千載和歌集/巻第十三

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻十三:恋三


00780

[詞書]題不知

藤原実方朝臣

ちきりこしことのたかふそたのもしきつらさもかくやかはるとおもへは

ちきりこし-ことのたかふそ-たのもしき-つらさもかくや-かはるとおもへは


00781

[詞書]題不知

相模

しらしかしおもひも出てぬ心にはかくわすられすわれなけくとも

しらしかし-おもひもいてぬ-こころには-かくわすられす-われなけくとも


00782

[詞書]題不知

藤原長能

つれもなくなりぬる人の玉つさをうき思出のかたみともせし

つれもなく-なりぬるひとの-たまつさを-うきおもひての-かたみともせし


00783

[詞書]題不知

藤原長能

やはらかにぬる夜もなくて別れぬるよよの手枕いつかわすれん

やはらかに-ぬるよもなくて-わかれぬる-よよのたまくら-いつかわすれむ


00784

[詞書]ふつきのなぬかの夜、大納言朝光ものいひ侍りけるを、又の日心あるさまに人のいひ侍りけれは、つかはしける

小大君

たなはたにかしつとおもひしあふことをそのよなき名のたちにけるかな

たなはたに-かしつとおもひし-あふことを-そのよなきなの-たちにけるかな


00785

[詞書]枇杷殿の皇太后宮にまゐりて侍りけるに、弁乳母のはかまのこしのいてたるを、おまへなるすすりをひきよせて、そのこしにかきつけて侍りける

宇治前太政大臣

うらめしやむすほほれたる下ひものとけぬやなにの心なるらん

うらめしや-むすほほれたる-したひもの-とけぬやなにの-こころなるらむ


00786

[詞書]返し

弁乳母

したひもは人のこふるにとくなれはたかつらきにかむすほほるらん

したひもは-ひとのこふるに-とくなれは-たかつらきにか-むすほほるらむ


00787

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、恋の心をよめる

太納言公実

ひとりぬるわれにてしりぬ池水につかはぬをしのおもふ心を

ひとりぬる-われにてしりぬ-いけみつに-つかはぬをしの-おもふこころを


00788

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、恋の心をよめる

中納言師時

恋をのみしつのをたまきくるしきはあはて年ふる思ひなりけり

こひをのみ-しつのをたまき-くるしきは-あはてとしふる-おもひなりけり


00789

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、恋の心をよめる

源俊頼朝臣

あさてほすあつまをとめのかやむしろしきしのひてもすくすころかな

あさてほす-あつまをとめの-かやむしろ-しきしのひても-すくすころかな


00790

[詞書]中院右大臣、中将に侍りける時、歌合し侍りけるによめる

修理大夫顕季

よとともに行かたもなき心かな恋はみちなき物にそ有りける

よとともに-ゆくかたもなき-こころかな-こひはみちなき-ものにそありける


00791

[詞書]旅恋の心をよめる

僧都覚雅

旅衣涙のいろのしるけれは露にもえこそかこたさりけり

たひころも-なみたのいろの-しるけれは-つゆにもえこそ-かこたさりけり


00792

[詞書]堀川院御時、艶書のうたをうへのをのこともによませ給うて、歌よむ女房のもとともにつかはしけるを、大納言公実は康資王の母につかはしけるを、又周防内侍にもつかはしけりとききて、そねみたる歌をおくりて侍りけれは、つかはしける

