千載和歌集/巻第四

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻四:秋上


00226

[詞書]秋たつ日よみ侍りける

侍従乳母

あききぬとききつるからにわかやとの荻のはかせの吹きかはるらん

あききぬと-ききつるからに-わかやとの-をきのはかせの-ふきかはるらむ


00227

[詞書]秋たつ日よみ侍りける

仁和寺法親王(守覚)

あさちふの露けくもあるか秋きぬとめにはさやかにみえけるものを

あさちふの-つゆけくもあるか-あききぬと-めにはさやかに-みえけるものを


00228

[詞書]百首歌たてまつりける時、秋たつ心をよめる

待賢門院堀川

秋のくるけしきのもりのした風にたちそふ物はあはれなりけり

あきのくる-けしきのもりの-したかせに-たちそふものは-あはれなりけり


00229

[詞書]百首歌たてまつりける時、秋たつ心をよめる

皇太后宮大夫俊成

やへむくらさしこもりにしよもきふにいかてか秋のわけてきつらん

やへむくら-さしこもりにし-よもきふに-いかてかあきの-わけてきつらむ


00230

[詞書]初秋の心をよめる

寂然法師

秋はきぬとしもなかはにすきぬとや荻ふくかせのおとろかすらん

あきはきぬ-としもなかはに-すきぬとや-をきふくかせの-おとろかすらむ


00231

[詞書]初秋の心をよめる

よみ人しらす

この葉たに色つくほとはあるものを秋かせふけはちる涙かな

このはたに-いろつくほとは-あるものを-あきかせふけは-ちるなみたかな


00232

[詞書]社頭立秋といへるこころをよめる

賀茂重政

神山の松ふくかせもけふよりは色はかはらておとそ身にしむ

かみやまの-まつふくかせも-けふよりは-いろはかはらて-おとそみにしむ


00233

[詞書]郁芳門院の前栽合に荻をよめる

大蔵卿行宗

物ことにあきのけしきはしるけれとまつ身にしむは荻のうは風

ものことに-あきのけしきは-しるけれと-まつみにしむは-をきのうはかせ


00234

[詞書]はしめの秋のこころをよめる

源俊頼朝臣

あきかせや涙もよほすつまならむおとつれしより袖のかわかぬ

あきかせや-なみたもよほす-つまならむ-おとつれしより-そてのかわかぬ


00235

[詞書]七夕のこころをよみ侍りける

摂政前右大臣

たなはたの心のうちやいかならむまちこしけふの夕くれのそら

たなはたの-こころのうちや-いかならむ-まちこしけふの-ゆふくれのそら


00236

[詞書]百首歌たてまつりける時、七夕のこころをよめる

大納言隆季

たなはたのあまつひれふく秋かせにやそのふなつをみふねいつらし

たなはたの-あまつひれふく-あきかせに-やそのふなつを-みふねいつらし


00237

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、よめる

二条太皇太后宮肥後

たなはたのあまのはころもかさねてもあかぬ契やなほむすふらん

たなはたの-あまのはころも-かさねても-あかぬちきりや-なほむすふらむ


00238

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、よめる

河内

こひこひてこよひはかりやたなはたの枕にちりのつもらさるらん

こひこひて-こよひはかりや-たなはたの-まくらにちりの-つもらさるらむ


00239

[詞書]たなはたの心をよめる

源俊頼朝臣

七夕のあまのかはらのいはまくらかはしもはてすあけぬこの夜は

たなはたの-あまのかはらの-いはまくら-かはしもはてす-あけぬこのよは


00240

[詞書]百首のうたの中に、七夕の心をよませ給うける

崇徳院御製

たなはたに花そめころもぬきかせはあか月露のかへすなりけり

たなはたに-はなそめころも-ぬきかせは-あかつきつゆの-かくすなりけり


00241

[詞書]七夕後朝の心をよみ侍りける

土御門右のおほいまうちきみ

あまの川心をくみておもふにも袖こそぬるれ暁のそら

あまのかは-こころをくみて-おもふにも-そてこそぬるれ-あかつきのそら


00242

[詞書]堀河院御とき、百首のうたたてまつりける時、かるかやをよみ侍りける

大納言師頼

秋くれはおもひみたるるかるかやのした葉や人の心なるらん

あきくれは-おもひみたるる-かるかやの-したはやひとの-こころなるらむ


00243

[詞書]題不知

延久三親王家甲斐

おしなへて草はのうへをふく風にまつしたをるる野へのかるかや

おしなへて-くさはのうへを-ふくかせに-まつしたをるる-のへのかるかや


