千載和歌集/巻第十四

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻十四:恋四


00840

[詞書]題不知

和泉式部

いかにしてよるの心をなくさめむひるはなかめにさてもくらしつ

いかにして-よるのこころを-なくさめむ-ひるはなかめに-さてもくらしつ


00841

[詞書]題不知

和泉式部

これもみなさそなむかしの契そとおもふものからあさましきかな

これもみな-さそなむかしの-ちきりそと-おもふものから-あさましきかな


00842

[詞書]むかし御らんしける人の、ちかきほとにわたりたるよしきかせ給うて、つかはしける

花山院御製

よそにては中中さてもありにしをうたて物おもふ昨日けふかな

よそにては-なかなかさても-ありにしを-うたてものおもふ-きのふけふかな


00843

[詞書]ひさしくまうてこさりける人の、おとつれたりける返事につかはしける

小式部

おもひいててたれをか人のたつねましうきにたへたる命ならすは

おもひいてて-たれをかひとの-たつねまし-うきにたへたる-いのちならすは


00844

[詞書]太宰帥敦道のみこ、なかたえ侍りけるころ、秋つかた思ひいてて、ものして侍りけるによみ侍りける

和泉式部

まつとてもかはかりこそはあらましかおもひもかけぬ秋の夕くれ

まつとても-かはかりこそは-あらましか-おもひもかけぬ-あきのゆふくれ


00845

[詞書]題しらす

和泉式部

ほとふれは人はわすれてやみぬらん契りしことをなほたのむかな

ほとふれは-ひとはわすれて-やみぬらむ-ちきりしことを-なほたのむかな


00846

[詞書]女のもとより夜ふかくかへりてつかはしける

藤原実方朝臣

たけのはに玉ぬく露にあらねともまた夜をこめておきにけるかな

たけのはに-たまぬくつゆに-あらねとも-またよをこめて-おきにけるかな


00847

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、恋のこころをよめる

藤原基俊

このまよりひれふる袖をよそにみていかかはすへきまつらさよ姫

このまより-ひれふるそてを-よそにみて-いかかはすへき-まつらさよひめ


00848

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、恋のこころをよめる

藤原仲実朝臣

まふしさすしつをのみにもたへかねてはとふく秋のこゑたてつなり

まふしさす-しつをのみにも-たへかねて-はとふくあきの-こゑたてつなり


00849

[詞書]法性寺入道前太政大臣、内大臣に侍りける時、家にて寄花恋といへるこころをよめる

源雅光

吹く風にたへぬこすゑの花よりもととめかたきは涙なりけり

ふくかせに-たへぬこすゑの-はなよりも-ととめかたきは-なみたなりけり


00850

[詞書]逢不逢恋といへるこころをよみ侍りける

大納言成通

あひみむといひわたりしは行すゑの物おもふことのはしにそ有りける

あひみむと-いひわたりしは-ゆくすゑの-ものおもふことの-はしにそありける


00851

[詞書]権中納言俊忠、中将に侍りける時、歌合し侍りけるに、恋歌とてよめる

伊与三位(藤原敦兼朝臣母)

