千載和歌集/巻第三

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻三:夏


00136

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりけるとき、更衣の心をよめる

前中納言匡房

夏ころもはなのたもとにぬきかへて春のかたみもとまらさりけり

なつころも-はなのたもとに-ぬきかへて-はるのかたみも-とまらさりけり


00137

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりけるとき、更衣の心をよめる

藤原基俊

けふかふるせみの羽ころもきてみれはたもとに夏はたつにそ有りける

けふかふる-せみのはころも-きてみれは-たもとになつは-たつにそありける


00138

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、夏のはしめのうたとてよめる

藤原実清朝臣

あかてゆく春のわかれにいにしへの人やうつきといひはしめけん

あかてゆく-はるのわかれに-いにしへの-ひとやうつきと-いひはしめけむ


00139

[詞書]卯花をよめる

左京大夫顕輔

むらむらにさけるかきねの卯のはなはこのまの月の心ちこそすれ

むらむらに-さけるかきねの-うのはなは-このまのつきの-ここちこそすれ


00140

[詞書]暮見卯花といへる心をよみ侍りける

右近大将実房

ゆふつくよほのめく影もうの花のさけるわたりはさやけかりけり

ゆふつくよ-ほのめくかけも-うのはなの-さけるわたりは-さやけかりけり


00141

[詞書]卯花の歌とてよみ侍りける

仁和寺後入道法親王(覚性)

