千載和歌集/巻第十五

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻十五:恋五


00904

[詞書]題不知

相模

うたたねにはかなくさめし夢をたに此世に又はみてややみなん

うたたねに-はかなくさめし-ゆめをたに-このよにまたは-みてややみなむ


00905

[詞書]題不知

和泉式部

ねをなけは袖はくちてもうせぬめりなほうきことそつきせさりける

ねをなけは-そてはくちても-うせぬめり-なほうきことそ-つきせさりける


00906

[詞書]題不知

和泉式部

ともかくもいははなへてになりぬへしねになきてこそみすへかりけれ

ともかくも-いははなへてに-なりぬへし-ねになきてこそ-みすへかりけれ


00907

[詞書]題不知

和泉式部

あり明の月見すひまにおきていにし人のなこりをなかめしものを

ありあけの-つきみすひまに-おきていにし-ひとのなこりを-なかめしものを


00908

[詞書]題不知

紫式部

わするるはうきよのつねとおもふにもみをやるかたのなきそわひぬる

わするるは-うきよのつねと-おもふにも-みをやるかたの-なきそわひぬる


00909

[詞書]左大将朝光ちかことふみをかきて、かはりおこせよとせめ侍りけれは、つかはしける

馬内侍

ちはやふるかものやしろの神もきけ君わすれすはわれもわすれし

ちはやふる-かものやしろの-かみもきけ-きみわすれすは-われもわすれし


00910

[詞書]かたらひける人のひさしくおとつれさりけれは、つかはしける

大弐三位

うたかひし命はかりはありなからちきりし中のたえぬへきかな

うたかひし-いのちはかりは-ありなから-ちきりしなかの-たえぬへきかな


00911

[詞書]もとしりて侍りけるをとこの、こと人にもの申すとききてふみをつかはしたりけれは、いひつかはしける

相模

かり人はとかめもやせん草しけみあやしき鳥のあとのみたれを

かりひとは-とかめもやせむ-くさしけみ-あやしきとりの-あとのみたれを


00912

[詞書]女の、ふかき山にもいらまほしきよしいひて侍りけれは、つかはしける

大納言斉信

山よりもふかきところをたつねみはわか心にそ人はいるへき

やまよりも-ふかきところを-たつねみは-わかこころにそ-ひとはいるへき


00913

[詞書]ときとき物申しける女のもとにふみをつかはしたりけるを、よもあらしとて返して侍りけれはつかはしける

藤原経衡

いにしへもこえみてしかはあふさかはふみたかふへき中の道かは

いにしへも-こえみてしかは-あふさかは-ふみたかふへき-なかのみちかは


00914

[詞書]むすめのもとにかよふをとこの、かりになんまかるとて、たちをこひにおこせて侍りけれは、むすめにかはりてつかはしける

赤染衛門

かりにそといはぬさきよりたのまれすたちとまるへき心ならねは

かりにそと-いはぬさきより-たのまれす-たちとまるへき-こころならねは


00915

[詞書]中納言国信家歌合に、恋の心をよめる

藤原基俊

人こころなにをたのみてみなせ川せきのふるくひくちはてぬらん

ひとこころ-なにをたのみて-みなせかは-せせのふるくひ-くちはてぬらむ


00916

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、うらみの心をよめる

隆源法師

うらみすはわすれぬ人もありなましおもひしらてそあるへかりける

うらみすは-わすれぬひとも-ありなまし-おもひしらてそ-あるへかりける


00917

[詞書]花薗左大臣家に侍りける女、伊与と申しけるに、また中納言なと申しけるころ、物申しわたりけるを、かれかれになりにけれは、おもひやたえにけん、前山城守なりけるものに物申すとききて、いひつかはしける/かくいひて侍りけれは、あひなくかのをとこにあはすなんなりにけるとなん