00244

[詞書]雲居寺瞻西上人、房にて歌合し侍りける時、よめる

藤原道経

ふみしたきあさゆくしかやすきつらむしとろにみゆる野ちのかるかや

ふみしたき-あさゆくしかや-すきつらむ-しとろにみゆる-のちのかるかや


00245

[詞書]草花告秋といへる心をよめる

法印静賢

秋きぬとかせもつけてし山さとになほほのめかす花すすきかな

あききぬと-かせもつけてし-やまさとに-なほほのめかす-はなすすきかな


00246

[詞書]題しらす

よみ人しらす

いかなれはうははをわたる秋かせにしたをれすらむ野へのかるかや

いかなれは-うははをわたる-あきかせに-したをれすらむ-のへのかるかや


00247

[詞書]題しらす

和泉式部

人もかなみせもきかせも萩の花さく夕かけのひくらしのこゑ

ひともかな-みせもきかせも-はきのはな-さくゆふかけの-ひくらしのこゑ


00248

[詞書]題しらす

藤原伊家

あき山のふもとをこむる家ゐにはすそ野のはきそまかきなりける

あきやまの-ふもとをこむる-いへゐには-すそののはきそ-まかきなりける


00249

[詞書]題しらす

藤原基俊

宮城ののはきやをしかのつまならん花さきしより声の色なる

みやきのの-はきやをしかの-つまならむ-はなさきしより-こゑのいろなる


00250

[詞書]題しらす

長覚法師

心をはちくさの色にそむれとも袖にうつるは萩かはなすり

こころをは-ちくさのいろに-そむれとも-そてにうつるは-はきかはなすり


00251

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりけるとき、よみ侍りける

大納言師順

露しけきあしたのはらのをみなへしひとえたをらん袖はぬるとも

つゆしけき-あしたのはらの-をみなへし-ひとえたをらむ-そてはぬるとも


00252

[詞書]法性寺入道さきのおほきおほいまうちきみの家にて、女郎花随風といへるこころをよみ侍りける

前中納言雅兼

をみなへしなひくをみれは秋かせの吹きくるすゑもなつかしきかな

をみなへし-なひくをみれは-あきかせの-ふきくるすゑも-なつかしきかな


00253

[詞書]なけくこと侍りける時、をみなへしをみてよめる

前左衛門督公光

女郎花涙に露やおきそふるたをれはいとと袖のしをるる

をみなへし-なみたにつゆや-おきそふる-たをれはいとと-そてのしをるる


00254

[詞書]題しらす

藤原行家

ふく風にをれふしぬれはをみなへしまかきそ花の枕なりける

ふくかせに-をれふしぬれは-をみなへし-まかきそはなの-まくらなりける


00255

[詞書]摂政前右大臣、家に歌合し侍りける時、野径秋夕といへる心をよめる

藤原盛方朝臣

夕されはかやかしけみになきかはすむしのねをさへわけつつそ行く

ゆふされは-かやかしけみに-なきかはす-むしのねをさへ-わけつつそゆく


00256

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、よめる

源俊頼朝臣

さまさまに心そとまるみやき野の花のいろいろむしのこゑこゑ

さまさまに-こころそとまる-みやきのの-はなのいろいろ-むしのこゑこゑ


00257

[詞書]野花留客といへる心をよめる

源俊頼朝臣

秋くれはやとにとまるをたひねにて野へこそつねのすみかなりけれ

あきくれは-やとにとまるを-たひねにて-のへこそつねの-すみかなりけれ


00258

[詞書]百首歌たてまつりける時、秋のうたとてよめる

藤原季通朝臣

野わきするのへのけしきをみる時は心なき人あらしとそおもふ

のわきする-のへのけしきを-みるときは-こころなきひと-あらしとそおもふ


00259

[詞書]百首歌たてまつりける時、秋のうたとてよめる

皇太后宮大夫俊成

夕されは野へのあきかせ身にしみてうつら鳴くなりふか草のさと

ゆふされは-のへのあきかせ-みにしみて-うつらなくなり-ふかくさのさと


00260

[詞書]題しらす

源俊頼朝臣

なにとなく物そかなしきすかはらやふしみのさとの秋の夕くれ

なにとなく-ものそかなしき-すかはらや-ふしみのさとの-あきのゆふくれ


00261

[詞書]家に百首歌よませ侍りける時、草花歌とてよみ侍りける

摂政前右大臣

さまさまの花をはやとにうつしうゑつしかのねさそへ野への秋風

さまさまの-はなをはやとに-うつしうゑつ-しかのねさそへ-のへのあきかせ


00262

[詞書]野花露といへる心をよみ侍りける

仁和寺法親王(守覚)