玉川とおとにききしは卯花を露のかきれる名にこそ有りけれ

たまかはと-おとにききしは-うのはなを-つゆのかされる-なにこそありけれ


00142

[詞書]白河院鳥羽殿におはしましける時、をのことも歌合し侍りけるに、卯花をよめる

藤原季通朝臣

みてすくる人しなけれは卯のはなのさけるかきねや白川の関

みてすくる-ひとしなけれは-うのはなの-さけるかきねや-しらかはのせき


00143

[詞書]遠村卯花といへるこころをよめる

賀茂政平

卯のはなのよそめなりけり山さとのかきねはかりにふれるしら雪

うのはなの-よそめなりけり-やまさとの-かきねはかりに-ふれるしらゆき


00144

[詞書]卯花蔵宅といへるこころをよめる

藤原敦経朝臣

うの花のかきねとのみやおもはまししつのふせやに煙たたすは

うのはなの-かきねとのみや-おもはまし-しつのふせやに-けふりたたすは


00145

[詞書]山さとにこれかれまかりて歌よみ侍りけるに、野草をよめる

藤原定通

やきすてしふるののを野のまくすはら玉まくはかり成りにけるかな

やきすてし-ふるののをのの-まくすはら-たままくはかり-なりにけるかな


00146

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、葵をよめる

藤原基俊

あふひ草てる日は神のこころかはかけさすかたにまつなひくらん

あふひくさ-てるひはかみの-こころかは-かけさすかたに-まつなひくらむ


00147

[詞書]賀茂のいつきおりたまひてのち、まつりのみあれの日、人のあふひをたてまつりて侍りけるに、かきつけられて侍りける

前斎院式子内親王

神山のふもとになれしあふひ草ひきわかれても年そへにける

かみやまの-ふもとになれし-あふひくさ-ひきわかれても-としそへにける


00148

[詞書]仁和寺のみこのもとにて、郭公の歌五首よみ侍りける時、よめる

按察使公通

ほとときすまつはひさしき夏のよをねぬにあけぬと誰かいひけん

ほとときす-まつはひさしき-なつのよを-ねぬにあけぬと-たれかいひけむ


00149

[詞書]修理大夫顕季歌合し侍りけるに、郭公をよめる

藤原道経

ふたこゑときかてややまむ時鳥まつにねぬ夜のかすはつもりて

ふたこゑと-きかてややまむ-ほとときす-まつにねぬよの-かすはつもりて


00150

[詞書]郭公のうたとてよめる

賀茂重保

ほとときすしのふるころは山ひこのこたふる声もほのかにそする

ほとときす-しのふるころは-やまひこの-こたふるこゑも-ほのかにそする


00151

[詞書]山寺にこもりて侍りけるに、郭公のなかさりけれはよめる

道命法師

あやしきはまつ人からかほとときすなかぬにさへもぬるる袖かな

あやしきは-まつひとからか-ほとときす-なかぬにさへも-ぬるるそてかな


00152

[詞書]題しらす

康資王母

ねさめするたよりにきけは郭公つらき人をも待つへかりけり

ねさめする-たよりにきけは-ほとときす-つらきひとをも-まつへかりけり


00153

[詞書]題しらす

刑部卿頼輔母

ほとときす又もやなくとまたれつつきく夜しもこそねられさりけれ

ほとときす-またもやなくと-またれつつ-きくよしもこそ-ねられさりけれ


00154

[詞書]題しらす

覚盛法師

またてきく人にとははや郭公さてもはつねやうれしかるらん

またてきく-ひとにとははや-ほとときす-さてもはつねや-うれしかるらむ


00155

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、よめる

前参議教長

たつねてもきくへきものを時鳥人たのめなる夜はの一声

たつねても-きくへきものを-ほとときす-ひとたのめなる-よはのひとこゑ


00156

[詞書]遠聞郭公といへる心をよみ侍りける

権大納言実家

おもひやる心もつきぬほとときす雲のいくへの外になくらん

おもひやる-こころもつきぬ-ほとときす-くものいくへの-ほかになくらむ


00157

[詞書]暮天郭公といへる心をよみ侍りける

仁和寺法親王(守覚)

