千載和歌集/巻第十二

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻十二:恋二


00704

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、恋の心をよみ侍りける

大納言公実

おもひあまり人にとははやみなせ川むすはぬ水に袖はぬるやと

おもひあまり-ひとにとははや-みなせかは-むすはぬみつに-そてはぬるやと


00705

[詞書]題しらす

花薗左大臣

はかなくも人に心をつくすかなみのためにこそ思ひそめしか

はかなくも-ひとにこころを-つくすかな-みのためにこそ-おもひそめしか


00706

[詞書]題しらす

二条太皇太后宮大弐

恋ひそめし人はかくこそつれなけれわか涙しも色かはるらん

こひそめし-ひとはかくこそ-つれなけれ-わかなみたしも-いろかはるらむ


00707

[詞書]白川院三条殿におはしましける時、をのことも恋のうたよみ侍りけるによめる

前中納言雅兼

かかりける涙と人もみるはかりしはらし袖よくちはてねたた

かかりける-なみたとひとも-みるはかり-しほらしそてよ-くちはてねたた


00708

[詞書]権中納言俊忠家に恋十首歌よみ侍りける時、いのれともあはさる恋といへる心をよめる

源俊頼朝臣

うかりける人をはつせの山おろしよはけしかれとはいのらぬものを

うかりける-ひとをはつせの-やまおろしよ-はけしかれとは-いのらぬものを


00709

[詞書]同十首のうちに、ちかふ恋といへる心をよめる

修埋大夫顕季

うれしくはのちの心を神もきけひくしめなはのたえしとそおもふ

うれしくは-のちのこころを-かみもきけ-ひくしめなはの-たえしとそおもふ


00710

[詞書]乍臥無実恋

藤原顕仲朝臣

むすひおくふしみのさとの草枕とけてやみぬるたひにも有るかな

むすひおく-ふしみのさとの-くさまくら-とけてやみぬる-たひにもあるかな


00711

[詞書]来不留恋

権中納言俊忠

こひこひてかひもなきさにおきつ浪よせてはやかて立ちかへれとや

こひこひて-かひもなきさに-おきつなみ-よせてはやかて-たちかへれとや


00712

[詞書]女のもとにつかはしける

徳大寺左大臣

いかてわれつれなき人に身をかへて恋しきほとを思ひしらせん

いかてわれ-つれなきひとに-みをかへて-こひしきほとを-おもひしらせむ


00713

[詞書]法性寺入道前太政大臣、内大臣に侍りける時、家の歌合に、恋のうたとてよめる

源雅光

玉もかるのしまの浦のあまたにもいとかく袖はぬるるものかは

たまもかる-のしまのうらの-あまたにも-いとかくそては-ぬるるものかは


00714

[詞書]法性寺入道前太政大臣、内大臣に侍りける時、家の歌合に、恋のうたとてよめる

藤原重基

あふことをその年月とちきらねは命や恋のかきりなるらん

あふことを-そのとしつきと-ちきらねは-いのちやこひの-かきりなるらむ


00715

[詞書]中院入道右大臣中将に侍りける時、歌合し侍りけるに、恋の歌とてよめる

藤原宗兼朝臣

恋ひわたる涙の川にみをなけんこの世ならてもあふせありやと

こひわたる-なみたのかはに-みをなけむ-このよならても-あふせありやと


00716

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋歌とてよめる

前参議親隆

みちのくのとつなのはしにくるつなのたえすも人にいひわたるかな

みちのくの-とつなのはしに-くるつなの-たえすもひとに-いひわたるかな


00717

[詞書]逐日増恋といへるこころをよませ給うける

院御製

こひわたるけふの涙にくらふれはきのふの袖はぬれしものかは

こひわたる-けふのなみたに-くらふれは-きのふのそては-ぬれしものかは


00718

[詞書]題しらす

右おほいまうちきみ

あさまたき露をさなからささめかるしつか袖たにかくはぬれしを

あさまたき-つゆをさなから-ささめかる-しつかそてたに-かくはぬれしを


00719

[詞書]題しらす

権大納言実国

しほたるるいせをのあまやわれならんさらはみるめをかるよしもかな

しほたるる-いせをのあまや-われならむ-さらはみるめを-かるよしもかな


00720

[詞書]題しらす

権大納言実家

よしさらはあふとみつるになくさまんさむるうつつも夢ならぬかは

よしさらは-あふとみつるに-なくさまむ-さむるうつつも-ゆめならぬかは


00721

[詞書]題しらす

右衛門督頼実

