千載和歌集/巻第十九

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻十九:釈教


01202

[詞書]維摩経十喩、この身は水のあわのことしといへる心をよみ侍りける

前大納言公任

ここにきえかしこにむすふ水のあわのうきよにめくる身にこそ有りけれ

ここにきえ-かしこにむすふ-みつのあわの-うきよにめくる-みにこそありけれ


01203

[詞書]うかへる雲のことし

前大納言公任

さためなき身はうき雲によそへつつはてはそれにそなりはてぬへき

さためなき-みはうきくもに-よそへつつ-はてはそれにそ-なりはてぬへき


01204

[詞書]三身如来を観する心をよませ給うける

花山院御製

世の中はみなほとけなりおしなへていつれのものとわくそはかなき

よのなかは-みなほとけなり-おしなへて-いつれのものと-わくそはかなき


01205

[詞書]法華経薬草喩品の心をよみ侍りける

僧都源信

おほそらの雨はわきてもそそかねとうるふ草木はおのかしなしな

おほそらの-あめはわきても-そそかねと-うるふくさきは-おのかしなしな


01206

[詞書]菩提といふてらに結縁の講し侍りける時、聴聞にまうてたりけるを、人のもとより、とくかへりねといひたりけれは、つかはしける

清少納言

もとめてもかかるはちすの露をおきてうきよに又はかへるものかは

もとめても-かかるはちすの-つゆをおきて-うきよにまたは-かへるものかは


01207

[詞書]後冷泉院御時、皇后宮に一品経供養せられける時、寿量品の心をよめる

藤原国房

月かけのつねにすむなる山のはをへたつる雲のなからましかは

つきかけの-つねにすむなる-やまのはを-へたつるくもの-なからましかは


01208

[詞書]寄月念極楽といへる心をよみ侍りける

堀川入道左大臣

いる月をみるとや人はおもふらん心をかけてにしにむかへは

いるつきを-みるとやひとは-おもふらむ-こころをかけて-にしにむかへは


01209

[詞書]天王寺にまゐりて、舎利ををかみたてまつりてよみ侍りける

瞻西上人

たききつき煙もすみてさりにけんこれやなこりとみるそかなしき

たききつき-けふりもすみて-さりにけむ-これやなこりと-みるそかなしき


01210

[詞書]みたけにまうて侍りける精進のほと、金泥の法華経かきたてまつりて、かの御やまにをさめたてまつらんとてまゐり侍りける時、おもふ心や侍りけん、物にかきつけておき侍りける/かくてまうて侍りて、かの山にてなんみまかりにける、そののちふるさとにて、このうたはみいてて侍りけるとなん

藤原敦家朝臣

夢さめんその暁をまつほとのやみをもてらせのりのともし火

ゆめさめむ-そのあかつきを-まつほとの-やみをもてらせ-のりのともしひ


01211

[詞書]三十三所観音をかみたてまつらんとて、ところところまゐりける時、みののたにくみにてあふらのいつるをみてよみ侍りける

前大僧正覚忠

よをてらすほとけのしるしありけれはまたともし火もきえぬなりけり

よをてらす-ほとけのしるし-ありけれは-またともしひも-きえぬなりけり


01212

[詞書]あなうの観音をみたてまつりて

前大僧正覚忠

みるままに涙そおつるかきりなき命にかはるすかたとおもへは

みるままに-なみたそおつる-かきりなき-いのちにかはる-すかたとおもへは


01213

[詞書]提婆品の心をよめる

僧都覚雅

ちとせまてむすひし水も露はかりわか身のためとおもひやはせし

ちとせまて-むすひしみつも-つゆはかり-わかみのためと-おもひやはせし


01214

[詞書]陀羅尼品の受持法華名者福不可量、何況擁護具足受持といふわたりを誦して、持経者の結縁たのもしくや侍りけん、よみ侍りける

前大僧正快修

うれしくそ名をたもつたにあたならぬみのりの花にみをむすひける

うれしくそ-なをたもつたに-あたならぬ-みのりのはなに-みをむすひける


01215

[詞書]阿弥陀の十二光仏の御名をよみ侍りけるなかに、智恵光仏の心をよめる

源俊頼朝臣

わひ人の心のうちをよそなからしるやさとりのひかりなるらん

わひひとの-こころのうちを-よそなから-しるやさとりの-ひかりなるらむ


01216

[詞書]百首歌めしける時、普門品、弘誓深如海の心をよませ給うける

崇徳院御製

ちかひをはちひろのうみにたとふなり露もたのまはかすにいりなん

ちかひをは-ちひろのうみに-たとふなり-つゆもたのまは-かすにいりなむ


01217

[詞書]おなし百首のとき、華厳経の心をよめる

前参議教長

はかなくそみよのほとけとおもひけるわかみひとつにありとしらすて

はかなくそ-みよのほとけと-おもひける-わかみひとつに-ありとしらすて


01218

[詞書]即身成仏の心を

前参議教長

てる月の心の水にすみぬれはやかてこの身にひかりをそさす

てるつきの-こころのみつに-すみぬれは-やかてこのみに-ひかりをそさす


01219

[詞書]法華経信解品の心をよみ侍りける

前大僧正覚忠

かへりてもいりそわつらふまきのとをまとひいてにし心ならひに

かへりても-いりそわつらふ-まきのとを-まとひいてにし-こころならひに


01220

[詞書]冬のころ、後入道法親王高野にこもりて侍りけるに、おくり給うける

崇徳院御製

ふる雪はたにのとほそをうつむともみよのほとけのひやてらすらん

ふるゆきは-たにのとほそを-うつむとも-みよのほとけの-ひやてらすらむ


01221

[詞書]御返事

仁和寺後入道法親王(覚性)