大納言公実

みつしほにすゑはをあらふなかれあしの君をそおもふうきみしつみみ

みつしほに-すゑはをあらふ-なかれあしの-きみをそおもふ-うきみしつみみ


00793

[詞書]中将に侍りけるとき、家に歌合し侍りけるに、恋の歌とてよみ侍りける

権中納言俊忠

わか恋はあまのかるもにみたれつつかわく時なき浪のしたくさ

わかこひは-あまのかるもに-みたれつつ-かわくときなき-なみのしたくさ


00794

[詞書]法性寺入道内大臣に侍りける時の歌合に、たつねうしなふ恋といへるこころをよめる

藤原時昌

なほさりにみわの杉とはをしへおきてたつぬる時はあはぬ君かな

なほさりに-みわのすきとは-をしへおきて-たつぬるときは-あはぬきみかな


00795

[詞書]法住寺殿にて五月御供花のとき、をのことも歌よみ侍りけるに、契後隠恋といへる心をよみ侍りける

皇太后宮大夫俊成

たのめこし野へのみちしは夏ふかしいつくなるらんもすの草くき

たのめこし-のへのみちしは-なつふかし-いつくなるらむ-もすのくさくき


00796

[詞書]題しらす

法性寺入道前太政大臣

冬の日を春よりなかくなす物はこひつつくらす心なりけり

ふゆのひを-はるよりなかく-なすものは-こひつつくらす-こころなりけり


00797

[詞書]位の御時、皇太后宮はしめてまゐりたまへりけるのちのあしたにつかはしける

院御製

よろつ代をちきりそめつるしるしにはかつかつけふのくれそひさしき

よろつよを-ちきりそめつる-しるしには-かつかつけふの-くれそひさしき


00798

[詞書]おなし御時、しのひてはしめてまうのほりて侍りける人に、あさまつりことのほと、まきれさせ給うことありて、くれにけるゆふかたつかはしける

院御製

けさとはぬつらさに物はおもひしれわれもさこそはうらみかねしか

けさとはぬ-つらさにものは-おもひしれ-われもさこそは-うらみかねしか


00799

[詞書]花薗左大臣につかはしける

待賢門院加賀

かねてよりおもひしことそふししはのこるはかりなるなけきせんとは

かねてより-おもひしことそ-ふししはの-こるはかりなる-なけきせむとは


00800

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のこころをよめる

前参議教長

恋しさはあふをかきりとききしかとさてしもいととおもひそひけり

こひしさは-あふをかきりと-ききしかと-さてしもいとと-おもひそひけり


00801

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のこころをよめる

左京大夫顕輔

よそにしてもときし人にいつしかと袖のしつくをとはるへきかな

よそにして-もときしひとに-いつしかと-そてのしつくを-とはるへきかな


00802

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のこころをよめる

待賢門院堀川

なかからむ心もしらすくろかみのみたれてけさは物をこそおもへ

なかからむ-こころもしらす-くろかみの-みたれてけさは-ものをこそおもへ


00803

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のこころをよめる

上西門院兵衛

よひのまもまつに心やなくさむといまこんとたにたのめおかなん

よひのまも-まつにこころや-なくさむと-いまこむとたに-たのめおかなむ


00804

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のこころをよめる

待賢門院のあき

そなれ木のそなれそなれてふす苔のまほならすともあひみてしかな

そなれきの-そなれそなれて-ふすこけの-まほならすとも-あひみてしかな


00805

[詞書]後朝恋の心をよめる

前右京権大夫頼政

人はいさあかぬよとこにととめつるわか心こそわれをまつらめ

ひとはいさ-あかぬよとこに-ととめつる-わかこころこそ-われをまつらめ


00806