いかはかりおもふとしりてつらからんあはれ涙の色をみせはや

いかはかり-おもふとしりて-つらからむ-あはれなみたの-いろをみせはや


00722

[詞書]題しらす

俊恵法師

恋ひしなん命を誰にゆつりおきてつれなき人のはてをみせまし

こひしなむ-いのちをたれに-ゆつりおきて-つれなきひとの-はてをみせまし


00723

[詞書]題しらす

前右京権大夫頼政

せきかぬる涙の川のはやきせはあふよりほかのしからみそなき

せきかぬる-なみたのかはの-はやきせは-あふよりほかの-しからみそなき


00724

[詞書]題しらす

藤原顕方

わか恋はとしふるかひもなかりけりうらやましきはうちのはし守

わかこひは-としふるかひも-なかりけり-うらやましきは-うちのはしもり


00725

[詞書]題しらす

道因法師

なれてのちしなん別のかなしきに命にかへぬあふこともかな

なれてのち-しなむわかれの-かなしきに-いのちにかへぬ-あふこともかな


00726

[詞書]題しらす

賀茂重保

にしききの千つかにかきりなかりせは猶こりすまにたてましものを

にしききの-ちつかにかきり-なかりせは-なほこりすまに-たてましものを


00727

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のうたとてよめる

前参議教長

いかはかり恋ちはとほき物なれはとしはゆけともあふよなからん

いかはかり-こひちはとほき-ものなれは-としはゆけとも-あふよなからむ


00728

[詞書]ときとき物申しかはしける人に、なのたつはしらぬかと、人のつけけれはよめる

三宮家越後

なれてのちつらからましにくらふれはなき名はことのかすならぬかな

なれてのち-つらからましに-くらふれは-なきなはことの-かすならぬかな


00729

[詞書]大納言重通、少将に侍りける時、名たつこと侍りけるを、おなしくはまことになさはやといひつかはして侍りけれは、よみてつかはしける

法性寺入道前太政大臣家参川

あひみむとおもひなよりそしら浪のたちけん名たにをしきみきはを

あひみむと-おもひなよりそ-しらなみの-たちけむなたに-をしきみきはを


00730

[詞書]後三条内大臣家に歌合し侍りける時、恋歌とてよめる

道因法師

恋ひしなんみはをしからすあふことにかへんほとまてと思ふはかりそ

こひしなむ-みはをしからす-あふことに-かへむほとまてと-おもふはかりそ


00731

[詞書]贈左大臣(長実)八条家にて恋の心をよめる

左京大夫顕輔

いまはさはあひみむまてはかたくとも命とならむことのはもかな

いまはさは-あひみむまては-かたくとも-いのちとならむ-ことのはもかな


00732

[詞書]題不知

平忠盛朝臣

一かたになひくもしほの煙かなつれなき人のかからましかは

ひとかたに-なひくもしほの-けふりかな-つれなきひとの-かからましかは


00733

[詞書]題不知

藤原道経

恋ひわひぬちぬのますらをならなくにいくたの川にみをやなけまし

こひわひぬ-ちぬのますらを-ならなくに-いくたのかはに-みをやなけまし


00734

[詞書]題不知

寂超法師

命をはあふにかへんとおもひしを恋ひしぬとたにしらせてしかな

いのちをは-あふにかへむと-おもひしを-こひしぬとたに-しらせてしかな


00735

[詞書]題不知

源師光

こひしとも又つらしともおもひやる心いつれかさきにたつらん

こひしとも-またつらしとも-おもひやる-こころいつれか-さきにたつらむ


00736

[詞書]題不知

道因法師

あふならぬ恋なくさめのあらはこそつれなしとてもおもひたえなめ

あふならぬ-こひなくさめの-あらはこそ-つれなしとても-おもひたえなめ


00737

[詞書]題不知

顕昭法師

つれなさにいまは思ひもたえなましこの世ひとつの契なりせは

つれなさに-いまはおもひも-たえなまし-このよひとつの-ちきりなりせは


00738

[詞書]題不知

源慶法師

うたたねの夢にあひみて後よりは人もたのめぬくれそまたるる

うたたねの-ゆめにあひみて-のちよりは-ひともたのめぬ-くれそまたるる


00739

[詞書]題不知

朝恵法師

あはれとも枕はかりやおもふらむ涙たえせぬよはのけしきを

あはれとも-まくらはかりや-おもふらむ-なみたたえせぬ-よはのけしきを


00740

[詞書]忍恋のこころをよみ侍りける

二条院内侍参川

衣手におつる涙の色なくは露とも人にいはましものを

ころもてに-おつるなみたの-いろなくは-つゆともひとに-いはましものを


00741