てらすなるみよのほとけのあさひにはふる雪よりもつみやきゆらん

てらすなる-みよのほとけの-あさひには-ふるゆきよりも-つみやきゆらむ


01222

[詞書]百首歌のなかに法文の歌に、普賢願の唯此願王不相捨離といへるこころを

式子内親王

ふるさとをひとりわかるるゆふへにもおくるは月のかけとこそきけ

ふるさとを-ひとりわかるる-ゆふへにも-おくるはつきの-かけとこそきけ


01223

[詞書]百首歌よませ侍りける時、法文のうたに、五智如来をよみ侍りけるに、平等性智のこころをよみ侍りける

摂政前右大臣

人ことにかはるはゆめのまとひにてさむれはおなしこころなりけり

ひとことに-かはるはゆめの-まとひにて-さむれはおなし-こころなりけり


01224

[詞書]維摩経十喩、此身如水中月といへる心をよめる

宮内卿永範

すめはみゆにこれはかくるさためなきこのみや水にやとる月かけ

すめはみゆ-にこれはかくる-さためなき-このみやみつに-やとるつきかけ


01225

[詞書]ひえの山に堂衆学徒不和のこといてきたりて、学徒みなちりける時、法印慈円、千日の山こもりみちなんこともちかく、ひしりのあとをたたんことをなけきて、かすかに山洞にととまりて侍りけるほとに、冬にもなりにけれは、雪のふりけるあした、尊円法師のもとにつかはしける