ほとときすなほはつこゑをしのふ山ゆふゐる雲のそこに鳴くなり

ほとときす-なほはつこゑを-しのふやま-ゆふゐるくもの-そこになくなり


00158

[詞書]郭公の歌とてよめる

藤原清輔朝臣

かさこしをゆふこえくれはほとときすふもとの雲のそこに鳴くなり

かさこしを-ゆふこえくれは-ほとときす-ふもとのくもの-そこになくなり


00159

[詞書]郭公の歌とてよめる

前右京権大夫頼政

ひとこゑはさやかに鳴きてほとときす雲ちはるかにとほさかるなり

ひとこゑは-さやかになきて-ほとときす-くもちはるかに-とほさかるなり


00160

[詞書]右大臣に侍りける時、家に百首歌よませ侍りけるに、郭公の歌とてよめる

摂政前右大臣

おもふことなき身なりせはほとときす夢にきく夜もあらましものを

おもふこと-なきみなりせは-ほとときす-ゆめにきくよも-あらましものを


00161

[詞書]暁聞郭公といへるこころをよみ侍りける

右のおほいまうちきみ

ほとときす鳴きつるかたをなかむれはたたあり明の月そのこれる

ほとときす-なきつるかたを-なかむれは-たたありあけの-つきそのこれる


00162

[詞書]郭公のうたとてよみ侍りける

権大納言実国

なこりなくすきぬなるかなほとときすこそかたらひしやととしらすや

なこりなく-すきぬなるかな-ほとときす-こそかたらひし-やととしらすや


00163

[詞書]郭公のうたとてよみ侍りける

権大納言宗家

夕つくよいるさの山のこかくれにほのかにもなくほとときすかな

ゆふつくよ-いるさのやまの-こかくれに-ほのかにもなく-ほとときすかな


00164

[詞書]郭公のうたとてよみ侍りける

前左衡門督公光

ほとときすききもわかれぬ一こゑによものそらをもなかめつるかな

ほとときす-ききもわかれぬ-ひとこゑに-よものそらをも-なかめつるかな


00165

[詞書]摂政右大臣の時の歌合に、郭公の歌とてよめる

皇太后宮大夫俊成

すきぬるか夜はのねさめの時鳥こゑはまくらにある心ちして

すきぬるか-よはのねさめの-ほとときす-こゑはまくらに-あるここちして


00166

[詞書]右大将実房中将に侍りける時、十五首歌よませ侍りけるによめる

道因法師

よをかさねねぬよりほかにほとときすいかに待ちてか二こゑはきく

よをかさね-ねぬよりほかに-ほとときす-いかにまちてか-ひとこゑはきく


00167

[詞書]郭公をよめる

権中納言長方

心をそつくしはてつるほとときすほのめくよひの村雨のそら

こころをそ-つくしはてつる-ほとときす-ほのめくよひの-むらさめのそら


00168

[詞書]久我内大臣の家にて、旅宿菖蒲といへる心をよめる

前中納言雅頼

みやこ人ひきなつくしそあやめ草たひねのとこの枕はかりは

みやこひと-ひきなつくしそ-あやめくさ-たひねのとこの-まくらはかりは


00169

[詞書]菖蒲のうたとてよみ侍りける

摂政前右大臣

さみたれにぬれぬれひかむあやめ草ぬまのいはかき浪もこそこせ

さみたれに-ぬれぬれひかむ-あやめくさ-ぬまのいはかき-なみもこそこせ


00170

[詞書]菖蒲のうたとてよみ侍りける

内大臣

のきちかくけふしもきなく郭公ねをやあやめにそへてふくらん

のきちかく-けふしもきなく-ほとときす-ねをやあやめに-そへてふくらむ


00171

[詞書]後朱雀院御時、長久二年五月一品内親王の歌合に、花たちはなをよめる

枇杷殿皇太后宮五節

たたならぬ花たちはなのにほひかなよそふる袖はたれとなけれと

たたならぬ-はなたちはなの-にほひかな-よそふるそては-たれとなけれと


00172

[詞書]題しらす

藤原基俊

風にちるはなたちはなに袖しめてわかおもふいもか手枕にせん

かせにちる-はなたちはなに-そてしめて-わかおもふいもか-たまくらにせむ


00173

[詞書]題しらす

藤原家基

うき雲のいさよふよひの村雨におひ風しるくにほふたちはな

うきくもの-いさよふよひの-むらさめに-おひかせしるく-にほふたちはな


00174

[詞書]題しらす

左大弁親宗

わかやとの花たちはなにふく風をたか里よりとたれなかむらん

わかやとの-はなたちはなに-ふくかせを-たかさとよりと-たれなかむらむ


00175

[詞書]花橘薫枕といへる心をよめる

藤原公衡朝臣

をりしもあれ花たちはなのかをるかなむかしをみつる夢の枕に

