千載和歌集/巻第十八

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻十八:雑下


01160

[詞書]短歌:堀河院御時、百首歌たてまつりける時、述懐のうたによみてたてまつり侍りける

源俊頼朝臣

もかみ川 せせのいはかと わきかへり おもふこころは おほかれと 行かたもなく せかれつつ そこのみくつと なることは もにすむ虫の われからと おもひしらすは なけれとも いはてはえこそ なきさなる かたわれ舟の うつもれて ひく人もなき なけきすと 浪のたちゐに あふけとも むなしき空は みとりにて いふこともなき かなしさに ねをのみなけは からころも おさふる袖も くちはてぬ なにことにかは あはれとも おもはん人に あふみなる うちいてのはまの うちいてつつ いふともたれか ささかにの いかさまにても かきつかん ことをはのきに ふくかせの はけしきころと しりなから うはの空にも をしふへき あつさのそまに みや木ひき みかきかはらに せりつみし むかしをよそに ききしかと わか身のうへに なりはてぬ さすかに御代の はしめより 雲のうへには かよへとも なにはのことも 久かたの 月のかつらし をられねは うけらか花の さきなから ひらけぬことの いふせさに よもの山へに あくかれて このもかのもに たちましり うつふしそめの あさころも 花のたもとに ぬきかへて 後のよをたにと おもへとも おもふ人人 ほたしにて ゆくへきかたも まとはれぬ かかるうき身の つれもなく へにける年を かそふれは いつつのとをに なりにけり いま行すゑは いなつまの ひかりのまにも さためなし たとへはひとり なからへて すきにしはかり すくすとも 夢にゆめみる 心ちして ひまゆく駒に ことならし さらにもいはし ふゆかれの をはなかすゑの 露なれは あらしをたにも またすして もとのしつくと なりはてん ほとをはいつと しりてかは くれにとたにも しつむへき かくのみつねに あらそひて なほふるさとに すみのえの しほにたたよふ うつせかひ うつし心も うせはてて あるにもあらぬ よのなかに 又なにことを みくまのの うらのはまゆふ かさねつつ うきにたヘたる ためしには なるをの松の つれつれと いたつらことを かきつめて あはれしれらん 行すゑの 人のためには おのつから しのはれぬへき 身なれとも はかなきことも 雲とりの あやにかなはぬ くせなれは これもさこそは みなしくり くち葉かしたに うつもれめ それにつけても つのくにの いく田のもりの いくたひか あまのたくなは くり返し 心にそはぬ 身をうらむらん

もかみかは-せせのいはかと-わきかへり-おもふこころは-おほかれと-ゆくかたもなく-せかれつつ-そこのみくつと-なることは-もにすむむしの-われからと-おもひしらすは-なけれとも-いはてはえこそ-なきさなる-かたわれふねの-うつもれて-ひくひともなき-なけきすと-なみのたちゐに-あふけとも-むなしきそらは-みとりにて-いふこともなき-かなしさに-ねをのみなけは-からころも-おさふるそても-くちはてぬ-なにことにかは-あはれとも-おもはむひとに-あふみなる-うちいてのはまの-うちいてつつ-いふともたれか-ささかにの-いかさまにても-かきつかむ-ことをはのきに-ふくかせの-はけしきころと-しりなから-うはのそらにも-をしふへき-あつさのそまに-みやきひき-みかきかはらに-せりつみし-むかしをよそに-ききしかと-わかみのうへに-なりはてぬ-さかすにみよの-はしめより-くものうへには-かよへとも-なにはのことも-ひさかたの-つきのかつらし-をられねは-うけらかはなの-さきなから-ひらけぬことの-いふせさに-よものやまへに-あくかれて-このもかのもに-たちましり-うつふしそめの-あさころも-はなのたもとに-ぬきかへて-のちのよをたにと-おもへとも-おもふひとひと-ほたしにて-ゆくへきかたも-まとはれぬ-かかるうきみの-つれもなく-へにけるとしを-かそふれは-いつつのとをに-なりにけり-いまゆくすゑは-いなつまの-ひかりのまにも-さためなし-たとへはひとり-なからへて-すきにしはかり-すくすとも-ゆめにゆめみる-ここちして-ひまゆくこまに-ことならし-さらにもいはし-ふゆかれの-をはなかすゑの-つゆなれは-あらしをたにも-またすして-もとのしつくと-なりはてむ-ほとをはいつと-しりてかは-くれにとたにも-しつむへき-かくのみつねに-あらそひて-なほふるさとに-すみのえの-しほにたたよふ-うつせかひ-うつしこころも-うせはてて-あるにもあらぬ-よのなかに-またなにことを-みくまのの-うらのはまゆふ-かさねつつ-うきにたへたる-ためしには-なるをのまつの-つれつれと-いたつらことを-かきつめて-あはれしれらむ-ゆくすゑの-ひとのためには-おのつから-しのはれぬへき-みなれとも-はかなきことも-くもとりの-あやにかなはぬ-くせなれは-これもさこそは-みなしくり-くちはかしたに-うつもれめ-それにつけても-つのくにの-いくたのもりの-いくたひか-あまのたくなは-くりかへし-こころにそはぬ-みをうらむらむ


