国際貿易機関憲章への調印に際するハリー・S・トルーマンの大統領声明

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

声明[編集]

1948年3月24日

本日ハバナにて50以上の国の代表が国際貿易機関憲章に調印したことは、大変喜ばしい。今後この憲章は、各国政府に送付され批准される予定である。

国際貿易機関憲章は、国際貿易における公平な取引の規定である。加盟国は、相互に有益な雇用政策と経済発展を促進する方法を考え出すことで合意している。憲章はカルテルに制限を付し、政府間の商品協定の適正範囲を定めている。また、国際貿易の実施基準を確立している。このように、同憲章は国際協定においてこれまで個別に扱われてきた経済問題を包括的に扱う。

現在、第二次世界大戦に起因する荒廃と崩壊の修繕に取り組んでいる諸国の努力にとって、憲章は差し迫った重要性を有する。憲章の承認は、憲章が構築された際の精神によって、世界の繁栄を左右する国際貿易の拡大を刺激するであろう。繁栄した国際貿易の成長を支えることによって、公平な取引に関するこの規定は、正当かつ恒久的な平和に向けた我々の努力に大いに貢献するであろう。

この憲章の発展は、国際協力の中でも最も素晴らしい実例である。本日のハバナでの行動は、かつて国際会議で実施された中でも最も困難かつ重要な任務の1つが終結したことを示している。

複雑な国際問題について多くの国が有効な合意に至るために国連を通じて協力できることを、この業績は証明している。

底本[編集]

この文書は、アメリカ合衆国においては、同国の著作権法に基づき、同国の連邦政府と雇用関係にある公務員がその職務上作成したアメリカ合衆国政府の著作物17 U. S. C. §105参考和訳))に該当するため、パブリックドメインの状態にあります。また、日本国においては、同国の著作権法13条に規定するもの(憲法その他の法令、通達、判決など)に該当するアメリカ合衆国政府の著作物のみに限り、パブリックドメインの状態にあると解されます。それ以外の国では、当該国の著作権法に基づいて、著作権の対象であるか否かが判断されます。


注意: これは、アメリカ合衆国政府の著作物についてのみ効力を有します。アメリカ合衆国の各、その他の地方自治体が作成した著作物に対しては適用できません。また、日本国著作権法13条に規定するものに該当しないアメリカ合衆国政府の著作物の場合、日本国内において著作権が発生しているものとして扱われることになると解されるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、日本国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。