[詞書]しのひたるところにまかりて、あり明の月によふかくかへりてつかはしける

権中納言通親

おもへたたいりやらさりしあり明の月よりさきにいてし心を

おもへたた-いりやらさりし-ありあけの-つきよりさきに-いてしこころを


00807

[詞書]摂政右大臣の時の家の歌合に、旅宿逢恋といへるこころをよめる

皇嘉門院別当

なにはえのあしのかりねの一よゆゑみをつくしてや恋ひわたるへき

なにはえの-あしのかりねの-ひとよゆゑ-みをつくしてや-こひわたるへき


00808

[詞書]初逢恋の心をよめる

藤原公衡朝臣

こひこひてあふうれしさをつつむへき袖は涙にくちはてにけり

こひこひて-あふうれしさを-つつむへき-そてはなみたに-くちはてにけり


00809

[詞書]初逢恋の心をよめる

藤原隆信朝臣

君やそれありしつらさはたれなれはうらみけるさへ今はくやしき

きみやそれ-ありしつらさは-たれなれは-うらみけるさへ-いまはくやしき


00810

[詞書]夢中契恋といへるこころをよめる

参議俊憲

すかたこそねさめのとこにみえすとも契りしことのうつつなりせは

すかたこそ-ねさめのとこに-みえすとも-ちきりしことの-うつつなりせは


00811

[詞書]中納言国信しのひてもの申してのち、つかはしける

前斎院新肥前

あつまやのあさ木のはしらわれなからいつふしなれて恋しかるらん

あつまやの-あさきのはしら-われなから-いつふしなれて-こひしかるらむ


00812

[詞書]寄枕恋といへるこころをよみ侍りける

久我内大臣

つつめともまくらは恋をしりぬらん涙かからぬ夜はしなけれは

つつめとも-まくらはこひを-しりぬらむ-なみたかからぬ-よはしなけれは


00813

[詞書]夏恋といへるこころをよめる

前中納言雅頼

恋すれはもゆるほたるもなくせみもわかみの外の物とやはみる

こひすれは-もゆるほたるも-なくせみも-わかみのほかの-ものとやはみる


00814

[詞書]題不知

右大臣

ひきかけて涙を人につつむまにうらやくちなん夜はの衣は

ひきかけて-なみたをひとに-つつむまに-うらやくちなむ-よはのころもは


00815

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のうたとてよめる

前参議親隆

しほたるるいせをのあまの袖たにもほすなるひまはありとこそきけ

しほたるる-いせをのあまの-そてたにも-ほすなるひまは-ありとこそきけ


00816

[詞書]歌合し侍りけるときよめる

藤原清輔朝臣

しはしこそぬるるたもともしほりしか涙にいまはまかせてそみる

しはしこそ-ぬるるたもとも-しほりしか-なみたにいまは-まかせてそみる


00817

[詞書]歌合し侍りけるときよめる

顕昭法師

よしさらは涙にくちねから衣ほすも人めをしのふかきりそ

よしさらは-なみたにくちね-からころも-ほすもひとめを-しのふかきりそ


00818

[詞書]題しらす

道因法師

おもひわひさても命はあるものをうきにたへぬは涙なりけり

おもひわひ-さてもいのちは-あるものを-うきにたへぬは-なみたなりけり


00819

[詞書]藤原仲実朝臣、備中守にまかれりける時、くしてくたりたりけるを、おもひうすくなりてのち、月をみてよみ侍りける

遊女戸戸

かすならぬみにも心のありかほにひとりも月をなかめつるかな

かすならぬ-みにもこころの-ありかほに-ひとりもつきを-なかめつるかな


00820

[詞書]契日中恋といへるこころをよめる

中原清重

涙にやくちはてなましから衣袖のひるまとたのめさりせは

なみたにや-くちはてなまし-からころも-そてのひるまと-たのめさりせは


00821

[詞書]鳥羽院の御時、くら人ところに侍りける時、女にかはりてよめる

藤原成親

かれはつるをささかふしをおもふにもすくなかりけるよよのかすかな

かれはつる-をささかふしを-おもふにも-すくなかりける-よよのかすかな


00822

[詞書]寄催馬楽恋といへる心をよめる

藤原伊経

わけきつるをささか露のしけけれはあふ道にさへぬるる袖かな

