十誡問答

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 十誡問答


じっかいもんどう[編集]

一 われなんぢしゅかみなりわれほかなにものをもかみなか

二 ぐうざうおよおようへてんにあるものしたにあるものならびしたにあるものならびしたみづうちにあるものなんかたちをもつくなかれこれををがなか

三 なんぢしゅかみみだりくちとなふるなか

四 「スボタ」のあんそくじつ)をおぼえてこれせいとすべし六日のあひだはたらきてなんぢいっさいわざすべし第七日はなんぢしゅかみの「スボタ」のなり

五 なんぢふぼうやまふべしさいはひなんぢのぞみていのちながき

六 ひところなか

七 いんおこななか

八 ぬすみするなか

九 もうしようするなか

十 となりつまおよそのぼくうしろばなどならびすべとなりものむさぼなか

問 このじっかいたれたれさづけられしものなりや

答 このじっかいイヅライリたみエギペトのがでてハナアンりょこうせしときシナイ山においかみよりモイセイさづけられしものなり

問 さいしょこのじっかいなにしるされしや

答 ふたつのせきばんしるされたりしかしひとつのせきばんにははじめの四かでうしるされそのうちにはかみたいするのほんぶんめいぜられたりまたせきばんにはほかの六かでうしるされそのうちにはひとたいするのほんぶんめいぜられたり

問 じっかいの第一かでういかとなへらるるや

答 『われなんぢしゅかみなりわれほかなにものをもかみなかれ』

問 かみこのいましめもっいかなることをきんたまふや

答 かみみとめてかみうやまふことすなはかみしんかみのぞかみあいかみむねしたがかみいのおよひとつかみをがほかかみをがむことをきんたま

問 まことかみみとむるのもっとたよりはなになりや

答 をしへのほんむことなり

問 われかみつかひおよしょせいじんいかやうたつとむべきや

答 われかれたつとむはかみけるがごとくするにあらわれよりもなほいつそうかみちかものとしてたつとまたわれためかみめぐみかはもとむるものとしていのるなり

問 このいましめやぶるのつみなになりや

答 ひとつまことかみをがまずしておほくのよこしまなるかみをがまことうたきづつけていつはりなるをしへて(たんしゃまことの教会にそむはなれ(けうしゃうらなひまじなひしんかみしわざにあらざることをみだりにかみしわざなりとしんかみいましめまなぶことをおこたかみらいせずしてかへりひとらいすることなどなり

問 じっかいの第二か條はいかとなへらるるや

答 『ぐうざうおよおようへてんにあるものしたにあるものならびしたにあるものならびしたみづうちにあるものなんかたちをもつくなかれこれををがなかれ』

問 かみこのいましめもっいかなることをきんたまふや

答 ぐうざうすなはきょもうなるしんぶつざうをがむことをきんたま

問 けうじんいかなるものをかみとしてをがむや

答 てんるものにてはたいやうつきほしごときものにあるものにてはとりけものくさごときもの水中にるものにてはさかなむしごときものなどなり

問 せいざうをがむはこのいましめやぶるものにあらざるや

答 このいましめやぶるものにあらいかんとなればわれせいざうをがむはせいざうそのものをがむにあらずしてそのうちえがかれたるかみをがむがためなればなり

問 じっかいの第三か條はいかとなへらるるや

答 『なんぢしゅかみみだりくちとなふるなかれ』

問 かみこのいましめもっいかなることをきんたまふや

答 かろがろしくかみぶことをきんたますなはだんせうときかみまたいたづらちかひあるひいつはりてちかひなどなり

問 しからばいかなるときかみとなふべきや

答 たうときけうときちかひときとなふべしこれとなふるときおそれつつしみとをもってすべし

問 じっかいの第四か條はいかとなへらるるや

答 『スボタの日をおぼえてこれせいとすべし六日のあひだはたらきてなんぢいっさいわざすべし第七日はなんぢしゅかみのスボタの日なり』

問 かみこのいましめもっいかなることをめいたまふや

答 いつしゆうかんうち六日のあひだおのれしよくげふいとなみ第七日にはしよくげふやすみてもっぱこころかみくることをめいたますなはそのせいだういたりてたういへりてはをしへのほんまたぜんおこなひをなどのことをめいたま