01161

[詞書]反歌

源俊頼朝臣

よのなかはうき身にそへるかけなれやおもひすつれとはなれさりけり

よのなかは-うきみにそへる-かけなれや-おもひすつれと-はなれさりけり


01162

[詞書]短歌:百首歌めしける時、よませ給うける

崇徳院御製

しきしまや 大和のうたの つたはりを きけははるかに 久かたの あまつ神世に はしまりて みそもしあまり ひともしは いつもの宮の や雲より おこりけるとそ しるすなる それより後は もも草の ことのはしけく ちりちりに 風につけつつ きこゆれと ちかきためしに ほりかはの なかれをくみて ささ浪の よりくる人に あつらへて つたなきことは はまちとり あとをすゑまて ととめしと おもひなからも つのくにの なにはのうらの なにとなく ふねのさすかに 此ことを しのひならひし なこりにて よの人ききは はつかしの もりもやせんと おもへとも こころにもあらす かきつらねつる

しきしまや-やまとのうたの-つたはりを-きけははるかに-ひさかたの-あまつかみよに-はしまりて-みそもしあまり-ひともしは-いつものみやの-やくもより-おこりけるとそ-しるすなる-それよりのちは-ももくさの-ことのはしけく-ちりちりに-かせにつけつつ-きこゆれと-ちかきためしに-ほりかはの-なかれをくみて-ささなみの-よりくるひとに-あつらへて-つたなきことは-はまちとり-あとをすゑまて-ととめしと-おもひなからも-つのくにの-なにはのうらの-なにとなく-ふねのさすかに-このことを-しのひならひし-なこりにて-よのひとききは-はつかしの-もりもやせむと-おもへとも-こころにもあらす-かきつらねつる


01163

[詞書]短歌:おなし百首歌たてまつりける時のなか歌

待賢門院堀河

ときしらぬ 谷のむもれ木 くちはてて むかしの春の 恋しさに なにのあやめも わかすのみ かはらぬ月の かけみても しくれにぬるる 袖のうらに しほたれまさる あまころも あはれをかけて とふ人も なみにたたよふ つり舟の こきはなれにし 世なれとも 君に心を かけしより しけきうれへも わすれくさ わすれかほにて すみのえの 松のちとせの はるはると こすゑはるかに さかゆへき ときはのかけを たのむにも なくさのはまの なくさみて ふるのやしろの そのかみに 色ふかからて わすれにし もみちのしたは のこるやと おいその杜に たつぬれと いまはあらしに たくひつつ しもかれかれに おとろへて かきあつめたる 水くきに あさき心の かくれなく なかれての名を をし鳥の うきためしにや ならんとすらん