秋のののちくさの色にうつろへは花そかへりて露をそめける

あきののの-ちくさのいろに-うつろへは-はなそかへりて-つゆをそめける


00263

[詞書]題しらす

法印慈円

草木まて秋のあはれをしのへはや野にも山にもつゆこはるらん

くさきまて-あきのあはれを-しのへはや-のにもやまにも-つゆこほるらむ


00264

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、よめる

待賢門院堀河

はかなさをわか身のうへによそふれはたもとにかかる秋の夕露

はかなさを-わかみのうへに-よそふれは-たもとにかかる-あきのゆふつゆ


00265

[詞書]崇徳院に百首歌たてまつりける時、よめる

藤原清輔朝臣

たつたひめかさしの玉のををよわみみたれにけりとみゆるしら露

たつたひめ-かさしのたまの-ををよわみ-みたれにけりと-みゆるしらつゆ


00266

[詞書]題しらす

藤原季経朝臣

夕まくれをきふくかせのおときけはたもとよりこそ露はこはるれ

ゆふまくれ-をきふくかせの-おときけは-たもとよりこそ-つゆはこほるれ


00267

[詞書]題しらす

円位法師

おほかたの露にはなにのなるならむたもとにおくは涙なりけり

おほかたの-つゆにはなにの-なるならむ-たもとにおくは-なみたなりけり


00268

[詞書]法輪寺にまうて侍りけるに、さか野の花をみてよめる

道命法師

花すすきまねくはさかとしりなからととまる物は心なりけり

はなすすき-まねくはさかと-しりなから-ととまるものは-こころなりけり


00269

[詞書]ひさしくすます侍りけるところに、秋のころまかりてよみ侍りける

前大納言公任

時しもあれ秋ふるさとにきてみれは庭は野へともなりにけるかな

ときしもあれ-あきふるさとに-きてみれは-にははのへとも-なりにけるかな


00270

[詞書]すみ侍りける山さとをしはしほかに侍りて、かへりたりけるに、前裁のいたくしをれたりけれはよめる

小弁

やとかれていくかもあらぬにしかのなく秋ののへともなりにけるかな

やとかれて-いくかもあらぬに-しかのなく-あきののへとも-なりにけるかな


00271

[詞書]思野花といへる心をよめる

藤原伊家

いまはしもほにいてぬらむ東路のいはたのをののしののをすすき

いまはしも-ほにいてぬらむ-あつまちの-いはたのをのの-しののをすすき


00272

[詞書]秋歌とてよみ侍りける

摂政前右大臣

夕されはをののあさちふ玉ちりて心くたくる風のおとかな

ゆふされは-をののあさちふ-たまちりて-こころくたくる-かせのおとかな


00273

[詞書]秋歌とてよみ侍りける

前大僧正覚忠

ときはなるあをはの山も秋くれは色こそかへねさひしかりけり

ときはなる-あをはのやまも-あきくれは-いろこそかへね-さひしかりけり


00274

[詞書]月歌あまたよみ侍りける時、よみ侍りける

権大納言実家

秋のよの心をつくすはしめとてほのかにみゆる夕つくよかな

あきのよの-こころをつくす-はしめとて-ほのかにみゆる-ゆふつくよかな


00275

[詞書]月歌三十首よませ侍りける時、よみ侍りける

法性寺入道前太政大臣

あきの月たかねの雲のあなたにてはれゆく空のくるるまちけり