法印慈円

いととしくむかしのあとやたえなんとおもふもかなしけさのしら雪

いととしく-むかしのあとや-たえなむと-おみふもかなし-けさのしらゆき


01226

[詞書]返し

尊円法師

君か名そなほあらはれんふる雪にむかしのあとはうつもれぬとも

きみかなそ-なほあらはれむ-ふるゆきに-むかしのあとは-うつもれぬとも


01227

[詞書]法華経弟子品、内秘菩薩行のこころをよみ侍りける

左近中将良経

ひとりのみくるしきうみをわたるとやそこをさとらぬ人はみるらん

ひとりのみ-くるしきうみを-わたるとや-そこをさとらぬ-ひとはみるらむ


01228

[詞書]摂政前右大臣家に百首歌よませ侍りける時、法文歌の中に、般若経のこころをよめる

藤原隆信朝臣

くれ竹のむなしととけることのははみよの仏のははとこそきけ

くれたけの-むなしととける-ことのはは-みよのほとけの-ははとこそきけ


01229

[詞書]おなし百首のとき、色即是空空即是色の心をよめる

摂政家丹後

むなしきも色なるものとさとれとやはるのみそらのみとりなるらん

むなしきも-いろなるものと-さとれとや-はるのみそらの-みとりなるらむ


01230

[詞書]法花経の、我等長夜修習空法の心をよめる

前中納言師仲

なかき夜もむなしき物としりぬれははやくあけぬる心ちこそすれ

なかきよも-むなしきものと-しりぬれは-はやくあけぬる-ここちこそすれ


01231

[詞書]寿量品のこころをよめる

円位法師

わしの山月をいりぬとみる人はくらきにまよふ心なりけり

わしのやま-つきをいりぬと-みるひとは-くらきにまよふ-こころなりけり


01232

[詞書]瞻西上人雲居寺の極楽堂に、堀川左大臣まゐりて、これかれ歌よみ侍りけるによめる

神祇伯顕仲

いさきよきいけにかけこそうかひぬれしつみやせんとおもふわかみを

いさきよき-いけにかけこそ-うかひぬれ-しつみやせむと-おもふわかみを


01233

[詞書]大品経の、常啼菩薩の心をよめる

寂超法師

くちはつる袖にはいかかつつまましむなしととけるみのりならすは

くちはつる-そてにはいかか-つつままし-むなしととける-みのりならすは


01234

[詞書]維摩経十喩、この身は夢のことしといへる心をよめる

藤原資隆朝臣

みるほとはゆめも夢ともしられねはうつつもいまはうつつとおもはし

みるほとは-ゆめもゆめとも-しられねは-うつつもいまは-うつつとおもはし


01235

[詞書]維摩経十喩、この身は夢のことしといへる心をよめる

登蓮法師

おとろかぬわか心こそうかりけれはかなき世をは夢とみなから

おとろかぬ-わかこころこそ-うかりけれ-はかなきよをは-ゆめとみなから


01236

[詞書]高野にまゐりてよみ侍りける

寂蓮法師

暁をたかのの山にまつほとやこけのしたにもあり明の月

あかつきを-たかののやまに-まつほとや-こけのしたにも-ありあけのつき


01237

[詞書]煩悩即菩提のこころをよめる

式子内親王家中将

おもひとくこころひとつになりぬれはこほりも水もへたてさりけり

おもひとく-こころひとつに-なりぬれは-こほりもみつも-へたてさりけり


01238

[詞書]観音のちかひをおもひてよみ侍りける

前大納言時忠

たのもしきちかひは春にあらねともかれにしえたも花そさきける

たのもしき-ちかひははるに-あらねとも-かれにしえたも-はなそさきける


01239

[詞書]法花経序品のこころをよめる

藤原伊綱

春ことになけきしものをのりのにはちるかうれしき花もありけり

はることに-なけきしものを-のりのには-ちるかうれしき-はなもありけり


01240

[詞書]授記品の心をよめる

左京大夫季能

みくさのみしけきにこりとみしかともさても月すむえにこそ有りけれ

みくさのみ-しけきにこりと-みしかとも-さてもつきすむ-えにこそありけれ


01241

[詞書]法師品、漸見湿土泥、決定知近水の心をよみ侍りける

皇太后宮大夫俊成

むさしののほりかねの井もあるものをうれしく水のちかつきにける

むさしのの-ほりかねのゐも-あるものを-うれしくみつの-ちかつきにける


01242

[詞書]提婆品をよめる

顕昭法師

たに水をむすへはうつるかけのみやちとせをおくる友となりけん

たにみつを-むすへはうつる-かけのみや-ちとせをおくる-ともとなりけむ


01243

[詞書]勘持品をよめる

法橋泰覚

くちはててあやふくみえしをはたたのいたたのはしもいまわたすなり

くちはてて-あやふくみえし-をはたたの-いたたのはしも-いまわたすなり


01244

[詞書]勘持品をよめる

藤原敦仲

うらみけるけしきやそらにみえつらんをはすて山をてらす月かけ

うらみける-けしきやそらに-みえつらむ-をはすてやまを-てらすつきかけ


01245

[詞書]神力品、如日月光明、能除諸幽瞑の心をよめる

蓮上法師(俗名成実)

日のひかり月のかけとそてらしけるくらき心のやみはれよとて

ひのひかり-つきのかけとそ-てらしける-くらきこころの-やみはれよとて


01246

[詞書]勧発品のこころをよみ侍りける

皇太后宮大夫俊成

さらにまた花そふりしくわしの山のりのむしろのくれかたのそら

さらにまた-はなそふりしく-わしのやま-のりのむしろの-くれかたのそら


01247

[詞書]満三七日已乗六牙白象のこころをよめる

中原有安

まちいてていかにうれしくおもほえんはつかあまりの山のはの月

まちいてて-いかにうれしく-おもほえむ-はつかあまりの-やまのはのつき


01248

[詞書]雪のあした聞法といへる心をよめる

中原清重

あさまたきみのりのにはにふる雪はそらより花のちるかとそみる

あさまたき-みのりのにはに-ふるゆきは-そらよりはなの-ちるかとそみる


01249

[詞書]山しなてらの涅槃会のくれかたに、遮羅入滅のむかしをおもひてよみ侍りける

恵章法師

もち月の雲かくれけんいにしへのあはれをけふのそらにしるかな

もちつきの-くもかくれけむ-いにしへの-あはれをけふの-そらにしるかな


01250

[詞書]涅槃経の如於鏡中見諸色像の心をよめる

俊秀法師

きよくすむ心のそこをかかみにてやかてそうつる色もすかたも

きよくすむ-こころのそこを-かかみにて-やかてそうつる-いろもすかたも


01251

[詞書]火盛久不燃といへるこころをよめる

寂然法師

けふりたにしはしたなひけ鳥へ山たちわかれにしかたみともみん

けふりたに-しはしたなひけ-とりへやま-たちわかれにし-かたみともみむ


01252

[詞書]阿弥陀経の心をよめる

平康頼

とりのねも浪のおとにそかよふなるおなし御のりをとけはなりけり

とりのねも-なみのおとにそ-かよふなる-おなしみのりを-きけはなりけり


01253

[詞書]天王寺御幸のとき、古寺忍昔といへるこころをよめる

藤原定長朝臣

よをすくふあとはむかしにかはらねとはしめたてけん時をしそ思ふ

よをすくふ-あとはむかしに-かはらねと-はしめたてけむ-ときをしそおもふ


01254

[詞書]天王寺にまゐりて、遺身舎利を礼してよみ侍りける

天台座主明雲

つねならぬためしは夜はのけふりにてきえぬなこりをみるそうれしき

つねならぬ-ためしはよはの-けふりにて-きえぬなこりを-みるそうれしき


01255

[詞書]往生講の式かき侍りけるとき、教化のうたとてよみ侍りける

律師永観

みな人をわたさむとおもふ心こそ極楽へゆくしるへなりけれ

みなひとを-わたさむとおもふ-こころこそ-こくらくへゆく-しるへなりけれ