をりしもあれ-はなたちはなの-かをるかな-むかしをみつる-ゆめのまくらに


00176

[詞書]百首歌めしける時、花橘の歌とてよませ給うける

崇徳院御製

五月雨にはなたちはなのかをる夜は月すむ秋もさもあらはあれ

さみたれに-はなたちはなの-かをるよは-つきすむあきも-さもあらはあれ


00177

[詞書]題しらす

延久三親王輔仁

さみたれにおもひこそやれいにしへの草のいほりの夜はのさひしさ

さみたれに-おもひこそやれ-いにしへの-くさのいほりの-よはのさひしさ


00178

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、五月雨のうたとてよめる

藤原基俊

いととしくしつのいほりのいふせきに卯のはなくたし五月雨そする

いととしく-しつのいほりの-いふせきに-うのはなくたし-さみたれそふる


00179

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、五月雨のうたとてよめる

源俊頼朝臣

おほつかないつかはるへきわひ人のおもふ心やさみたれの空

おほつかな-いつかはるへき-わひひとの-おもふこころや-さみたれのそら


00180

[詞書]中院入道右大臣中将に侍りける時、歌合し侍りけるに、さみたれのうたとてよめる

藤原顕仲朝臣

五月雨にあささはぬまの花かつみかつみるままにかくれゆくかな

さみたれに-あささはぬまの-はなかつみ-かつみるままに-かくれゆくかな


00181

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、よめる

左京大夫顕輔

さみたれの日かすへぬれはかりつみししつやのこすけくちやしぬらん

さみたれの-ひかすへぬれは-かりつみし-しつやのこすけ-くちやしぬらむ


00182

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、よめる

前参議親隆

五月雨にみつのみつかさまさるらしみをのしるしもみえすなりゆく

さみたれに-みつのみつかさ-まさるらし-みをのしるしも-みえすなりゆく


00183

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、よめる

皇太后宮大夫俊成

さみたれはたくもの煙うちしめりしほたれまさるすまのうら人

さみたれは-たくものけふり-うちしめり-しほたれまさる-すまのうらひと


00184

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、よめる

藤原清輔朝臣

時しもあれ水のみこもをかりあけてほさてくたしつ五月雨のそら

ときしもあれ-みつのみこもを-かりあけて-ほさてくたしつ-さみたれのそら


00185

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、よめる

待賢門院安芸

さみたれはあまのもしほ木くちにけりうらへに煙たえてほとへぬ

さみたれは-あまのもしほき-くちにけり-うらへにけふり-たえてほとへぬ


00186

[詞書]摂政右大臣に侍りける時、百首歌よませ侍りけるに、五月雨の心をよめる

源行頼朝臣

五月雨にむろの八島をみわたせは煙はなみのうへよりそたつ

さみたれに-むろのやしまを-みわたせは-けふりはなみの-うへよりそたつ


00187

[詞書]旅泊五月雨といへるこころをよめる

源仲正

さみたれはとまのしつくに袖ぬれてあなしほとけの浪のうきねや

さみたれは-とまのしつくに-そてぬれて-あなしほとけの-なみのうきねや


00188

[詞書]月前郭公といへるこころをよめる

賀茂成保

五月雨の雲のはれまに月さえて山ほとときす空に鳴くなり

さみたれの-くものはれまに-つきさえて-やまほとときす-そらになくなり


00189

[詞書]雨中郭公といへる心をよみ侍りける

按察使資賢

をちかへりぬるともきなけ郭公いまいくかかはさみたれのそら

をちかへり-ぬるともきなけ-ほとときす-いまいくかかは-さみたれのそら


00190

[詞書]関路郭公といへる心をよめる

中納言師時

あふさかの山ほとときすなのるなりせきもる神やそらにとふらん

あふさかの-やまほとときす-なのるなり-せきもるかみや-そらにとふらむ