あきのつき-たかねのくもの-あなたにて-はれゆくそらの-くるるまちけり


00276

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、よめる

源俊頼朝臣

こからしの雲ふきはらふたかねよりさえても月のすみのほるかな

こからしの-くもふきはらふ-たかねより-さえてもつきの-すみのほるかな


00277

[詞書]堀河院御時、百首歌たてまつりける時、よめる

隆源法師

いつこにも月はわかしをいかなれはさやけかるらむさらしなのやま

いつこにも-つきはわかしを-いかなれは-さやけかるらむ-さらしなのやま


00278

[詞書]摂政前右大臣家に百首歌よませ侍りける時、月のうたとてよめる

藤原隆信朝臣

出てぬより月みよとこそさえにけれをはすて山のゆふくれの空

いてぬより-つきみよとこそ-さえにけれ-をはすてやまの-ゆふくれのそら


00279

[詞書]月のうたとてよめる

前中納言雅頼

くまもなきみそらに秋の月すめは庭には冬のこほりをそしく

くまもなき-みそらにあきの-つきすめは-にはにはふゆの-こほりをそしく


00280

[詞書]皇太后宮大夫俊成十首歌よみ侍りける時、よみてつかはしけるうち、月の歌

右のおほいまうちきみ

月みれははるかにおもふさらしなの山も心のうちにそありける

つきみれは-はるかにおもふ-さらしなの-やまもこころの-うちにそありける


00281

[詞書]権中納言俊忠かつらの家にて、水上月といへるこころをよみ侍りける

源俊頼朝臣

あすもこむ野ちの玉川はきこえて色なる浪に月やとりけり

あすもこむ-のちのたまかは-はきこえて-いろなるなみに-つきやとりけり


00282

[詞書]百首歌めしける時、月のうたとてよませ給うける

崇徳院御製

玉よするうらわの風にそらはれてひかりをかはす秋のよの月

たまよする-うらわのかせに-そらはれて-ひかりをかはす-あきのよのつき


00283

[詞書]百首歌めしける時、月のうたとてよませ給うける

大炊御門右大臣

さよふけてふしのたかねにすむ月は煙はかりやくもりなるへき

さよふけて-ふしのたかねに-すむつきは-けふりはかりや-くもりなるへき


00284

[詞書]百首歌めしける時、月のうたとてよませ給うける

皇太后宮大夫俊成

石はしるみつのしら玉かすみえてきよたき川にすめる月影

いしはしる-みつのしらたま-かすみえて-きよたきかはに-すめるつきかけ


00285

[詞書]百首歌めしける時、月のうたとてよませ給うける

藤原清輔朝臣

しほかまのうらふくかせに霧はれてやそ島かけてすめる月かけ

しほかまの-うらふくかせに-きりはれて-やそしまかけて-すめるつきかけ


00286

[詞書]法性寺入道前太政大臣内大臣に侍りける時、月毎秋友といへる心をよませ侍りけるとき、よめる

源俊頼朝臣

おもひくまなくてもとしのへぬるかなものいひかはせ秋のよの月

おもひくま-なくてもとしの-へぬるかな-ものいひかはせ-あきのよのつき


00287

[詞書]題しらす

藤原基俊

山のはにますみのかかみかけたりとみゆるは月のいつるなりけり

やまのはに-ますみのかかみ-かけたりと-みゆるはつきの-いつるなりけり


00288

