千載和歌集/巻第十一

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻十一:恋一


00641

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、はしめの恋のこころをよめる

源俊頼朝臣

なにはえのもにうつもるる玉かしはあらはれてたに人をこひはや

なにはえの-もにうつもるる-たまかしは-あらはれてたに-ひとをこひはや


00642

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、はしめの恋のこころをよめる

前太后宮肥後

またしらぬ人をはしめてこふるかなおもふ心よみちしるへせよ

またしらぬ-ひとをはしめて-こふるかな-おもぬこころよ-みちしるへせよ


00643

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、はしめの恋のこころをよめる

河内

わりなしやおもふ心の色ならはこれそそれともいはましものを

わりなしや-おもふこころの-いろならは-これそそれとも-いはましものを


00644

[詞書]権中納言俊忠中将に侍りける時、歌合し侍りけるにはしめの恋のこころをよめる

後二条関白家筑前

おもふよりいつしかぬるるたもとかな涙そ恋のしるへなりける

おもふより-いつしかぬるる-たもとかな-なみたそこひの-しるへなりける


00645

[詞書]女につかはしける

藤原長能

もくつ火のいそまをわくるいさり船ほのかなりしにおもひそめてき

もくつひの-いそまをわくる-いさりふね-ほのかなりしに-おもひそめてき


00646

[詞書]題しらす

延久三親王(輔仁)

