鳳仙花歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
OldHangulCoversion.png この文書は、古ハングルを含んでいます。古ハングルが正しく見えないなら、Wikisource:古ハングルを参考にして下さい。   

原文[編集]

香閨(향규)[1]의 일이 업셔 百花譜(백화보)[2]를 혀쳐보니,
봉선화 이 일홈을 뉘라서 지어낸고.
眞游(진유)[3]의 玉簫(옥소) 소ᄅᆡ 紫煙(자연)[4]으로 ᄒᆡᇰᄒᆞᆫ 후에,
閨中(규중)[5]의 나믄 因緣(인연) 一枝花(일지화)[6]의 머므르니,
柔弱(유약)ᄒᆞᆫ 푸른 닙은 봉의 ᄭᅩ리 넘노ᄂᆞᆫ ᄃᆞᆺ[7].
自若(자약)히[8] 붉은 ᄭᅩᆺ은 紫霞裙(자하군)[9]을 헤쳣ᄂᆞᆫ 듯.

白玉(백옥)섬[10] 조흔[11] 흘게 종종이[12] 심어내니,
春三月(춘삼월)이 지난 후에 香氣(향기) 업다 웃지 마소.
醉(취)ᄒᆞᆫ 나븨 미친 벌[13]이 ᄯᆞᄅᆞ올가 저허ᄒᆞ네[14].
貞靜(정정)ᄒᆞᆫ[15] 氣像(기상)을 녀자 밧긔 뉘 벗ᄒᆞᆯ고.

玉欄干(옥난간) 긴긴 날에 보아도 다 못보아,
紗窓(사창)[16]을 半開(반개)ᄒᆞ고 叉鬟(차환)[17]을 불너ᄂᆡ어,
다 픤 ᄭᅩᆺ을 ᄏᆡ여다가 繡箱子(수상자)[18]에 다마노코,
女工(여공)[19]을 그친 후의 中堂(중당)[20]에 밤이 깁고,
蠟燭(납촉)[21]이 발갓을제 나음나음[22] 고초 안자,
흰 구슬[23]을 가라마아[24] 氷玉(빙옥)[25]ᄀᆞᆮᄒᆞᆫ 손 가온ᄃᆡ 爛漫(난만)[26]이 개여ᄂᆡ여,
波斯國(파사국)[27] 저 諸侯(제후)의 紅珊宮(홍산궁)[28]을 혀쳣ᄂᆞᆫ ᄃᆞᆺ,
深宮風流(심궁 풍류)[29] 절고[30]에 紅守宮(홍수궁)[31]을 마아ᄂᆞᆫ ᄃᆞᆺ,
纖纖(섬섬)한[32] 十指上(십지상)에 수실로 가마ᄂᆡ니,
조희 [33]우희 불근 물이 微微(미미)히 숨의ᄂᆞᆫ[34] 양,
佳人(가인)의 야튼 ᄲᅣᆷ의 紅露(홍로)[35]를 ᄭᅵ쳣ᄂᆞᆫ ᄃᆞᆺ,
단단히 봉ᄒᆞᆫ 모양 春羅玉字(춘나옥자)[36] 一封書(일봉서)[37]를 王母(왕모)[38]에게 부쳣ᄂᆞᆫ ᄃᆞᆺ.

春眠(춘면)을 느초[39] ᄭᅢ여 차례로 풀어 노코,
玉鏡臺(옥경대)를 대ᄒᆞ여서 八字眉(팔자미)를 그리래니,
난데 업는 불근 ᄭᅩᆺ[40]이 가지에 부텃ᄂᆞᆫ ᄃᆞᆺ.
손ᄋᆞ로 우희랴니[41] 紛紛(분분)이[42] 흣터지고,
입으로 불랴 ᄒᆞ니 석긴 안개[43] 가리왓다.
女伴(여반)[44]ᄋᆞᆯ 서로 불러 朗朗(낭랑)이[45] 자랑ᄒᆞ고,
ᄶᅩᆨ 압희 나아가서 두 빗흘 比較(비교)ᄒᆞ니,
ᄶᅩᆨ닙희 푸른믈이 ᄶᅩᆨ의여서 푸르단말[46] 이 아니 오를손가.