[詞書]題しらす

藤原道経

秋のよやあまのかはせはこほるらむ月のひかりのさえまさるかな

あきのよや-あまのかはせは-こほるらむ-つきのひかりの-さえまさるかな


00289

[詞書]法性寺入道前太政大臣家にて、月歌よませ侍りける時、よめる

太宰大弐重家

とほさかるおとはせねとも月きよみ氷とみゆるしかのうら浪

とほさかる-おとはせねとも-つききよみ-こほりとみゆる-しかのうらなみ


00290

[詞書]百首歌よみ侍りける時、月歌とてよみ侍りける

右衛門督頼実

つねよりも身にそしみける秋の野に月すむ夜はの荻のうはかせ

つねよりも-みにそしみける-あきののに-つきすむよはの-をきのうはかせ


00291

[詞書]海辺月といへるこころをよめる

俊恵法師

なかめやる心のはてそなかりけるあかしのおきにすめる月影

なかめやる-こころのはてそ-なかりける-あかしのおきに-すめるつきかけ


00292

[詞書]賀茂社後番歌合とて、神主重保かよませ侍りける時よめる

権中納言長方

やほかゆくはまのまさこをしきかへて玉になしつる秋のよの月

やほかゆく-はまのまさこを-しきかへて-たまになしつる-あきのよのつき


00293

[詞書]賀茂社後番歌合とて、神主重保かよませ侍りける時よめる

藤原公時朝臣

いしまゆくみたらし川のおとさえて月やむすはぬこほりなるらん

いしまゆく-みたらしかはの-おとさえて-つきやむすはぬ-こほりなるらむ


00294

[詞書]湖上月といへるこころをよめる

藤原顕家朝臣

月かけはきえぬこほりとみえなからささ浪よするしかのからさき

つきかけは-きえぬこほりと-みえなから-ささなみよする-しかのからさき


00295

[詞書]月前虫といへるこころをよめる

頼円法師

てる月のかけさえぬれはあさちはら雪のしたにもむしはなきけり

てるつきの-かけさえぬれは-あさちはら-ゆきのしたにも-むしはなきけり


00296

[詞書]月照草露といへる心をよめる

藤原親盛

あさちはらはすゑにむすふ露ことにひかりをわけてやとる月かけ

あさちはら-はすゑにむすふ-つゆことに-ひかりをわけて-やとるつきかけ


00297

[詞書]題しらす

藤原清輔朝臣

ふけにけるわかよの秋そあはれなるかたふく月は又もいてなん

ふけにける-わかよのあきそ-あはれなる-かたふくつきは-またもいてなむ


00298

[詞書]題しらす

刑部卿頼輔

身のうさの秋はわするる物ならはなみたくもらて月はみてまし

みのうさの-あきはわするる-ものならは-なみたくもらて-つきはみてまし


00299

[詞書]題しらす

紫式部

おほかたの秋のあはれをおもひやれ月に心はあくかれぬとも

おほかたの-あきのあはれを-おもひやれ-つきにこころは-あくかれぬとも


00300

[詞書]題しらす

前大納言成通

たくひなくつらしとそおもふ秋のよの月をのこしてあくるしののめ

たくひなく-つらしとそおもふ-あきのよの-つきをのこして-あくるしののめ


00301

[詞書]法性寺入道前太政大臣家にて、湖底月といへるこころをよみはんへりける

源俊頼朝臣

てる月のたひねのとこやしもとゆふかつらき山のたに川のみつ

てるつきの-たひねのとこや-しもとゆふ-かつらきやまの-たにかはのみつ