問 いつしゆうかんちういかなるせいじつてられしや

答 きうやくおいてはかみせかいつくおはりてやすたまひしスボタのせいじつてられしがしんやくいたハリストスよみがへたまひしときよりしてそのよみがへりを「スボタ」のへてせいじつてられたり

問 しゅよみがへたまひしほかせいじつてられしはなきや

答 り第一しゅさいじつたとへしゅかうたんさい(一月六日)しゅせんれいさい(一月十八日)第二せいさいじつたとへせいたんじやうさい(九月廿日)せいふくいんさい(四月六日)第三しょせいじんさいじつたとへぜんイオアンめいさい(九月十日)しとちやうペートルパエルおくさい(七月十一日)などなり

問 そのほかいかなることをこのいましめのうちにめいぜらるるや

答 けうくわいにてさだめられたるしやうじんまもることをめいぜらる

問 教会にていかなるしやうじんさだめられしや

答 第一だいしやうじんなづけらるる四十日のしやうじんなりこのしやうじんわれしゅイイスス ハリストスあれおいて四十日のだんじきせられしことにのつとりててられしものにてしゅふくくわつさいむかふるのそなへをすがためたり

第二しゅかうたんさいぜんしやうじんすなはいちめいヒリップしやうじんづけらるるものなり(十一月二十七日すなはち)せいしとヒリップきねんよりはじまりてよくねん一月六日のかうたんさいまでつづく)
第三せいしうみんさいぜんしやうじんなり(八月十三日より同月二十七日まで)
第四ペートルパエルおくさいしやうじんなり(せいさんじゃさい一週間をはじまり七月十一日までにいたゆえこのしやうじんかずすべしゅふくくわつさいがふによりてながきみじかきちがひあり)
みぎほか一日のしやうじんあるひたんしやうじんづけらるるものありごと
第一きょえいせいさい(九月六日)
第二ぜんイオアンめいさい(九月十日)
第三くわつれいさい(一月十三日)
第四かくしうかんすいやうきんやう

問 なにゆえすいやうきんやうりやうじつしやうじんすや

答 すいやうおいてするはわれしゅイイスス ハリストスあくにんわたされたまひしをおくするがまたきんやうおいてするはそのくるしみとをおくするがためなり

問 このいましめやぶるのつみなになりや

答 しよくげふをもつとめずしてむなしくらんはうらつおくせいじつさいじつなどしんじやたるのおこなひさずまたしやうじんをもまもらざるなどなり

問 じっかいの第五か條はいかとなへらるるや

答 『なんぢふぼうやまふべしさいはひなんぢのぞみていのちながきん』

問 かみこのいましめもっいかなることをめいたまへり

答 おのれふぼうやまふことをめいたま

問 ふぼうやまふとはいかなることなりや

答 ふぼめいしたがつねかうやうおこたらずことびやうきおよらうにはたいせつせわそのたましひすくはるることをもかみいのるべきをふなり

問 このいましめりやうしんうやまふことのほかいかなるものをうやまふことをめいたまふや

答 あひおいわれふぼだいへうするところひとびとうやまふことをめいたまたとへこくわうぼくゆうおんじんねんちやうしやなどなり

問 みぎひとびとのうちことだれうやまふべきや

答 こくわうなりいかんとなればかればんみんちちかみかうしゃなればなりゆえしとペートルは『かみおそわううやまふべし』〔彼前七の十〕とをしまたわれしゅイイスス ハリストスは『ケサリものケサリかへすべし』〔太二十二の二十一〕とのたまへり

問 しんみんたるものこくわうたいしてつくすべきのほんぶんなになりや

答 こくわうめいふくこくわうためいのこくわうよりてられたるひゃくくわんゆうけんしたがこくはふしょぜいただしくをさこくかいさみてぐんえきふくするなどなり

問 こくわうたいするほんぶんやぶりてつみをかものいかみなさるるや

答 かかものただこくわうまへつみをかせしのみならずまたかみまへにもつみをかせしものなりいかんとなればしとパエルことばに『そはかみよりいでざるけんなくおよるところのけんかみたてたまふところなればなりこのゆえけんさかものかみさだめそむくなり』〔ロマ十三の一至二〕とふに