ときしらぬ-たにのうもれき-くちはてて-むかしのはるの-こひしさに-なにのあやめも-わかすのみ-かはらぬつきの-かけみても-しくれにぬるる-そてのうらに-しほたれまさる-あまころも-あはれをかけて-とふひとも-なみにたたよふ-つりふねの-こきはなれにし-よなれとも-きみにこころを-かけしより-しけきうれへも-わすれくさ-わすれかほにて-すみのえの-まつのちとせの-はるはると-こすゑはるかに-さかゆへき-ときはのかけを-たのむにも-なくさのはまの-なくさみて-ふるのやしろの-そのかみに-いろふかからて-わすれにし-もみちのしたは-のこるやと-おいそのもりに-たつぬれと-いまはあらしに-たくひつつ-しもかれかれに-おとろへて-かきあつめたる-みつくきに-あさきこころの-かくれなく-なかれてのなを-をしとりの-うきためしにや-ならむとすらむ


01164

[詞書]旋頭歌:しもつふさのかみにまかれりけるを、任はててのほりたるころ、源俊頼朝臣のもとにつかはしける

源仲正

あつまちのやへの霞をわけきてもきみにあはねはなほへたてたる心ちこそすれ

あつまちの-やへのかすみを-わけきても-きみにあはねは-なほへたてたる-ここちこそすれ


01165

[詞書]返事

源俊頼朝臣

かきたえしままのつきはしふみみれはへたてたるかすみもはれてむかへるかこと

かきたえし-ままのつきはし-ふみみれは-へたてたる-かすみもはれて-むかへるかこと


01166

[詞書]旋頭歌:百首歌たてまつりける時、たひの心をよめる

左京大夫顕輔

あつまちののしまかさきのはまかせに我かひもゆひしいもかかほのみおもかけにみゆ

あつまちの-のしまかさきの-はまかせに-わかひもゆひし-いもかかほのみ-おもかけにみゆ


01167

[詞書]折句歌:二条院御時、こいたしきといふ五字をくのかみにおきて、たひのこころをよめる

源雅重朝臣

こまなめていさみにゆかんたつた川しら浪よするきしのあたりを

こまなへて-いさみにゆかむ-たつたかは-しらなみよする-きしのあたりを


01168

[詞書]折句歌:なもあみたの五字をかみにおきて、たひの心をよめる

仁上法師

なにとなく物そかなしきあきかせのみにしむよはのたひのねさめは

なにとなく-ものそかなしき-あきかせの-みにしむよはの-たひのねさめは


01169

[詞書]物名:さみたれをよめる

いつみしきふ

夜のほとにかりそめ人やきたりけんよとのみこものけさみたれたる

よのほとに-かりそめひとや-きたりけむ-よとのみこもの-けさみたれたる


01170

[詞書]物名:すたれかは

中納言定頼

あとたえてとふへき人もおもほえすたれかはけさの雪をわけこん

あとたえて-とふへきひとも-おもほえす-たれかはけさの-ゆきをわけこむ


01171

[詞書]物名:かきのから

大弐三位

さかきははもみちもせしを神かきのからくれなゐにみえわたるかな

さかきはは-もみちもせしを-かみかきの-からくれなゐに-みえわたるかな


01172

[詞書]物名:ふりつつみ

二条太皇大后宮肥後

いけもふりつつみくつれて水もなしむへかつまたに鳥のゐさらん

いけもふり-つつみくつれて-みつもなし-うへかつまたに-とりもゐさらむ


01173

[詞書]物名:かるかや

源俊頼朝臣

わかこまをしはしとかるかやましろのこはたのさとにありとこたへよ

わかこまを-しはしとかるか-やましろの-こはたのさとに-ありとこたへよ


01174

[詞書]物名:ままきのやたて

源俊頼朝臣

みくら山ま木のやたててすむたみはとしをつむともくちしとそ思ふ

