勝利:祈りの日

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


宣言[編集]

日本の戦争支配者と日本軍が降伏した。彼らは無条件降伏した。欧州での勝利から3か月を経て、東洋でも勝利が訪れた。

日本が8年前に開始し、悪の軍隊を太平洋に展開した無慈悲な侵略戦争は、日本の完全なる敗北に終わった。

これは、世界の人民を隷属させ、彼らの文明を破壊し、暗闇と退廃の新たな時代を開始せんとした独裁者らの壮大な策謀の終焉である。この日は、この地球上における自由の歴史の新たな始まりである。

我が国の世界的勝利は、団結して戦う決意をした自由な男女の、勇気と気力と魂とによってもたらされた。

それは、勝たねば世界の良識が終わると知っていた平和を愛好する人民によって造られた、大量の武器によってもたらされた。

にわかに兵士となり、戦や死を恐れていないこと、どうすれば勝てるか知っていることを、無慈悲な敵に示した、世界中の多くの温和な市民によってもたらされた。

逆境と災厄に見舞われた開戦当初にも我々と共にあり、今この栄えある勝利の日を我々に与え給うた、神の助けによりもたらされた。

神に感謝しよう。そして、恒久的かつ公正な平和やより良き世界に至る神の道を行くために、己を捧げてきたことを思い起こそう。

故に、私ことアメリカ合衆国大統領ハリー・S・トルーマンは、1945年8月19日日曜日を祈りの日とする。

私は信仰の如何に関わらず、あらゆる合衆国民に対し、我々が得た勝利を神に感謝するため、そして我々を支え、平和の道へと導くよう神に祈るため、結束するよう求めたい。

また、勝利のために命を落とした人々にこの祈りの日を捧げるよう、国民に求めたい。

以上の証として、私はこの文書に署名し、アメリカ合衆国の国璽を押した。

アメリカ合衆国独立170周年に当たる西暦1945年の8月16日ワシントン市にて署名。(国璽)

Harry S Truman Signature.svg

大統領による署名

ジェームズ・F・バーンズ

国務長官

底本[編集]

訳者

  • 初版投稿者(利用者:Lombroso)

この文書は、アメリカ合衆国においては、同国の著作権法に基づき、同国の連邦政府と雇用関係にある公務員がその職務上作成したアメリカ合衆国政府の著作物17 U. S. C. §105参考和訳))に該当するため、パブリックドメインの状態にあります。また、日本国においては、同国の著作権法13条に規定するもの(憲法その他の法令、通達、判決など)に該当するアメリカ合衆国政府の著作物のみに限り、パブリックドメインの状態にあると解されます。それ以外の国では、当該国の著作権法に基づいて、著作権の対象であるか否かが判断されます。


注意: これは、アメリカ合衆国政府の著作物についてのみ効力を有します。アメリカ合衆国の各、その他の地方自治体が作成した著作物に対しては適用できません。また、日本国著作権法13条に規定するものに該当しないアメリカ合衆国政府の著作物の場合、日本国内において著作権が発生しているものとして扱われることになると解されるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、日本国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。