いかにせんおもひを人にそめなから色に出てしとしのふ心を

いかにせむ-おもひをひとに-そめなから-いろにいてしと-しのふこころを


00647

[詞書]題しらす

徳大寺左大臣

ひとめみし人はたれともしら雲のうはのそらなる恋もするかな

ひとめみし-ひとはたれとも-しらくもの-うはのそらなる-こひもするかな


00648

[詞書]題しらす

中院右大臣

つつめとも涙にそてのあらはれて恋すと人にしられぬるかな

つつめとも-なみたにそての-あらはれて-こひすとひとに-しられぬるかな


00649

[詞書]題しらす

大納言成通

つつめともたへぬ思ひになりぬれは問はすかたりのせまほしきかな

つつめとも-たへぬおもひに-なりぬれは-とはすかたりの-せまほしきかな


00650

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のうたとてよみ侍りける

大炊御門右大臣

おほかたの恋する人にききなれてよのつねのとや君おもふらん

おほかたの-こひするひとに-ききなれて-よのつねのとや-きみおもふらむ


00651

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のうたとてよみ侍りける

左京大夫顕輔

思へともいはての山に年をへてくちやはてなん谷の埋木

おもへとも-いはてのやまに-としをへて-くちやはてなむ-たにのうもれき


00652

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のうたとてよみ侍りける

左京大夫顕輔

たかさこのをのへの松にふくかせのおとにのみやはききわたるへき

たかさこの-をのへのまつに-ふくかせの-おとにのみやは-ききわたるへき


00653

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のうたとてよみ侍りける

待賢門院堀河

あらいそのいはにくたくる浪なれやつれなき人にかくる心は

あらいその-いはにくたくる-なみなれや-つれなきひとに-かくるこころは


00654

[詞書]百首歌たてまつりける時、恋のうたとてよみ侍りける

上西門院兵衛

いはまゆく山のした水せきわひてもらす心のほとをしらなん

いはまゆく-やましたみつを-せきわひて-もらすこころの-ほとをしらなむ


00655

[詞書]権中納言俊忠家の歌合に、恋のうたとてよめる

藤原基俊

みこもりにいはてふるやのしのふ草しのふとたにもしらせてしかな

みこもりに-いはてふるやの-しのふくさ-しのふとたにも-しらせてしかな


00656

[詞書]人につかはしける

藤原長能

おもふこといはまにまきし松のたね千代とちきらむ今はねさせよ

おもふこと-いはまにまきし-まつのたね-ちよとちきらむ-いまはねさせよ


00657

[詞書]うるまのしまの人のここにはなたれきて、ここの人のものいふをききしらてなんあるといふころ、返ことせぬ女につかはしける

前大納言公任

おほつかなうるまの島の人なれやわかことのはをしらぬかほなる

おほつかな-うるまのしまの-ひとなれや-わかことのはを-しらぬかほなる


00658

[詞書]雨のふる日、しのひたる人のもとにつかはしける

堀河右大臣

人しれす物おもふころの袖みれは雨も涙もわかれさりけり

ひとしれす-ものおもふころの-そてみれは-あめもなみたも-わかれさりけり


00659

[詞書]権中納言俊忠かつらの家にて、なきなたつ恋といふこころをよみ侍りけるに

源俊頼朝臣

たちしよりはれすも物を思ふかななき名や野への霞なるらん

たちしより-はれすもものを-おもふかな-なきなやのへの-かすみなるらむ


00660

[詞書]恋のうたとてよめる

源明賢朝臣

なけきあまりしらせそめつることのはも思ふはかりはいはれさりけり

なけきあまり-しらせそめつる-ことのはも-おもふはかりは-いはれさりけり


00661

[詞書]百首歌よみ侍りけるとき、恋のうたとてよみ侍りける

右のおほいまうちきみ

人しれぬこのはのしたのむもれ水おもふ心をかきなかさはや

ひとしれぬ-このはのしたの-うもれみつ-おもふこころを-かきなかさはや


00662

[詞書]題不知

久我内大臣

恋しともいはぬにぬるるたもとかな心をしるは涙なりけり

こひしとも-いはぬにぬるる-たもとかな-こころをしるは-なみたなりけり


00663

[詞書]題不知

前右京権大夫頼政

おもへともいはてしのふのすり衣こころのうちにみたれぬるかな

おもへとも-いはてしのふの-すりころも-こころのうちに-みたれぬるかな