[詞書]忍恋のこころをよみ侍りける

殷富門院大輔

おもふことしのふにいととそふ物はかすならぬみのなけきなりけり

おもふこと-しのふにいとと-そふものは-かすならぬみの-なけきなりけり


00742

[詞書]右大臣に侍りける時、家の歌合に恋のうたとてよみ侍りける

摂政前右大臣

行きかへる心に人のなるれはやあひみぬさきに恋しかるらん

ゆきかへる-こころにひとの-なるれはや-あひみぬさきに-こひしかるらむ


00743

[詞書]寄郷恋といへるこころをよめる

左衛門督家通

あふことをさりともとのみおもふかなふしみのさとの名をたのみつつ

あふことを-さりともとのみ-おもふかな-ふしみのさとの-なをたのみつつ


00744

[詞書]しのひてくれにまうのほるへきよし侍りける人につかはしける

二条院御製

なとやかくさもくれかたきおほそらそわかまつことはありとしらすや

なとやかく-さもくれかたき-おほそらそ-わかまつことは-ありとしらすや


00745

[詞書]百首歌のなかに、恋のこころを

式子内親王

袖の色は人のとふまてなりもせよふかきおもひを君したのまは

そてのいろは-ひとのとふまて-なりもせよ-ふかきおもひを-きみしたのまは


00746

[詞書]契暮秋恋といへるこころをよみ侍りける

左近中将良経

秋はをし契はまたるとにかくに心にかかるくれのそらかな

あきはをし-ちきりはまたる-とにかくに-こころにかかる-くれのそらかな


00747

[詞書]恋のうたとてよめる

藤原成家朝臣

恋をのみしくるる空のうき雲はくもりもあへす袖ぬらしけり

こひをのみ-しくるるそらの-うきくもは-くもりもあへす-そてぬらしけり


00748

[詞書]忍伝書恋といへるこころをよめる

藤原家実

いそかくれかきはやれとももしほ草たちくる浪にあらはれやせん

いそかくれ-かきはやれとも-もしほくさ-たちくるなみに-あらはれやせむ


00749

[詞書]題不知

藤原家隆

くれにともちきりてたれかかへるらんおもひたえたる曙の空

くれにとも-ちきりてたれか-かへるらむ-おもひたえたる-あけほののそら


00750

[詞書]題不知

読人しらす

契りおくそのことのはにみをかへてのちの世にたにあひみてしかな

ちきりおく-そのことのはに-みをかへて-のちのよにたに-あひみてしかな


00751

[詞書]大内にて月あかかりける夜、人人あそひけるをほのかにみて、心あくかるるよしいひて侍りける人の返事に、つかはしける

殷富門院尾張

誰ゆゑかあくかれにけん雲まよりみし月かけはひとりならしを

たれゆゑか-あくかれにけむ-くもまより-みしつきかけは-ひとりならしを


00752

[詞書]恋為後世妨といへるこころをよめる

藤原家基

こえやらて恋ちにまよふあふ坂や世を出てはてぬせきとなるらん

こえやらて-こひちにまよふ-あふさかや-よをいてはてぬ-せきとなるらむ


00753

[詞書]乍臥無実恋といへる心をよめる

西住法師

たまくらのうへにみたるるあさねかみしたにとけすと人はしらしな

たまくらの-うへにみたるる-あさねかみ-したにとけすと-ひとはしらしな


00754

[詞書]題しらす

前右京権大夫頼政

わか袖のしほのみちひるうらならは涙のよらぬをりもあらまし

わかそての-しほのみちひる-うらならは-なみたのよらぬ-をりもあらまし


00755

[詞書]題しらす

法印静賢

しほたるる袖のひるまはありやともあはてのうらのあまにとははや

しほたるる-そてのひるまは-ありやとも-あはてのうらの-あまにとははや


00756

[詞書]題しらす

俊恵法師

おもひきや夢を此世のちきりにてさむる別をなけくへしとは

おもひきや-ゆめをこのよの-ちきりにて-さむるわかれを-なけくへしとは


00757

[詞書]題しらす

藤原隆信朝臣

われゆゑの涙とこれをよそにみはあはれなるへき袖のうへかな

われゆゑの-なみたとこれを-よそにみは-あはれなるへき-そてのうへかな


00758

[詞書]題しらす

賀茂政平

あふことのかくかたけれはつれもなき人の心やいは木なるらん

あふことの-かくかたけれは-つれもなき-ひとのこころや-いはきなるらむ


00759

[詞書]題しらす

源光行

恋ひしなん涙のはてやわたり川ふかきなかれとならんとすらん

こひしなむ-なみたのはてや-わたりかは-ふかきなかれと-ならむとすらむ


00760

[詞書]寄石恋といへるこころをよめる

二条院讃岐

わか袖はしほひにみえぬおきの石の人こそしらねかわくまそなき