恋ひわひてあはれとはかりうちなけくことよりほかのなくさめそなき

こひわひて-あはれとはかり-うちなけく-ことよりほかの-なくさめそなき


00852

[詞書]おなし家に十首の恋歌よみ侍りける時、来不留恋といへる心をよみ侍りける

権中納言師時

たちかへる人をもなにかうらみまし恋しさをたにととめさりせは

たちかへる-ひとをもなにか-うらみまし-こひしさをたに-ととめさりせは


00853

[詞書]おなし家に十首の恋歌よみ侍りける時、来不留恋といへる心をよみ侍りける

藤原道経

うつらなくしつやにおふる玉こすけかりにのみきてかへる君かな

うつらなく-しつやにおふる-たまこすけ-かりにのみきて-かへるきみかな


00854

[詞書]たえてのちのかたみといへるこころをよめる

久我内大臣

わかれてはかたみなりける玉つさをなくさむはかりかきもおかせて

わかれては-かたみなりける-たまつさを-なくさむはかり-かきもおかせて


00855

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、恋歌とてよめる

上西門院兵衛

我かそての涙やにほの海ならんかりにも人をみるめなけれは

わかそての-なみたやにほの-うみならむ-かりにもひとを-みるめなけれは


00856

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、恋歌とてよめる

前参議親隆

あつまやのをかやの軒のしのふ草しのひもあへすしける思ひに

あつまやの-をかやののきの-しのふくさ-しのひもあへす-しけるおもひに


00857

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、恋歌とてよめる

皇太后宮大夫俊成

恋をのみしかまのいちにたつ民のたえぬおもひにみをやかへてん

こひをのみ-しかまのいちに-たつたみの-たえぬおもひに-みをやかへてむ


00858

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、恋歌とてよめる

待賢門院安芸

こひをのみすかたの池にみ草ゐてすまてやみなん名こそをしけれ

こひをのみ-すかたのいけに-みくさゐて-すまてやみなむ-なこそをしけれ


00859

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、恋歌とてよめる

藤原清輔朝臣

露ふかきあさまののらにをかやかるしつのたもともかくはぬれしを

つゆふかき-あさまののらに-をかやかる-しつのたもとも-かくはぬれしを


00860

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、恋歌とてよめる

藤原清輔朝臣

あふことはいなさほそえのみをつくしふかきしるしもなきよなりけり

あふことは-いなさほそえの-みをつくし-ふかきしるしも-なきよなりけり


00861

[詞書]百首歌よみける時、恋歌とてよめる

顕昭法師

人つてはさしもやはともおもふらむみせはや君になれるすかたを

ひとつては-さしもやはとも-おもふらむ-みせはやきみに-なれるすかたを


00862

[詞書]女のかよふ人あまたきこゆるに、つかはしける

平実重

あさましやさのみはいかにしなのなるきそちのはしのかけわたるらん

あさましや-さのみはいかに-しなのなる-きそちのはしの-かけわたるらむ


00863

[詞書]たいしらす

平実重

人のうへとおもははいかにもとかましつらきもしらすこふる心を

ひとのうへと-おもははいかに-もとかまし-つらきもしらす-こふるこころを


00864

[詞書]ちきりけることたかひにける女につかはしける

参議為通

契りしももろともにこそちきりしかわすれはわれもわすれましかは

ちきりしも-もろともにこそ-ちきりしか-わすれはわれも-わすれましかは


00865

[詞書]しのひてものいひ侍りける女の、つねに心さしなしとゑんしけれは、つかはしける

従三位季行

君にのみしたのおもひはかはしまの水の心はあさからなくに

きみにのみ-したのおもひは-かはしまの-みつのこころは-あさからなくに


00866

[詞書]うへのをのことも老後恋といへる心をつかうまつりけるに、よませ給うける

院御製

おもひきやとしのつもるはわすられて恋にいのちのたへん物とは