00664

[詞書]題不知

寂然法師

みちのくのしのふもちすりしのひつつ色には出てしみたれもそする

みちのくの-しのふもちすり-しのひつつ-いろにはいてし-みたれもそする


00665

[詞書]題不知

藤原清輔朝臣

なにはめのすくもたく火のしたこかれうへはつれなきわかみなりけり

なにはめの-すくもたくひの-したこかれ-うへはつれなき-わかみなりけり


00666

[詞書]歌合し侍りける時、しのふこひの心をよみ侍りける

刑部卿頼輔

こひしなは世のはかなきにいひおきてなきあとまても人にしられし

こひしなは-よのはかなきに-いひおきて-なきあとまても-ひとにしられし


00667

[詞書]歌合し侍りける時、しのふこひの心をよみ侍りける

顕昭法師

人しれぬ涙の川のみなかみやいはての山の谷のした水

ひとしれぬ-なみたのかはの-みなかみや-いはてのやまの-たにのしたみつ


00668

[詞書]題しらす

よみひとしらす

いかにせむみかきかはらにつむせりのねにのみなけとしる人のなき

いかにせむ-みかきかはらに-つむせりの-ねにのみなけと-しるひとのなき


00669

[詞書]恋の百首よみ侍りける時、寄霞恋といへる心をよめる

賀茂重保

つれもなき人の心やあふさかのせきちへたつるかすみなるらん

つれもなき-ひとのこころや-あふさかの-せきちへたつる-かすみなるらむ


00670

[詞書]恋のうたとてよめる

藤原清輔朝臣

涙川うきねのとりとなりぬれと人にはえこそみなれさりけれ

なみたかは-うきねのとりと-なりぬれと-ひとにはえこそ-みなれさりけれ


00671

[詞書]二条院御時、うへのをのことも百首歌たてまつりける時、よめる

源通能朝臣

わか恋はをはな吹きこす秋かせのおとにはたてしみにはしむとも

わかこひは-をはなふきこす-あきかせの-おとにはたてし-みにはしむとも


00672

[詞書]よかはのふもとなる山てらにこもりゐ侍りける時、いとよろしきわらはの侍りけれは、よみてつかはしける

仁昭法師

世をいとふはしとおもひしかよひちにあやなく人を恋ひわたるかな

よをいとふ-はしとおもひし-かよひちに-あやなくひとを-こひわたるかな


00673

[詞書]題しらす

花薗左大臣

たよりあらはあまのつり舟ことつてむ人をみるめにもとめわひぬる

たよりあらは-あまのつりふね-ことつてむ-ひとをみるめに-もとめわひぬる


00674

[詞書]題しらす

大宮前太政大臣

またもなくたたひとすちに君思ふ恋ちにまとふ我やなになる

またもなく-たたひとすちに-きみおもふ-こひちにまとふ-われやなになる


00675

[詞書]題しらす

前中納言伊房

君こふるみはおほそらにあらねとも月日をおほくすくしつるかな

きみこふる-みはおほそらに-あらねとも-つきひをおほく-すくしつるかな


00676

[詞書]きさいのみやにはしめてまゐれりける女房の、ことひくをきかせ給うて、よみたまひける

二条院御製

ことのねにかよひそめぬる心かな松ふく風にあらぬ身なれと

ことのねに-かよひそめぬる-こころかな-まつふくかせに-あらぬみなれと


00677

[詞書]百首歌よみ給ひける時、恋のうた

式子内親王

はかなしや枕さためぬうたたねにほのかにまよふ夢のかよひち

はかなしや-まくらさためぬ-うたたねに-ほのかにまよふ-ゆめのかよひち


00678

[詞書]百首歌よみ侍りける時、恋の心をよみ侍りける

右大臣

さきにたつ涙とならは人しれす恋ちにまとふ道しるへせよ

さきにたつ-なみたとならは-ひとしれす-こひちにまとふ-みちしるへせよ


00679

[詞書]題しらす

刑部卿頼輔

なからへはつらき心もかはるやとさためなき世をたのむはかりそ

なからへは-つらきこころも-かはるやと-さためなきよを-たのむはかりそ


00680

[詞書]題しらす

源有房

もらさはやしのひはつへき涙かは袖のしからみかくとはかりも

もらさはや-しのひはつへき-なみたかは-そてのしからみ-かくとはかりは


00681

[詞書]題しらす

源師光

恋しさをうきみなりとてつつみしはいつまてありし心なるらん

こひしさを-うきみなりとて-つつみしは-いつまてありし-こころなるらむ


00682

[詞書]題しらす

藤原惟規

たのめとやいなとやいかにいな舟のしはしとまちしほともへにけり

たのめとや-いなとやいかに-いなふねの-しはしとまちし-ほともへにけり


00683

[詞書]題しらす

賢智法師

かくはかり色に出てしとしのへともみゆらむものをたへぬけしきは