わかそては-しほひにみえぬ-おきのいしの-ひとこそしらね-かわくまそなき


00761

[詞書]題しらす

民部卿成範

かかりけるなけきはなにのむくいそとしる人あらはとはましものを

かかりける-なけきはなにの-むくひそと-しるひとあらは-とはましものを


00762

[詞書]題しらす

大宰大弐重家

恋ひしなんことそはかなきわたり河あふせありとはきかぬものゆゑ

こひしなむ-ことそはかなき-わたりかは-あふせありとは-きかぬものゆゑ


00763

[詞書]題しらす

刑部卿範兼

いもかあたりなかるる川のせによらはあわとなりてもきえんとそ思ふ

いもかあたり-なかるるかはの-せによらは-あわとなりても-きえむとそおもふ


00764

[詞書]石清水歌合とて、人人よみ侍りける時、寄松恋といへる心をよみ侍りける

(ツネフ)

はかなしな心つくしに年をへていつともしらぬあふの松原

はかなしな-こころつくしに-としをへて-いつともしらぬ-あふのまつはら


00765

[詞書]恋歌とてよめる

寂蓮法師

おもひねの夢たにみえてあけぬれはあはても鳥のねこそつらけれ

おもひねの-ゆめたにみえて-あけぬれは-あはてもとりの-ねこそつらけれ


00766

[詞書]恋歌とてよめる

俊恵法師

よもすから物思ふころはあけやらぬねやのひまさへつれなかりけり

よもすから-ものおもふころは-あけやらぬ-ねやのひまさへ-つれなかりけり


00767

[詞書]恋歌とてよめる

俊恵法師

いたつらにしをるる袖をあさ露にかへるたもととおもはましかは

いたつらに-しをるるそてを-あさつゆに-かへるたもとと-おもはましかは


00768

[詞書]恋歌とてよめる

菅原是忠

恋ゆゑはさもあらぬ人そうらめしきわれよそならはとはましものを

こひゆゑは-さもあらぬひとそ-うらめしき-われよそならは-とはましものを


00769

[詞書]恋歌とてよめる

藤原親盛

おもひせく心のうちのしからみもたへすなりゆく涙川かな

おもひせく-こころのうちの-しからみも-たへすなりゆく-なみたかはかな


00770

[詞書]恋歌とてよめる

静縁法師

おのつからつらき心もかはるやとまちみむほとの命ともかな

おのつから-つらきこころも-かはるやと-まちみむほとの-いのちともかな


00771

[詞書]むつましくはなくて、わすられにける人につかはしける

大江維順女

わすらるるうき名はさても立ちにけり心のうちはおもひわけとも

わすらるる-うきなはさても-たちにけり-こころのうちは-おもひわけとも


00772

[詞書]晩風催恋といへるこころをよめる

藤原顕家朝臣

よとともにつれなき人を恋くさの露こほれます秋のゆふかせ

よとともに-つれなきひとを-こひくさの-つゆこほれます-あきのゆふかせ


00773

[詞書]題不知

源師光

恋しさをいかかはすへきおもへともみはかすならす人はつれなし

こひしさを-いかかはすへき-おもへとも-みはかすならす-ひとはつれなし


00774

[詞書]女のもとにつかはしける

権大納言実国

こひしなは我ゆゑとたにおもひ出てよさこそはつらき心なりとも

こひしなは-われゆゑとたに-おもひいてよ-さこそはつらき-こころなりとも


00775

[詞書]女のもとにつかはしける

左衛門督家通

ひたすらにうらみしもせしさきの世にあふまてこそはちきらさりけめ

ひたすらに-うらみしもせし-さきのよに-あふまてこそは-ちきらさりけめ


00776

[詞書]おもひなから色にいてさりける女のもとにて、かかみをかりてそのうらにかきつけて、かへし侍りける

藤原公衡朝臣

ますかかみ心もうつるものならはさりともいまはあはれとやみん

ますかかみ-こころもうつる-ものならは-さりともいまは-あはれとやみむ


00777

[詞書]法住寺殿の殿上の歌合に、臨期違約恋といへる心をよめる

権中納言通親

いましはしそらたのめにもなくさめておもひたえぬるよひの玉つさ

いましはし-そらたのめにも-なくさめて-おもひたえぬる-よひのたまつさ


00778

[詞書]法住寺殿の殿上の歌合に、臨期違約恋といへる心をよめる

藤原盛方朝臣

そま川のあさからすこそ契りしかなとこのくれをひきたかふらん

そまかはの-あさからすこそ-ちきりしか-なとこのくれを-ひきたかふらむ


00779

[詞書]法住寺殿の殿上の歌合に、臨期違約恋といへる心をよめる

皇太后宮大夫俊成

おもひきやしちのはしかきかきつめてもも夜もおなしまろねせんとは

おもひきや-しちのはしかき-かきつめて-ももよもおなし-まろねせむとは