中院右大臣

まことにやみとせもまたてやましろのふしみの里ににひ枕する

まことにや-みとせもまたて-やましろの-ふしみのさとに-にひまくらする


00918

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のうたとてよめる

待賢門院堀河

うき人をしのふへしとはおもひきやわか心さへなとかはるらん

うきひとを-しのふへしとは-おもひきや-わかこころさへ-なとかはるらむ


00919

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のうたとてよめる

上西門院兵衛

うかりけるよよの契を思ふにもつらきはいまのこころのみかは

うかりける-よよのちきりを-おもふにも-つらきはいまの-こころのみかは


00920

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のうたとてよめる

前参議親隆

しるなれはいかに枕のおもふらんちりのみつもるとこのけしきを

しるなれは-いかにまくらの-おもふらむ-ちりのみつもる-とこのけしきを


00921

[詞書]題不知

右大臣

はかなくもこむよをかねて契るかなふたたひおなし身ともならしを

はかなくも-こむよをかねて-ちきるかな-ふたたひおなし-みともならしを


00922

[詞書]題不知

右近中将忠良

おもひいてよ夕の雲もたなひかはこれやなけきにたへぬ煙と

おもひいてよ-ゆふへのくもも-たなひかは-これやなけきに-たへぬけふりと


00923

[詞書]題不知

左兵衛督隆房

恋ひしなはうかれん玉よしはしたにわかおもふ人のつまにととまれ

こひしなは-うかれむたまよ-しはしたに-わかおもふひとの-つまにととまれ


00924

[詞書]題不知

太皇大后宮小侍従

君こふとうきぬる玉のさ夜ふけていかなるつまにむすはれぬらん

きみこふと-うきぬるたまの-さよふけて-いかなるつまに-むすはれぬらむ


00925

[詞書]題不知

二条院讃岐

きみこふる心のやみをわひつつは此世はかりとおもはましかは

きみこふる-こころのやみを-わひつつは-このよはかりと-おもはましかは


00926

[詞書]題不知

殷富門院大輔

かはりゆくけしきをみてもいける身の命をあたにおもひけるかか

かはりゆく-けしきをみても-いけるみの-いのちをあたに-おもひけるかな


00927

[詞書]題不知

俊恵法師

君やあらぬわか身やあらぬおほつかなたのめしことのみなかはりぬる

きみやあらぬ-わかみやあらぬ-おほつかな-たのめしことの-みなかはりぬる


00928

[詞書]題不知

円位法師

物おもへともかからぬ人もあるものをあはれなりける身のちきりかな

ものおもへとも-かからぬひとも-あるものを-あはれなりける-みのちきりかな


00929

[詞書]月前恋といへる心をよめる

円位法師

なけけとて月やは物をおもはするかこちかほなるわか涙かな

なけけとて-つきやはものを-おもはする-かこちかほなる-わかなみたかな


00930

[詞書]月前恋といへる心をよめる

寂超法師

久かたの月ゆゑにやは恋ひそめしなかむれはまつぬるるそてかな

ひさかたの-つきゆゑにやは-こひそめし-なかむれはまつ-ぬるるそてかな


00931

[詞書]恋歌とてよめる

祐盛法師

つらしともうらむるかたそなかりけるうきをいとふは君ひとりかは

つらしとも-うらむるかたそ-なかりける-うきをいとふは-きみひとりかは


00932

[詞書]恋歌とてよめる

藤原隆親

おもひしる心のなきをなけくかなうき身ゆゑこそ人もつらけれ

おもひしる-こころのなきを-なけくかな-うきみゆゑこそ-ひともつらけれ


00933

[詞書]恋歌とてよめる

源有房

思ふをもわするる人はさもあらはあれうきをしのはぬ心ともかな

おもふをも-わするるひとは-さもあらはあれ-うきをしのはぬ-こころともかな


00934

[詞書]恋歌とてよめる

惟宗広言

はかなくそ後のよまてとちきりけるまたきにたにもかはる心を

はかなくそ-のちのよまてと-ちきりける-またきにたにも-かはるこころを


00935

[詞書]恋歌とてよめる

源仲頼

いとはるるそのゆかりにていかなれは恋はわか身をはなれさるらん

いとはるる-そのゆかりにて-いかなれは-こひはわかみを-はなれさるらむ


00936

[詞書]隔海路恋といへる心をよめる

鴨長明

おもひあまりうちぬるよひのまほろしも浪ちをわけてゆきかよひけり

おもひあまり-うちぬるよひの-まほろしも-なみちをわけて-ゆきかよひけり


00937

[詞書]たえてひさしくなりけるをとこのおもひいてて、いまよりはあたなる心あらしなといひけれはつかはしける

土御門前斎院中将

としふれとうき身はさらにかはらしをつらさもおなしつらさなるらん

としふれと-うきみはさらに-かはらしを-つらさもおなし-つらさなるらむ


