたり。みづかさとりて、まただれをか〔と〕あふがんや。

354 ほふせは、あらゆるち、ほふみは、あらゆるち、ほふらくは、あらゆるらくち、あいじんは、あらゆるつ。

355 ざいれつちひとそこなへども(11)どだつもとむるひとを〔そこなふこと〕なし、ざいよくのためにむちしやそこなふこと、〔ほ〕を〔そこなふ〕がごとし。

356 あくさうのためにそこなはれ、ぐんじやうとんよくのためにそこなはる、さればりよくひとほどこせる〔もの〕には、だいくわはうあり。

357 あくさうのためにそこなはれ、ぐんじやうしんいのためにそこなはる、さればりしんひとほどこせる〔もの〕には、だいくわはうあり。

358 あくさうのためにそこなはれ、ぐんじやうぐちのためにそこなはる、さればりちひとほどこせる〔もの〕には、だいくわはうあり。

359 あくさうのためにそこなはれ、ぐんじやういよくのためにそこなはる、さればりよくひとほどこせる〔もの〕には、だいくわはうあり。

(1) ボサッチカー を『長老偈』三九九偈の英譯にてリス・デビヅ夫人は The poisoner of all mankind とす、あらゆる人類を毒するものの意、欲望の意もあり。 (2) 學名を Andropogon murica tum と云ふ、一種の香草なり、其の敎を優尸羅と云ふ、三三七偈を見よ。 (3) ヴナタ には矮樹林下生園欲等の意あり。 (4) ヴナ にも森林叢林園欲等の意あり。 (5) 阿羅漢果を指すと釋せり。 (6) 言語文句。 (7) 文字を集めたるもの、卽ち文章と、文章中文字の前後。 (8) 阿羅漢や獨覺や佛は一旦無餘涅槃に入れば、再び世に出ることなし、故に此等を指して最後身の人と云ふ。 (9) 諸經要集二一一偈、イチウッタカ一一二偈、マハーヷッガ(大品)一の六參照。 (10) 愛欲、愛會を盡すことにて阿羅漢果を云ふ。 (11) 彼岸に達せんと願へる人。


しやもんほんだい二十五

360 もつて〔みづから〕せつするはく、みみもつて〔みづから〕せつするはし、はなによりてせつするはく、したうへに〔みづから〕せつするはし。

361 おいせつするはく、ことばおいせつするはし、もつせつするはく、一さいしよせつするはし。一さいしよせつするところあるびくもろもろくつうよりのがる。

362 ばうごし、あしばうごし、ことばばうごするはばうごするのうへなり、うちらくあり、ぢやうあり、どくごして、ることをるもの、かれを〔ひとは〕びくぶ。

363 びくの、くちばうごし、てきどかたりて、(1)でうげならざるれ、〔し〕ほふとをあかさば、ところは、かんみなり。

364 ほふらくゑんとし、ほふたのしみ、ほふしゆゐし、ほふおくねんするびくは、しやうぼふよりたいだすることなし。

365 おのれところこれかろんぜざれ、の〔ところこれを〕うらやまざれ。の〔ところを〕うらやびくあんぢやうることなし。

366 ところすくなしといへども、びくこれかろんぜざれば、しよてんは、(2)じやうくわつみやうふくつたう〔のひと〕をさんだんす。

367 みやうしきうへおいて、すべがうねんなく、また(3)せうめつをもうれひとせざれば、ひとかれびくぶ。

368 びくじひぢゆうし、ほとけをしへよろこべるものは、じやうをんところしよぎやうそくしあんらくん。

369 びく(4)ふねめ、まばなんぢの〔ふね〕ははやはしらん、とんよくしんいとをてて、それよりなんぢは、ねはんたつせん。

370 (5)五をち、(6)五をて、更に(7)五をしゆせよ、(8)ぢやくえたるびくは、ばうるわたりたる〔ひと〕としようせらる。

371 びくぜんしせよ、たいだなるなかれ、こころしよよくまよはしむるなかれ、たいだにして〔ぢごくねつてつぐわんなかれ、〔ごくくわに〕かれて「くるし」とさけぶことなかれ。

372 なきものにぜんなく、ぜんなきものにはなし、ひとぜんとあらば、かれねはんちかづけるなり。

373 くうをくりて、こころじやくじやうにしたるびくまさしくほふくわんさつせば、らくにんがいうへづ。

374ひとし〕しゆじゆはうによりて、しよをんきめつしねんすれ ば、〔ほふ、〔ほふえつちしやの、かんろみとする所なり。

375 376 ここをしへおいて、あるびくすべきことなり、しよこんばうごし、ることをり、かいもつて〔みづから〕せつす、ぜんりやうなるともの、しやうじやうせいかつし、しやうごんなるものとまじはれ、じひおこなひ、ぎむまつたうせよ。それよりくわんぎおほくしてくなうつくすにいたらん。

