名所土産

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

みなつきの、初旅衣きて見れば、ここはすみ吉青丹によし、奈良坂越えて夕暮の、空もしづかに、寂滅為楽と告げわたる、これぞ名におふ大仏の、かねごともれてたかまどの、よそに浮名や立田山、三輪の山路ももすその絲の、いとどふるさとかすがのの、社にしばしこの手をば、合せ鏡の底清く、あれあれ南に雲の峯、暑さ凌ぎの三笠山、月の七瀬のあすかがは、かはるや夢の数そへて、名所名所の、都の辰巳、宇治の川面眺むれば、をちに白きは岩越す波か、晒せる布か、雪に晒せる布にてあり候。しづはぎもあらはに、よそねじま、馴れし手わざも玉ぞ散る、浪のうねうね玉ぞ散る。あら面白の景色やな、あら面白の景色やな、われも家路に立ち帰り、つとに語らん、花のいえづとに語らん。


  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』下、武蔵野書院、1975年。

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。