問 じっかいの第六か條はいかとなへらるるや

答 『ひところなかれ』

問 かみこのいましめもっいかなることをきんたまふや

答 ひところすことすなはひといのちそこなふことをきんたま

問 はふりつりてざいにんけいしょまたせんさうときてきころなどやはつみなりや

答 これつみにあらずいかんとなればざいにんけいしょするはかれおこなところあくげふたんがためにしてまたせんさうときてきころすはこくわうおよしやうこくてきしんりやくよりふせまもるがためなればなり

問 そのこのいましめもっいかなるつみきんたまふや

答 いろいろかかはりもっひとごろしつみみすることをきんたまたとへけうもっしやうもっほうじよもっどうもっこれすことおよそのすべにんいのちがいそこなふことをきんたまたとへいかりもっにくみもっけんもっなどたぐひなりまたこのいましめにてはことばあるひおこなひもっにんしんにいいざなふことをもきんたまこれたましひのうへひとごろしづけらる

問 このいましめまもるのこころなになりや

答 なにびといのちをもほごすべにんたいしんせつすことなり

問 じっかいの第七か條はいかとなへらるるや

答 『いんおこななかれ』

問 かみこのいましめもっいかなることをきんたまふや

答 じゃいんすなはち男女のあひだふぎきんたますべじゃいんつみみちびところあししきしわざをもまたきんたまたとへぼういんぼうしょくすることわいせつなるうたうたふことふうがいするしょもつむことなどなり

問 このいましめまもるのこころなになりや

答 ふうたがひみさほまもまたにんたいしてていけつなることなり

問 じっかいの第八か條はいかとなへらるるや

答 『ぬすみするなかれ』

問 かみこのいましめもっいかなることをきんたまふや

答 ぬすみすることすなはそのしかたいかんかかはらずせいなるしゅだんもっにんもちものわがもちものすことをきんたまたとへせったうすることがうたうすることひとえきしてそのちんぎんはらはざることまたちんせんうけりてそのわざはたさざることいつはりもっにんざいさんかすむることしなものへてあししなものることせいなるものさしますはかりもちひてしやうぢきなるしやうばいなどなり

問 このいましめまもるのこころなになりや

答 おこたらずはたらにんざいむさぼらずじひぶかくしてりちしやうぢきなることをめいぜらる

問 じっかいの第九か條はいかとなへらるるや

答 『もうしょうするなかれ』

問 かみこのいましめもっいかなることをきんたまふや

答 いつはりのしょうつることおよすべいつはりをふことをきんたまたとへさいばんおいいつはりのしょうすことざんげんすることゆることそしることあしざまにふいちやうすることあざけることなどなり

問 ちかひを為していつはりのしょうつるはいかなるつみなりや

答 れ第九のいましめと第三のいましめやぶものにしてそのつみもっとおも

問 このいましめまもるのこころなになりや

答 つねただしきをひ『したおさへてあくはずくちびるとぢいつはりはざらんことをせよ』〔ペトル前三の十

問 じっかいの第十か條はいかとなへらるるや

答 『となりつまおよそのぼくうしろばなどならびすべとなりものむさぼなかれ』

問 かみこのいましめもっいかなることをきんたまふや

答 にんたいあしきことをおこなふことのみならずすこしにてもそのこころあしきことをおこなはんとするおもひのぞみおこすことをもきんたま

問 このいましめやぶるのつみなになりや

答 しっとかんいんどんらんなり

問 このいましめまもるのこころなになりや

答 われかみさづたまひしぶんげんもっまんぞくまたにんたいしてはしんせつおこなふべきことなり

  • じっかいしんけいおなじくたうぶんにはあらずしかれどもしんたるものこれこころしるこのいましめらしてそのおこないきょうせいすべしいちにちぢゅうこのいましめやぶらざりしときそのおんかみかんしゃすべしまたこのいましめやぶりしときしんじつそのつみざんしていごふたたこれやぶらざることをつとむべし

出典[編集]

正教要理問答 国立国会図書館 デジタルコレクション
この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この著作物は、1949年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。