377 しぼみたる(9)ヷッシカーさうはなつるがごとく、しかとんよくしんいとをてよ、しよびく

378 しづかにし、ことばしづかにし、じやくじやうあんぢやうにしてせらくてたるびくこれあんそくの〔ひと〕とふ。

379 おのおのれいましめ、おのおのれあらためよ、びくよ、く〔せばなんぢは〕みづかばうごし、しやうねんありて、あんのんぢゆうせん。

380 げにおのれおのれしゆ、げにおのれおのれえしよなり、されば、おのれでうごすること、しやうこりやうめを〔でうごする〕がごとくせよ。

381 くわんぎおほく、ほとけをしへよろこべるびくは、じやうをんしよぎやうそくしあんらくん。

382 びくねんせうなりとも、ほとけをしへしやうごんせば、かれせけんてらすこと、くもまでたるぐわつりんごとくならん。

(1) 調戯又は掉擧とも云ふ、心の浮きて落著かざる狀態を指して云ふ。 (2) 淸淨なる生活を營む人を云ふ。 (3) 名色を指して云ふ。 (4) 此の身より邪思惟の水を除くを云ふ。 (5) 五下分結、欲界に屬する五種の煩惱、欲界貪・瞋・身見・戒禁取見・疑。 (6) 五上分結、色無色の上二界に屬する五種の煩惱、色界貪・無色界貪・慢・掉擧・無明。 (7) 五根、信・進・念・定・慧。 (8) 五種の著、貪・瞋・癡・慢・見。 (9) ヷッシカー.


ばらもんほんだい二十六

383 どりよくしてながれしよよくれ、(1)ばらもんしよぎやうめつさとれば、ばらもんなんぢ(2)むゐ〔のほふ〕をらん。

384 ばらもんし〔しくわんの〕二ほふおいて、ひがんたつするときは、ちしやあいけつすべくるにいたる。

385 ひと(3)ひがんなくしがんなく、ひしりやうがんともになし、ふゐはなれ、あいけつのぞきたる、かくごときをわればらもんぶ。

386 ぜんしありて、りくもとめ、しよさすでべんじて、あるなく、さいじやうりたつせるもの、われはこれをばらもんぶ。

387 ひるり、つきよるかがやく、ぶふくせるせつなしゆひかり、ぜんしあるばらもんひかる、されどほとけゐくわうもつすべちうやひかる。

388 あくごふのぞけるはばらもんぎやうしづかにせるはしやもんしようせらる、おのれ(5)くゑてたるによりて、かれしゆつけしやしようせらる。

389 ばらもんなかれ、ばらもんは〔たるるとも〕いかりはななかれ、わざはひあれ、ばらもんつものに。さらわざはひあれ、〔たれて〕いかるものに。

390 ばらもんこころあいかう〔するところ〕よりとほざくれば、これかれせうならざるりやくあり、〔を〕がいするこころゆるごとくなうまたしたがつてめつす。

391 ひとにも、ことばにも、こころにも、あくさなく、三しよせつするところある、われこればらもんぶ。

392ひと〕より〔きて〕ほとけたまひしほふさとらば、〔の〕をうやまふこと、ばらもんくわしを〔うやまふ〕がごとくせよ。

393 ばらもんけつまんしやうしやうとにるにあらず、ひとたいりほふとあらばかれしやうびやくなり、又ばらもんなり。

394 ぐしやよ、けつまんは、なんぢなん〔のよう〕かある、ひえなんぢなん〔のよう〕かある、なんぢうちあいぢやくを〔いだきて〕、ただほかきようす。

395 へいえたるひとせて、みやうくわんあらはるるにいたり、ひとりんかんに〔りて〕ぜんしせるもの、これわればらもんぶ。

396 (6)われ(7)ばらもんによの〕たいよりで、〔ばらもんの〕ははよりうまれたるのゆゑもつばらもんぶことなし、かれがうあらば、かれは〔われを〕(8)ボーぶのなり、がうなくしゆぢやくなきもの、これわればらもんぶ。

397 あらゆるあいけつち、おそるるところなく、ぢやくえ、はなれたるもの、ひとわればらもんぶ。

398 (9)ひもくだなはとを、これぞくするものとともに、あはち、はりきくだきたるちしや、われはひとばらもんぶ。

399 あくめも、ちやうちやくも、かんきんいかることなくしてもくじゆし、かんにんりきありて、こころたけひと、われはかくごとひとばらもんぶ。

400 ふんぬなく、ぎやうあり、かいあり、よくはなれ、じてうして、さいごしんたつせるもの、われこればらもんぶ。

401 かえふうへなるみずごとく、きりさきなるけしごとく、しよよくぜんせざるもの、われこればらもんなづく。

402 おのれくなうここほろぶるをり、おもにおろし、けばくはなれたるもの、われこればらもんしようす。

403 しんちあり、けんさいありて、だうひだうわきまへ、さいじやうりたうたつせるもの、われこればらもんぶ。

404 ざいけにんにも、しゅつけにんにも、あひだまじはらず、いへなくしてゆぎやうし、よくすくなきもの、われはひとばらもんふ。

405 よわきもつよきも、うじやうたいしてたうじやうくはえず、これそこなふことなく、ころさしむることなき、ひとわればらもんぶ。

406 てきいあるひとあひだにありててきいなく、ばうしやうちにありてこころあたたかに、しゆぢやくあるひとうちにありてしゆぢやくなき、これわればらもんなづく。

Page:Kokuyakudaizokyo-kyobu-12.pdf/61MediaWiki:Proofreadpage pagenum templatePage:Kokuyakudaizokyo-kyobu-12.pdf/62

テンプレート:PD-Japan-auto-expired