00191

[詞書]後一条院の御八講に菩提樹院にまゐり侍りけるに、かくらをかにて郭公のなき侍りけれはよめる

律師慶暹

いにしへを恋ひつつひとりこえくれはなきあふ山のほとときすかな

いにしへを-こひつつひとり-こえくれは-なきあふやまの-ほとときすかな


00192

[詞書]瞻西上人雲居寺の房にて、未飽郭公といへる心をよめる

源俊頼朝臣

なとてかくおもひそめけん時鳥ゆきのみやまの法のすゑかは

なとてかく-おもひそめけむ-ほとときす-ゆきのみやまの-のりのすゑかは


00193

[詞書]堀河院御時、きさいの宮にて、潤五月郭公といへる心をよみ侍りける

権中納言俊忠

五月やみふたむら山のほとときす嶺つつきなくこゑをきくかな

さつきやみ-ふたむらやまの-ほとときす-みねつつきなく-こゑをきくかな


00194

[詞書]おなし御時、百首歌たてまつりける時、照射のこころをよみ侍りける

前中納言匡房

ともしするみやきか原のした露にしのふもちすりかわくよそなき

ともしする-みやきかはらの-したつゆに-しのふもちすり-かわくよそなき


00195

[詞書]おなし御時、百首歌たてまつりける時、照射のこころをよみ侍りける

修埋大夫顕季

五月やみさやまの嶺にともす火は雲のたえまのほしかとそみる

さつきやみ-さやまのみねに-ともすひは-くものたえまの-ほしかとそみる


00196

[詞書]権中納言俊忠中将に侍りける時、歌合し侍りけるに、ともしの歌とてよめる

藤原顕綱朝臣

さつきやみしけきは山にたつしかはともしにのみそ人にしらるる

さつきやみ-しけきはやまに-たつしかは-ともしにのみそ-ひとにしらるる


00197

[詞書]ともしの歌とてよめる

大蔵卿行宗

ともしするほくしの松もきえなくにと山の雲のあけわたるらん

ともしする-ほくしのまつも-きえなくに-とやまのくもの-あけわたるらむ


00198

[詞書]ともしの歌とてよめる

源仲正

ともしするほくしの松ももえつきてかへるにまよふしもつやみかな

ともしする-ほくしのまつも-もえつきて-かへるにまよふ-しもつやみかな


00199

[詞書]ともしの歌とてよめる

よみ人しらす

山ふかみほくしのまつはつきぬれとしかにおもひをなほかくるかな

やまふかみ-ほくしのまつは-つきぬれと-しかにおもひを-なほかくるかな


00200

[詞書]ともしの歌とてよめる

賀茂重保

ともしするほくしをまつとおもへはやあひみてしかの身をはかふらん

ともしする-ほくしをまつと-おもへはや-あひみてしかの-みをはかふらむ


00201

[詞書]百首歌たてまつりける時、蛍のうたとてよめる

藤原季通朝臣

むかしわかあつめしものをおもひいててみなれかほにもくる蛍かな

むかしわか-あつめしものを-おもひいてて-みなれかほにも-くるほたるかな


00202

[詞書]題しらす

源俊頼朝臣

あはれにもみさをにもゆる蛍かなこゑたてつへきこの世とおもふに

あはれにも-みさをにもゆる-ほたるかな-こゑたてつへき-このよとおもふに


00203

[詞書]題しらす

源俊頼朝臣

あさりせし水のみさひにとちられてひしのうきはにかはつなくなり

あさりせし-みつのみさひに-とちられて-ひしのうきはに-かはつなくなり


00204

[詞書]水草隔船といへる心をよみ侍りける

法性寺入道前太政大臣

夏ふかみ玉えにしけるあしの葉のそよくや船のかよふなるらん

なつふかみ-たまえにしける-あしのはの-そよくやふねの-かよふなるらむ


00205

[詞書]百首歌の中に、鵜河の心をよませ給うける

崇徳院御製

はやせ川みをさかのはるうかひ舟まつこの世にもいかかくるしき

はやせかは-みをさかのほる-うかひふね-まつこのよにも-いかかくるしき


00206

[詞書]なてしこの花さかりなりけるをみてよめる

和泉式部

みるかなほこの世の物とおほえぬはからなてしこの花にそ有りける

みるかなほ-このよのものと-おほえぬは-からなてしこの-はなにそありける


00207

[詞書]松下納涼といへる心をよみ侍りける

中務卿具平親王

とこ夏のはなもわすれて秋かせを松のかけにてけふは暮れぬる

とこなつの-はなもわすれて-あきかせを-まつのかけにて-けふはくれぬる


00208

[詞書]氷室をよみ侍りける

仁和寺後入道法親王(覚性)