은근이 풀을 매고 돌아와 누었더니,
綠衣紅裳(녹의 홍상)[47] 一女子(일여자)가 飄然(표연)[48]이 앞희 와서,
웃ᄂᆞᆫ ᄃᆞᆺ ᄶᅵᆼ기ᄂᆞᆫ ᄃᆞᆺ[49] 謝禮(사례)ᄂᆞᆫ ᄃᆞᆺ 下直(하직)ᄂᆞᆫ ᄃᆞᆺ,
朦朧(몽롱)이[50] 잠을 ᄭᆡ여 丁寧(정녕)이[51] ᄉᆡᇰ각ᄒᆞ니,
아마도 ᄭᅩᆺ귀신이 내게와 下直(하직)ᄒᆞᆫ다.
繡戶(수호)[52]를 급히 열고 ᄭᅩᆺ수풀을 점검ᄒᆞ니,
ᄯᅡ우희 불근 ᄭᅩᆺ이 가득히 수노핫다.
黯黯(암암)[53]이 슬허ᄒᆞ고 낫낫티 주어담아,
ᄭᅩᆺ다려 말 부치ᄃᆡ 그ᄃᆡᄂᆞᆫ 恨(한)티 마소.
歲歲(세세) 年年(년년)[54]의 ᄭᅩᆺ빗은 依舊(의구)[55]ᄒᆞ니,
허믈며 그ᄃᆡ 자최 내 손에 머믈럿지.
東園(동원)의 桃李花(도리화)[56]ᄂᆞᆫ 片時春(편시춘)[57]을 자랑 마소.
二十番(이십번)[58] ᄭᅩᆺᄇᆞ람의 寂寞(적막)히 ᄠᅥ러진ᄃᆞᆯ 뉘라서 슬허ᄒᆞᆯ고.
閨中(규중)에 남은 因緣(인연) 그ᄃᆡ ᄒᆞᆫ몸 ᄲᅮᆫ이로세.
鳳仙花(봉선화) 이 일홈을 뉘라서 지어ᄂᆡᆫ고 일로ᄒᆞ야[59] 지어서라.

日本語訳[編集]

閨房に為す事なく 百花譜[2]を広げ見て、
鳳仙花 その名を誰が名にし負わせたのか。
神仙の玉笛のが仙境に消え失せた後に、
閨房に残った因縁が一枝ひとえの花に留まったので、
柔軟な青い葉は 鳳の尾が遊び舞っているようで、
美しい赤い花は 神仙の服を広げて置いたようだ。

綺麗なみぎり[60] ・清らかな土に緻密に植え付けられると、
春三月が過ぎた後に香気がないと嘲笑わないでください。
酔った蝶と狂った蜂たちが追ってくるかと恐ろしくってね。
貞淑で物静かなあの気性を 女子の他に誰が友とするべきだろうか?

長々とした日 ぎょくの欄干から見ても もう見えなくて、
紗窓[16]を半ばほど開け 叉鬟[61]を呼び出して、
すっかり咲いた鳳仙花の花を摘んで 刺繍箱に入れておき、
針仕事を中断した後 母屋に夜が深まって、
蜜蠟燭の灯が明るくなった時 だんだんと真っ直ぐにじっとして、
白い白飯を碾き砕き 玉のように綺麗な手の真ん中で ふやけるように練りきると、
ペルシア諸侯が好む赤い珊瑚の宮を広げておいたようで、
高い宮闕で臼に赤いトカゲを碾いておいたようだ[31]
細く綺麗なとおの指にそれぞれに巻き付けきると、
紙の上に赤い水が仄かになって染み込んでいる様子は、
美人の頬の上に赤味が差しているようで、
しっかりと結わえた様子は 絹にぎょくで書いた手紙を西王母[38]に届けるようだ。

春眠を過ごして目覚めて とおの指を順番にほどいておき、
鏡の前で眉を画こうとすると、
思いがけず赤い花が枝に付いているようで、
それを手で摘もうとすると めまぐるしく散らばり
口で吹こうとすると 息に覆われて見えない。
女友達を呼んで楽しく自慢し、
鳳仙花の前に行って花と爪を比べると、
藍の葉から出てきた青い水が 藍の色より青いという言葉[46]、これでなくって そうじゃないのだろうか?