おもひきや-としのつもるは-わすられて-こひにいのちの-たへむものとは


00867

[詞書]題不知

藤原季通朝臣

なけきあまりうきみそいまはなつかしき君ゆゑ物をおもふと思へは

なけきあまり-うきみそいまは-なつかしき-きみゆゑものを-おもふとおもへは


00868

[詞書]題不知

前右京権大夫頼政

水くきはこれをかきりとかきつめてせきあへぬ物は涙なりけり

みつくきは-これをかきりと-かきつめて-せきあへぬものは-なみたなりけり


00869

[詞書]むつきのついたちころ、しのひたるところにつかはしける

二条院御製

たれもよもまたききそめし鴬の君にのみこそおとしはしむれ

たれもよも-またききそめし-うくひすの-きみにのみこそ-おとしはしむれ


00870

[詞書]御返事

よみひとしらす

鴬はなへてみやこになれぬらんふるすにねをはわれのみそなく

うくひすは-なへてみやこに-なれぬらむ-ふるすにねをは-われのみそなく


00871

[詞書]寄源氏物語恋といへるこころをよめる

よみひとしらす

みせはやなつゆのゆかりの玉かつら心にかけてしのふけしきを

みせはやな-つゆのゆかりの-たまかつら-こころにかけて-しのふけしきを


00872

[詞書]寄源氏物語恋といへるこころをよめる

よみひとしらす

あふさかの名をわすれにし中なれとせきやられぬは涙なりけり

あふさかの-なをわすれにし-なかなれと-せきやられぬは-なみたなりけり


00873

[詞書]二条院御時、うへのをのことも百首歌たてまつりける時、忍恋のこころをよめる

刑部卿範兼

月まつと人にはいひてなかむれはなくさめかたき夕くれのそら

つきまつと-ひとにはいひて-なかむれは-なくさめかたき-ゆふくれのそら


00874

[詞書]題しらす

藤原為真

あしのやのかりそめふしは津国のなからへゆけとわすれさりけり

あしのやの-かりそめふしは-つのくにの-なからへゆけと-わすれさりけり


00875

[詞書]題しらす

円位法師

しらさりき雲ゐのよそにみし月のかけをたもとにやとすへしとは

しらさりき-くもゐのよそに-みしつきの-かけをたもとに-やとすへしとは


00876

[詞書]題しらす

円位法師

あふとみしその夜の夢のさめてあれななかきねふりはうかるへけれと

あふとみし-そのよのゆめの-さめてあれな-なかきねふりは-うかるへけれと


00877

[詞書]題しらす

空人法師

秋かせのうき人よりもつらきかな恋せよとてはふかさらめとも

あきかせの-うきひとよりも-つらきかな-こひせよとては-ふかさらめとも


00878

[詞書]題しらす

源仲綱

心さへわれにもあらすなりにけり恋はすかたのかはるのみかは

こころさへ-われにもあらす-なりにけり-こひはすかたの-かはるのみかは


00879

[詞書]寄浦恋といへるこころをよめる

二条院内侍参河

まちかねてさよもふけひのうらかせにたのめぬ浪のおとのみそする

まちかねて-さよもふけひの-うらかせに-たのめぬなみの-おとのみそする


00880

[詞書]恋のうたとてよめる

さぬき

ひとよとてよかれし床のさむしろにやかてもちりのつもりぬるかな

ひとよとて-よかれしとこの-さむしろに-やかてもちりの-つもりぬるかな


00881

[詞書]百首歌よませ侍りける時、遇不遇恋といへる心をよみ侍りける

摂政前右大臣

なからへてかはる心をみるよりもあふに命をかへてましかは

なからへて-かはるこころを-みるよりも-あふにいのちを-かへてましかは


00882

[詞書]不言在所恋といへるこころをよみ侍りける

前中納言雅頼

あふ事のありしところしかはらすは心をたにもやらましものを

あふことの-ありしところし-かはらすは-こころをたにも-やらましものを


00883

[詞書]移香増恋といへるこころをよみ侍りける

権中納言経房

うつりかになにしみにけんさよころもわすれぬつまとなりけるものを

うつりかに-なにしみにけむ-さよころも-わすれぬつまと-なりけるものを


00884

[詞書]あけくれのそらをともになかめける女、又あふまてのかたみにみむと申しけるのち、つかはしける

右近中将忠良

わすれぬやしのふやいかにあはぬまのかたみとききしあけくれの空

わすれぬや-しのふやいかに-あはぬまの-かたみとききし-あけくれのそら


00885

[詞書]歌合し侍りける時、恋歌とてよめる

俊恵法師

おもひかねなほ恋ちにそかへりぬるうらみはすゑもとほらさりけり