かくはかり-いろにいてしと-しのへとも-みゆらむものを-たへぬけしきは


00684

[詞書]夏にいりてこひまさるといへる心をよめる

賀茂重保

人しれすおもふこころはふかみくさ花さきてこそ色にいてけれ

ひとしれす-おもふこころは-ふかみくさ-はなさきてこそ-いろにいてけれ


00685

[詞書]題しらす

津守国光

ひをへつつしけさはまさるおもひ草あふことのはのなとなかるらん

ひをへつつ-しけさはまさる-おもひくさ-あふことのはの-なとなかるらむ


00686

[詞書]題しらす

大中臣清文

おつれとものきにしられぬ玉水は恋のなかめのしつくなりけり

おつれとも-のきにしられぬ-たまみつは-こひのなかめの-しつくなりけり


00687

[詞書]題しらす

源季貞

人しれすおもひそめてし心こそいまは涙の色となりけれ

ひとしれす-おもひそめてし-こころこそ-いまはなみたの-いろとなりけれ


00688

[詞書]題しらす

祐盛法師

色見えぬ心のほとをしらするはたもとをそむる涙なりけり

いろみえぬ-こころのほとを-しらするは-たもとをそむる-なみたなりけり


00689

[詞書]題しらす

大中臣定雅

わかとこはしのふのおくのますけはら露かかりてもしる人のなき

わかとこは-しのふのおくの-ますけはら-つゆかかりても-しるひとのなき


00690

[詞書]題しらす

祝部宿禰成仲

君こふる涙しくれとふりぬれはしのふの山も色つきにけり

きみこふる-なみたしくれと-ふりぬれは-しのふのやまも-いろつきにけり


00691

[詞書]題しらす

二条院前皇后宮常陸

いかにせむしのふの山のしたもみちしくるるままに色のまさるを

いかにせむ-しのふのやまの-したもみち-しくるるままに-いろのまさるを


00692

[詞書]題しらす

賀茂重延

いつしかと袖にしくれのそそくかなおもひは冬のはしめならねと

いつしかと-そてにしくれの-そそくかな-おもひはふゆの-はしめならねと


00693

[詞書]摂政右大臣のときの百首歌に、忍恋の心をよみ侍りける

前右京権大夫頼政

あさましやおさふる袖のしたくくる涙のすゑを人やみつらん

あさましや-おさふるそての-したくくる-なみたのすゑを-ひとやみつらむ


00694

[詞書]摂政右大臣のときの百首歌に、忍恋の心をよみ侍りける

皇嘉門院別当

しのひねのたもとは色にいてにけり心にもにぬわか涙かな

しのひねの-たもとはいろに-いてにけり-こころにもにぬ-わかなみたかな


00695

[詞書]女のなき名たつよしうらみて侍りけれは、つかはしける

左兵衛督隆房

おなしくはかさねてしほれぬれ衣さてもほすへきなき名ならしを

おなしくは-かさねてしほれ-ぬれころも-さてもほすへき-なきなならしを


00696

[詞書]返し

よみ人しらす

なかれてもすすきやするとぬれ衣人はきすともみにはならさし

なかれても-すすきやすると-ぬれころも-ひとはきすとも-みにはならさし


00697

[詞書]恋のうたとてよみ侍りける

権大納言宗家

人めをはつつむとおもふにせきかねて袖にあまるは涙なりけり

ひとめをは-つつむとおもふに-せきかねて-そてにあまるは-なみたなりけり


00698

[詞書]恋のうたとてよみ侍りける

右京大夫季能

つれなさにいはてたえなんと思ふこそあひみぬさきの別なりけれ

つれなさに-いはてたえなむと-おもふこそ-あひみぬさきの-わかれなりけれ


00699

[詞書]恋のうたとてよみ侍りける

法眼実快

よそ人にとはれぬるかな君にこそみせはやと思ふ袖のしつくを

よそひとに-とはれぬるかな-きみにこそ-みせはやとおもふ-そてのしつくを


00700

[詞書]恋のうたとてよみ侍りける

藤原伊綱

つれなくそ夢にもみゆるさよ衣うらみんとては返しやはせし

つれなくそ-ゆめにもみゆる-さよころも-うらみむとては-かへしやはせし


00701

[詞書]摂政右大臣の時の家の歌合に、こひのうたとてよめる

藤原季経朝臣

おもひいつるそのなくさめもありなましあひみて後のつらさなりせは

おもひいつる-そのなくさめも-ありなまし-あひみてのちの-つらさなりせは


00702

[詞書]おなし家に百首歌よみ侍りける時、初恋の心をよめる

皇太后宮大夫俊成

ともしするは山かすそのした露やいるより袖はかくしをるらん

ともしする-はやまかすその-したつゆや-いるよりそては-かくしをるらむ


00703

[詞書]忍恋を

皇太后宮大夫俊成

いかにせんむろのや島にやともかな恋のけふりをそらにまかへん

いかにせむ-むろのやしまに-やともかな-こひのけふりを-そらにまかへむ