四季の雪

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

そもそも天のうるほひに、うろさうせつの四つを見せ。同じくせつげつくわの、三つの徳を分つにも、雪こそ殊にすぐれたれ。先づ春はうめさくら、咲くより散るまでも、雪を忘るる色は無し、夏はさみだれの。降るの軒は暮れながら、庭は曇らぬ卯の花の、垣根や雪にまがふらん。よさむ忘れて待つ月の、山のしろき影までも、降らぬ雪かと疑はれ。冬野に残る菊までも、また初雪と面白き、山路の憂さや忘るらん。山路の憂さや忘るらん。


  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』中、武蔵野書院、1975年。

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。