おもひかね-なほこひちにそ-かへりぬる-うらみはすゑも-とほらさりけり


00886

[詞書]歌合し侍りける時、恋歌とてよめる

殷富門院大輔

みせはやなをしまのあまの袖たにもぬれにそぬれし色はかはらす

みせはやな-をしまのあまの-そてたにも-ぬれにそぬれし-いろはかはらす


00887

[詞書]隔河恋といへるこころをよめる

前右京権大夫頼政

山しろのみつののさとにいもをおきていくたひよとに舟よはふらん

やましろの-みつののさとに-いもをおきて-いくたひよとに-ふねよはふらむ


00888

[詞書]絶久恋といへる心をよめる

藤原隆信朝臣

人しれすむすひそめてし若草のはなのさかりもすきやしぬらん

ひとしれす-むすひそめてし-わかくさの-はなのさかりも-すきやしぬらむ


00889

[詞書]希会不絶恋といへるこころをよめる

藤原顕家朝臣

いかなれはなかれはたえぬ中川にあふせのかすのすくなかるらん

いかなれは-なかれはたえぬ-なかかはに-あふせのかすの-すくなかるらむ


00890

[詞書]摂政、右大臣の時、家に百首歌よませ侍りける時、逢不逢恋をよめる

源仲綱

すみなれしさのの中川せたえしてなかれかはるは涙なりけり

すみなれし-さののなかかは-せたえして-なかれかはるは-なみたなりけり


00891

[詞書]初疎後思恋といへるこころをよめる

二条院讃岐

いまさらに恋しといふもたのまれすこれも心のかはるとおもへは

いまさらに-こひしといふも-たのまれす-これもこころの-かはるとおもへは


00892

[詞書]恋歌とてよめる

太皇太后宮小侍従

こひそめし心の色のなになれはおもひかへすにかへらさるらん

こひそめし-こころのいろの-なになれは-おもひかへすに-かへらさるらむ


00893

[詞書]恋歌とてよめる

道因法師

伊勢しまやいちしのうらのあまたにもかつかぬ袖はぬるるものかは

いせしまや-いちしのうらの-あまたにも-かつかぬそては-ぬるるものかは


00894

[詞書]逢不逢恋といへる心をよめる

俊恵法師

おもひきやうかりし夜はの鳥のねをまつことにしてあかすへしとは

おもひきや-うかりしよはの-とりのねを-まつことにして-あかすへしとは


00895

[詞書]夏夜恋といふこころを

俊恵法師

から衣かへしてはねし夏のよはゆめにもあかて人わかれけり

からころも-かへしてはねし-なつのよは-ゆめにもあかて-ひとわかれけり


00896

[詞書]恋歌とてよみ侍りける

法印静賢

みのうさをおもひしらてややみなましあひみぬさきのつらさなりせは

みのうさを-おもひしらてや-やみなまし-あひみぬさきの-つらさなりせは


00897

[詞書]摂政、右大臣のとき、家の歌合に恋の心をよめる

皇太后宮大夫俊成

あふことはみをかへてともまつへきをよよをへたてんほとそかなしき

あふことは-みをかへてとも-まつへきを-よよをへたてむ-ほとそかなしき


00898

[詞書]摂政、右大臣のとき、家の歌合に恋の心をよめる

摂政家丹後

おもひねの夢になくさむ恋なれはあはねとくれのそらそまたるる

おもひねの-ゆめになくさむ-こひなれは-あはねとくれの-そらそまたるる


00899

[詞書]題不知

民部卿成範

恋ひわひてうちぬるよひの夢にたにあふとは人のみえはこそあらめ

こひわひて-うちぬるよひの-ゆめにたに-あふとはひとの-みえはこそあらめ


00900

[詞書]しのひて物申しける女の、せうそこをたにかよはしかたく侍りけるを、からの枕のしたに師子つくりたるか、くちのうちにふかくかくしてつかはし侍りける

権大納言実家

わひつつはなれたに君にとこなれよかはさぬ夜はの枕なりとも

わひつつは-なれたにきみに-とこなれよ-かはさぬよはの-まくらなりとも


00901

[詞書]返し

よみ人しらす

なけきつつかはさぬ夜はのつもるには枕もうとくならぬものかは

なけきつつ-かはさぬよはの-つもるには-まくらもうとく-ならぬものかは


00902

[詞書]題しらす

右近中将忠良

これはみなおもひしことそなれしよりあはれなこりをいかにせんとは

これはみな-おもひしことそ-なれしより-あはれなこりを-いかにせむとは


00903

[詞書]題しらす

権中納言通親

しぬとても心をわくる物ならは君にのこしてなほや恋ひまし

しぬとても-こころをわくる-ものならは-きみにのこして-なほやこひまし