春あきものちのかたみはなきものをひむろそ冬のなこりなりける

はるあきも-のちのかたみは-なきものを-ひむろそふゆの-なこりなりける


00209

[詞書]百首歌たてまつりける時、氷室のうたとてよみ侍りける

大炊御門右大臣

あたりさへすすしかりけりひむろ山まかせし水のこほるのみかは

あたりさへ-すすしかりけり-ひむろやま-まかせしみつの-こほるのみかは


00210

[詞書]題しらす

法印慈円

山かけやいはもるし水おとさえて夏のほかなるひくらしのこゑ

やまかけや-いはもるしみつ-おとさへて-なつのほかなる-ひくらしのこゑ


00211

[詞書]題しらす

藤原道経

夕されは玉ゐるかすもみえねともせきのを川のおとそすすしき

ゆふされは-たまゐるかすも-みえねとも-せきのをかはの-おとそすすしき


00212

[詞書]題しらす

俊恵法師

いはまもるし水をやとにせきとめてほかより夏をすくしつるかな

いはまもる-しみつをやとに-せきとめて-ほかよりなつを-すくしつるかな


00213

[詞書]題しらす

顕昭法師

さらぬたにひかりすすしき夏の夜の月をし水にやとしてそみる

さらぬたに-ひかりすすしき-なつのよの-つきをしみつに-やとしてそみる


00214

[詞書]泉辺納涼といへるこころをよめる

法眼実快

せきとむる山した水にみかくれてすみけるものを秋のけしきは

せきとむる-やましたみつに-みかくれて-すみけるものを-あきのけしきは


00215

[詞書]夏夜暁月といへる心をよめる

藤原経家朝臣

われなからほとなき夜はやをしからむなほ山のはにあり明の月

われなから-ほとなきよはや-をしからむ-なほやまのはに-ありあけのつき


00216

[詞書]夏の月をよめる

祝部宿禰成仲

夏のよの月のひかりはさしなからいかにあけぬるあまの戸ならん

なつのよの-つきのひかりは-さしなから-いかにあけぬる-あまのとならむ


00217

[詞書]雨後月明といへる心をよめる

俊恵法師

夕たちのまたはれやらぬ雲まよりおなし空ともみえぬ月かな

ゆふたちの-またはれやらぬ-くもまより-おなしそらとも-みえぬつきかな


00218

[詞書]大宮前太政大臣家にて、夏月如秋といへる心をよめる

藤原敦仲

小萩はらまた花さかぬみやきののしかやこよひの月になくらん

こはきはら-またはなさかぬ-みやきのの-しかやこよひの-つきになくらむ


00219

[詞書]草花先秋といへる心をよめる

顕昭法師

夏ころもすそのの原をわけゆけはおりたかへたる萩か花すり

なつころも-すそののはらを-わけゆけは-をりたかへたる-はきかはなすり


00220

[詞書]松風秋近といへる心をよめる

藤原親盛

あきかせは浪とともにやこえぬらんまたきすすしきすゑの松山

あきかせは-なみとともにや-こえぬらむ-またきすすしき-すゑのまつやま


00221

[詞書]刑部卿頼輔歌合し侍りけるに、納涼の心をよめる

前参議教長

いはたたく谷の水のみおとつれて夏にしられぬみ山へのさと

いはたたく-たにのみつのみ-おとつれて-なつにしられぬ-みやまへのさと


00222

[詞書]刑部卿頼輔歌合し侍りけるに、納涼の心をよめる

藤原盛方朝臣

いはまよりおちくるたきのしら糸はむすはてみるもすすしかりけり

いはまより-おちくるたきの-しらいとは-むすはてみるも-すすしかりけり


00223

[詞書]百首歌たてまつりける時、六月祓をよめる

藤原季通朝臣

けふくれはあさのたちえにゆふかけて夏みな月のみそきをそする

けふくれは-あさのたちえに-ゆふかけて-なつみなつきの-みそきをそする


00224

[詞書]百首歌たてまつりける時、六月祓をよめる

皇太后宮大夫俊成

いつとてもをしくやはあらぬとし月をみそきにすつる夏のくれかな

いつとても-をしくやはあらぬ-としつきを-みそきにすつる-なつのくれかな


00225

[詞書]六月祓をよめる

よみ人しらす

みそきする川せにさよやふけぬらんかへるたもとに秋かせそふく

みそきする-かはせにさよや-ふけぬらむ-かへるたもとに-あきかせそふく