密かに草を結び 戻ってきて横たわったら
青いチョゴリと赤いチマを着た一女子が忽然と私の前に来て、
笑っているよう、蹙めているよう、お礼しているよう、暇乞い[62]しているようだ。
ぼんやりと眠りを覚ましてから つらつら考えると、
おそらくも花の鬼神が出てきて暇乞いを告げたのだ。
繍戸[52]を急いで開き 花の茂みを調べてみると、
地面の上に赤い花が落ちて いっぱいに刺繍をした。
心が傷んで気の毒で 一つ一つ拾って入れながら
花に話すこと ──あなたは恨めしいな。
年毎に花の色は過ぎし日と同じまま、
しかも、あなた[鳳仙花]の痕跡が私の爪に留まっていないのか[63]
東山の桃李の花は しばしの間に過ぎゆく春を自慢しないでね。
二十四回目の花風に あなたたち[鳳仙花]が寂寞とするほど落ちた野、誰が嘆くだろうか?
内房アンパンに残った因縁が あなたの体一つだけなんだね。
鳳仙花 この名を誰が名にし負わせたのか? このようにして作られたのだよなあ!

注釈[編集]

  1. 婦女子の部屋の美称
  2. 2.0 2.1 あらゆる花についての説明を書いた本
  3. 神仙の遊び
  4. 紫朱色の霞、すなわち仙境を言う。
  5. 女・子どもが居処する部屋。閨房
  6. 百花譜の鳳仙花
  7. あちらこちらに揺るがされるように
  8. 沈着に
  9. 神仙の衣服(w:チマ
  10. 白く美しい砌〔玄関先の上がり段としての踏み石〕、 - w:コトバンク
  11. 清らかな
  12. 緻密に
  13. 放蕩し軽薄げな男子を比喩
  14. 恐ろしいなあ
  15. 貞淑で物静かな
  16. 16.0 16.1 絹布を張った窓。女性の起居する部屋の窓
  17. 近くに置いている若い女の召使い
  18. 刺繍する道具一式を入れておく箱
  19. 女子がする仕事、すなわち針仕事
  20. 家の母屋、内房(アンパン)
  21. w:蜜蠟燭。蜜蠟燭の灯
  22. だんだんと。徐々に
  23. 白い玉(ぎょく)、白飯を言う
  24. 碾き砕いて
  25. 女性の清らかで綺麗な手を指す
  26. ふやけたように
  27. ペルシア
  28. 赤い珊瑚の宮闕
  29. 深い宮闕の風流
  30. 31.0 31.1 赤いトカゲ。漢の武帝が端午の日、トカゲに朱砂を食べさせて赤いトカゲを作ったという
  31. 繊細で美しい
  32. 染み込む
  33. 赤い露
  34. 絹布に玉(ぎょく)で嵌め込んだ文字
  35. 一通の手紙
  36. 38.0 38.1 w:西王母。瑤池(神仙が住んだというw:崑崙山)に住む仙女
  37. 遅くなるように
  38. 爪に赤い水が付いた事を指す
  39. つかみ取ろうとするが
  40. めまぐるしく
  41. 息が鏡に立ちこめたことを指す
  42. 女友達
  43. 明朗な気持ちで楽しく
  44. 46.0 46.1 藍の葉から出てきた青い水が藍の色より青いという言葉。「青は藍より出でて藍より青し」―弟子が師より優れる時、使う。
  45. 青いw:チョゴリと赤いチマ。すなわち鳳仙花を指す
  46. ひょいと現われるか去る様子
  47. 蹙めるように
  48. おぼろげに
  49. じっくりと。間違いなく。きっと
  50. 52.0 52.1 刺繍した房帳に遮られた扉
  51. 心が傷む
  52. 年毎に
  53. 過ぎし日と同じこと
  54. 桃の花とスモモの花
  55. しばらくの間に過ぎゆく春
  56. 二十四番花信風(w:小寒からw:穀雨まで5日ごとに春風が吹くと言って、花を一枝ずつ配当した事)をいうもののようだ
  57. これにして。このようにして
  58. 砌(みぎり) - w:コトバンク
  59. 髪を結い上げた女性の召使い
  60. 別れを告げること。別れの言葉。別れのあいさつ。暇乞い - コトバンク
  61. w:反語。つまり、「留まっているでしょう?羨ましい」という意味

ライセンス[編集]

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。