00938

[詞書]百首歌めしける時、恋のうたとてよませ給うける

崇徳院御製

なけくまにかかみの影もおとろへぬ契りしことのかはるのみかは

なけくまに-かかみのかけも-おとろへぬ-ちきりしことの-かはるのみかは


00939

[詞書]百首歌めしける時、恋のうたとてよませ給うける

左京大夫顕輔

としふれとあはれにたへぬ涙かな恋しき人のかからましかは

としふれと-あはれにたへぬ-なみたかな-こひしきひとの-かからましかは


00940

[詞書]百首歌めしける時、恋のうたとてよませ給うける

藤原季通朝臣

いまはたたおさふる袖もくちはてて心のままにおつるなみたか

いまはたた-おさふるそても-くちはてて-こころのままに-おつるなみたか


00941

[詞書]百首歌めしける時、恋のうたとてよませ給うける

皇太后宮大夫俊成

おく山のいはかきぬまのうきぬなはふかき恋ちになにみたれけん

おくやまの-いはかきぬまの-うきぬなは-ふかきこひちに-なにみたれけむ


00942

[詞書]百首歌めしける時、恋のうたとてよませ給うける

皇太后宮大夫俊成

しきしのふとこたにたへぬ涙にも恋はくちせぬ物にそ有りける

しきしのふ-とこたにたへぬ-なみたにも-こひはくちせぬ-ものにそありける


00943

[詞書]百首歌めしける時、恋のうたとてよませ給うける

藤原清輔朝臣

あさゆふにみるめをかつくあまたにもうらみはたえぬ物とこそきけ

あさゆふに-みるめをかつく-あまたにも-うらみはたえぬ-ものとこそきけ


00944

[詞書]百首歌めしける時、恋のうたとてよませ給うける

上西門院兵衛

なにせんにそらたのめとてうらみけんおもひたえたる暮もありけり

なにせむに-そらたのめとて-うらみけむ-おもひたえたる-くれもありけり


00945

[詞書]恋歌とてよめる

殷富門院大輔

なほさりのそらたのめとてまちし夜のくるしかりしそいまは恋しき

なほさりの-そらたのめとて-まちしよの-くるしかりしそ-いまはこひしき


00946

[詞書]題しらす

摂政前右大臣

をしみかねけにいひしらぬ別かな月もいまはのあり明のそら

をしみかね-けにしひしらぬ-わかれかな-つきもいまはの-ありあけのそら


00947

[詞書]題しらす

右近大将実房

恋ひわふる心はそらにうきぬれと涙のそこに身はしつむかな

こひわふる-こころはそらに-うきぬれと-なみたのそこに-みはしつむかな


00948

[詞書]隔関路恋といへるこころをよめる

前中納言雅頼

おもひかねこゆるせきちに夜をふかみやこゑの鳥にねをそそへつる

おもひかね-こゆるせきちに-よをふかみ-やこゑのとりに-ねをそそへつる


00949

[詞書]九月晦日、女につかはしける

権中納言通親

世にしらぬ秋の別にうちそへて人やりならす物そかなしき

よにしらぬ-あきのわかれに-うちそへて-ひとやりならす-ものそかなしき


00950

[詞書]恋歌とてよめる

藤原経家朝臣

契りしにあらすなるとのはまちとりあとたにみせぬうらみをそする

ちきりしに-あらすなるとの-はまちとり-あとたにみせぬ-うらみをそする


00951

[詞書]恋歌とてよめる

藤原定家

しかはかり契りし中もかはりけるこのよに人をたのみけるかな

しかはかり-ちきりしなかも-かはりける-このよにひとを-たのみけるかな


00952

[詞書]秋夜恋といへるこころをよめる

顕昭法師

秋の夜を物おもふことのかきりとはひとりねさめの枕にそしる

あきのよを-ものおもふことの-かきりとは-ひとりねさめの-まくらにそしる


00953

[詞書]十首歌人のよませ侍りける時、よめる

前参議教長

よしさらは君に心はつくしてん又も恋しき人もこそあれ

よしさらは-きみにこころは-つくしてむ-またもこひしき-ひともこそあれ


00954

[詞書]暮恋故人といへるこころを

仁和寺後入道法親王(覚性)

なき人をおもひ出てたる夕くれはうらみしことそくやしかりける

なきひとを-おもひいてたる-ゆふくれは-うらみしことそ-くやしかりける


00955

[詞書]題しらす

源俊頼朝臣

これをみよむつ田のよとにさてさしてしをれししつのあさ衣かは

これをみよ-むつたのよとに-さてさして-しをれししつの-あさころもかは


00956

[詞書]題しらす

源俊頼朝臣

ささめかるあれ田のさはにたつたみも身のためにこそ袖はぬるらめ

ささめかる-あれたのさはに-たつたみも-みのためにこそ-そてもぬるらめ


00957

[詞書]題しらす

馬内侍

ささのはにあられふる夜のさむけきにひとりはねなん物とやはおもふ

ささのはに-あられふるよの-さむけきに-ひとりはねなむ-ものとやはおもふ


00958

[詞書]題しらす

和泉式部

うらむへき心はかりはあるものをなきになしてもとはぬ君かな

うらむへき-こころはかりは-あるものを-なきになしても-とはぬきみかな