みくらやま-まきのやたてて-すむたみは-としをつむとも-くちしとそおもふ


01175

[詞書]物名:からかみのかた木

源俊頼朝臣

よとともに心をかけてたのめともわれからかみのかたきしるしか

よとともに-こころをかけて-たのめとも-われからかみの-かたきしるしか


01176

[詞書]物名:とりははき

刑部卿頼輔母

秋ののにたれをさそはむ行きかへりひとりははきをみるかひもなし

あきののに-たれをさそはむ-ゆきかへり-ひとりははきを-みるかひもなし


01177

[詞書]物名:百首歌たてまつりける時のかくしたいのうた:きりきりす

待賢門院堀川

あきは霧きりすきぬれは雪ふりてはるるまもなきみ山へのさと

あきはきり-きりすきぬれは-ゆきふりて-はるるまもなき-みやまへのさと


01178

[詞書]物名:みつのみ

僧都有慶

いなり山しるしのすきの年ふりてみつのみやしろ神さひにけり

いなりやま-しるしのすきの-としふりて-みつのみやしろ-かみさひにけり


01179

[詞書]物名:かさきのいはや

登蓮法師

名にしおははつねはゆるきのもりにしもいかてかさきのいはやすくぬる

なにしおはは-つねはゆるきの-もりにしも-いかてかさきの-いはやすくぬる


01180

[詞書]誹諧歌:はなのもとによりふしてよみ侍りける

道命法師

あやしくも花のあたりにふせるかなをらはとかむる人やあるとて

あやしくも-はなのあたりに-ふせるかな-をらはとかめむ-ひとやあるとて


01181

[詞書]誹諧歌:うのはなをよめる

源俊頼朝臣

うの花よいてことことしかけしまの浪もさこそはいはをこえしか

うのはなよ-いてことことし-かけしまの-なみもさこそは-いはをこえしか


01182

[詞書]誹諧歌:五月五日、菖蒲をよめる

道因法師

けふかくるたもとにねさせあやめ草うきはわか身にありとしらすや

けふかくる-たもとにねさせ-あやめくさ-うきはわかみに-ありとしらすや


01183

[詞書]誹諧歌:ともしをよめる

橘俊綱朝臣

ともししてはこねの山にあけにけりふたよりみよりあふとせしまに

ともしして-はこねのやまに-あけにけり-ふたよりみより-あふとせしまに


01184

[詞書]誹諧歌:みな月のつこもりかたに、はたおりのなくをききてよめる

江侍従

夏のうちははたかくれてもあらすしておりたちにけるむしのこゑかな

なつのうちは-はたかくれても-あらすして-おりたちにける-むしのこゑかな


01185

[詞書]誹諧歌:題不知

輔仁のみこ

あきくれは秋のけしきもみえけるは時ならぬ身となににいふらん

あきくれは-あきのけしきも-みえけるは-ときならぬみと-なににいふらむ


01186

[詞書]誹諧歌:はきの露のたまとみゆるとてをりけれとも、つゆもなかりけれはよめる

藤原為頼朝臣

あさ露を日たけてみれはあともなしはきのうらはに物やとはまし

あさつゆを-ひたけてみれは-あともなし-はきのうらはに-ものやとはまし


01187

[詞書]誹諧歌:崇徳院に百首歌たてまつりける時、秋のうたとてよめる

花薗左大臣家小大進

つはなおひしをののしはふのあさ露をぬきちらしける玉かとそみる

つはなおひし-をののしはふの-あさつゆを-ぬきちらしける-たまかとそみる


01188

[詞書]誹諧歌:野花をみてみちにととまるといへる心をよめる

僧都範玄

おちにきとかたらはかたれをみなへしこよひは花のかけにやとらん

おちにきと-かたらはかたれ-をみなへし-こよひははなの-かけにやとらむ


01189

[詞書]誹諧歌:九月十三夜によめる

賀茂政平