わけきつる-をささかつゆの-しけけれは-あふみちにさへ-ぬるるそてかな


00823

[詞書]たひの恋といへるこころをよみ侍りける

よみ人しらす

おきてゆく涙のかかる草まくら露しけしとや人のあやめん

おきてゆく-なみたのかかる-くさまくら-つゆしけしとや-ひとのあやめむ


00824

[詞書]月前恋といへるこころを

よみ人しらす

涙をもしのふるころのわか袖にあやなく月のやとりぬるかな

なみたをも-しのふるころの-わかそてに-あやなくつきの-やとりぬるかな


00825

[詞書]称他人恋といへる心をよみ侍りける

内大臣

しのひかねいまは我とや名のらまし思ひすつへきけしきならねは

しのひかね-いまはわれとや-なのらまし-おもひすつへき-けしきならねは


00826

[詞書]称他人恋といへる心をよみ侍りける

左近中将良経

しられてもいとはれぬへきみならすは名をさへ人につつむへしやは

しられても-いとはれぬへき-みならすは-なをさへひとに-つつむへしやは


00827

[詞書]女にしのひてかたらふこと侍りけるを、きこゆることの侍りけれは、つかはしける

左兵衛督隆房

いつくよりふきくるかせのちらしけんたれもしのふのもりのことのは

いつくより-ふきくるかせの-ちらしけむ-たれもしのふの-もりのことのは


00828

[詞書]題不知

前右京権大夫頼政

おもひかね夢にみゆやとかへさすはうらさへ袖はぬらささらまし

おもひかね-ゆめにみゆやと-かへさすは-うらさへそては-ぬらささらまし


00829

[詞書]題不知

源師光

くり返しくやしき物は君にしもおもひよりけんしつのをたまき

くりかへし-くやしきものは-きみにしも-おもひよりけむ-しつのをたまき


00830

[詞書]題不知

藤原隆親

いとはるるみをうしとてや心さへわれをはなれて君にそふらん

いとはるる-みをうしとてや-こころさへ-われをはなれて-きみにそふらむ


00831

[詞書]題不知

源光行

あちきなくいはて心をつくすかなつつむ人めも人のためかは

あちきなく-いはてこころを-つくすかな-つつむひとめも-ひとのためかは


00832

[詞書]題不知

皇太后宮若水

くれなゐにしをれし袖もくちはてぬあらはや人に色もみすへき

くれなゐに-しをれしそても-くちはてぬ-あらはやひとに-いろもみすへき


00833

[詞書]題不知

皇嘉門院尾張

命こそおのかものからうかりけれあれはそ人をつらしともみる

いのちこそ-おのかものから-うかりけれ-あれはそひとを-つらしともみる


00834

[詞書]ちきること侍りけるをわすれたる女につかはしける

右近中将忠良

なにとかやしのふにはあらてふるさとの軒はにしける草の名そうき

なにとかや-しのふにはあらて-ふるさとの-のきはにしける-くさのなそうき


00835

[詞書]夢中契恋といへるこころをよめる

太皇太后宮小侍従

みし夢のさめぬやかてのうつつにてけふとたのめしくれをまたはや

みしゆめの-さめぬやかての-うつつにて-けふとたのめし-くれをまたはや


00836

[詞書]人につかはしける

二条院御製

しるらめやおつる涙の露ともにわかれのとこにきえてこふとは

しるらめや-おつるなみたの-つゆともに-わかれのとこに-きえてこふとは


00837

[詞書]御返し

よみ人しらす

またしらぬ露おく袖をおもひやれかことはかりのとこの涙に

またしらぬ-つゆおくそてを-おもひやれ-かことはかりの-とこのなみたに


00838

[詞書]右大臣に侍りける時、百首歌人人によませ侍りける時、後朝恋の歌とてよみ侍りける

摂政前右大臣

かへりつるなこりのそらをなかむれはなくさめかたき有明の月

かへりつる-なこりのそらを-なかむれは-なくさめかたき-ありあけのつき


00839

[詞書]右大臣に侍りける時、百首歌人人によませ侍りける時、後朝恋の歌とてよみ侍りける

皇太后宮大夫俊成

わするなよよよの契をすかはらやふしみのさとの有明の空

わするなよ-よよのちきりを-すかはらや-ふしみのさとの-ありあけのそら