くれの秋ことにさやけき月かけはとよにあまりてみよとなりけり

くれのあき-ことにさやけき-つきかけは-とよにあまりて-みよとなりけり


01190

[詞書]誹諧歌:隔我問他恋といへる心をよめる

顕昭法師

いたひさしさすやかややの時雨こそおとしおとせぬかたはわくなれ

いたひさし-さすやかややの-しくれこそ-おとしおとせぬ-かたはわくなれ


01191

[詞書]誹諧歌:堀河院御時百首のうち、恋の歌とてよめる

藤原基俊

ふえ竹のあなあさましのよの中やありしやふしのかきりなるらん

ふえたけの-あなあさましの-よのなかや-ありしやふしの-かきりなるらむ


01192

[詞書]誹諧歌:たひの恋

源俊頼朝臣

したひくる恋のやつこのたひにても身のくせなれやゆふととろきは

したひくる-こひのやつこの-たひにても-みのくせなれや-ゆふととろきは


01193

[詞書]誹諧歌:百首歌たてまつりける時、恋のうたとてよめる

待賢門院堀河

あふことのなけきのつもるくるしさをおへかし人のこりはつるまて

あふことの-なけきのつもる-くるしさを-おへかしひとの-こりはつるまて


01194

[詞書]誹諧歌:六波羅蜜寺の講の導師にて、高座にのほるほとに、聴聞の女房のあしをつみ侍りけれはよめる

良喜法師

人のあしをつむにてしりぬわかかたへふみおこせよとおもふなるへし

ひとのあしを-つむにてしりぬ-わかかたへ-ふみおこせよと-おもふなるへし


01195

[詞書]誹諧歌:山寺にこもりて侍りける時、心あるふみを女のしはしはつかはし侍りけれは、よみてつかはしける

空人法師

おそろしやきそのかけちのまろ木はしふみみるたひにおちぬへきかな

おそろしや-きそのかけちの-まろきはし-ふみみるたひに-おちぬへきかな


01196

[詞書]誹諧歌:賀茂社にこもりて侍りけるに、政平つねにまうてきて、歌よみ、ふえふきなとしてあそひけり、かたはらなるつほねにこもりたる人をもしりて、そなたへもまかりなとしけるか、その人いててのちひさしくまうてこさりけれは、つかはしける

心覚法師

ふえ竹のこちくとなににおもひけんとなりにおとはせしにそ有りける

ふえたけの-こちくとなにに-おもひけむ-となりにおとは-せしにそありける


01197

[詞書]誹諧歌:あつまのかたにまかりけるに、やつはしにてよめる

道因法師

やつはしのわたりにけふもとまるかなここにすむへきみかはとおもへと

やつはしの-わたりにけふも-とまるかな-ここにすむへき-みかはとおもへと


01198

[詞書]誹諧歌:女をかたらひ侍りけるを、いかにもあるましきことなり、おもひたえねといひ侍りけれはよめる

安性法師(俗名時元)

つらしとてさてはよもわれ山からすかしらはしろくなる世なりとも

つらしとて-さてはよもわれ-やまからす-かしらはしろく-なるよなりとも


01199

[詞書]誹諧歌:阿弥陀の小呪のもしをうたのかみにおきて、十首よみ侍りける時、おくにかきつけ侍りける

源俊頼朝臣

かみにおけるもしはまことのもしなれはうたもよみちをたすけさらめや

かみにおける-もしはまことの-もしなれは-うたもよみちを-たすけさらめや


01200

[詞書]誹諧歌:山寺にまうてたりける時、かひふきけるをききてよめる

赤染衛門

けふも又むまのかひこそふきつなれひつしのあゆみちかつきぬらん

けふもまた-うまのかひこそ-ふきつなれ-ひつしのあゆみ-ちかつきぬらむ


01201

[詞書]誹諧歌:題しらす

空也上人

こくらくははるけきほととききしかとつとめていたるところなりけり

こくらくは-はるけきほとと-ききしかと-つとめていたる-ところなりけり